IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「気象予報士の年収」雇用形態別・就職した際・年収1000万は可能?

更新日:2022年08月10日

職種研究

こちらの記事では、気象予報士の平均年収から1000万円の年収は可能なのかについて紹介しています。気象予報士になるための試験はとても難しいですが、気象予報士のお仕事にはたくさんの魅力にあふれています。気象予報士の魅力についても一緒に学んでいきましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

気象予報士に必要なこと

気象予報士国家試験とは

気象大学校とは

気象予報士の平均年収

国家公務員の年収

一般企業・民間気象会社の年収

民間のシンクタンク、気象会社などの場合、気象予報士の年収や給料はその企業の規定によって決まります。 一般的な総合職の社員と変わらない会社も多いですが、中には専門職の手当が付く会社も見られます。 平均的な年収は、ボーナス込みで500万円から600万円前後の場合が多いでしょう。 そこまで年収が高いというわけではないようです。 ただし、気象予報士は24時間天候の変化を観測し続けなければならないこともありますので、残業手当や深夜手当、宿直手当などが付くケースもありますので、給与は月ごとに多少のばらつきがあります。

メディア関係の場合の年収

気象予報士で年収1000万円は可能か

一般企業に就職した場合、平均年収は500~600万円とういうこともあって、年収1000万円を超えることはなかなか難しいかもしれません。 しかし、テレビ・ラジオなどメディアのお天気キャスターでが上がれば、給料も平均より大幅に多く年収1000万を超えることも可能です。 これらはテレビやラジオなどのメディアと契約して、まさに大活躍してる方もいますね。メディアと契約するのであれば、自ら申し込んだり、メディア関係者にお願いしたりしているそうです。 これらで活躍するためには、自分の個性を生かしメディアに対してアピールする必要があります。 気象予報士として、テレビやラジオにでるだけではなくて、本や講演などによる副業を駆使することで高給が望めるようになるそうです。

気象予報士の魅力とは

気象予報士の魅力をこれから紹介していきます。

天気を通して時代を見る

今、私たちが生きているのは一体どのような時代なのでしょうか。 社会学から見つめる方法もあれば、政治学や経済学から見つめる方法もあります。 文学や音楽から流行を垣間見ることもできるかもしれません。 気象予報士はこれに対して、気象学からアプローチすることができる仕事です。 「夏場の猛烈な暑さが増している」「ゲリラ豪雨が増えている」「竜巻の発生が増えている」といった断片的な事象を重ね合わせて分析していくことで、今の地球に何が起きているのかという大きな真実に近づくことができるのです。 気象の変化の背景には地球温暖化や砂漠化など、重大な問題が隠されていることも珍しくありません。このことに早く気付いて警鐘を鳴らすのも、気象予報士の大切な使命となります。 天気を通して今の時代を見つめ、これから私たちが何をすべきかを考えていけるということが、気象のプロフェッショナルである気象予報士の仕事の醍醐味です。

次のページ:まとめ
初回公開日:2017年02月10日

記載されている内容は2017年02月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング