IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

アナウンサー平均年収|地方/フジテレビ/NHK/TBS/テレビ朝日など

就活

こちらの記事では、アナウンサー全体の平均年収や各テレビ局で比較した平均年収を紹介しています。アナウンサーは、いまもなお、給料が高く花形の職業というだけではなく、たくさんの魅力にあふれたお仕事です。アナウンサーのやりがいをぜひ学んでいきましょう。

更新日時:

まずアナウンサーってどのようになるの

アナウンサーは、芸能人のようにタレント事務所に所属するわけではありません。 テレビ局やラジオ局に正社員として就職し、局所属の局アナウンサーとしてキャリアを積まなければなりません。局アナウンサーになるためには、アナウンサー職の採用試験に合格しなければなりません。アナウンサー採用試験は、一般職や技術職の採用試験とは別に行われ、アナウンサー志望の人たちだけが受験します。 受験資格は、4年制大学の卒業が必須となっている所がほとんどです。 アナウンサーは人気の職業のため、採用試験の倍率はとても高く、人気テレビ局(キー局)にもなれば競争率4000倍以上になることも。 そのため、大学在学中に、アナウンサー学校で発声技術を学んだり、アナウンサーのアルバイトなどで経験を積んだりするなど、採用に有利になるような活動を行っている人も多く存在します。 また、アナウンサーの登竜門ともいわれている有名大学のミスコンに積極的に出場するなど、学生時代に一般的な学生よりも積極的に活動されている方が多いようです。

アナウンサーの仕事内容

アナウンサーの仕事とは、人々に言葉で情報を伝えることです。 主な活躍場所として次なようなものがあります。 ○報道番組、ニュース番組のニュース読み ○スポーツ番組の実況 ○各種番組の司会、アシスタント ○ 報道に関する取材やインタビュー ○ 番組やVTRのナレーション いずれにおいても、聞き取りやすい発声、滑舌、間の取り方を常に訓練して身に付けておくことが大切です。また、用意された文章や原稿を、ただ読み上げるだけでは人々には伝わりません。 伝える内容を自分の中で理解し、何を伝えたいのかをしっかり考えてから話すことが大切です。 番組の司会では、他の出演者たちをまとめ、番組全体を仕切る必要も出てきます。伝えたい情報を伝えながら他の出演者を引き立て、時間配分も考慮に入れるなど、非常に多くの能力が必要になります。 また、番組にでるだけではなく、インタビューのために外でロケが頻繁行われるなど、体力のいるお仕事です。

アナウンサーの平均年収

平均年収:年収800万円 平均給料:40万円~54万円 ※給料bank著「日本の給料&職業図鑑」参照 アナウンサーの平均年収の範囲は約550~1200万円でした。 アナウンサーはやはり狭き門ということで、年収は一般的な企業と比較すれば多くもらっているようです。 年収も、地方局よりもキー局(フジテレビ・日テレなど)のほうが、高いようです。

アナウンサー業種別平均年収

アナウンサーは様々な業種でも活躍します。 いくつかの業種でどのくらい年収が違うのか調査してみました。 テレビキー局:年収900万円以上~ テレビ地方局:年収650万円以上~ ラジオ局:年収500万円以上~ フリーランス:年収700万円以上~ テレビ局やラジオ局のアナウンサーという仕事はそのテレビ局やラジオ局の花形的な要素があり、人気がでるとテレビの視聴率がアップしたりリスナーが増え、その番組の顔として全国にその名前が知れ渡ります。 そして露出も増えてそれに応じて、年収も上がります。フリーアナウンサーの売れっ子さんにいたっては、年収1億円を超えることもあるそうです。 ラジオ局よりもテレビ局のほうが平均年収は高く、同じテレビ局でもキー局勤務のアナウンサーのほうが地方局に勤務するアナウンサーより年収は高いのが一般的です。 特に、最近ではキー局の女性アナウンサーの人気はすごく、人気がある女性アナウンサーはさまざまな番組に引っ張りだこになっています。(日テレの水トアナなど)

各テレビ局の年収比較

各テレビ局の平均年収は フジテレビ:平均年収1482万円 NHK:平均年収1160万円 日テレ:平均年収は1453万円 テレビ東京:平均年収は1256万円 TBS:平均年収は1441万円 テレビ朝日:平均年収は1342万円 毎日放送(MBS):平均年収は1304万円 です。 平均年収にすると、大台の1000万円を超えており、かなりの高給取りです。 1番平均年収が高いのはフジテレビで年収はおよそ1500万円にも及びます。 テレビ局は、年収が高いだけではなく、名誉のあるお仕事でもありますので、たくさんの就活生が志願しています。

アナウンサーの働き方

局アナウンサーとしてキャリアを積んだアナウンサーには、ニュースキャスターとして活躍する人もいます。 ニュースキャスターは、報道番組でニュースを伝えるだけでなく、報道内容の編集に関わったり、報道内容に対して自分の意見や考えを述べたりします。報道番組の顔となり、制作から司会進行まで、責任を持って1本の番組を作り上げます。 また、局から独立し、フリーアナウンサーへと働き方を変える人もいます。フリーアナウンサーは、自らが個人事業主となるか、タレント事務所などに所属します。 フリーアナウンサーの場合、出演番組数によって年収も変化し、番組に出る本数に応じて年収が決まってきます。 どの局の番組にも出演できるようになり、CM出演なども可能となります。 自分の実力次第で仕事が決まるため、常に不安も伴いますが、成功すれば自分の作りたい番組を作ることができ、収入も大幅にアップします。 収入が大幅にアップする可能性を秘めているので、フリーに転換するアナウンサーの方が多いのですね。

アナウンサーの魅力とは

アナウンサーの魅力とはどのようなところでしょうか? これから、紹介していきます。

時代の先端を駆け抜けられる

ニュース番組であれ、スポーツやバラエティ番組であれ、それらはすべて視聴者に生の情報を正しく伝えたり、視聴者のニーズに応えていくために企画、制作されています。 そこで、アナウンサーは自分の声を通して「伝える」という重要な役割を担うわけですが、伝える内容は日々変化しています。 また、原稿の内容をきちんと理解するために、たくさんの勉強をすることになるため、社会問題や時事ネタにも自然と詳しくなることができます。 時代の波に乗り、その最先端を走っていく醍醐味が味わえるこの仕事は、とても刺激的なものです。そして、その最先端の情報を視聴者に「伝える」ことができるお仕事です。

自分の能力を試すことができる

アナウンサーは、個々の実力で勝負をしなければならない仕事です。 日頃から発声練習などのボイストレーニングをして、体型や身のこなしにも気を付けていかなければなりません。 常に人から見られる職業であるためプレッシャーがありますし、肉体的にもハードで多忙な日々を過ごすことになります。 そのため「ほどほどでいい」という人にはあまり向いていませんが、力がある人は、どんどん担当できる番組が増えたり、視聴率の高い番組に抜擢されたりします。 実力をつけてお金を稼ぎたい、人気者になりたいといった「キャリア志向」の人にとっては、とても魅力的な仕事だといえるでしょう。

フリーアナウンサーになれる

アナウンサーは、局アナウンサーとしてキャリアを磨いていくこともできますが、実力や人気が伴えばフリーのアナウンサーとして仕事を続けることも可能です。 フリーランスになると、自分でやりたい仕事が選びやすくなるほか、局にいる時代よりも圧倒的に大きな収入を得ることも可能です。 トップをいくフリーアナウンサーにもなれば、若くして億単位の年収を得る人もいます。 もちろん、ここまで上り詰めるにはたくさんの壁を乗り越えなくてはなりません。毎年、次から次へと熱意を持った若手アナウンサーも出てくるため、人気が落ちれば仕事が激減してしまうこともあります。絶え間ない向上心が求められます。 しかし、大きな目標を持って日々がんばり続けることができるのは、アナウンサーの魅力だといえます。

アナウンサーを目指してみませんか?

いかがだったでしょうか? アナウンサーは年収が高いだけではなく、とてもやりがいがあって、魅力にあふれたお仕事です。 アナウンサーを志望される方は、ぜひ有意義な学生生活を送ってください。

関連タグ

アクセスランキング