IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護師資格の取得方法|通信や働きながらの資格取得は可能?

更新日:2020年08月14日

資格・検定

最近では看護師に転職する人達が増えてきてきます。誰でも資格は取れるのでしょうか。看護師と聞くと医療関係の専門職なので、資格を取ることは難しいように思われます。看護師の実際の仕事の状況と、資格を取る為にはどうすればいいのか詳しく調べてみましょう。

看護師という仕事

看護師の仕事にどんなイメージを思っていますか?子供の頃、マザーテレサに憧れて”看護師になりたい!”と思った人もいたでしょう。 でも実際には看護師とはどのような仕事をしているのか、収入面はどうなのか、きつそうだから辞める人は多いんじゃないかと気になることは多いと思います。 看護師は昔と今ではイメージが違ってきているようです。 不景気の今の時代には、今の仕事を辞めてまで看護師を目指す人達が増えてきています。 どういう理由で増えているんでしょうか。資格と取るのは大変じゃないの?専門職だから簡単にはなれないんじゃないの?と疑問が浮かんだかと思います。 転職までするなんて、環境がそれほど良いのでしょうか?収入面のことが大きいと考えられますが、実際のところどうなのか詳しく調べていきましょう。

看護師のイメージ

看護師と聞くと真っ先に思い浮かべるのは白衣の天使だと思います。 患者さんに対し、献身的で優しいイメージです。 最近では男性の看護師も多いですが、どちらかというと女性的で母性愛の強い人達だと思われているのではないでしょうか。 しかし柔らかいイメージばかりではなく、過酷な仕事だからとてもタフな人達なんじゃないかというイメージもあります。 患者さんを甘やかす訳にはいかないので、時には厳しく怒られたことがある人もいるのではないのでしょうか。 患者さんが少しでも早く回復できるように、時には優しく献身的に、時には厳しく指導する。柔らかくもあり厳しいイメージを持たれるのが看護師だと言えます。

環境

看護師の取り巻く環境は実際のところどうなんでしょうか。 就業時間は過酷なイメージがあります。 看護師の就業時間が過酷だと思われている点は、"夜勤"がある点だと思います。 病院や施設によって異なるとは思いますが、夜勤と日勤と繰り返しが自分の生活リズムに合わなくて体を壊してしまう看護師もいます。 就業形態が自分の無理のない範囲で働ける職場を選んだ方が良さそうです。 仕事内容は医療専門分野なので、看護師さんにかかる責任も大きいものだと思います。 少しのミスも許されない。常に緊張感が伴うものだと言えるでしょう。 患者さんに対する気遣いや医療ミスが許されない状況から、精神的な疲労感はかなり大きいものだと想像できます。

収入

看護師の収入は安定していて高収入です。収入面に魅力を感じて看護師へ転職する人が多いのではないかと考えられます。 昔は看護師が高収入というイメージはありませんでした。それだけ今の時代が不景気で収入に苦労している人が多い証なのでしょう。 他の企業と比べてみても、看護師の収入は高い位置にあります。 看護師のお給料は、病院や施設で差はあるかと思いますが、平均して月々30万円前後です。 今の時代に30万のお給料が貰えるのは高収入の範囲に入ると考えられます。 数字だけで見ると確かに魅力的ですが、仕事内容と比べてみてどうでしょうか。 高いとみるか低いとみるかは人それぞれだと思います。 その判断の基準は、看護師の仕事は自分に合うのか合わないのかによるものとも言えます。

就職率

看護師の就職率は100%と言われています。 看護師の資格を持ってて希望していれば、まず間違いなく就職できるという状況のようです。 100%という数字に驚いた方もいるでしょう。この就職率も看護師に転職を希望する理由の一つになっているのです。 面接を受けては落ちるという経験を何度もして落ち込んでいる人にとっては夢のような話です。 どうしてこのような状況が生まれたのでしょうか。 当然、医療関係の職場ですから、どの時代にも必要不可欠な職種です。看護師という仕事が必要なくなるなんでことは考えられません。 また、看護師の就職先は病院がほとんですが、介護施設、保健所、訪問看護ステーション、学校、助産所など、割と幅広くあります。 転職率も高い職業ですが、実は離職率も高いのが看護師です。こいうった状況から看護師の就職率が100%をキープしているという訳なのです。

求人状況

上記で就職率について述べて、大体お分かりいただけたと思いますが、求人もまた多いです。ハローワークに行けば必ずといって良いほど、看護師の求人が出ていると思います。 看護師は資格さえ持っていれば就職先に困ることはないでしょう。 収入面も心配はいりませんが、仕事を選ぶときに気を付けたいのが、仕事内容と就業形態です。 就職先は病院がほとんどですが、介護施設など他にも色々あります。 就業形態が過酷だと長く続けるのも困難だと思います。無理のない範囲で働ける職場を見つけていきましょう。 仕事内容も自分が一番したいことは何なのかクリアにさせましょう。やりたいことが出来ると”やりがい”を感じます。長く続ける上で”やりがい”は欠かせません。 一番自分に合うのはどの就職先なのか十分気を付けて選びましょう。

看護師への転職

新卒で看護師になる人達ももちろん多いですが、転職をする人達も増えてきています。 転職する人達が増えて来ている理由は、上記でも述べたように「収入面」「就職率」にあると考えられます。 新卒で看護師になった人が、他の仕事へ転職したときに「収入面」で一番苦労すると言われています。 今まで30万円前後貰えていたのに15万前後に落ちれば収入が半分です。今まで通りの生活は出来なくなるでしょう。 看護師の仕事が辛くて他の仕事をしてみたけど、また看護師の仕事に戻るという人達もいるくらい看護師の「収入面」は安定しているのです。 また収入面だけではなくキャリアアップしたいと考えている人達もいます。何か資格を持って専門の仕事をしたい、仕事にやりがいを感じたいと思うことも看護師への転職の理由として上げられます。

看護師の資格

看護師へ転職希望する人が増えていますが、看護師の資格とは簡単に取れるものなのでしょうか。 医療専門分野で難しいイメージがありますよね。看護師の資格とはどういうものなのか。 看護師の資格を取る為には学校へ行かないといけないと考えますよね。でも今の仕事を簡単には辞められない。仕事を続けながら資格を取る方法はないのか。 また資格を取得する為に費用がどれだけかかるのか気になると思います。 具体的に何をどうすれば資格がとれるのか調べていきましょう。

初回公開日:2017年02月13日

記載されている内容は2017年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング