IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【転職後の入社初日】好印象を与える挨拶例・服装・持ち物

更新日:2020年11月07日

転職ノウハウ

転職後の入社初日では必ず挨拶や自己紹介をして転職先の従業員と顔合わせをします。この挨拶や自己紹介は気の利いた挨拶をした方が良いのではないかと気負いしてしまうんですよね。転職先で好印象を得るために大事なのは初日の挨拶の内容ではなかったんです。

転職後初日の挨拶の第一印象は身だしなみと話し方で決まる

人の第一印象の9割は身だしなみと話し方で決まるんです。 これはメラビアンの法則と呼ばれるもので、第一印象を決める時のポイントの割合は、人の目から取り入れた情報が55%、耳から取り入れた情報が38%、話の内容から取り入れた情報が7%、この割合から見てもお分かりいただけるように、人の第一印象は話の内容よりも身だしなみや話し方で決まるという事が分かります。 そのため転職後の初日の挨拶では身だしなみと話し方に気を付けると良いという事ですね。

転職後初日の服装は職場の常識に合わせ清潔感を大事にする

転職後初日は派手さは控えめに

転職後初日から打ち解けるためには、メラビアンの法則に従い、髪型や化粧等の身だしなみに気を付けましょう。特に初日は気合いが入りすぎて髪型や化粧が派手になってしまったり、化粧が濃ゆくなってしまい「派手」「近寄りがたい」と思われないように派手さは控えていきましょう。 男性の場合は髪が長いなら短髪にして、ヒゲもしっかり剃ります。 女性なら化粧が濃くならないようナチュラルメイクに、髪色は落ち着いた色に染め直したり、髪は長い場合は髪留め等でまとめて清潔感を出しましょう。このように清潔感のある身だしなみを意識して整えていけばメラビアンの法則の身だしなみはクリアですね。

転職後初日は誰よりも早く出社し個別に挨拶をしておく

転職後の初日の出勤は誰よりも早く出社しておきましょう。早く出社する事で出社してきた従業員に個別に自己紹介や挨拶をする事ができます。 初日だけではなく翌日からも続けて早く出社していく事で顔をしっかり覚えてもらう事ができますし、早く出社する真面目な人だと好感を持って認めてもらえます。早く来てやる事がなく暇であれば、掃除をしておくと喜ばれるでしょう。

個別で挨拶する時は自分から積極的に挨拶・自己紹介をする

個別で挨拶する時のポイントは自分から積極的に進んで挨拶と自己紹介をしましょう。挨拶をする時はしっかりと相手の目を見てハキハキと元気よく話しましょう。

相手が年下であっても低姿勢で挨拶と自己紹介をしていく

個別で挨拶する時に大事なのが相手が年下に見えても低姿勢で話しかける事です。「おはようございます。自己紹介をさせて頂いてもよろしいですか?」と相手の都合を考えて丁寧に話しかけていきます。こうしておく事で気遣いと礼儀をわきまえた人なのだと認めてもらえます。

転職後初日の挨拶では趣味や特技を盛り込んで話すと好印象

初回公開日:2016年11月08日

記載されている内容は2016年11月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング