IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「照明デザイナー」なるには・資格は必要・仕事内容・収入・辛いこと

更新日:2022年08月08日

職種研究

照明デザイナーとは、どのような職業なのでしょうか?このページでは、照明デザイナーをテーマに、業務内容や関連資格、平均年収などをご紹介しています。また、照明デザイナーになる方法などについてもまとめているので、ぜひ参考にどうぞ。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

照明デザイナーとはどんな職業?業務内容や収入について

デザイナーというと、洋服や家具などをデザインする職業を思い浮かべがちですが、意外な分野や業界にも、デザイナーという職業に就いている人は存在します。 洋服や家具、webサイトなどのデザイナーと比較すると、あまり知られていないデザイナーに、「照明デザイナー」という職業があります。 今回は、この「照明デザイナー」にスポットを当てて、どのような職業なのか、また収入や資格などはどうなっているのかといった関連情報をご紹介していきます。

照明デザイナーの業務内容

まずは、証明デザイナーとはどのような職業なのかを知る為に、業務内容についてご紹介していきます。 「照明デザイナー」という職業名から、照明のデザインに関する仕事という印象をお持ちの方も多いと思います。 しかし、照明デザイナーという職業は、業務内容が幅広く、さまざまなシーンで活躍しています。

照明デザイナーの仕事【1】:特定の場所の照明をデザインする

照明デザイナーの仕事の1つとして、照明のデザインが挙げられます。 「照明のデザイン」というと、2種類の業務内容が連想されますよね。 照明器具をデザインする場合と、光そのものをデザインする場合です。 照明器具をデザインすることを仕事にしている照明デザイナーも多数いますが、光をデザインすることを仕事としている照明デザイナーもたくさんいます。 光をデザインする場合、担当する場はさまざまですが、オフィスやビル、一般的な住宅や商業施設などが挙げられます。 時には、その空間でより良い光の使い方をするにはどうすれば良いのかなどを、アドバイスすることもあります。

照明デザイナーの仕事【2】:イルミネーションの制作

近年、イルミネーションがブームとなっています。 クリスマスやバレンタインといったイベントのあるシーズンになると、街や商業施設などは、ロマンチックな光の装飾で彩られることが多く、目にしたことがある方もたくさんいらっしゃると思います。 このイルミネーションを制作することもまた、照明デザイナーの仕事の1つとなっています。 イルミネーションなどは芸術作品とも言えるものであり、光の使い方に関するセンスやテクニックが求められるものです。 誰もが芸術的なイルミネーションを創作することができるわけではないので、「いかに素敵なイルミネーションを作ることができるか」は、照明デザイナーの仕事の中でも、特に重要な業務だと言えるでしょう。

照明デザイナーになるには?

上記でもご紹介したように、近年はイルミネーションがブームとなっていることもあり、照明デザイナーは今後、と需要が上がっていく可能性のある職業だとする見解もあります。 皆さんの中にも、業務内容や将来性に魅力を感じて、照明デザイナーを目指したいとお考えの方も、いらっしゃるかもしれませんね。 では、具体的には、どのようにすれば照明デザイナーになれるのでしょうか? 続いては、証明デザイナーになる方法について考えていきます。

照明デザイナーになるには?【1】:専門学校に入学する

照明デザイナーになる方法の1つとして、専門学校に入学し、光の使い方やデザインについて専門的に学ぶ方も多いようです。 最近では、照明デザイナーを目指す人も増えているのか、照明のデザインや光の使い方に関する学科やクラス、コースを扱っている専門学校も増えつつあるそうです。 照明デザイナーの仕事は、センスや才能が求められる部分もありますが、やはりある程度の基本技術や基礎知識を学んでおかないと、なかなか務まるものではありません。 その為、デザイナーやデザインに関する仕事の経験がない場合は、専門学校などで基礎を学んだ方が、照明デザイナーとして働くのに必要なスキルなどを確実に身につけることができるでしょう。

照明デザイナーになるには【2】:美大に入学する

照明デザイナーの仕事というと、多くの場合が上記でご紹介した光やイルミネーションのデザインとなりますが、中には「照明器具のデザイナー」として働くことを希望する方もいるようです。 照明器具のデザイナーとして活躍したい場合は、美大の造形などに関する学科に入学したり、専攻したりする人が多いそうです。 美大に入学するということは、なかなか簡単なことではない為、ハードルは高いと言えます。 しかし、造形に関する確かな技術や知識を学び、センスを磨くことができる場ではあるので、照明器具を作ったりデザインしたりしたい方は、美大への入学なども検討してみることをします。

照明デザイナーに必要な資格

職業や職種によっては、特定の資格を持っていたり試験に合格したりしないと就けないものもあります。 照明デザイナーの場合は、どうでしょうか? 結論から申し上げると、照明デザイナーとして職に就くのに、特定の資格などは必要とされていません。 つまり、事実上は誰でも照明デザイナーを目指せるということになります。 しかし、上記でもご説明したように、照明デザイナーとして活躍するには、光や空間に関する専門的な知識や技術が必要だと言われています。 資格がなくても照明デザイナーになることはできますが、照明デザイナーとして働き続けて活躍するには、センスや知識、技術が求められるというわけです。

照明デザイナーの関連資格

次のページ:照明デザイナーの収入
初回公開日:2017年02月10日

記載されている内容は2017年02月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング