IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「英会話の独学での勉強方法」おすすめ教材・英会話を身につけるコツ

英会話

2020年には東京オリンピックが開催されますが、それまでに英会話が出来るようになっていたいと思う人が多いのではないでしょうか。英会話は習うのにはお金がかかるため、独学でなんとかしたいという人も多いはず。ここではいくつか独学での習得方法を紹介していきます。

更新日時:

日本人は英会話が苦手?

困っていた外国人

日本人は英会話に対してコンプレックスがあると言いますが、なぜコンプレックスがあるのでしょうか。こんなエピソードがあります。とある駅の構内で外国人がうずくまっていたのですが、日本人は誰しも素通りするばかりで声を掛けようとはしませんでした。その後、それに気づいたひとりの日本人が駅員にそれを伝え、聞いた駅員は外国人に声を掛けます。簡単に「Okay?」のみです。これだけでしたら独学以前の問題で、誰しもが義務教育の中で覚えている言葉ですよね。 すると外国人はお腹を抑えジェスチャーと表情で痛みがある事を伝えてきました。後にわかった事ですが、外国人は一時間近く誰からも声を掛けてもらえず苦しんでいたのです。このエピソードからわかるように、英会話として成り立っていなくてもコミュニケーションがとれる事がわかります。 このとき大切だったのは、純粋に「困っている人を助けたい」という気持ちだけで良かったはずです。しかし英会話が出来ないというコンプレックスが邪魔をして、外国人に声を掛けるのをためらわせてしまいます。独学の前に英会話が苦手とされる理由を、ここからは解説していきます。あなたにも当てはまるものがないか、まずは確認してみましょう。

日本人が英会話を苦手とされる理由

独学でなんとかしたいという人も多いですが、日本人が英会話を苦手とする理由としては、以下の原因があるとされています。 ●文法にこだわっている ●発声方法が違う ●カタカナ英語が邪魔をする ●閉塞的な価値観がある

英会話が苦手な理由①文法にこだわっている

英会話の文法は日本語と違っていますよね。主語があって、be動詞があって、疑問形はこれを反対にするとか、助動詞がこうだ、三人称の場合は動詞が変化するとか、英会話をする時にこんな事を考えてはいないでしょうか。もしそうだとしたら、よっぽど英会話が好きであったり、すでに学校などで専攻していない限り、あなたはすでに英会話に対して嫌悪感を持っていますよね。 独学で学びたい以前に苦手意識を持ってしまう最大の理由がこれです。もともと英会話が苦手な人が「話してみたい!」と意気込んでも、このややこしい構成の文法に悩まされて挫折してしまいやすいのです。中学校や高校でもこの文法がどんどん複雑になっていき、結果的に苦手になった記憶を持つ人が多いのではないでしょうか。

英会話が苦手な理由②発声方法が違う

英語と日本語の発声の違い

こんな経験はないでしょうか。電車に乗っていて、日本人はひそひそと話しているのに対して、外国人はよく響く通る声で会話をしているため目に入りやすいという場面です。奥ゆかしさ、礼節を重んじる日本人からすると、公然の場で大きな声で話す事はマナー違反という意識があり、小さな声で話そうとしますし、それが出来てしまいます。 一方、建前をそれほど気にせずに本音で話すという風習のあるアメリカなどでは、いかに自分の意思をはっきり伝えるかが大切なので、相手に伝わりやすい通る声で話します。ここでの大きな違いは、発声方法なのです。日本語はそれほど表情筋を使わなくでも、口先の動きだけで話す事が出来ますよね。 英会話となればどうでしょう。口先というよりは口の奥で発声し、表情筋もたくさん使って話しているのです。下の動画がわかりやすく発声の違いを解説しています。

動画の内容を要約すると、まずは「響き方が違う」という事です。先に述べたように、日本語は口先、英会話となると口の奥に響きがあります。また、英語は口の奥に響きがあるために低く聞こえるという事です。日本語は喉の音でひとつひとつ区切って発声しているのに対し、英会話となると声が下に落ちている感覚になります。喉がずっと開いている感覚ですね。 そしてもうひとつの大きな違いが「息遣い」です。日本語を話す時には息遣い、息継ぎを気にした事はあまりないですよね。英会話はよく聞いてみると、この息遣い、息継ぎが非常に大きい事がわかります。 日本人の多くは上手に発音が出来ない事で自信をなくし、結果的に話す事を避ける、恥ずかしてくて話せないという事態に陥ってしまうのです。しかし、それは日本語を話す発声で話そうとするために上手に発声出来ないだけであって、仕組みが違う事がわかれば発音を矯正出来る独学の一歩になりますね。

英会話が苦手な理由③カタカナ英語が邪魔をする

カタカナ英語は通じる⁉︎

上記の発音に自信を持てなくする原因がまさにこれです。これに尽きるといっても過言ではありません。よく周りを見てください。私たちの周りには、これまでかというほどにまで、英語が溢れかえっています。スプーン、フォーク、マグカップ。テレビ、スマートフォン、リモコン、チョコレート、オフィス、ペン、パソコン、シャットダウンなどなど挙げたらキリがないほどです。 そうです。実は私たちは英会話をするために必要な英単語は、もうすでに必要最低限のものは日常生活の中で独学以前に習得してしまっているのです。しかしこのカタカナ英語と呼ばれるものが、正しい発音の妨げになってしまっています。下の動画をご覧ください。

動画を見るとわかるように、当たり前のように使っているカタカナ英語の表現そのものが英語圏では使われていないものすらあるのです。「マクドナルド」も正しく発音するためにカタカナに直すとしたら「メクドーゥノゥズ」です。驚くほどに違いますよね。 カタカナ英語、和製英語は日本人が認識しやすいように作られたものであり、その差が独学などでの正しい発音を遠ざけている原因にもなります。

英会話が苦手な理由④閉塞的な価値観がある

あなたが街を歩いている際に、ふと黒人の大柄な男性が歩いていたらどうでしょう。思わず目を奪われてしまいますよね。スカーフで髪の毛を隠しているイスラム系の外国人を見ても、「おや?」という感覚になる事はないでしょうか。 日本という国は、四方を海で囲まれた孤島です。日本以外では日本語を母国語とする国は存在しません。今となっては旅行客も増加し、珍しくもなくなってきましたが、外国人は異国人という認識が根強く残っています。そのために、外国人を見ると思わず「違う国の人がいる」と感じてしまうのです。 しかしアメリカを見てください。スパニッシュ系、アラブ系、東洋系など、様々な人種の人たちが英語を話しており、多民族国家なのがわかります。海外ドラマや映画を見てもわかりますよね。アメリカでは彼らが英語を話していても、違和感は少ないとされていますが、日本では日本人以外の外国人がいればどうしても物珍しく感じてしまうのです。そんな少し閉塞的な価値観が、スムーズな英会話をする上で妨げになっている可能性があります。

独学で英会話を学ぶには

独学で英会話を学ぶ事は可能なのか、結論から言えば可能です、しかしながらそれにはモチベーションを保つ事が必要不可欠になります。「なんとなく英会話が出来たらいいな」「英会話が出来たらモテるだろうな」などの抽象的な目標では、挫折する可能性が非常に高くなります。 独学で始める前に大切なのは目標設定の仕方です。「いつまでに」「どんなふうに」「なぜなのか」という具体的で、かつハッキリとしたゴールが見えている必要があります。モチベーションを保つのに、抽象的なものでは出来なかった時に言い訳が出来てしまいます。言い訳が出来ない目標設定をまずはしてみましょう。 例えば「2020年東京オリンピックで観光ガイドをするために、案内するための英会話スキルを独学で身につける」などです。ここから逆算をした時に、今の自分の現状と見比べて必要なものがわかってきます。 さらには「勉強だ」と構えすぎてしまうと習得に時間がかかります。言語なので「会話」ですよね。独学と言えど、会話するために勉強の意識はさほどいりません。日本語の日常会話も自然と身につきましたよね。それと同じ感覚を独学の英会話でも掴めたら、ゴールへの道は近いです。 それではここからは具体的に英会話を独学で学ぶための方法と、そのコツをいくつが紹介していきます。

独学で英会話を学ぶ方法「リスニング」編

独学で英会話を学ぶための最初の方法として、まずは「リスニング力」を身につける方法を紹介していきましょう。実践の前にまずはいくつかコツを知っていただき、実践に取り組んでみてください。コツを知る前と後では習得に大きな差が生まれます。

リスニングのための独学のコツ

歌が上手い人は耳が良い⁉︎

英会話でのリスニングを独学で学ぼうとした際、実は歌が上手い人は有利である事がわかっています。もちろん、練習を重ねて歌が上手くなる人もいますが、中にはふと聞いただけでその歌を上手に歌いこなしてしまう人が身の周りにいないでしょうか。なぜその人は上手いのかと言えば「聞く力」が優れているからなのです。 お笑い芸人で「モノマネ」をする人は、歌が上手いと思いませんか。彼らは本人の仕草や特徴、発声している時のクセを観察し、同じように真似をするのです。歌が上手い人は発声の仕組みまでもを真似してしまう事が出来るのです。声色を聞き、どこからどう発声しているのか、息遣いは、息継ぎはどうなっているのかまで細部に渡って捉える事が出来ています。 これは英語の発音でも同じ事が言えます。普段洋楽を聴き慣れている人は、英語の発音が難なく出来ると言われているほどです。ここに英単語や文法の理解は入りません。発声のみであれば、それをそのまま真似すればいいだけですよね。発音が上手く出来ない人、リスニングが苦手という人は聞く力、真似る力が弱いからなんですね。

発音の違いを受け入れる

日本語は一音一音をハッキリと発音しています。例えば「Good morning」という言葉を聞く時に、日本語では「グッドモーニング」と多くの人が認識しています。しかし実際は「グンモーニン」と聞こえますよね。他にも「What do you mean?」を純粋に発音すれば「ホワットドゥーユーミーン」ですが、実際に聞き取ると「ワドゥユーミン」です。 このように英語は語尾をハッキリと発音していない事がわかります。まずはカタカナ英語と実際の発音の違いを受け入れる事が非常に大切です。聞こえたままの感覚を大切にしてくださいね。

ネイティブでさえ聞き取れない事もある

英会話にコンプレックスを持つ人の多くは、完璧に聞き取れないといけないと思い込んでしまっています。しかし考えてみてください。あなたの周りにも、ハッキリと通る声で話す人やボソボソと小声で話す人とがいますよね。ボソボソと話す人の話を、一度ですべて聞き取る事は出来ていますか。聞こえなかった時は「え?」と聞き返していますよね。 日本人でさえ、方言や話し方の癖は十人十色あります。これはどこの国でも言語でも同じです。英語圏同士でさえ「I can」と「I can't」がの違いが聞き取れず、お互いに聞き返している場面がある事は決して珍しくないのです。アメリカとイギリスでも発音に差がありますが、難なく英会話が出来る日本人でも、アメリカの映画は字幕なしで見られても、イギリスの映画は字幕なしではわからないという人もいます。 なので一度で完璧に聞き取ろうとする必要も、それに対してコンプレックスを持ったり落ち込む必要もないという事です。

英会話にも意味もない言葉が混じっている

英会話には文の中に意味を持たない言葉が非常に多くあります。「gonna」「gotta」「like」「 just」などです。ここに重点を置いてリスニングをしようとすると、それはそれは大変です。これらの単語は日本語でいう「なんか」「えっと」「んとね」のようなニュアンスに当たる事があります。 私たちも人と日本語で会話する際に、無意識にこれらの言葉を使っていますよね。これらを聞き分ける事は容易ではありません。そうなると話している内容、場面、感情などのニュアンスで聞き分けるしかないという事です。外国人講師でさえ、前後の言葉でニュアンスを理解するしかないと言います。 「There」「Their」というような同じ発音なのに意味が違う言葉もたくさんあります。これらも前後の言葉の内容で意味を理解するしかないということです。

独学に向いているリスニングの実践

ではここからは、英会話を独学で学ぶための実践に使えるツールと方法を紹介します。ご自身に合っている独学の方法、何より楽しいと感じるものを選ぶ事が大切になります。苦痛の中での独学は挫折を助長しかねませんよね。

リスニングの独学に使えるアプリ

独学のためのアプリ①「スタディサプリ」

「聞く力」「話す力」に特化したアプリです。独学でリスニング英会話を学ぶのに非常に重宝します。無料でも利用できますが、課金制のプレミアム会員に登録すると自分の苦手とする発音が診断されて、その部分を徹底的にトレーニングをする事も出来ます。独学でなるべくお金をかけずに英会話を学びたい人にはオススメです。 最初にレベルチェックをする事で今の自分の現状もわかり、自分に合ったレベルから始める事が出来ます。様々なシチュエーションの中で繰り広げられる会話から学べるので、身近で実際にそういった場面になった時に使えるフレーズが盛りだくさんです。それを掴んでいればそのまま使えるものばかりです。 独学で学ぶなら、たくさんの教材を揃えるよりもこうしたアプリ一本から始める事が、簡単でハードルも低いまま取り掛かる事が出来ます。独学は教えてくれる人がいませんよね。自分の力、方法が大切になってきますが、間違った部分がそのまま身についてしまう可能性もあるのが独学の難しさでもあります。ある程度慣れてきたら、実際に誰かと英会話を交わすのも大切になってきます。

独学のためのアプリ②「ハロートーク」

独学での英会話には難点がいくつかあります。発音の違い、文法の違いなどを指摘してくれる人がいない事です。そんな時に役立つアプリが、この「ハロートーク」です。これは世界中で言語を独学で学びたい、話せる友達を作りたい人たちが利用しているSNSで、例えば「日本人だけど独学で英会話が出来るようになりたい」と思えば、そのような設定を行う事でその逆の「英語圏だけど独学で日本語を話せるようになりたい」という事を求めている人たちとマッチングが出来ます。 英会話というくらいですので、実際に会話してしまうのが一番。独学での最短の近道は友人を作る事です。しかし、普段生活している中で「英会話のためにアメリカ人と知り合いになりたい」という気持ちで相手と接してしまうと、相手に不快感を持たせる事になる可能性があります。なぜなら多くの外国人は、独学のためでも日本人だからでもなく「あなた」だから友達になりたいと思ってくれているからです。 自分の独学のために相手を選ぶのは失礼に当たりますが、このアプリではそもそも語学を通して友達になりたい人が利用しているので、安心して独学としての友人作りをする事が出来ます。リスニングに特化しているというよりは、メッセージをする中で互いに言葉が間違っていた時、指摘する機能も備わっていたりボイスメッセージ機能もあるので、相手に実際に喋ってもらう事で耳が鍛えられ、自然な英会話の中で身につける事が出来ます。

独学での英会話を学ぶ方法「スピーキング」編

英会話での独学にはこのスピーキングが苦労するところです。なせなら話す相手がいませんよね。実際に話すためには相手が必要ですし、発音の違いなどを指摘してくれる人がいません。実際のスピーキングの前に、独学での発音の練習方法のコツを紹介していきます。

スピーキングのための独学のコツ

スピーキングを独学で上達させるコツを見ていきます〜

英会話での発音にも訛りのようなものがある

イギリス英語とアメリカ英語

独学での学ぶ場合、何をお手本にしてどうなりたいかが非常に重要になります。特に発音については難しいところです。これは日本語でも同じ事が言えます。「標準語」というものはなんだろうと考えた時、どこの地域が正しいかという正解はないですよね。東京が首都であるため、確かに標準とされやすいですが、東京には色々な地域から出てきている人も多くいます。 そうすると日本語で最も標準に近いのは「アナウンサー」です。彼らはアクセント辞典などを用いて話す、言葉のプロですよね。そして抑揚も考えながら、的確な滑舌で私たちにニュースなどを届けてくれています。 独学での発音を身につけるには、どの地域の言葉を主に置くかをまずは決めます。イギリス英語とアメリカ英語でも、ものすごい差があります。さらには地域によっても差があります。この事をおさえておき、発音もどれも正解であり、どれも正解ではないという事を認識しておく必要があります。

英会話は日本語とは違う発声方法である

記事の一番最初でも触れましたが、日本語での発声と英会話ではそもそも発声の方法が違うのです。日本語は表情筋をあまり使わず口先だけで会話することが出来ますが、英会話となると口の奥で喉が開いているような感覚です。この差をまずは体感する事が大切になってきます。 さらには息遣い、息継ぎの仕方も異なってきます。独学で身につけるためには、まずはリスニングでその違いを認識するところから始めてみてください

独学の必須条件!よく観察する!

独学では実際に英会話をしている姿をよく観察する必要があります。例えば映画などで口の動きをよく見てみてください。見ていると、出だしが「w」や「r」の時は、一度口を突き出しているようにしてから発音している事がわかります。発音にはそれぞれ特徴がありますが、独学にも絶対的に必要になってくるのは「観察力」です。 英会話をしている人、洋楽歌っている歌手、彼らの口の動き、表情などをじっくり観察する事が独学で学ぶための大切なコツとなります。

英会話は頭で考えない

英会話で思わずやってしまいがちなのは「訳そう」とする事です。聞こえた英語を日本語に訳し、返す言葉も日本語から英会話の文法に直してから話そうとしていないでしょうか。翻訳家や通訳の場合は必要な事ではありますが、あくまでただ英会話を交わすだけであれば、その必要がありません。その訳そうとする癖が、かえって独学の成長を留めてしまいがちです。 なぜ幼い子供は、英会話がスムーズに上達するのか不思議に思った事がないでしょうか。彼らは訳しているのではなく、日本語も赤ん坊の頃から両親がしている会話の中で言葉を覚えていくからです。その感覚をまだ持っているために、幼い頃に英会話を習うと驚くほどに吸収が早くなるのです。

独学に向いているスピーキングの実践

スピーキングの独学に使えるツール

独学は実際に英会話を交わす相手がいないので、難しいとことではあります。しかしご安心ください。私たちの身近には、とても優れていて親しみやすい独学のツールがあるのです。英会話の独学において、大切なのは観察する事と述べました。身近に英会話をしている外国人がいなくても、簡単に触れられるものがありますよね。

独学の最強教材は!ズバリ好きな映画!

そうです。海外映画、海外ドラマです。これらは英会話の独学にはもってこいの教材と言えます。例えば映画やドラマの中の3分程度のワンシーンがあるとしますが、これが教科書で習う1時間授業と匹敵するほどの容量があるとされています。独学での英会話教材に迷ったらまずはこれです。シーンのシチュエーションがすでに英会話であるので、場面で使うフレーズをよく聞いてみましょう。 そして独学に大切なのは「楽しむ」事です。誰かが用意した英会話の教科書ではなく、自身の好きな映画やドラマで独学を楽しんでみてください。それでも迷うと言う方のために、ここからはオススメの海外ドラマを紹介していきます。

英会話の独学に向いている海外ドラマ

英会話の独学教材①「フレンズ」

海外ドラマ「フレンズ」

海外ドラマは英会話における「リスニング」「スピーキング」の両方に使えるのが特徴です。もしもリスニングを鍛えたい場合は、字幕なしに設定してシチュエーションを捉えた上で会話を聞いてみます。最初は訳がわからなくても、どういう場面でどんなフレーズが出てくるのか、何度も聞いているうちに自然と耳が鍛えられていきます。 スピーキングの場合、最初は字幕ありで設定し、実際に自分が誰かの登場人物になったつもりで実際に話してみましょう。慣れてきて、字幕なしで話せるようになっていれば、そのフレーズは完璧に身についているので、同じような場面に遭遇した時、自然と考えずとも話す事が出来るようになっていきます。

英会話の独学教材②「フルハウス」

海外ドラマ「フルハウス」

こちらも有名な海外ドラマです。独学の学習方法は上記と同じですが、このふたつのドラマの共通点は「ホームドラマ」という事です。仮に好きな海外ドラマが医療系や刑事モノだとした場合、専門用語がたくさん使われてきます。日本の医療系ドラマでも「肺動脈弁膜症」や「酸素飽和度」などの聞き慣れない言葉が多用され、どういう意味だろうと思う事があると思います。 この感覚は海外でも同じなので、英語圏の人ですらわからないような専門用語を、初心者が独学で学ぼうとした際には無理があります。なので、身近で親しみを持ちやすいホームドラマや学園ドラマが教材には向いている事になります。

スピーキングの独学に使えるアプリ

先のリスニングの項目でも紹介した「スタディアプリ」はスピーキングにも使えます。実際に登場人物になりきって、同じセリフを発音するというものがあり、正しい発音の方法や矯正も同時に行ってくれるので便利です。その他にもスピーキングに使えるアプリがあるので紹介しておきます。

意外や意外の「Siri」

実は多くの人が英会話の独学のために使用しているのが「Siri」です。iPhoneに最初から搭載されているアプリで、お話アシスタントと呼ばれているものですね。実はこのSiri、世界中の言語で話す事が出来るのをご存知でしょうか。英語圏であれば、アメリカ、イギリス、オーストラリアなど、それぞれのアクセントの違う地域まで細かく設定出来るのです。 試しにSiriに「Girl」と発音してみて下さい。上手くSiriに認識されたら、あなたの発音はかなり優れている事がわかります。Siriの認識はかなりシビアなので、英会話の初心者の発音が認識される事は難しいのです。この検証はYouTubeなどでもよく出回っているほど話題になっています。

Siriで英単語発音対決

英会話のスピーキングに重要な発音のアクセントを練習したい場合は、ぜひともSiriで気軽に試してみてはいかがでしょうか。

英会話を癖づける方法

普段日本に暮らしていて、英会話をする機会は生活の中にはほとんど無いですよね。そんな中で独学で英会話にも触れる事は難しい状況です。例え、週に一度の1時間だけ英会話教室に通っていたとしても、その1時間以外は日本語を使って生活しなければなりません。 こういった事から、強制的に英語の生活に触れるために語学留学を検討する人も多いのですが、やはり留学から戻って英会話から離れてしまえば、感覚を忘れていってしまうものです。自然と無意識に近く、いま私たちが日本語を使っている感覚で常に英会話がなければ離れてしまうのは当然になります。

日常生活の動作や行動を心で訳す

普段生活している中で英会話を交わす相手がいなければ、自分自身で使う癖をつける必要があります。その最も簡単な方法が、些細な動作の全てを心の中で英語にしてしまうという方法です。 例えば朝目覚めたら「Good morning. I woke up just now」というように自分自身の動作を訳していくというものです。ひとりでこんな事をして恥ずかしいと思う方もいると思いますが、それぐらい意識的に使わなければ独学での英会話習得は困難となります。意識的に使っていけば、いつしか習慣となり、わからない単語などが出てくると気になって調べるようにもなってきます。こうした地道な努力の先に、独学の素晴らしい結果が待っているのです。

独学での英会話を学ぶ方法8か条

大切なのはなぜ学びたいのか

英会話を独学での身につける方法を最後にまとめます。この8か条を念頭に置いて、あなたらしい英会話生活を過ごしていってくださいね。 ●なぜ英会話を学びたいかの目標設定を明確に持つ ●決して完璧にこだわらない ●発声方法の違いを理解しておく ●観察力を身につける ●「習う」より感じたままを「真似る」 ●頭で考えずに日本語と同じ感覚を意識づける ●勉強と構えず楽しんで実施する ●日常生活を英語にする意識を無意識に変える

もっと大切なのはのは伝えたい気持ち

上記の8か条以上に、もっと大切な事があります。それは「伝えたい」という気持ちです。英会話が出来ない多くの日本人でも、旅行好きな人はたくさんいます。彼らに話せなくて不安ではないのかと尋ねると、ほとんどが「不安よりも楽しみが大きい、話せなくてもコミュニケーションがとれる」と言います。

重要なのは気持ち

私たちが上手に英会話が出来なくても、相手は私たちが話そうとしている事、伝えようとしている事を必死で汲み取ろうとしてくれます。それは逆の立場でも同じではないでしょうか。駅で道を尋ねられた時、言葉はわからなくても、相手が何を知ろうとしているのか、何を求めているのかを考えますよね。言葉以外にも、実際に地図を指差す、ジェスチャーを見せる、絵を描くなど、コミュニケーションの方法はたくさんあります。 英会話の実力を完璧にしてから話そうとするのではなく、実際に話していくうちに、こうすれば伝わる、こうしたら伝わらないという感覚が掴めてきます。これは日本語でも同じですよね。どんな言い方したらいいのか、どんな表情や仕草がいいのかと無意識に考えて行動しています。 なので、大切なのは相手とどう接したいか、仲良くなりたいという気持ちが大切という事です。英会話もそのツールでしかないですよね。仲良くなるために必要なツールでしかありません。ツールの先にある目的、気持ちに目を向けて、楽しんで英会話に触れていってくださいね。

関連タグ

アクセスランキング