IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

アナウンサーになるには?話し方のコツと進路|大学を出るべきか

更新日:2020年08月14日

職種研究

アナウンサーと聞いて憧れの職業だと思う人も多いと思いますが、一体アナウンサーになるにはどうすればいいのでしょうか?このまとめでは、アナウンサーになるには?という疑問に様々な角度からお答えします。あなたもアナウンサーを目指してみませんか?

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

花形職業の代表であるアナウンサー

アナウンサーと聞くと、高学歴の美男美女という選ばれし者のための花形職業というイメージがあるかと思います。ニュース番組でニュースを読んだり、バラエティーの進行を担当したり、スポーツの実況中継などメディア全般の華やかな仕事をしているのは確かです。しかし、時には番組の企画に加わったり、取材をするなど、ただ原稿を読むだけの仕事ではないのです。ここでは、アナウンサーになるには?という疑問にお答えします。

アナウンサーになるには?

まず、アナウンサーとしてのキャリアをスタートさせるには、テレビ局に就職する必要があります。フリーアナウンサーとして活躍している人もほとんどは、テレビ局のあんアナウンサーとして実績を積んだ上で、フリーになるので、アナウンサーになるには、まず最初にテレビ局の正社員になるべきなのです。

アナウンサーになるために求められるスキルは?

アナウンサーになるためには、いくつかのスキルが必要です。アナウンサーの大きな役目として、正確に情報を伝えることが挙げられます。この役目を果たすためには、分かりやすいアナウンスができる発声や表現が必要とされます。また、情報を正確に伝えるには、まずその情報を理解しなければならないため、幅広い知識も必要不可欠です。

また、その他のスキルとして、場の空気を読むことが必要です。アナウンサーはニュースを読むだけではなく、バラエティーの進行を担当したりとアナウンサー以外の人と関わる機会も多いので、急に話を振られたりした際に、場の空気を乱さず、しかしアナウンサーとして適切な受け答えを要求されます。そのような場では空気を読むことがとても大切なのです。

アナウンサーになるには、大学を出たほうがいい?学部は?

アナウンサーになるには四年制大学または短大の卒業見込みが必要

アナウンサーになるには採用試験を受ける必要があり、その試験を受けるためには四年制大学卒業見込みもしくは、短期大学の卒業見込みが必要です。できれば、四年制大学に通っ方が、アナウンサーになるチャンスは広がるでしょう。

アナウンサーになるには、どんな学部を卒業するべき?

アナウンサーになるために学部は関係ないとまでは言えませんが、実際この学部を出たらアナウンサーになりやすいという学部もありません。文学部、経済学部、法学部等出身のアナウンサーが多い理由の一つとして、どこの大学でもこれらの学部は存在することが多いので、相対的に出身のアナウンサーの数が多いだけであり、文学部、経済学部、法学部がアナウンサーになるのに向いている学部というわけではありません。また、理系出身でもアナウンサーになる人はいるので、出身学部が理由でアナウンサーへの道が閉ざされることはないでしょう。

アナウンサーになるには有名難関大学を出たほうがいい?

初回公開日:2017年02月13日

記載されている内容は2017年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング