IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

時事能力検定の合格率と難易度・勉強方法|就活で有利になる?

初回公開日:2017年02月13日

更新日:2020年02月13日

記載されている内容は2017年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

資格・検定

「ニュース時事能力検定(N検)」を聞いたことがありますか。テレビや新聞で毎日取り上げられていても、関心が持てずに社会情勢に疎い方もいらっしゃるのではないでしょうか。本稿では、知っておくと役立つ時事能力検定について取り上げたいと思います。

時事能力検定でニュースを読み解く力をつけられる

ニュース時事能力検定とは、新聞・テレビのニュース報道を読み解くための力、つまり「時事力」を認定する民間資格です。生活に役立つ身近な内容なども取り入れており、小学生から高齢の方まで幅広い世代の人達が楽しみながら学習できます。

時事能力検定の特徴

時事能力検定の特徴
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

問題は、学識経験者やジャーナリスト等で構成されたスタッフによって出題されるので、現在の社会情勢を知るために必要なテーマが厳選されています。テーマは「政治」「経済」「暮らし」「国際」「社会」「環境」という5つから満遍なく出題されています。初めてニュースを学ぶ方のための5級から、最難関の1級という6段階で用意されているので、土台から着実にステップアップしていけるようなシステムになっているので最初はニュースに疎い、無理!という方も安心して受験することができます。 ここでは、公式ホームページをもとに、時事能力検定についての情報をまとめました。

日程

個人受援の場合は、毎年6月と11月の2回行われており、申込期間は受験日の約3か月前~1か月前までとなっています。また、合格発表は検定日から約30日後です。 以下は、2017年の試験日程です。

<個人受験> 前期(第37回):平成29年6月18日 (日) 申込期間   :平成29年3月13日(月)~5月19日(金) 後期(第39回):平成29年11月26日(日) 申込期間   :平成29年8月21日(月)~10月27日(金)

また、団体試験の日程は以下の通りです。 <団体受験> 第37回 :平成29年6月16日(金)6月17日(土) 6月18日(日) 申込期間:平成29年3月13日(月)~5月19日(金) 第38回 :平成29年9月1日(金)9月2日(土)9月3日(日) 申込期間:平成29年6月19日(月)~平成29年7月28日(金) 第39回 :平成29年11月17日(金)11月18日(土)11月19日(日)11月26日(日) 申込期間:平成29年8月21日(月)~平成29年10月20日(金)      (11月26日(日)の場合は10月27日(金)まで) 第40回 :平成30年2月9日(金)2月10日(土)2月11日(日) 申込期間:平成29年11月27日(月)~平成30年1月12日(金)

受験資格

受験資格
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

誰でも受験できます。 時事問題検定の受験者は、子どもから大人まで年齢層が幅広いようです。

試験会場

受験地は全国にあります。申し込み後の受験地変更はできないのでご注意ください。 また、受験者の住所は考慮されないので、自宅から会場まで遠くなってしまう可能性もあるようです。

難易度

時事能力検定の難易度は先述した通り、検定の入門である5級から、最難関の1級という6段階があります。

5級:小学校中高学年・中学生程度   日本国内を中心に、社会のルール・出来事に関心を持つ。 4級:小学校高学年・中学生程度   新聞・テレビのニュースに関心を持って、自分の暮らしと結びつけて考えることができる。 3級:中学生・高校生程度   基本的なニュースを、社会の仕組みの中に位置づけて理解できる。 準2級:高校生・大学生・一般   様々なニュースを現代社会の諸問題と関連付けて考えられる。 2級:高校生・大学生・一般   ニュースを批判的に読み解いて自分なりに意見が持てる。 1級:大学生・一般   新聞の社説レベルの記事も読み解いて、社会と自分の新しい課題が見つけられる。

検定時間は各級50分で、45問が出題されます。 2~5級は四肢択一のマークシート形式で、1級はマークシートに加え一部記述が出題されますので、相当時事問題の理解を深めておく必要があります。自分は時事問題は苦手だと思っている方は、大学生や一般の方でも5級や4級から始めても良いでしょう。

合格者数

関連タグ

アクセスランキング