IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「起業の際におすすめな助成金」起業の際の助成金制度と活用方法

経営

この記事は、起業の際におすすめな助成金一覧+女性が利用できる助成金+起業の際の助成金制度と活用方法について紹介しています!地方によって受けられる助成金も違ってくるので起業の際の場所選びも参考にもしてくださいね。融資・助成金・補助金の違いも紹介しています。

更新日時:

起業の際の助成金制度と活用方法

この記事では起業の際におすすめな助成金一覧+女性が利用できる助成金+起業の際の助成金制度と活用方法をご紹介しますので、ゆっくり読んでくださいね。

融資と助成金の違いは返済の有無

助成金と補助金とは、公益上必要があると政府が判断した場合に、民間または政府に対して交付する給付金です。融資とは違い、助成金と補助金は返済不要です。融資による資金調達は、起業時に必要な不足資金を迅速に調達できる点で便利です。ですが、あくまで「借入れ」なので、期限付きで利益の中から返済しなければなりません。ちょっと待って!助成金と補助金に違いってあるの…?

助成金と補助金の違いは難易度と申請期間

助成金と補助金の違いは難易度と申請期間です。まず受給の難易度に差が。助成金は条件が合えば受給できる可能性が高いですが、補助金は予算の関係上、採択の上限が厳しいことが多く、申請しても受給できない場合も少なくありません。もう1つの違いの申請期間は、助成金は随時か長期間の申請期間が設けられているものが多く、補助金は申請期間(公募期間)が短く、一ヶ月程度しかない場合が多いです。申請期間が短く難易度高が補助金なんですね。さて助成金・補助金の種類を見ていきましょう。

補助金と助成金の大まかな種類は4種!

補助金と助成金大まかな種類は4種あります。1.「経済産業省の補助金」2.「厚生労働省系の助成金」3.「自治体独自の補助金・助成金」4.「その他」です。1つずつ説明していきます!

経済産業省系の補助金

経済産業省系の補助金は「起業促進」「地域活性化」「女性若者の活躍支援」「中小企業振興」「技術振興」などの施策を目的として、経済産業省が実施している補助金です。補助金を受給するためには、それぞれの補助金ごとの募集要件を満たしたうえで応募し、審査を通過することが必要で、合格率(採択率)は、補助金によって異なり、幅があります。また同じ補助金でも募集を数回に分けて募集することがあり、その際は回により採択率に変化します。補助金の種類をみていきましょう! 「創業補助金」…「創業・第二創業促進事業」は、通称創業補助金と呼ばれています。新たに創業する起業家や、第二創業を行う企業に対して、創業に関わる経費の一部を助成してくれる制度です。新たな産業への需要や、雇用創出を促し、日本経済を活性化させることが目的で行われています。 「創業補助金」は、新たに創業した人が受け取れる可能性がある補助金です。創業に要する経費の一部を最大200万円までもらうことができる仕組みです。「第二創業促進事業」は、事業承継後の新事業・新分野への展開プランを応援する補助金です。こちらも最大200万円まで受け取れます。既存事業を廃止する場合は、廃止費用として800万円受け取ることができます。 「小規模事業者持続化補助金」… 小規模事業者持続化補助金は、経営計画に従って実施する「販路開拓」の取り組みに対して50万円を上限に補助金が出る制度です。補助金が出るだけでなく、計画を作成する際や、販路開拓を実際に行う際に、商工会議所の指導や助言を受けられます。 「ものづくり補助金」…ものづくりを行う中小企業・小規模事業者が実施する「試作品の開発」「設備投資」などにかかるお金を支援する制度です。 それぞれの申請には創業形態(個人事業、法人)/事業計画/3年間のスケジュール/収支・資金計画の記入が必要です。

厚生労働省系の助成金

厚生労働省系の助成金は、「雇用促進」「労働者の職業能力向上」などの施策を目的として、厚生労働省が実施する助成金です。経済産業省系の補助金とは異なり、助成金ごとの要件を満たしていれば、審査員の審査で落とされることがありません。基本的には「雇用」に関連する助成金であるため、起業時に人を雇用する計画があるときは、事前にチェックしましょう!補助金の種類をみていきましょう! 「キャリアアップ助成金」…有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者など「非正規雇用労働者」の企業内でのキャリアアップ等を促進するための助成金です。 3つのコースがあります。「正社員化コース」は、有期契約労働者等の正規雇用労働者・多様な正社員等への転換等を目的とした金銭を助成します。「人材育成コース」は、有期契約労働者等に対する職業訓練を目的とした金銭を助成します。「処遇改善コース」は、有期契約労働者等の賃金規定等の改定、健康診断制度の導入、賃金規定等の共通化、週所定労働時間を延長し、社会保険加入ができるようにすることを目的とした金銭を助成します。

自治体独自の補助金・助成金

自治体独自の補助金・助成金は、市区町村などの各自治体が地域内の産業振興などの目的で、独自の補助金・助成金を実施していることがあります。その内容は多岐に渡ります。自身が起業する予定の市区町村で、あらかじめ実施している補助金・助成金がないかチェックしましょう!目的に合わせて起業の地を決めるのも良いですね!

その他

上記以外にも、大手企業、政府系金融機関、各種の財団などが、独自に起業家への補助金・助成金制度を実施していることがあります。採択されるのは、極めて優秀なビジネスプランを持つ数名の起業家という厳しい世界ではあるが、応募してみなければ、大きなチャンスもつかめませんよね!

起業の際にオススメな助成金一覧

以上の補助金でオススメな助成金は、経済産業省系の補助金です。複数回申請期間があるので、準備も万端で臨めますしね! 創業形態(個人事業、法人)、事業計画、3年間のスケジュール、収支・資金計画を提出する必要があります。申請が許可されるために、5つのポイントがあるそうですよ!ポイントをみていきましょう! 1.「事業の独創性」独創的な新たな商品やサービスや工夫。2.「事業の実現可能性」コンセプトが明確で、人員の確保に目途がたっていること。3.「事業の収益性」ターゲットが明確で、売上見通しに妥当性と信頼性がある。4.「事業の継続性」実施スケジュールが明確で、リスク等に適切に対応できること。5.「資金調達の見込み」金融機関からの資金調達が見込める。 以上の5点を抑えて、提出書類を作ってみてくださいね。

女性にオススメの起業時の助成金・融資精度

地方自治体や、地方の公益財団法人などが実施している補助金、地方の融資精度、全国で行われているものに分けてご紹介します。

地方自治体、地方の公益財団法人の補助金

地方自治体や、地方の公益財団法人などが実施している補助金制度があります。地方自治法に基づいて地方公共団体が実施するもので、実施する地方自治体に事業所がある企業を対象としています。各地方自治体のホームページに情報が掲載されていますので確認してみましょう!

地方の融資制度

地方の融資制度を紹介します!都道府県や市区町村などの地方自治体が行っている融資制度です。地方自治体が民間金融機関に預託金を原資として預けることで民間金融機関を通して融資を行います。信用保証協会の保証を付けることで、地方自治体、民間金融機関、信用保証協会が連携して支援します。自身のお住まいのエリアで女性向けの融資制度がないか調べてみましょう。東京都では「女性・若者・シニア創業サポート事業」があります。

全国実施の融資制度

日本政策金融公庫という政府系金融機関が実施しています。国の施策と連携しており、女性の起業を促進するための制度があります。47都道府県ほぼ全てに支店があるため、誰でも申請が可能です。どんな種類があるか見ていきましょう! 「女性、若者、シニア起業家支援資金」...女性、若者、シニア起業家支援資金は、融資審査で評価が低くなりがちな女性、若者、シニアを対象として融資などの支援を行う制度です。 女性層、30歳未満の若者層、55歳以上のシニア層で新規開業して概ね7年以内の方を対象としています。女性、若者、シニア起業家支援資金には国民生活事業と中小企業事業があります。 「女性の小口創業特例(新創業融資制度)」...女性の小口創業特例とは、女性の小口創業を支援するための制度です。この制度の融資を含む新創業融資制度の融資残高が300万円以内の場合に適用されます。新事業融資制度では「雇用の創出を伴う事業である」「経済活性化につながる事業である」「創業予定の業種の企業での勤務経験を持つこと」などの条件を満たさねばなりませんが、(女性の小口創業特例では)これらの要件が撤廃されました。

いかがでしょうか?

以上が起業の際におすすめな助成金一覧+女性が利用できる助成金+起業の際の助成金制度と活用方法でした。

関連タグ

アクセスランキング