IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「結構です」に存在する真逆の2つの意味と使い方・例文

言葉の意味

「結構です」という言葉はよく耳にしますが、じつは敬語として使い方が難しいものです。なぜなら「結構です」だけでは内容を捉えにくく、受け止め方によって敬語としてふさわしくなくなってしまうからです。言葉の意味を正しく知って適切な敬語を用いるようにしましょうね。

更新日時:

敬語としてよく使われる「結構です」

「結構です」というフレーズはとてもポピュラーですよね。たいていの場合は敬語として、丁寧なお断りをあらわすのではないでしょうか。たとえば訪問販売のセールスマンを断るとき。 「〇〇新聞ですが、定期購読をぜひお願いします」「△△光です。契約のお願いに参りました」「⬜︎⬜︎という新商品を購入なさいませんか」などに対しての「結構です」は断るためのフレーズですね。ただし断りたいときは断固としてきっぱりと言わないと伝わりませんが。

または逆に、良いですの敬語として使っているでしょうか?許可をもとめられたときなどです。 「こちらでタバコを吸っても良いでしょうか?」「印鑑がないのですがサインでよろしいですか」「コピーは10部ほどでよろしいでしょうか?」などと問われて「結構です」とにこやかに答える場合もありますね。

敬語「結構です」には真逆の意味が二種類ある

このように敬語の「結構です」は言葉自体に真逆ともいえる意味があり、使うときは表情や声などで補ってニュアンスを伝えているでしょう。話し言葉ならそのようなニュアンス付けができますが、メールや手紙など書き言葉になると伝わらない可能性があります。 そもそも「結構」とは、①すばらしくて難点がないさま ②満足、十分 ③それ以上必要としない、という意味を、文脈や場面によってあらわし方をかえているのです。

たいへん素晴らしいという意味の「結構」

この言葉が本来もっている意味ですが、たとえばお茶の席では招客はかならずお手前やお道具を褒めることに決まっていて ー結構なお手前でございます。 と述べる、といったことが典型的です。形式的な敬語の例ですね。 同じように、手料理をいただいて、味はいかがでしたかと問われたときなど ーまことに結構です。 と答えることもあるでしょう。とても丁寧で、あらたまっていて、敬語として適切な場面ですね。

しかし、少し変わってくるのがビジネスの場面です。提案や企画を褒めるとき ーこちらのご提案はたいへん結構ですね。 と称え、相手を丁寧に評価します。同じくとても丁寧な敬語ですけれども、「評価」ということはビジネスでは上下関係がかかわってきますから、注意が必要です。後輩や部下から、このように言われたら違和感を感じませんか。

肯定の敬語「結構です」

よく使われる、了承を意味する敬語の「結構です」は、相手から許可をもとめられたときに用います。わたしは満足しています、十分でこれ以上はもとめません、という意味の了承です。 ーご印鑑がなくてもサインで結構です。(十分です) ーコピーは10部で結構です。(じゅうぶん間に合います) と、カッコ内のような了解を敬語であらわしています。

否定の敬語「結構です」

こちらは、満足で十分であることから「それ以上は必要としない」という柔らかいけれども断りのフレーズです。レストランや飛行機内で飲み物などを提供されているとき「お代わりはいかがですか?」と聞かれることがありますね。いらないときは「もう結構です」と断ります。いらないことが分かりやすいように「もう」を付けたり、手振りもつけたりしますよね。 このように私たちは、肯定と否定の両方の意味を持つ「結構です」を身振りや表情、声音などで補助をして誤解なく伝わりやすくしています。

敬語「結構です」は誤解されやすい

おもてなしを受けているときなど、たいへん手厚くしていただいてこちらが充足していることを、ぜひ伝えたいですよね。ですが「結構です」というフレーズは「もういらない」という断りの意味を含んでしまうので、相手の方の厚意を否定してしまいかねません。

またこれは「良いと評価する」「許可をする」という意思原理のフレーズなので、どうしても上の立場からものを言う感じが起こります。電車で席を譲られて「私は立ちますので、ここに座って結構です」と言われたら、変に思いますよね。このように使い方を間違えると、「結構です」は敬語にならず失礼になってしまいます。

敬語の場面で「結構です」は他の言葉に言いかえよう

敬語「結構です」が使える場面は限定される

了承の意味で使うとき、「結構です」だけでなく物腰や表情で敬意をあらわしながら伝える、「ございます」など語尾を補う、メール等の書き言葉で使わない、などの条件を守りましょう。 許可や評価の意味では、相手が目上の人であればNGです。

了承する敬語「結構です」の類義語

肯定的な意味の「結構です」の場合には、「かまいません」「問題ございません」「差し支えありません」などに言い換えることができます。 ー御呈示いただいた納期で差し支えありません。 ー書類の記入は、こちらで問題ございません。

十分ですと断る敬語「結構です」の言い換え

敬語としては感謝をつたえながらお断りをします。 ーご厚意ありがとうございます。十分いただきましたのでこれにて遠慮させてさせてください。 ーご厚情感謝いたします。もう失礼させていただきます。 感謝の必要なく、きっぱり断る場面では「お断りします」で良いでしょう。

目上の人への敬語としては「結構です」は使わず言い換えて

相手をたてる敬語としては「結構です」がふさわしくないことをおわかりいただけましたか。誤解をまねかないように、他の表現で伝えることを練習しておきましょうね。うっかり忘れてしまったら、笑顔や態度でおぎなって、敬意と感謝をいつも伝えることだけ気に留めておいてください。

関連タグ

アクセスランキング