IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

公認会計士の勉強時間(社会人/大学生)|弁護士との勉強時間比較

更新日:2020年08月14日

資格・検定

この記事では、公認会計士になるための勉強時間から弁護士に要する勉強時間の比較などを紹介しています。公認会計士は、司法試験に次ぐ難易度を誇り、生半可な勉強では合格できません。しかし、監査によって日本経済を陰で支えている公認会計士に魅力を感じ、目指してみませんか?

公認会計士とは

公認会計士とはどのような職業なのでしょうか? 業務内容や職場を紹介していきます。

業務内容

公認会計士の主な業務はなんといっても「監査」です。 つまり税理士のように法人や個人の会計に関する相談にのる側でなく、第三者的立場で、法人や個人の会計が正しくなされているかをチェックする側です。 また、その専門性の高さから中小企業支援や事業再生業務などの「コンサルティング」的な仕事をすることもあります。

勤務地

主な職場は監査法人や会計事務所ですが、一般企業や地方公共団体、各省庁に勤務することもあります。 独立し、個人の会計事務所を立ち上げることもできます。

公認会計士の詳しい仕事内容

公認会計士とはどのような仕事をするのか分かりましたか? 次に、公認会計士の詳しい仕事内容を紹介していきます。

「監査」がメイン

日本にはたくさんの数の企業があります。 そのなかでも、証券取引所に株式を上場している企業や資本金が5億円以上の企業のような大企業は、法律にのっとった経営をしているかどうかをチェックするための「監査」を受けることが義務付けられています。 この監査をするのが、公認会計士の仕事です。企業の収入や支出を記録した財務書類を調べ上げて、その内容に誤りがないかどうかを徹底的にチェックします。 このように独立した第三者の立場から企業の経営状態をチェックすることで、企業が決算書にウソの数字を書く「粉飾決算」を防ぐことができるのです。 粉飾決算は、株主が投資に関して正当に判断する機会を奪う行為であり、たくさんの人の経済活動に混乱を引き起こすものです。(粉飾決算は投資家の不信感につながります) 監査によって、こうした事態が起きるのを防いでいる公認会計士は、まさに日本の経済活動を陰で支えている脇役的存在だと言えます。

コンサルティングや税務の仕事も可能

公認会計士になるには

公認会計士になるための勉強時間

公認会計士試験は合計どれくらいの勉強時間が必要か

公認会計士と弁護士どちらの勉強時間が長い?

司法試験の最終合格までに必要な勉強時間は何時間ぐらいなのでしょうか? とても頭の切れる方でも5000時間くらいの勉強時間を要するといわれています。 一般には8000〜1万時間の勉強時間を要するでしょう。 公認会計士の勉強時間は一般的に4000時間の勉強時間ですので、司法試験に合格するには、単純計算で公認会計士の2倍の勉強時間が必要ということになります。 どちらも非常に難関の試験に変わりませんが、やはり司法試験合格は最難関の資格試験といってもよいでしょう。

初回公開日:2017年02月11日

記載されている内容は2017年02月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング