IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

チャレンジ精神を自己PRで伝える方法|3つの例文付き

更新日:2020年03月02日

書類選考・ES

チャレンジ精神旺盛な人ってどんな人のことを言い表した表現なのか、自己PRに使うとしたらどんな書き方をしたらいいのか気になる方のために、今回はチャレンジ精神旺盛な人の特徴とチャレンジ精神を自己RPに使う時のポイントや例文について解説していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

チャレンジ精神とはどういうものか

チャレンジ精神とは、どんなに初めてのことであったとしても怖がることなく挑戦する精神のことを言います。チャレンジ精神というフレーズは、就活などの自己PRとしても使えますので、使い方や言い換え表現などについて学んでいきましょう。

企業が求めるチャレンジ精神

企業が求めるようなチャレンジ精神とは、好奇心が強く、行動力があるような人物でしょう。あらゆることに興味を持つので自ら勉強したり、新しい事にもどんどんチャレンジして行動するような人が企業では求められています。

チャレンジ精神は仕事に活かせるか

チャレンジ精神は、人間関係も上手にこなし、仕事の大きなプレッシャーに対しても怖がることなく積極的に行動していけるので、仕事に活かすことは十分にできます。また、何事でも前向きに考える力を持っているため、失敗をしてもくじけないメンタルの強さが魅力でもあります。

チャレンジ精神の自己PR

ここからはチャレンジ精神の自己PR方法について詳しくご紹介していきます。チャレンジ精神とは前向きなイメージが多いので、上手に自己PRに入れ込むだけで、他人に負けないような強みのあるアピールになります。

自己PRで意識すること

自己PRで意識することは、要点をいかに分かりやすく相手に伝えるかです。要点を伝えるためには文章構成が大事です。そこで自己PRを書く時に役に立つPREP(プレップ)法というもので、以下のような文章構成方法にするといいでしょう。 ・P Point 結論や要点を冒頭に述べる ・R Reason 論理的理由を述べる ・E Example 具体例等 ・P Point 最後に最初に述べた結論や要点を強化する目的で再び述べる

チャレンジ精神の自己PRは企業にうける

チャレンジ精神という自己PRは、企業に良い印象を与え、採用に一歩近づける強みのある言葉です。ライバルが多い中でいかに生き残るかが大事なので、自分の強みをたくさん企業に知ってもらい、採用を掴み取りましょう。

チャレンジ精神をPRする就活生は多い

初回公開日:2017年02月15日

記載されている内容は2017年02月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング