IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【英会話】初心者からのおすすめ勉強法|参考になる本・映画

英会話

これから英会話の勉強を始めたいが、どのような勉強法が理にかなっているのか迷うものです。特に英会話に自信がない場合は尚更です。しかし、とは言えども、勉強法自体は至ってシンプルですし、正しく学べば血となり肉となります。英会話の勉強法を賢明に考えてみましょう!

更新日時:

初心者でもはじめられる英会話の勉強法(中学英語の復習)

今では至る所で英会話の勉強法に関する情報を目にします。情報を簡単に入手できるようになったのは有り難い反面、どの情報を信じれば良いのかが分からないということは、それこそ良くあるのではないでしょうか。とりわけ英会話初心者の場合、情報に溺れやすいものです。 これから英会話のスキルアップを考えているのなら、中学英語を今一度復習することをおすすめします。このような話を聞くと、「いい歳した大人になって、今さら中学英語をやらないといけないの?」と感じるかもしれません。しかし、これが私たちの想像以上に効果を期待できるのです。

中学英語がなぜ大切か

中学英語が英会話の勉強において重要であると言う話を聞くと、さぞ不思議に感じることでしょう。あるいは、「中学の英語を勉強したところで、英会話に使えないのでは」と疑ってしまうのも、無理はありません。 しかし、そのような考え方が根本的に間違っているのです。というのも、中学英語は、全ての英語の「基本のキ」だからです。中学で出てくる英語は、単語にしても文型にしても、そんなに難解なものではありません。普通に学べば、正しく身につくものです。出てくる文章も短いですし、一言で言えるものばかりです。 では、簡単な文だからと言って、バカにして良いのでしょうか。そもそもの話、中学レベルの英語を理解できないのに、高度な内容の英語を理解できるはずがありません。ましては、この程度のレベルの文章を自分で作れないのに、英会話ができるようにならないのです。 そのように考えると、まずは中学英語の基本を固め直すことが、英会話初心者にとって必要不可欠な勉強法なのです。

リーダーテキストをおすすめする理由

リーダーテキストと聞くと、どこか懐かしさを感じますね。この類のテキストを思い浮かべると、とにかく色々な想い出が走馬灯のように脳裏に蘇ってくるのではないでしょうか。実を言うと、リーダーテキストは英会話の勉強法として重宝できるのです。それはなぜでしょうか。 まず、語彙や文法や構文形式など、英語力アップに必要な要素が全て揃っているからです。英会話はいわば瞬間英作文でもあるので、先述の要素はいづれも必要になります。どれか1つが欠けても、会話にならないのです。 次に、グローバルパーソンとして必要な教養を十分に身に着けることができるからです。どんなにネイティブのような発音ができても、中身が薄っぺらいようでは、どうしようもありません。だいたい世間は「英語がペラペラだけの人」は求めていないですし、それよりも、日本人としての誇りと共に豊かな教養を発信できる人に成長する必要があります。リーダーテキストで扱っているトピックは、教養を涵養するにはもってこいなのです。

「英会話の達人」の定義とは

中学英語の基本を確実に学ぶに際して、「英会話の達人」の定義とはいかなるものなのか、ここで考えてみましょう。 達人と言うと、「その道に優れている人」とイメージされるものです。もちろん、そのような見方は間違いなくあります。しかし、見方を変えてみれば、「基本をバカにしない人」という捉え方もできるのです。 中学英語は確かに基本の範疇に入ります。基本で且つ易しいレベルの英語ですと、ついつい軽視しがちです。一方、達人はどんなに基本でも、決してバカにすることはしません。むしろ基本だからこそ、自分の身になるまで取り組むものです。そういった意味では、「英会話の達人」というのは、「基本をバカにしない人」であるとも取れるのです。これこそ、勉強法以前の話ですね!

初心者でもはじめられる英会話の勉強法(只管朗読)

只管朗読と書いて「しかんろうどく」と読みます。只管というのは、「ただひたすら」という意味なので、只管朗読で「ただひたすら朗読する」となります。この方法が、英会話の勉強法と一体どのように関係があるのかと不思議に感じるのではないでしょうか。 だが、大いに関係があるのです。 というのも、CDなどの音源に合わせて朗読を何度も繰り返すことで、英語がそのまま自分の中に内在化されることになります。野球の上達のためには、正しいフォームでボールを打てるようになるまで、何回もバッティングをすることになります。朗読練習もまさにバッティングのようなものです。 実践のコミュニケーションで通用するのは、内在化されて「できる」のレベルになったものだけ。この「できる」のレベルを極限まで上げるのが、只管朗読なのです。

只管朗読の正しいやり方

只管朗読に取り組む際は、正しい方法で取り組むことが大切です。どんなに時間をかけても、間違った勉強法では、英会話の上達を望むことはできません。それならば、正しい勉強法を予め知っておくようにしたいですね。 まず大切なことは、CDなどの音声を使うことです。音源があるからこそ、モデルとするべき発音を真似ることができるし、実際の会話で通じる発音を身に着けることができます。音声を流してみると分かりますが、英語の発音では音が落ちたりくっついたりと言った変化が頻繁に落ちます。母音中心の日本語と違い、英語は子音中心なので、間違いやすい発音も気を付けないといけないのです。くれぐれもカタカナ英語丸出しの発音にならないようにしましょう。正しく発音できない音を聴き取ることはできないのです。 次に、毎日取り組むことです。とは言えども、一日中只管朗読をしなければいけないという意味ではありません。毎日15分でも30分でも構わないので、続けていくことが大切です。英会話は身体運動ですから、英語を毎日体に染み込ませていくことが求められます。週末に長時間取り組むより、短時間でも良いので毎日取り組む方が、確実に力になりますよ。 以上の点を留意して、只管朗読に取り組んでみましょう。

只管朗読のメリット

只管朗読は、大きなメリットがある英会話勉強法です。初心者にも上級者にも有益なので、是非とも実践したいものです。では、一体どんなメリットが考えられるでしょうか。 まず、お金がほとんどかからないことです。英会話の勉強法と言うと、高額なイメージがつきまといます。しかし、只管朗読であれば、テキストと音源があればできるので、経済的です。 次に、スキマ時間を上手く活用できることです。現代人は非常に忙しいと言われています。しかし、どんなに多忙であっても、数分のスキマ時間であれば、誰でも作れるものです。少しの時間でも、それを積み重ねていけば、上達が期待できます。 これだけのメリットがあれば、やらない理由はないですね。

初心者でもはじめられる英会話の勉強法(只管筆写)

只管朗読と並んで、是非とも実践したい英会話勉強法が、只管筆写(しかんひっしゃ)です。この只管筆写とは、「ただひたすら英文を書き写す」という勉強法です。 小中学生の時に、漢字の書き取りをやった記憶は、多くの人にあることでしょう。それと同じと考えればイメージがしやすいです。 自分で書き取ることによって、「読む力」はもちろん、「書く力」も身につきます。真に通用する英会話のスキルは、「聴く」「話す」のみならず、「読む」「書く」によっても培われます。そういう意味では、只管筆写はおすすめです。

只管筆写の正しいやり方

只管筆写も、只管朗読同様、ただやれば良いというものではありません。正しい勉強法を理解した上で取り組むことが大切です。では、どのように行えば良いでしょうか。 ここで大切なことは、只管朗読で使った英文を只管筆写することです。というのも、只管朗読済みの英文については、文章を読む際の発音やイントネーションやリズムなどが身についています。つまり、英語を音で捉えることができているのが、大きな強みなのです。 只管筆写をする際、正しく朗読できていないのに行うケースもあります。これでは正しい勉強法とは言えないですし、実際に使える英会話に結びついていきません。そう考えると、正しい只管筆写の方法を体得しておきたいものですね。

只管筆写のメリット

只管筆写のメリットは、只管朗読同様、身体で覚えることに尽きます。英会話の勉強法と言うと、難しくて特別な勉強法をイメージする方も居ますが、実はそうではありません。たとえ初級レベルからスタートしようと、英会話を身に着けた人達は、基本的な勉強法に徹しているのです。 一度でも只管筆写をやってみれば分かりますが、方法がとにかくシンプルです。朗読した英文を書き写すだけなのですから、複雑に考える必要はありません。たとえ暗記が苦手でも、この勉強法であれば、反復することで自分の物にできるのです。 実力アップが期待でき、尚且つシンプルな勉強法だからこそ、メリットが大きいのです。

初心者でもはじめられる英会話の勉強法(フレーズ作り)

「英会話を習っているけど、言いたいことがすぐに口から出てこない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。あるいは、このような悩みを持っている人は、「自分は海外在住経験がないし、帰国子女でもないから…」と卑下してしまうかもしれません。 しかし、問題はそこではないのです。即座に文章にできないのは、自身の中にストックされている表現のバリエーションが少ないからなのです。すぐに言える表現が多ければ多いほど、英会話の幅が広がるようになります。 そこでおすすめなのが、フレーズ作りです。これは、自分が目にした英語表現を只管筆写して自身のストックとして蓄積していく勉強法です。英会話力のアップとして有効なので、是非とも試してみましょう。

「フレーズ>単語」の法則

この勉強法でまず押さえておかないといけないのは、「フレーズ>単語」の法則です。これはどういうことかと言うと、「単語を単体で暗記するより、フレーズを丸ごと自分の物にすると良い」という意味です。 では、なぜそのように言えるのでしょうか。それは、単語だけ暗記しても、勉強法としては意味がないからです。単語の意味を理解できても、どのように文章を組み合わせれば良いのかが理解できていません。 それよりも、フレーズで押さえてしまえば、そのフレーズを実際の会話で使うことができるようになります。こうなると、英会話の勉強法として意味があると言えます。しかもフレーズの一部分を言い換えれば、色々なシチュエーションで対応できるのですから、大きなメリットですね。

覚えたフレーズを言い換えてみよう!

英会話の勉強法とは、意味のない丸暗記を繰り返すことではありません。英会話のスキルの一環として使うことができるようにすることが大切です。 フレーズを覚えれば、それは自分の中にストックがされていきます。しかし、ここで止まってしまっては、せっかくの効果も半減してしまい、非常にもったいない限りです。 それよりも、習ったフレーズを自分で言い換えてみるような練習も、実は効果的であると言えます。例えばですが、Do you have any pens?という表現を習ったら、Do you have any ideas?と言い換えても良いですね。一見平凡に見えるフレーズも、ビジネスで使えるフレーズに変身させることが可能なのです。

覚えたフレーズを英会話で使ってみよう!

一度フレーズを覚えても、それを忘れてしまうことがあるかもしれません。また、人によっては、「私は記憶力が悪いから」と嘆くのも良くあります。しかし、忘れるという行為は人間の習性ですし、特に悲観することではありません。むしろ忘れることを受け入れても、大丈夫なのです。 フレーズを定着させるために大切なことは、実際のコミュニケーションで使ってみることです。「書く」でも「話す」でも良いので、アウトプットの場で思い切って出してみるのです。

英会話の勉強法で参考になる本(NHK日常会話編)

英会話の勉強法を知る際に、どのようなテキストを使うかを検討することは、誰にとっても大切な要素です。中でもNHKラジオ英会話は質の高いテキストとして称賛されています。このテキストを使って、只管朗読及び只管筆写をすれば、更に効果テキメンです。 では、NHKラジオ英会話の日常会話編でおすすめのテキストに関して、ここで見てみましょう。

基礎英語

英会話の勉強法として使えるNHKテキストで真っ先におすすめするのが、基礎英語シリーズです。 このシリーズは、タイトルにもあるように、英語の基礎を徹底的に学ぶことができます。中学3年間で出てくる表現が会話形式で出ており、どういう状況でどういう表現を使うのかを理解することにフォーカスが置かれています。 しかも中学3年間で習う英語なので、決して難しいものではありません。これから英会話の勉強を始める方や、あるいは英語に苦手意識のある方でも、手軽にスタートすることができます。値段も安価なので、手が届きやすいですよ。

おとなの基礎英語

おとなの基礎英語も、英語の基本を学ぶ勉強法としては、優れたテキストであると言えます。一般的な基礎英語のテキスト同様、手軽な値段で購入することができるのも、学習者にとっては有り難いですね。 このテキストは、海外旅行に行った時などに実際に出くわすであろうシーンを中心に英会話を体得することができます。海外旅行ですと、多くの方にとってとっつきやすい内容ですし、その分内容も頭に残りやすいのです。 もちろん、英語の根幹をなす語彙や文法や表現を学ぶことができるのは、言うまでもありません。

英会話の勉強法で参考になる本(NHKビジネス会話編)

英会話初心者ではあるが、将来的に仕事で英語を使いたいと感じている方も居ます。そのような方にとっての勉強法とは、NHKビジネス英会話のテキストを使うのが有効です。 毎月違ったフレーズを学ぶだけでなく、実際にビジネスの場で使うことが可能なので、非常に重宝しやすいです。 では、NHKビジネス英会話のテキストの代表格に関して、ここで見てみましょう。

入門ビジネス英語

入門ビジネス英語は、タイトルの通り、ビジネス英語の中で使うことのできる英語を徹底的に学びます。ビジネスである以上、ビジネスに相応しい英語を使う必要があるし、その点を意識して勉強法を考えていく必要があります。 グローバルに活躍するビジネスパーソンにとっては、ミーティングやプレゼンテーション、あるいはスタッフとの会話は避けることができません。今の時代、海外に進出する企業も多いですし、英語ができるのは前提になります。 テキストの内容については、実に臨場感に溢れます。無味乾燥な暗記ではないので、イメージで状況を捉えることができるのが、テキストの大きな特徴です。

しごとの基礎英語

しごとの基礎英語では、ミニドラマを楽しむ中で、ビジネスに必要な英語を学ぶテキストです。ビジネス英語と言うと、どこかとっつきづらいイメージもあるかもしれません。しかし、実際はそんなに硬く考える必要はありません。 それよりも、簡単なフレーズでも良いから、素早く反応することが大切です。時間をかけて頭の中で考えるのではなく、素早く文章にするのが先決です。 このテキストを使って、実際の英会話に必要な勉強法にフォーカスを当てることができるようになります。

英会話の勉強法で参考になる本(英文法編)

英文法を学んでおくことは、英会話の上達に必須です。昨今では、「英会話に英文法は要らない」と言わんばかりの声も多いのは否定できません。しかし、その考え方が間違いなのです。 英文法とは、英語の根本的な仕組みを理解し、素早く英文を作るためには必要なのです。この要素を無視した勉強法では、思っているような効果を期待することができません。 では、英文法を学ぶのにおすすめのテキストについて、ここでは取り上げてみます。

マーフィーの英文法

まずおすすめなのが、マーフィーの英文法です。 この英文法テキストは原書が存在するのですが、今では邦訳されたテキストも入手できます。初学者の勉強法に関して論じるのであれば、日本語で解説されたテキストの方が望ましいです。 マーフィーの英文法を通じて、英文法の本質を理解するだけでなく、言葉のニュアンスなども正確に捉えることに直結していきます。効果の期待できる勉強法を探しているなら、おすすめですよ。

一億人の英文法

一億人の英文法は、一億人とタイトルにもあるように、実に多くの学習者にとって愛用しやすいと言えます。英語学習者が推奨する勉強法としても、このテキストを使った勉強法がもてはやされているぐらいです。 英文法と聞くと、どこか難解なイメージもつきものです。しかし、実際は網の目のような英語をシンプルに理解するにはもってこいです。同時に、このテキストでは、文法の勉強のために文法を学ぶのではなく、「書く」や「話す」と言った言語産出能力をアップすることに重きが置かれています。 「文法を勉強しているけど会話ができない」のではなく、「文法を勉強しないから会話ができない」と頷きたくなる一冊です。

映画・本からの勉強法

映画や本をフル活用することも、英会話の勉強法としては強くおすすめできます。しかも、好みに応じてマテリアルを自分で選択できるのも、嬉しい点です。 このようなツールを活用することで、生きた英語を自分の物にすることができます。これは、実際に英語でコミュニケーションを取るにあたって、大切な項目になります。

映画で学ぶ英語

映画を活用することは、英会話の勉強法として頻繁に挙げられます。 映画を鑑賞することで、実際のシチュエーションとそこで使われている英語とを、上手くリンクさせることができます。どんなフレーズも、活きた文脈があってこそ、自分の物にできるのです。 更に言えば、映画を通じて英語を学ぶことで、国の文化を知ることにも繋がります。言語を学ぶ人にとっては、これは有り難いことです。

海外ドラマで学ぶ英会話

海外ドラマは、一度見たらついついハマってしまうものです。特にお気に入りの作品については、何回レンタルしても物足りないことでしょう。これだけ興味関心が高ければ、それに応じて英会話のスキルも徐々にアップしていきます。 実際に海外ドラマで使われる英語を聴いてみると、カジュアルな表現が多いことに気づくでしょう。スラングが出てくることもありますが、「こういう表現もあるんだな」程度の気持ちで留めておけば、それで問題ありません。 映画同様、シーンと表現が一体になる点が、魅力的だと言える勉強法です。

本で学ぶ英会話

本を使って英会話を学ぶとなると、驚くかもしれません。しかし、これが可能なのです。 例えばですが、bookwormなどの読本は、教養のあるネイティブが書いた本ですし、きちんとした英語を身に着けることが期待できます。単に読むだけでなく、音源に合わせて音読する方法も活用できます。そういう点では理にかなった勉強法であると言っても、決して過言ではありません。 洋書店や古本屋で販売されているので、本を使って英会話を学びたいなら、今一度探してみると良いでしょう。

社会人におすすめの勉強法(基礎編)

社会人の方は、日頃から多忙な日々を送っています。そのため、忙しい中でも確実に続けることのできる勉強法を探したいと考えているものです。 様々な勉強法の中でもおすすめなのは、スキマ時間を活用できる方法です。無理な勉強法ではどうしても続かないですが、空いている時間を何とか活用する方法であれば、継続することができます。 では、社会人の方におすすめの勉強法の例を、ここで見てみましょう。

音読

まず真っ先にお勧めだと言える勉強法が、音読です。 この勉強法は、一日に多くの時間をかける必要はありません。15分ぐらいしか時間を取ることができなくても、問題なく取り組むことができます。しかも使うテキストは、自分自身の英語力に合わせて選べば良いので、その点も嬉しいですね。 もちろん、音源を真似するつもりで音読するのは、言うまでもありません。この際、音源をスマホなどに入れて持ち運ぶことも可能なので、場所を問わず取り組むことも可能です。これならば、出先でも英会話の実力アップができて、有り難い話です。

シャドーイング

シャドーイングは、かつては同時通訳の方が行う勉強法でした。しかし、今では一般の学習者でも気軽に取り組むことのできる勉強法として、広く重宝されています。 英会話の際は、素早く反応できるかどうかで、コミュニケーション力が分かると言われています。シャドーイングに取り組むことで、発音やイントネーションやリズムを正確に再現できるレベルに到達します。 シャドーイングでは、基本的にテキストを閉じます。音声のみを聴いて、影のように後について声に出します。影を追うようなイメージなので、シャドーイングと呼ばれています。 リスニングとスピーキングを同時に鍛えることができるこの勉強法を続けるのは、決して容易なことではありません。しかし、だからこそ、大きな実力アップを期待できるのです。

社会人におすすめの勉強法(応用編)

基礎編がある程度できるようになったら、応用編に挑戦してみるのもおすすめです。 応用編については、基礎編よりはレベルが上がります。しかし、その反面、ゲームを楽しむような感覚で取り組めるので、面白いですよ。 応用編の勉強法の代表格としては、どんな方法が挙げられるでしょうか。

一人二役英会話

一人二役英会話は、実に面白い勉強法です。通常の英会話は、複数の人数で行うものですが、勉強法として活用するならば、一人で二役をこなす方法もアリです。これによって、話す練習を自分で行うことになるし、上達も早いと言えます。 この方法は至って簡単です、通常使っているテキストをそのまま音読もしくは暗唱します。最後まで読み終わったら、その後は想像力を働かせて会話を続けていきます。まずは3往復してみるのを目標にしてみると良いでしょう。もし10往復以上できたら、かなりの実力が身についた証拠です。 スキマ時間を使って行える勉強法なので、多忙な方でも問題ありません。街中を歩いている最中でも、あるいは入浴中でも、気軽に取り組めます。

独り言英会話

独り言英会話とは、一人でナレーションをする勉強法のことを言います。これはまさにゲーム感覚で行える勉強法なので、一度ハマると面白く感じます。 具体的には、目に入ってくる景色や様子などを英語にしていけば良いだけです。例えばですが、男性が通りを歩いているなら、A man is walking on the street.みたいに言います。 これは英会話のみならず、TOEICにも有効活用できる勉強法なので、是非とも試してみたいものですね。

スカイプ英会話による実践

スカイプ英会話のレッスンを受講することは、立派な勉強法の一つです。インターネットの環境さえあれば誰でも受講できるし、時間帯も好きなように選べます。そして何よりも自身のスキルアップに繋がるのは、英語学習者にとって嬉しいことこの上ありません。 では、スカイプ英会話による実践に関して、具体的に見てみましょう。

スカイプ英会話のメリット

スカイプ英会話を活用することによって、様々なメリットを享受できることに気づきます。では、一体どんな長所があると言えるでしょうか。 まず、受講するにあたっての費用については、比較的安価に設定されています。運営企業によって金額の違いはありますが、月に5000円から受講できることもあります。では、なぜこんなにリーズナブルな金額でレッスンを提供できるのでしょうか。 それは、フィリピンなど物価の安い国の講師を雇っているからです。仮に月5000円だとしても、企業として十分にやっていけます。そのため、安価なレッスン料で受講が可能になるのです。 次に、マンツーマンであることです。他の受講生が居ると、自分が発話する時間がそれだけ減ってしまうので、上達にも時間がかかります。しかし、発話する機会が多いと、それだけ上達できます。 アウトプットの場では、間違いを恐れずに勇気を出して発言した人が強いのです。仮にミスを犯したとしても、そこから何かを学べば、大きな成長に繋がっていきます。

スカイプ英会話の正しい利用

スカイプ英会話が非常に有益であるのは、既に述べた通りです。しかし、どんなに素晴らしいサービスであっても、活用の仕方を根本的に間違えてしまえば、効果は大きく期待できません。正しく利用してこそ、自分のためになります。 ここで頭に入れておきたいことは、「いかに発言に積極的になれるか」という点です。最初の段階では、どうしてもナーバスになってしまうかもしれません。 しかし、間違いを極端に怖がってしまうと、何も発言できなくなってしまいます。ミスは誰でも通る道ですし、むしろ壁を超えた所に上達があります。それならば、「まずは可能な範囲で構わないので、発言すること」に重きを置いてみたいものです。この意識を持つだけでも、上達に差が出るのです。

英会話カフェでの実践

これまでにインプットしたことを出す場所として、英会話カフェをフル活用してみるのも、一つの手段です。 英会話カフェはまさに国際色溢れる場所。生きた英語が日常的に飛び交っている環境に身を置くことで、様々な刺激を受けます。 では、英会話カフェのメリットや正しい利用について、ここではお話します。

英会話カフェのメリット

上述の通り、英会話カフェは、グローバルな環境であると言えます。その中で自身の英語がどこまで通用するのが試してみるのは、まさに良い機会です。 この場所では、生徒と先生という関係ではなく、対等な関係で会話そのものを楽しむことができます。いわゆるレッスンを受講するのではなく、実際に日常的に行われている会話そのものを堪能できる場所なのです。 しかもお客様やチャットホストのバックグラウンドについても、多種多様です。英米の英語はもちろんのこと、それ以外の国の英語も学べる絶好の機会です。

英会話カフェの正しい利用

英会話カフェを利用する時は、「他人に英語を教えてもらう」というマインドで臨むのは良くありません。これでは身につくものも身につかなくなってしまい、もったいない限りです。 それよりも大切なのは、「自分が知っていることを他人に教える」という気持ちで利用することです。自分で言えたことは深く記憶に残りますし、仮に上手く言えなくても「次回こそは」と闘志が芽生えます。 もしそのような流れに乗れば、しめたも同然ですよ。とにかくコミュニケーションに対して積極的になりましょう。

正しい勉強法に基づいて、正しい上達を遂げよう!

いかがでしたか? 「グローバル化」という言葉がもてはやされて、早数年経ちます。しかし、その反面、英語に対して苦手意識を持っている人も、決して少なくありません。英語と聞いただけで拒否反応を起こすのも、無理はないです。 英語を身に着けるためには、もちろん時間と労力は必要です。とは言えども、正しい勉強法を知ってそれを実行すれば、確実に英語のスキルを物にできるのです。 英語ができるかどうかで命運が分かれる時代。たとえ初心者でも、英語でのコミュニケーションが楽しいと感じるだけで、謳歌できる人生の幅が格段と大きくなるのです。 あなたも人生を激変させてみませんか?英語というコミュニケーションツールと共に。

関連タグ

アクセスランキング