IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

無料の履歴書写真用アプリ|正式書類で使っても大丈夫?

書類選考

スマホアプリで証明写真が撮れることをご存知でしょうか?履歴書などに使う証明写真は、写真屋さんで撮るのは高くて近寄り難いし、証明写真ボックスの場所はわからなくて、これも高く、不便に感じます。履歴書をはじめとした証明写真が撮れるアプリとそのノウハウを紹介します。

更新日時:

写真作成アプリで撮るメリット

様々なカメラアプリがある現在、履歴書をはじめとした各種証明写真がスマホで撮れるアプリも、もちろんあります。どのような使い勝手の良さが特徴なのか、見ていきましょう。

低コストで作れる

写真屋さんを探す、行く、撮影する、印刷する待ち時間といったコストに比べると、かなりのコストが削減でき、その分を有効に活用していくことも可能です。 正規の写真屋さんで証明写真を撮ってもらうとなると、安くても1000円以上の費用が必要になる場合が多いですね。焼き増し用のデータがもらえるケースが多いですし、プロのカメラマンが撮影してくれるので、仕上がりの良さは信頼できますが、その分コストがかかります。

何度でも撮り直しできる

証明写真ボックスで写真を撮ると、撮り直しはできますが、回数制限や時間制限があり、焦ります。特に、撮影や加工中はボックスを独占しているわけですから、次のお客さんがいると余計に焦ってしまい、納得のいく写真の仕上がりに至らないまま妥協してしまうことも少なくないでしょう。 スマホの写真作成アプリは、多くの場合スマホで写真撮影し、加工します。自宅などの好きな場所で撮影できるので、納得のいく写真が撮れるまで何度でも撮り直しができます。 また、加工機能があるアプリも多いので、時間の制限を気にすることなく、納得のいくまで加工することができます。

オススメ写真作成アプリ(無料)iphone/Android

具体的にどのようなアプリがあるのかを見ていきましょう。アプリ取得に料金の発生するものもありますが、ここでは無料のアプリを紹介していきます。

オススメ① 証明写真~かんたん・きれいな履歴書カメラ~(byタウンワーク)

履歴書をはじめ、マイナンバーやパスポートなど、各種証明写真の撮影・印刷ができる無料アプリです。求人誌大手のタウンワークがリリースし、30円で印刷ができてしまうという優れものです。 プリンターを持っていれば自宅で印刷ができますし、自宅にプリンターなどの環境がなくても、近くのコンビニでも印刷でき、問題ありません。目元のクマを消して自動修正する機能や、肌の明るさを調整する機能も付いています。 また、大手求人誌タウンワークが監修ということで、履歴書などの証明写真としてだけではなく、証明写真付きの履歴書としても印刷が可能です。

オススメ② Bizi ID-コンビニ証明写真

履歴書用の証明写真が6枚で200円、全国のコンビニで印刷ができる無料アプリです。 各種証明写真のサイズに対応しており、傷補正や美白処理などの画像調整機能も付いています。線に沿って撮影するだけのガイド機能があり、自撮りでも簡単に撮影が可能です。 また、一枚のプリントを家族や友人と分割作成する機能があり、別の写真を利用して一緒にプリントすることで、無駄を避ける機能も備えています。

スマホで履歴書用の写真を撮るときのコツ

背景は「白かグレー」

履歴書に貼る証明写真を撮る場合、背景に色々なものが写っていては印象が悪くなります。白かグレーの壁を探して背景にしましょう。トイレやビルの壁など、探せばあるものです。 もしどうしても白やグレーの壁が見つからない場合は、白いシーツやポスターの裏を壁に貼って背景にしてもいいでしょう。 また、部屋の照明はつけて、なるべく明るい環境で撮影しましょう。 レフ板の代わりに白い布や紙を膝の上に置いて撮影すると、顔に光が反射して明るい表情の写真になります。

服装はスーツにシャツ、ネクタイがベスト

特に履歴書に貼る証明写真を撮影する場合は、スーツ姿で撮影するのがベストです。その他の証明写真でも、ジャケットなどを着て撮影する方が、顔が引き立ちます。 自宅で撮影する際は、上半身しか写真には写りませんから、上半身だけの着替えで撮影に臨めます。こういったことも、スマホの写真作成アプリならではのメリットと言えるかもしれませんね。

他人に撮ってもらう

アプリによっては、撮影ガイド機能が付いているものもありますが、自撮りは姿勢が悪くなってしまったり、ブレてしまうことも多くなります。家族や友達に撮影してもらうのがベストです。 どうしても自撮りしかできない場合は、セルフタイマーを使用して手ブレを防止しましょう。また、片手でスマホを持って撮影すると、肩が平行にならず、印象が悪くなります。両手で持って、肩が平行になるようにするのが良いでしょう。

コンビニで写真を印刷する

写真が上手に撮れ、後は印刷するだけというときに、自宅にプリンターがない場合困りますよね?プリンターがあったとしても、普通のプリント用紙に印刷していたのでは、もし履歴書にそれを貼っていけば不採用になること間違いないでしょう。 先にもありますが、コンビニで印刷できるサービスがあります。いくつか見ていきましょう。

撮った写真をコンビニ証明写真「ピクチャン」で印刷する

コンビニ証明写真「ピクチャン」とは、スマホやデジカメで撮った写真を簡単に証明写真にできるサービスです。全国のコンビニ(セブンイレブン、ローソン、サークルK、サンクス、ファミリーマート)のマルチコピー機から証明写真を印刷できます。 その特徴は、 1.証明写真3枚で200円 2.近くのコンビニでプリントアウトできる 3.24時間365日プリントアウト可能 4.お気に入りの写真を証明写真にできる 5.好みのサイズで証明写真が作れる 6.アプリのインストールや会員登録不要 といったことが挙げられます。

コンビニ証明写真「ピクチャン」サービス説明動画

撮った写真をセブンイレブンの「ネットプリント」で印刷する

セブンイレブンのネットプリントを利用した印刷の手順を具体的に見ていきましょう。写真作成アプリは、先に紹介した「履歴書カメラ」アプリを使用した例です。 ①スマホに写真作成アプリ「履歴書カメラ」をダウンロードする ②スマホに、コンビニでプリントできるネットプリントのアプリをダウンロードする

③「履歴書カメラ」アプリで写真撮影 ④印刷したい画像をスマホに保存しておく ⑤スマホのネットプリントアプリを利用して、示された手順に沿って進める ⑥暗証番号が発行されたら、セブンイレブンのプリンターに番号を入力すると写真が表示される ⑦問題なければ入金し、プリントアウト

写真アプリで撮った写真は履歴書で使用しても大丈夫

先に書いた、「スマホで履歴書用の証明写真を撮るときのコツ」で紹介した通り、背景や服装、姿勢がきちんとしていれば、証明写真としては問題ありません。 印刷する用紙も、普通のプリント用紙ではなく、一般の写真に使われる「光沢紙」であれば問題ないでしょう。 ただし、便利で手軽になったからと言って、「気を抜いてもいい」「手を抜いてもいい」というわけではないことは肝に銘じておきましょう。採用担当者に「手を抜いてきたな」と思われた時点で、印象は悪くなります。写真で損をすることのないよう、納得のいく形で臨みましょう。 履歴書の写真は、とても重要な判断材料になります。印象を良くするためのコツを知ってるのと知らないとでは、企業側に与える印象はかなり変わってくるといえるでしょう。 しかし、どうしたらいいかわからない、一人で不安を感じているなら転職エージェントに相談することをおすすめします。転職のプロが書類の添削から面接対策までサポートしてくれます。

「便利・手軽・低コスト」の裏には「自己責任」がある

スマホで簡単に安く証明写真ができる反面、質が悪く、それが原因で例えば面接で不採用になったとしても、それを作ったのはあくまで自分自身です。ただ楽がしたいが為だけにどういったリスクを背負うのか、それは自己責任であることを忘れてはいけません。 転職は人生を左右する大きな決断です。後悔しないためにも、あらゆる準備と対策を行いましょう。一人での転職活動に限界を感じたら転職エージェントに相談してみましょう。

関連タグ

アクセスランキング