IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

英会話教室の比較ランキング|社会人におすすめの英会話教室の選び方

英会話

「英会話教室に通いたいが、どこの教室が良いのか、比較しても分からない」そんな悩みは日常茶飯事です。星の数ほどある英会話教室を比較するのは、そもそもの話、至難の業。そこで、どういう基準でスクールを比較すれば良いのかについて、しっかり学んでおきましょう!

更新日時:

英会話教室の比較ランキング(料金)

「レッスン料がいくらかかるのか」という視点から英会話教室を比較することは、実際に教室に通うにあたって必要不可欠になります。 もちろん、どんなに料金が安くても、レッスンのクオリティが下がってしまっては、意味がありません。ここでは、学習者からの信頼や人気が高く、且つ全国的に展開をしている英会話教室に限定して、料金を比べてみましょう。 なお、ランキングの基準については、「1レッスンあたりの単価」で設定しております。価格は税抜きで(税込み表記の情報もあり)、2017年2月現在の情報です。

料金ランキング「第3位」・COCO塾

料金で比較した際の英会話教室「第3位」は、COCO塾です。COCO塾では、ポイント制度が採用されています。1ポイントあたりいくらでの計算になるかについては、「購入したポイント数」と「ポイントの有効期限」によって変わってきます。 最も安いプランですと、1レッスンあたり約3000円です。この金額で対話に必要な英語を学べるなら、費用対効果は高いですね。

料金ランキング「第2位」・NOVA

料金ランキング「第2位」は、NOVAです。 一般的に英会話教室と言うと、敷居が高いイメージがつきものです。しかし、それはあくまでも過去の話。今では「多くの学習者が気軽に通えるようにすること」に重点を置くためにも、リーズナブルな料金で抑えられています。 NOVAの料金は、グループレッスンですと、1回2500円です。(1ヵ月あたり4レッスンで1万円)しかも消費税も込みの金額なので、かなり安く済むこと、間違いありません。

料金ランキング「第1位」・イーオン

レッスン料の安い英会話教室「第1位」は、イーオンです。初めてレッスンを受ける方にとっては、いきなり高額のレッスン料を支払うのには抵抗を感じることもあります。 そこで、イーオンでは、初回限定で「おためしレッスン」が用意されています。5回ないしは10回のうち、好きなコースを選べます。5回ですと9900円、10回ですと19800円ですが、1回あたりの単価は1980円です。 大手スクールなのに、これだけ安価なレッスンがあるのは、珍しいですね。色々な英会話教室を比較してみて、料金の安さを考慮するなら、このコースがおすすめです。

英会話教室の比較ランキング(ビジネス英会話の有無)

ビジネスで英語が必要になることは、今の時代、決して珍しいことではありません。逆に言えば、英語ができないというだけで折角のビジネスチャンスを逃してしまうのは、非常に勿体ない話です。 実際に英会話教室に通いたい動機が、「ビジネス英会話を学びたいから」というパターンは良くあります。そこで、ビジネス英会話のレッスンの有無という観点から比較してみましょう。

ビジネス英会話を学べる英会話学校「第3位」・COCO塾

ビジネス英会話を学べる英会話学校「第3位」は、COCO塾です。数多くある英会話スクールを比較してみると、COCO塾では、「英対話」を習得することに力を入れていることに気づきます。 ビジネスでは、どんなにビジネスの知識を持っていても、あるいは難解な英単語を知っていても、それだけでは歯が立ちません。目的のある対話を行っていく中で、ビジネスがスムーズに進むものです。付け焼刃ではなく、ビジネスで真に通用するスキルを身に着ける点が、高い評価を得ています。

ビジネス英会話を学べる英会話学校「第2位」・ベルリッツ

ビジネス英会話を学べる英会話学校「第2位」は、ベルリッツです。この英会話教室には、色々なスクールと比較してみると、相違点があることに気づきます。それは、「職場においてどんな英語を使うかが想定されていること」「想定内容に沿って、レッスンが展開されること」です。 ビジネスで英語を使うとは言えども、どんな目的で使うのかは、状況によって大きく異なってきます。そう考えると、教科書だけで画一的なレッスンを提供するのは、どうしても無理があるのです。 受講者が出くわす状況に基づいて、講師が受講者の上司や同僚やクライアントになり切ってくださいます。このようなレッスンは、ビジネスの臨場感が溢れており、実践で使いやすくなるのです。

ビジネス英会話を学べる英会話学校「第1位」・GABA

ビジネス英会話を学べる英会話学校「第1位」は、GABAです。完全マンツーマンレッスンでビジネス英会話を学べる教室ということで、ビジネスマンから絶大な人気があります。テキストは教室で用意されていますが、あくまでもレッスンを受講する側のニーズを優先にして下さいます。 中でも嬉しいのは、実際にビジネスで使っている文書などをレッスンに持ち込んでも良いという点です。例えばですが、「クライアントへのメールを添削して欲しい」とか、あるいは「来週英語でプレゼンがあるので、プレゼンの原稿を一緒に作りたい」とか、多岐に渡る要望にも応えて下さいます。ここまでワガママを言っても許される英会話教室は、そうないですよね。

英会話教室の比較ランキング(辛口)

どこの英会話教室も、100パーセント完全無欠ということはあり得ません。この点については、どうしても受け入れていかない点です。また、真剣に上達を考えている意欲の高い学習者からすれば、厳しい目で比較したくなるものです。 ここでは、辛口ランキングという視点で英会話教室を比較しています。

辛口ランキング「第3位」・COCO塾

辛口ランキング「第3位」は、COCO塾です。 「英会話ではなく英対話」で有名なCOCO塾ですが、揺るぎないコミュニケーション能力を身に着けられるという点で、受講者から人気があります。色々なスクールを比較した結果、「英対話」に惹かれて入学を決める方も多いものです。 ただ、レベルチェックの際は、比較的厳しめの基準で行われます。そのため、ある程度英会話に自信がある人でも、結果を見た瞬間、落胆してしまうこともあるのです。 COCO塾では、「読む」「書く」「聴く」「話す」という基準でのレベルチェックを行っているわけではありません。「社会的な言語能力」「流暢さ」「語彙」「英文法」「リスニング」「発音」という6つのセクションから判定されます。 レベルチェックの基準はシビアでも、他人と比較されることはないので、その点は心配不要です。

辛口ランキング「第2位」・ベルリッツ

辛口ランキング「第2位」は、ベルリッツです。 この英会話教室では、マンツーマンや少人数のレッスンを受講できます。そのため、既成のレッスンではなく、本当に受講者が必要としていることにフォーカスを置けます。基本的にネイティブ講師がレッスン担当をしているし、複数の講師の質を比較してみるのも可能です。講師を比較したところで追加料金は発生しないのですから、比べてみなければ損ですね。 ただ、授業料はどうしても高いです。ある程度経済的に余裕があって、ベルリッツに授業料を支払っても平気ならそれで良いですが、金銭面がきついと、今一度カウンセラーに相談した方が良いでしょう。そうすれば、いくつかのプランを比較して、最適なプランを提案して下さいます。

辛口ランキング「第1位」・イーオン

辛口ランキング「第1位」は、イーオンです。 一般的に英会話教室と言うと、ネイティブ講師によるレッスンが多いです。中には、日本人講師が一人も在籍していないスクールだってあります。 その反面、イーオンの場合は、日本人講師の割合が全講師の中で半分近く占めるのです。「文法の説明に強い」「分からないことがあれば、日本語で質問できる」と言った点は、ネイティブ講師にはない強みです。こういう点が、受講者は嬉しく感じます。 ただ、イーオンのレッスンは、どちらかと言うと初級から中級のレベルにフォーカスを置いています。上級者向けのレッスンが全くないというわけではないですが、割合としてはどうしても少ないもの。これから英会話を始めたいならイーオンはおすすめですが、更なるレベルアップを求めているなら、今一度カウンセラーに相談する方が無難です。

英会話教室の比較ランキング(ネイティブがいるか)

私達日本人にとって、ネイティブのように英語を操ることができるのは、大きな憧れです。ネイティブらしい自然な表現はもちろんのこと、英語圏のカルチャーまで指導を賜ることができるので、それだけメリットがあります。 実際に英会話教室を探す際、ネイティブ講師が常駐しているかどうかという視点で選択するのも、良くあります。ここでは、ネイティブ講師のレッスンが受けられる教室に絞ってランキングを比較してみましょう。

ネイティブ講師常駐の英会話教室「第3位」・ベルリッツ

ネイティブ講師常駐の英会話教室「第3位」は、ベルリッツです。 テレビCMや電車の車内広告で頻繁に見かける英会話教室ということもあり、それだけクオリティの高いスクールだと言えます。 ベルリッツでは、基本的にネイティブ講師のレッスンを受講します。もちろん、知的教養のレベルが高いですから、実に深い学びになります。しかもマンツーマンもしくは少人数なので、自分が話す時間も多めに確保できるのも、嬉しいことですね。

ネイティブ講師常駐の英会話教室「第2位」・GABA

ネイティブ講師常駐の英会話教室「第2位」は、GABAです。 GABAで勤務する講師は、「受講生から効果的に会話を引き出すことができるか否か」に関して、厳しくチェックされています。もちろん、この要素以外にも多方面に渡って審査がなされ、最終的な採否判断がなされます。言うまでもなく、「英語ネイティブだから」という理由では採用されません。 「相手から会話を引き出す能力」というのは、単に「話し上手」という意味ではありません。英語を話すことにナーバスになっている受講生がリラックスし、自分の言いたいことを言えるような雰囲気を作れるかどうかが大きなカギになります。 GABAは日本全国色々な場所に教室を構えていますが、各教室を比較してみれば、講師のレベルの高さを痛感できます。

ネイティブ講師常駐の英会話教室「第1位」・イーオン

ネイティブ講師常駐の英会話教室「第1位」は、イーオンです。 日本人講師の割合が高いイーオンですが、本場の英会話を物にする以上、ネイティブ講師の存在を忘れるわけにはいきません。 イーオンでは、海外に採用センターを設けて、現地で講師採用が行われています。この体制なら、海外でも研修を行うことができるし、優秀な人材を上手く囲うことにも繋がっていきます。 イーオンに足を運んでみると、実にフレンドリーなネイティブ講師に出会えます。もちろん、色々な講師を比較してみるのも良いですね。国ごとの発音の比較、得意ジャンルでの比較、キャラクターでの比較、どれも面白いですよ。

英会話教室の比較ランキング(教室体制)

教室体制という点から英会話教室を比較してみることも、自身に合ったスクールであるかどうかが明確に分かるとも言われています。 単に「レッスンを頑張りましょう」みたいに言われても、学習者側のモチベーションはアップしません。独学で学習を続けることのできる人ならまだしも、ほとんどの場合は、教室によるサポートが必要になります。 ここでは、成功のカギを握る「教室体制」や「サポート」に関して比較します。

教室体制に関する英会話教室ランキング「第3位」・GABA

教室体制に関する英会話教室ランキング「第3位」は、GABAです。 GABAでは、教室に通ってレッスンを受けるだけでは十分だと判断しません。一週間のスケジュールを見てみれば、レッスンのない日の方が多いですし、そうである以上は自主学習が必要です。だからこそ、GABAでは自主学習を取り入れています。 ただ、自主学習とは言えども、自宅の机に向かう時間をなかなか確保できないと悩んでいる受講生も多いものです。この悩みを解決するのが、myGabaです。これはオンライン上のサイトにアクセスして、学習履歴を確認したり、予習や復習を行うシステムです。 GABA独自の自主学習に取り組んでみると、昨日の自分と今日の自分を比較できることに気づきます。他人と比較するのではなく、自分と比較するからこそ、大きなモチベーションアップが図れますよ。

教室体制に関する英会話教室ランキング「第2位」・COCO塾

教室体制に関する英会話教室ランキング「第2位」は、COCO塾です。 この英会話教室では、良質なカウンセラーによる学習サポートを受けることができます。せっかくCOCO塾に通っても、普段の学習が疎かになってしまっては、英対話として使いこなすレベルに到達できません。 だからこそ、カウンセラーが「普段の学習の心構え」や「スキルを獲得するために必要なトレーニング」などに関して、親身に相談に乗って下さいます。時として厳しいアドバイスがなされることもありますが、これも受講者の目標レベルと比較した上での話です。 飴と鞭の学習サポートのおかげで、COCO塾での学習が上手くいくのです。

教室体制に関する英会話教室ランキング「第1位」・イーオン

教室体制に関する英会話教室ランキング「第1位」は、イーオンです。 イーオンの講師やカウンセラーが、口を揃えて言うアドバイスがあります。それは、「英会話の上達には、自主的にテキストを音読することだ」です。このアドバイスは、まさに的を得ています。自主学習の方法も色々ありますが、様々な方法を比較してみても、音読が王道です。 音読をすることによって、発音と意味と文字を同時に体に刷り込ませることができます。予習復習共に音読をしてレッスンに臨む人は、予習復習を全くしない人よりも、遥かに大きな成果を出せているのです。 以上の点から、イーオンでは音読を筆頭に学習サポートを行っています。

英会話教室の比較ランキング(制度)

英会話教室の数が多い分、スクールにとっては生き残ることさえも大変なものです。そこで、英会話教室としては、様々な制度やイベントなどで差別化を図ります。学習者にとっては、モチベーションを上げるにはもってこいですし、参加するだけで楽しく感じます。 ここでは、制度やイベントという視点から比較してみることにします。

制度による英会話教室ランキング「第3位」・シェーン

制度による英会話教室ランキング「第3位」は、シェーンです。 シェーンでは、日頃の学習の成果をアウトプットしようという目的で、スピーチコンテストが行われます。このイベントでは、未就学児から参加することができ、様々な受講生と仲良くなれるチャンスです。 スピーチコンテストと言っても、堅苦しいものではありません。コンテストの合間には、様々なアクティビティが仕掛けられていますが、これによってリラックスできます。いわゆる一般的なスピーチコンテストと比較しても、心から楽しめますよ。

制度による英会話教室ランキング「第2位」・ECC

制度による英会話教室ランキング「第2位」は、ECCです。 この英会話教室には、初級から上級まで、様々なレベルの方々が集います。そして、普段のレッスンでは顔を合わせる機会がない者同士でも交流ができるようにと、定期的にパーティが開催されます。 中にはお酒を片手に英語でコミュニケーションを取るパーティもあり、参加するだけでテンションが上がります。こういうパーティでは、普段自分をあまり出さない方でも、コミュニケーションに対して積極的になれるものです。

制度による英会話教室ランキング「第1位」・イーオン

制度による英会話教室ランキング「第1位」は、イーオンです。 季節によって様々なイベントを開催しているイーオン。中でも人気があるのが、TOEICコンテストです。このコンテストは、二つの部門があります。一つはハイスコアコンテスト、もう一つはのびのびコンテストです。 前者は800点以上の方々が表彰の対象となります。後者はイーオンに入学後に初めて受験したTOEICのスコアと比較して、どれだけ伸びたかで競います。 この制度では、イーオンに通う他の受講生とスコアを比較することになりますが、「自分も負けていられない」とモチベーションアップのきっかけになります。

社会人におすすめの英会話教室の選び方(希望するレベルの比較)

どんなに素晴らしい英会話教室に通っても、レッスン内容が自分のレベルに合っていなければ、今後の上達は難しくなります。これではせっかく英会話教室を比較しても、その労力が無駄になってしまいます。 そうならないようにするためにも、レベルという観点から比較を行っておきたいものです。ただし、他人のレベルと自分のレベルを比較する必要はありません。あくまで自分のレベルを客観的に知ることが目的です。

初級レベルがおすすめのケース

このレベルは、「これから英会話を習いたい」「中学英語にあまり自信がない」という方におすすめです。 初級のレベルの英語は、今後の学習を成功させるためには、絶対に必要になります。とりわけ中学校3年間で習う英語は、揺るぎないレベルまで上達させておきたいものです。色々な英語を比較しても、基本のレベルほど肝要です。 レッスン中に会話をする際は、緊張するかもしれないですが、大丈夫です。誰だって間違う時は間違いますし、講師が適宜アドバイスをして下さいます。

中級レベルがおすすめのケース

英語の基本は身についたが、そのレベルからステップアップをしたいと考えている方には、中級レベルがおすすめです。 このレベルの英語を物にすると、自分で言えたり書いたりすることのできる表現のバリエーションが劇的に増えます。いつも同じようなフレーズでは、どこか物足りなくなりますが、レベルアップによってそういった悩みが解決されていくのです。 中級レベルは、上級レベルへの橋渡しみたいなものですね。

上級レベルがおすすめのケース

自主的に英語を学び、TOEICでもかなりのハイスコアを持っているが、英語力を極限までアップさせたい場合、上級レベルがおすすめです。 この段階まで到達すると、「英語ができる」だけでは物足りなくなります。「単なる英語力を超え、英語を使って何ができるか」に意識を向けるものです。例えばですが、「何かに関してプレゼンテーションをする」とか、そのようなレベルを目標にします。 他のレベルと比較すると、非常にハードです。その分、やりがいが大きいですよ。

社会人におすすめの英会話教室の選び方(希望するレッスンの有無)

今では様々な英会話教室を探すことができます。そのため、数多くある教室の中から、自身のニーズにマッチしたスクールを探すのは、時として迷いを感じるものです。 こんな時、自身が希望するタイプのレッスンを開講しているかどうかという点で選んでみるのも、一つの賢明な方法です。ここでは、社会人の学習者に人気の高い「日常会話英会話レッスン」と「ビジネス英会話レッスン」の2つの観点から比較してお話します。

日常会話レッスンの有無

日常会話は、英会話を学ぶ以上は必須科目です。 このレッスンでは、日常会話に必要な表現や語彙はもちろんのこと、英語を使いこなすために必要になる要素をまんべんなく学んでいきます。 将来的にビジネス英会話を学びたい場合でも、基本を固めるという意味では、日常会話からおすすめすることもあるぐらいです。そうである以上、英会話教室を選ぶ時は、日常会話レッスンの有無を確認するようにしたいものです。

ビジネス英会話レッスンの有無

日常会話レッスンと並んで高い人気を誇るのが、ビジネス英会話レッスンです。 この類のレッスンは、いわゆる大手の英会話教室では受講することができます。今の時代、英語でビジネスをすることも、決して珍しくはありません。むしろ「ビジネスに相応しい英語を使いこなして当たり前」とみなされます。 今はビジネス英会話レッスンの受講を考えていなくても、今の勤務先でいきなり英語が必要になる可能性だって十分あります。そう考えると、ビジネス英会話レッスンを提供しているスクールを選ぶのも、一つの方法です。

社会人におすすめの英会話教室の選び方(学習サポートの有無)

学習サポートの有無の比較は、英会話教室に通う方々にとっては、まさに必要不可欠です。 どこの英会話教室を比較対象とするにしても、肝に銘じておかないといけないことがあります。それは、「一週間のスケジュールをチェックしてみると、レッスンのある日よりも無い日の方が多い」ということです。 ということは、教室外での自主学習を上手く取り入れて、実力錬成に努めていく必要があります。英会話はどこかファッションのように見えがちですが、大学受験のようにれっきとした学問です。ということは、ひたむきで且つ地味な学習を避けて通れません。 そのように考えると、学習サポートの有無を確認して、様々な教室を比較することが求められるのです。

学習サポートが必要な理由

今では、街中で様々な英会話教室を目にするものです。クオリティの高い教室もあれば、そうでない教室もあるのが現状です。その判断基準としては、「学習サポートがしっかりしているか否か」で考えてみるのがおすすめです。 では、なぜ学習サポートが必要なのでしょうか。 それは、英会話の上達には、自主学習が必要になるからです。集中して学習に取り組んだだけ上達できるのが英会話の本質です。ただ、教室のレッスンだけでは、上達に必要な時間を十分に補うことができません。 なればこそ、自分で英語と向き合う時間を確保することが求められます。ただ、スクール側のサポートがないと、挫折してしまう人も出てきます。これではせっかくの英会話レッスンも無駄になってしまい、もったいない限りです。 学習をコンスタントに続けるためにも、学習サポートは必須なのです。

理想の学習サポート

理想の学習サポートとは、学習者の上達を望めることです。どんなに素晴らしい勉強法でも、学習者本人が上達しなければ、全くもって意味がありません。 また、サポートを行う側も、的確なアドバイスをすることが求められます。そのためには、学習者への傾聴を絶えず行い、そこから学習者の悩みを把握し、学習プランを練っていくのが理想です。 上達した時や、資格試験で結果を出した時は、一緒に手放しで喜び、サポートをして下さった方に大きな感謝を示したいですね。

社会人におすすめの英会話教室の選び方(講師の質の比較)

学習が上手くいくかどうかは、もちろん、学習者自身の不断の努力が欠かせません。もし学習を怠ることになれば、その段階で実力アップもストップします。 しかし、学習者のモチベーションが高くても、指導を受ける講師の質が悪いと、上達を望むことが難しくなります。これではせっかくの高い動機付けがなされても、非常にもったいないですね。 では、講師の質の比較をする際に、どんな点に着目すれば良いのかについて見てみましょう。

経験に裏打ちされた指導力

講師採用の基準が厳しい教室では、「これまでの経験に裏打ちされた指導力」が重視されています。ここで言う経験とは、英会話講師としての経験だけでなく、ビジネスの経験なども含みます。 経験が豊富な講師は、指導力も高いものです。そもそもの話、「英語が話せること」と「英語を教えられること」は、全く以って別の能力です。「名選手、必ずしも名監督にあらず」とも言われますが、まさに言い得て妙ですね。 指導力も経験も、今後英会話を学ぶにあたって、命運を分けるぐらい重要な項目です。

講師としての情熱

どんなに経験や指導力が素晴らしくても、英会話講師の仕事に情熱を傾けることができない講師は失格です。 学習者としては、「英語力をアップさせたい」という一心で時間や費用や労力を投資しています。中途半端に英会話を学んだところで物にできない以上、上達に全精力を捧げるのは、極めて当然のことです。 情熱のある講師は、このような学習者の想いに共感できます。逆に言えば、情熱を感じない講師については、最初の段階から切っておく方が無難です。

社会人におすすめの英会話教室の選び方(カウンセラーの質の比較)

英会話教室に通う中、学習が順風満帆に進むとしたら、それに越したことはありません。しかしながら、現実の学習と向き合ってみれば、スランプに遭遇することもあります。 こんな時、学習カウンセラーに悩みを相談することになるでしょう。学習者が悩む以上、的確なアドバイスが欲しいのは、言うまでもありません。 そこで必要なのが、カウンセラーの質を見極めることです。理想とするカウンセラーとダメなカウンセラーを比較してみることで、選ぶべき教室のタイプが見えてきます。

理想とするカウンセラー

カウンセラーを比較してみると、理想のカウンセラー像が良く見えてくるものです。最終的には自分自身との相性もあるのですが、学習者の視点に立つことができているかどうかが、大きなカギになります。 同じ教室の同じレッスンを受講しているとしても、受講者の悩みも強みも性格も、全く異なってくるものです。そのため、機械的な対応をしたところで、受講者に寄りそうことはできません。だからこそ、色々なカウンセラーを比較し、手厚いサポートをして下さるカウンセラーを探す方が良いのです。 また、時に励ましてくれ、時に厳しく仰るカウンセラーかどうかについても、今一度見極めてみる方が良いです。英会話教室に通っても、自分に厳しくしなければ、上達を望むことはできないのです。

ダメなカウンセラー

英会話教室に常駐しているカウンセラーの多くは、学習サポートを手厚くして下さいます。しかし、複数人のカウンセラーを比較した結果、「この人は使えないな」と感じることも否定できません。では、ダメなカウンセラーの例について、ここで挙げてみましょう。 まず、他の学習者と比較するパターンです。英会話はあくまでも自分側の上達が大切なのであって、他人と比較して云々と言う問題ではありません。大学受験ではないので、他人を蹴落とす必要は全くないのです。そういう意味では、他人を引き合いに出すのは、まさにダメなパターンです。 次に、何でもかんでも売り込んでくるパターンです。教室の中には、教材を売ることに関して目標数値を定めていることもあります。こういう状況では、売ることに必死になるカウンセラーも居るものです。しかし、学習者側にとって大切なことは、あくまでも上達です。そう考えれば、売り込み一辺倒のカウンセラーも選ばない方が無難です。 カウンセラーを比較して、良し悪しを見極めるのは、最初のうちは難しいかもしれません。しかし、慣れてくれば、本当に優秀なカウンセラーかどうか、おのずと分かるようになりますよ。

社会人におすすめの英会話教室の選び方(英会話教室への通いやすさ)

どんなに優秀な講師が在籍していても、どんなに素晴らしいレッスンを提供している教室であっても、通わない限りは結果を残すことができません。 ということは、英会話教室に通いやすいかどうかという視点からの比較検討も必要になります。この視点での比較を怠らないようにすれば、挫折せずに学習を続けることに直結します。

レッスンを受講できる時間帯

どこの英会話教室に通うことになっても、レッスンを受講する時間帯を決めるのは、自分の自由です。この時間帯についても、実際に英会話教室に通う前に比較検討しておく方が望ましいです。 時間帯について比較する時は、自身のライフスタイルに合わせて考えれば、それで問題ありません。日頃どんなスケジュールでどんな生活をしているかは、個人によって異なります。 平日の昼間に仕事をしているなら、夜の時間帯に受講することになるでしょう。あるいは、昼間に時間があるなら、昼間のレッスンを受講する方法もあります。教室によっては、昼間に限ってレッスン料を割り引きにしていることもあるので、こういう時に金銭的に得をするのです。

教室までの所要時間

率直な話、通いやすい場所であれば、問題ありません。ただ、自宅もしくは勤務先から教室までの所要時間を考慮した際に、あまりにも手間がかかるようでは、通うのも大変になります。 可能であれば、自宅や勤務先の近くの英会話教室を選ぶ方が良いです。というのも、教室までの所要時間が少なければ、それだけ体力的にも疲れないからです。 大手スクールですと、色々な場所に教室を構えているので、通う際にもそこまで大きな負担はかかりません。

社会人におすすめの英会話教室の選び方(講師の国籍及び母語の比較)

「英会話を習えれば、どの先生から習っても良い」と考える人も居ます。しかし、これでは思っているよりも効果は薄いものです。 講師の国籍がどこか、講師の母語は何語なのかによって、それぞれ一長一短があります。また、学習者のレベルという視点で講師を選ぶことも必要です。以上の点を意識するからこそ、英会話教室を正しく選ぶことができます。 では、3種類の講師のメリットについて、比較してみましょう。

日本人講師のメリット

日本人講師のメリットは、何と言っても、日本語で円滑にコミュニケーションが取れることです。様々な講師を比較した結果、是非とも日本人講師に英会話を習いたいと考えている学習者は多いです。 TOEICや英検などの試験を受験対策については、日本人講師が最も熟知していると言っても過言ではありません。いづれの試験も、文法に関する問題がありますが、文法を習う時は日本語での説明がある方が、ストレスが無くて済むのです。 とりわけ初心者の場合、英語オンリーのレッスンを受講した所で、レッスンについていけなくなる可能性が高いです。それならば、必要に応じて日本語で説明してくれる講師につく方が、得策であると言えます、しかも日本人学習者の目標であり且つ憧れの的になるのも、日本人講師のメリットですね。

英米人講師のメリット

英米人講師に英会話を習うことによって、他の国籍の講師にはないメリットを享受することができます。初級から上級まで、様々なクラスを持つ講師が多いので、英米人講師のレッスンを希望している学習者には嬉しい話です。 英米人講師は、英語圏の文化に精通しています。英米で生まれて育っているので、当然と言えば当然のことですが、これが学習者にメリットを及ぼします。英米の文化と日本の文化を比較してみると、自国の文化が他の国では全く通用しないことも多々あります。こういった違いを、言語と共に学べるのです。 言語だけ学んでも意味がないですが、文化と言語を比較しながら学ぶからこそ、意味のある学びになります。

非ネイティブ英語話者の講師のメリット

英語と言うと、どうしてもアメリカやイギリス、あるいはカナダやオセアニアなどの国や地域を思い浮かべるものです。もちろん、それはそれで間違いではありません。しかし、今の時代、英語は英米などの国だけの言語ではないのです。 そこで必要になるのが、非ネイティブ講師です。フィリピンやシンガポールやインド、あるいはヨーロッパや中南米など、英語を第二言語として使用する国々出身の講師も、英会話教室で勤務しています。 色々な国で使われている英語を比較してみると気づくのですが、発音や訛りなども多種多様です。どの英語もそれぞれの良さがあるし、お国柄を感じることでしょう。 世界の英語話者に関しても、8割以上は非ネイティブです。今後は非ネイティブともコミュニケーションを取る可能性が高いと考えれば、英語を母語としない講師から英語を習ってみるのも、大いに意義があります。

英会話教室選びが、学習の成功のカギを握る!

かつては敷居が高かった英会話教室も、今では一般庶民の手に届くまでに状況が変化しています。「グローバル社会の到来」にも象徴されるように、今後生き抜くためには、英語のスキルが必須です。ただ、「英語はどうしても苦手だし…」と腰が重くなってしまう人が多いのが現状です。 しかし、今さら消極的になっても、何も変わりません。時代が変われば求められるスキルも変わるのは、極めて当然の理です。「英語なんてできなくても良いもん」で済んだ時代は、とっくに過ぎ去っています。 英会話教室は、「グローバル時代のパスポート」を私たちに授けてくれます。ただ、教室の数が多いということもあり、自分に合った教室を見極められずに悩むことも良くあります。そんな時、英会話教室選びの基本に立ち返って、真理眼と共に教室の良し悪しを判断するようにしたいものです。

関連タグ

アクセスランキング