IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

給料が下がる場合は転職すべき?|法律上の扱い・会社都合の場合は?

更新日:2020年10月02日

転職の悩み・不安

「給料が下がった時に考えてみること」「会社都合で給料が下がる場合に知っておくべきこと」「給料が下がる場合は転職する?」「給料が下がった場合の相談場所」「給料が下がる場合の法律の扱いは?」「転職後給料が下がる場合、その後上がる可能性は?」についての記事です。

給料が下がった時、どう考える?

この記事は「給料が下がった時に考えてみること」「会社都合で給料が下がる場合に知っておくべきこと」「給料が下がる場合は転職する?」「給料が下がった場合の相談場所」「給料が下がる場合の法律の扱いは?」「転職後給料が下がる場合、その後上がる可能性は?」について書かれています。

給料が下がった時に考えてみること

まず「なぜ給料が下がるのか?」について把握しましょう。 □貴方に会社が求めていることができないから □会社の業績が良くないから □経営者が経費節約に興味があるから などといった理由があると思います。その理由は今後改善されて将来的に給料が元に戻ったり、またかえって昇給する可能性はあるでしょうか?ネットでお見かけした弁護士さん曰く「一度給料を下げることを検討するような会社には元に戻す能力も、また考えもない」といったことが多いそうです。 もしなかなか評価されないと悩んでいるなら、きちんと人事評価してくれる企業に転職するのもひとつの道です。複数のエージェントに登録し、求人を比較しながら就職活動を進めるのがです。

経営者の考え方を把握する

「会社都合」で給料が下がる場合に知っておくべきこと

「会社都合で給料が下がる場合に知っておくべきこと」を紹介しましょう。会社都合とは労働者側に不備があるわけではなく、「経営状態が悪い」などの理由で行われる減給です。 損害を出していない社員に対して経営者は「辞めても良い」と思って減給を行うわけではありません。何故ならば辞められるリスクが大きいからです。社員は経営に対して色々な面倒な事もなく、気に入らなければ辞めて転職する事も出来ます。しかし経営者は資金を掻き集め、社員を守り、失敗した時は多額の借金を抱えてしまうので、自分の会社を「辞める」ということは出来ないのです。 多くの責任とリスクを背負っています。会社と社員を守る為の減給であると信じてください。長く勤められた会社ならなおです。☆の見出しの中の項目の「経営者の考えを把握する」を思い出してください。 「経営者の考え」と「自分の将来」を見つめ直した上で「転職しよう!」と思われる場合は、会社都合による転職にしてもらいましょう。(会社都合による転職は内容によっては、不利な場合もあるのではないかなーと思います、話がずれてしまうので止めましょう...)

給料が下がる場合の法律の扱いは?

給料が下がる場合の法律の扱いですが、「労働基準法」「労働契約法」を見てみましょう。

労働基準法

労働契約法

同意がなくては変更できないのです。突然下がった場合は、就業規則に賃金規定に付帯がないことを確認しましょう。「労基法106条」により「周知義務」があります。 そして就業規則に賃金規定のコピーを貰いましょう「労基法施工規則52条の2の2号」で定められているように、貰えなければ会社が犯罪を犯しています。 給料の下がったことは「労基法24条」に違反、下がって4か月経ち、2年以内であれば、未払い賃金が発生するため「労基法37条」違反。労使協定の内容が違えば、「労基法36条」違反。休日の付与が適切に行われていない場合については「労基法35条」違反。すべての時効は「労基法115条」により2年間です。

給料が下がった場合の相談場所

労働契約法の管轄は労基署ではなく労働局の企画課です。次に労基署についてですが、労基法等の違反に対する官庁なので、民事的な事には介入できません。つまり会社に対し労基法違反等で是正勧告を求める際は履行できますが金銭の請求は労基署では、出来ません。 金銭の要求は、自分自身または弁護士に依頼して行使しましょう。もちろん労働組合の加入により組合より交渉も可能です。

次のページ:給料が下がった場合の転職
初回公開日:2017年02月13日

記載されている内容は2017年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング