IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

文章力を向上!基本とトレーニング方法|文章力がない人の特徴

初回公開日:2017年02月15日

更新日:2020年05月29日

記載されている内容は2017年02月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自己啓発

「どんな文章を書いてもいまいちぱっとしない、上手くいかない……」自分には文章力がないと悩んではいませんか? しかし、注意すべき点さえわかっていれば、誰でも簡単に読みやすい文章を書くことができるのです。文章力を上げるためのポイントや具体例をご紹介します。

文章力とは何か

媒体によって求められる文章は違う

文章を書く前にまず想定しておくべき重要な点は、「どの媒体向けに書くのか」ということです。 ブログやWeb上の記事を書くのか、紙媒体でのマニュアルを書くのか、あるいは小説を書くのか、ゲームのシナリオを書くのか、それともスピーチの原稿を書くのか……などによって、求められる文章はまるで違ったものになります。 例えばブログやweb上での記事を書くことを想定する場合、読者が素早く内容を把握できるように「結論から書く」ということを意識しなければなりません。しかし、小説の場合は結論、すなわち最後のオチが大切になりますので、オチから書いてしまっては全く意味がありません。 また、物語を書く場合、一般的に使われているのは小説やシナリオといった形式です。小説はセリフと、それ以外の「地の文」によって構成されていますが、シナリオの場合はセリフと「ト書き」、あるいはセリフのみで構成されています。小説の地の文には読み手の心に響くような、作家の個性が光る繊細な表現が必要ですが、一方でシナリオのト書きには、小説の地の文で使われるような詩的表現は、多くの場合求められません。 このように、紙かwebかといった媒体、あるいはその用途に応じた適切な文章構成を意識し使い分けることが、文章力を上げるためには重要な要素といえます。

読み手に対して思いやりを持って文章を書く

文章力のトレーニング方法①本を読む

では、具体的に文章力を上げるための長期的な方法を見てみましょう。文章力を上げるために最も簡単なのは「本を読む」ということです。小説でも、実用書でもなんでも構いません。あえて難しいジャンルに手を出す必要もありません。大切なのは、できるだけ多くの本を浴びるように読んで、言葉の使い方を学ぶことです。あらゆる本を読み込んでいくことで、正しい日本語の使い方や、説得力のある文章構成が自然と身についていきます。 また、本を読むことで単純に語彙を増やすことができます。語彙を増やすということは、料理に例えると調理できる食材を増やすようなものです。レタスとトマトときゅうりだけのサラダより、そこにさらに卵やシーフードや豆などを追加したサラダの方が美味しく感じられることでしょう。語彙を増やせばより複雑なニュアンスを表現できるようになるのです。

文章力のトレーニング方法②わからない言葉を調べて、使ってみる

文章力を向上させるためには適切な言葉を選んで使い分ける豊かな表現力が必要です。その表現力を上げるためにはより多くの語彙を扱えるようにしなければなりません。本を読むようにして、わからない言葉があったらすぐに調べる癖をつけるようにしましょう。電子辞書でも、スマートフォンで検索するのでも構いません。自分で調べた言葉は、調べるという労力をかけた分記憶に残りやすくなっています。 調べてみて「ああこういう意味だったのか!」と納得したら、次はその言葉を自分の文章や、あるいは日常会話の中に取り入れてみましょう。実際に使ってみることで、新しい語彙でもさらに記憶に定着しやすくなります。 これを繰り返すことで自在に操ることのできる言葉をどんどん増やしていきましょう。

文章力のトレーニング方法③添削してもらう

第三者が必要となってしまいますが、添削してもらうというのは文章力を上げるためには大変有意義かつ有効な方法です。 自分では全く気がつかなかった方面での指摘を得られるのが最大のメリットといってよいでしょう。 家族や友人、同僚などに頼むのも手ですが、近しい相手だと厳しい意見は言いにくいということもあります。忌憚ない意見がほしい場合は文章添削(校正)の有料サービスや、通信講座などを利用するとよいでしょう。 また、表記揺れや単純な文法ミス程度であればWord等でも校正機能がついていますので、参考になるかもしれません。

文章力向上のコツ①出だしに気をつける

次は、文章力を向上させるための具体的なコツやルールを見ていきましょう。 文章力を最も試される場面がずばり「出だし」です。最初の一行で興味が持てなければ、読み手はその後読む気をなくしていき、最終的には読むのをやめてしまいます。逆に言えば、この「出だし」さえ成功すれば、読み手を引き込む文章としては8割方成功していると言っても過言ではありません。 読み手の興味を引く上手な出だしをすんなり作れるようになるには、ニュースやwebの記事、本など、自分の手元にあるあらゆる文章の出だしを見て研究してみることが一番です。自分が興味を引かれた出だしに対して「何故気になったのか」という点を追求し、同じような出だしで実際に文章を書いてみるとよいでしょう。

文章力向上のコツ②「てにをは」を使い分ける

文章を書くにあたって、気をつけたいのが助詞、いわゆる「てにをは」の使い分けです。 例えば 「冬は好きだ」と「冬が好きだ」 「私は鈴木です」と「私が鈴木です」 「ここでいい」と「ここがいい」 など、たった一文字の助詞が違うだけで文章のニュアンスが変わってしまいます。この助詞を意識して使い分けることが、言いたいことを正しく伝えるための第一歩です。

文章力向上のコツ③主語と述語のねじれに気をつける

文章力があるはずのプロでさえも時にやってしまいがちなのが「主語と述語のねじれ」です。 以下の例文を見てください。 「私の目標は、100メートルを12秒で走ります」 読んでいて違和感を覚える文です。正しくはこうなります。 「私の目標は、100メートルを12秒で走ることです」 このように、主語に対して述語が正しく対応していないことを「主語と述語がねじれている」と言います。 特に、文章が長くなればなるほど主語と述語が遠くなるため、この「ねじれ」が起こりやすくなります。推敲して違和感のある文は、もしかするとこのねじれが原因かもしれません。よく確認しましょう。

文章力向上のコツ④読み手に合わせた言葉を使う

文章を書く時に心がけたいのは、「読み手のレベルに合わせて文章を書く」ということです。 例えば初めてプログラミングを学びたいという人が書店に行ってプログラミングの入門書を探した時、ぱらぱらと本をめくってみて専門用語や数式ばかりが羅列されていたら、思わず挫折してしまうかもしれません。どうせ選ぶのであれば、できるだけ自分の知っている言葉ばかりが並んだ本がいいに決まっています。 つまり、プログラミングを知らない人に対してプログラミングの方法を教える文章を書くのであれば、プログラミングの際に使われる専門用語ばかりを羅列させてはいけません。どうしても使わなければならない場合は注釈を入れて言葉の意味を説明するくらいの気遣いが必要です。この気遣いがないと読み手は文章を理解することができず、読むのをやめてしまいます。 一方で、例えば既にプログラミングの知識がある人に向けた情報誌の記事であれば、ある程度の専門用語を使って書いても構わないということになります。その情報誌を読む層はおそらくその専門用語の意味がわかっていると想定できるからです。 このように、文章を書く際は読み手に合わせた言葉選びをする必要があります。

文章力向上のコツ⑤読点の位置に気をつける

文章力を上げるためには読みやすさを意識することが大切です。読みやすい文は常に適切な位置に読点が入っています。 以下の例文を見てみて下さい。 「私は慌てて道路を渡る人を呼び止めた」 この場合、「慌てて」いたのは「私」なのか「道路を渡る人」なのかが明確になっていません。どちらともとれてしまいます。 適切な位置に読点を置くことで、以下のように文章の意図を明確にすることができます。 「私は、慌てて道路を渡る人を呼び止めた」(慌てている人=道路を渡る人) 「私は慌てて、道路を渡る人を呼び止めた」(慌てている人=私) 読点ひとつで文の意味が変わってしまいます。よく推敲してどちらともとれる表現がないか確認するとよいでしょう。

文章力向上のコツ⑥一文一義

文章力を手軽に上げられるテクニックとして覚えておきたいのが「一文一義」の法則です。 これはつまり、「ひとつの文の中にはひとつの意味しか盛り込まない」ということになります。 以下の例文を見て下さい。 「カレーを作るには、にんじん、たまねぎ、じゃがいもを洗って食べやすい大きさに切り、鍋に油を熱し、肉と野菜をよく炒め、水を加え、沸騰したらあくを取ります」 これを「一文一義」のルールに従って書き直すと以下のようになります。 「カレーの作り方をご説明します。まずにんじん、たまねぎ、じゃがいもを洗います。食べやすい大きさに切ります。鍋に油を熱します。肉と野菜をよく炒めます。水を加えます。沸騰したらあくを取ります」 このように、長い文章で多くのことを盛り込むよりも、一文一義に従って短く切った方が文章はわかりやすくなります。

文章力向上のコツ⑦削って圧縮する

スマートな文を作るためにも、冗長な表現は避けましょう。膨れ上がった文章は削ってシンプルにすることができます。例文は以下です。 「東京という場所はとても人が多い所だ」→「東京は人が多い」 「東京」と「場所」と「所」は重複しているので削って「東京」だけにまとめます。「~という」「とても」の表現は、なくても意味が通るため削ります。結果、17文字がわずか7文字まで圧縮されます。 削りすぎても温かみや面白みがない文章になりますが、冗長すぎても読み手が飽きてしまいます。読み手を楽しませる適切な文章量を心がけましょう。

文章力向上のコツ⑧表現を統一する

読みやすい文章は表現が統一されています。 例えば、文章には「です・ます」調と、「だ・である」調が存在します。これらの文体をひとつの文章の中に混ぜないように気をつけましょう。混ぜてしまうと文章のリズムが崩れ、テンポよく文章を目で追うことができなくなってしまいます。 また、主観と客観の使い分けにも気をつけましょう。例えば、 「お化け屋敷から出た瞬間、ほっとした」(主観) 「お化け屋敷から人が叫びながら、次々飛び出してきた」(客観) 日記や体験談を書くときは主観的な表現、ビジネス文書では客観的な表現を使うというように、シーンに合わせた選択が重要です。 さらに、表記揺れにも気を配りましょう。例えば「おなかが空く」「お腹が空く」「お腹がすく」とか、「パーティ」と「パーティー」など、同じ言葉でもひとつの文章の中に複数の表現が混ざっていると読み手の集中を途切れさせてしまいます。また、webコンテンツにおいては検索効率を下げる一因でもあります。統一して書くようにしましょう。

文章力向上のコツ⑨指示語を減らす

「これ」「それ」「あれ」「どれ」という、いわゆる「こそあど」言葉のような指示語は、文章の中でできるだけ多用しないようにするのが賢明です。指示語があると文章を読む度にいちいち「それ」って何を指しているんだろう、「あれ」ってなんのことだろう、というように頭の中で考えなければいけないため、文章のテンポを悪くしてしまいます。 小説であればあえて読み手に考えてもらうために指示語を使う場合もありますが、情緒豊かな表現よりもわかりやすさや情報の内容を重視するブログ記事などでは、指示語は使わずきちんと名詞を出すべきです。

文章力向上のコツ⑩言葉の重複に気をつける

「馬から落馬」「頭痛が痛い」など、同じような意味の言葉を重ねて使う「二重表現」は使わないようにしましょう。 例えば「馬から落馬」であれば、「落馬」だけで意味が通るので「馬から」をつける必要はありません。「頭痛が痛い」も同様となります。これらはそれぞれ「落馬した」あるいは「馬から落ちた」、「頭が痛い」のように言い換えることができますので、もしやってしまった場合は修正しましょう。

文章力向上のコツ⑪漢字をひらく

パソコンやスマートフォンで文章を書く場合、変換キーひとつで漢字にできてしまいます。そのため、日常であまり用いないような漢字でもつい使ってしまいがちです。 しかし、読み手を意識するならば、「鬱」「薔薇」「檸檬」など漢字にすると画数が多くなる言葉や、「斯くして」「若しくは」などの接続詞は無理に漢字に変換せずにひらがなのまま使用する(=ひらく)方がよいでしょう。 あえてひらがなのまま使用することで、文章にやさしく読みやすい印象を与えることができます。

文章力向上のコツ⑫語尾に変化を持たせる

まず、以下の例文を読んでみて下さい。 「今日は第一志望校の受験の日だった。緊張して夜眠れなかった。食欲がわかなかったが、朝食を無理やり胃に流し込んだ。それから支度をして、送ってくれるという父の車に乗り込んだ」 例文では、語尾が全て過去形になっています。このように全て「だった。~った。だ。」と全ての文を同じ時制にしてしまうと、臨場感が出ません。また、「~だった。~だった。~だった」というように全く同じ語尾が連続してしまっても、文章が単調となる原因となります。読みやすくするためには語尾に変化を持たせてみましょう。 語尾を修正した例文が以下となります。 「今日は第一志望校の受験の日だ。緊張して夜眠れなかった。食欲がわかないが、朝食を無理やり胃に流し込んでいく。それから支度をして、送ってくれるという父の車に乗り込む」 いかがでしょうか? 一部を現在形にしたことで臨場感が出ています。文章力を上げるためにはこうした細部にも気をつけていきましょう。

文章力向上のコツ⑬たとえ話を使う

複雑な過程を説明したい場合などは、具体的な例やたとえ話を交えながら書いていくことで簡単に相手に理解してもらうことができます。 文章力について説明しているこの文章の中でも、たとえ話を多数取り入れているので参考にしてみて下さい。 なお、たとえ話には注意すべき点が一点あります。それは、「誰もが想像しやすいたとえ話を使う」という点です。 例えば「学校生活」の経験を使ってのたとえ話は、普通の人であれば必ず学生時代を経験しているはずなので誰にでも通用します。しかしその一方、「地図にも載っていないような外国の秘境で暮らした体験」をたとえ話に使ってしまうと、そんな場所で暮らしたことのある人はほとんど存在しないのでピンときてもらえません。 たとえ話はあくまで話をわかりやすく、あるいは面白くするための仕掛けですので、誰にでもわかる話にしましょう。

文章力向上のコツ⑭数字を使う

よりインパクトのある文章を書くためのひとつのコツとして、数字を使う方法があります。 例えば以下の文を読み比べてみて下さい。 「昨日のイベントにはたくさんの人が集まりました」 「昨日のイベントには十万人の人が集まりました」 後者の方が数字を取り入れることで、より具体的でインパクトのある文になっています。 重さ、長さ、人数、距離、時間など、数字を取り入れることのできる要素は様々です。文章を推敲していく中で、置き換えられるところを見つけたらどんどん修正していくとよいでしょう。

文章力向上のコツ⑮五感にうったえる

より具体的で臨場感のある文章を書くためには、五感(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚)を意識することが大切です。わかりやすい例としては食レポを書く場合です。料理の見た目(視覚)、料理から出る音(聴覚)、料理からの匂い(嗅覚)、料理の食感(触覚)、そして料理の味(味覚)と、五感をフルに活用して書くことであたかも読み手がその料理を味わっているかのような錯覚を起こすことができます。 五感のうちどれかひとつでも文章の中に取り入れることで、より魅力的な文章を書くことができるはずです。

文章力がない人の特徴と改善方法①語彙が少ない

ところで、文章力がない人とはいったいどんな人のことを言うのでしょうか? 文章力がない人の特徴として代表的なのが、「語彙が少ない」ということです。 自分の中で感覚的に伝えたいことはわかっているのですが、それを表現するだけの語彙がありません。自分の持っている語彙だけで表現しようとすると、細かいニュアンスを伝えることができずざっくりとした意図だけが相手に伝わることになります。結果的に、「なんとなく言いたいことはわかる」くらいにしか相手に受け取ってもらえません。 例えばとあるアイドルを見た感想をブログに書いたとします。 語彙力のある人ならば、「目鼻立ちがはっきりしていて、肉厚の唇がチャーミングで、すらっとした立ち姿がまるで海外のモデルのようでした。動作のひとつひとつに品があり、そこにいるだけで周りの空気が変わってしまいます」なんていう風に書くことができますが、語彙力のない人だとこれらの表現を全て「すごくかっこよかった!」という一言で括ってしまいます。 こうならないようにするためには、やはり本を読んだり、映画を見たり、ニュースを読んだりすることで地道に語彙力を増やしていく努力が必要です。本が苦手という人は、漫画やライトノベルなど簡単なものからで構わないので手をつけていくようにしましょう。

文章力がない人の特徴と改善方法②順を追って書けない

文章力がない人にありがちなのが、途中の経過や理由を省いて文章を書いてしまうというパターンです。 文章を書くにあたっては、通常は「AがあるからBとなり、BとなるからCとなり、最終的にDとなる」というような順を追った書き方が必要です。しかし、ここで途中を飛ばして書いてしまうと、読み手は途中の経過がわからず置いてけぼりとなってしまいます。 例えば「雨が降ってきたのでゲームをした」という文があったとします。 この場合、「雨が降ってきた」ことと「ゲームをした」ことに関連性がないので、何故雨が降ってきた「ので」ゲームをしたのかがわからず読み手は苦しむことになります。 しかし、「雨が降ってきて外で遊ぶことができなくなったので、代わりに家の中でゲームをして遊んだ」ならすんなりと意味が通るはずです。 このように、自分がわかっているからといって一部を省略して書いてしまうと、読み手に正しく理解してもらうことができません。 常に読み手の立場を考え、読み手が何を知りたいのか、どうやったら読み手に理解してもらえるのかというポイントを意識して文章を組み立てることが文章力を上げる秘訣です。

文章力がない人の特徴と改善方法③テーマと結論が決まっていない

文章力のある人の場合、文章を読み終わった後に読み手の心には「納得感」が残ります。しかし、逆に文章力がない人の場合にはこの「納得感」がありません。その文章の中で「つまり、何を言いたいのか」というテーマや結論が見えてこないからです。 思っていることをそのまま書いてそのまま終わるだけだと、テーマが明確になっていないので話の方向がブレやすくなります。そのため読み手は、読み終わった後「この話はいったい何についての話だったんだろう」と困惑してしまうのです。 読み手の心を引き込むだけの文章力のある、自然な文章を書くためには、書く前にまず「何について書くか」というテーマと、「話の流れがどこに落ちつくのか」という結論の部分を先に決めておき、それに向かって文章を書いていくことが重要です。

文章力が身につく本5選

文章力を上げるために参考になる本を厳選して5冊、ご紹介します。

文章力が身につく本①文章力の入門書

一冊目のこの本では、文章を書く上でそもそも何をネタにしたらいいか、どうやってネタや正しいソースを集めたらいいかといったことに関して多くのページを割いて詳しく説明されています。また、文章を書くために普段からどういった意識でいればいいのかといった、文章力を養う上での心構えについて書かれている点にも注目。具体的な文章の書き方についてももちろん丁寧に説明がされています。文章力についての入門書としてぜひ手元に持っておきたい一冊です。

文章力が身につく本②Webライティングにおける実用書

タイトルどおり、Webライター向けの実用書です。「売れる書き方」つまり、より多くの人に読んでもらうにはどういう書き方が効果的なのかという64の方法論が具体例つきでわかりやすく説明されています。個人のブログからオウンドメディアの記事、キャッチコピーまで網羅していますので、Web上で有用な記事を書く文章力を身につけるのにはうってつけの一冊です。

文章力が身につく本③どんな人でも物語を作ることができる本

こちらは作家志望の人向けに、小説作法について書かれた実用書です。この本の中では特製のカードを使ってランダムに物語を構築するという斬新な手法が紹介されています。あくまで小説向けとなっていますが、実はブログ記事などのネタ出しにも応用することができます。ネタ出しに困っている人は一度読んでみてはいかがでしょうか?

文章力が身につく本④「わかりやすい」の見本になる本

世の中のニュースなど難しくてわかりにくいことを、誰にでもわかりやすく説明してしまうことで有名な池上彰氏と、読売新聞の看板コラム「編集手帳」を長年執筆する竹内政明氏。お二人の、文章力の高さの秘密をこれでもかと詰め込んだ本です。良い文章を書くためのコツはもちろん、悪文とはどういうものかについても例を挙げて説明されている点が秀逸。対談形式で明かされるテクニックの数々はどれも思わず「なるほど!」と手を打ってしまうものばかりです。

文章力が身につく本⑤具体例を追求した初心者必携の一冊

この本の素晴らしいところは、例えば「タイトルをつける」という行為ひとつに対して、具体的にどのような言葉を使ったらいいかという例が山ほど載っているという点です。また、それぞれのテクニックがページごとに独立して書かれているため、文章力がないと悩む初心者でも「できるものから」手をつけていくことが可能です。少しずつ自分の文章力がレベルアップしていく実感を得られる一冊となっています。

文章力=ルール+思いやり

いかがでしょうか? 今まで、文章はセンスがなければ書けないと思っていた人も多いかもしれません。しかし、実際のところご紹介してきたような誰でも実践できる簡単なルールを守ることで、最低限の文章力は確保することができます。その上で常に書き手ではなく読み手の目線から文章を推敲することを心がけるのが、文章力を上げる最大の近道といえるでしょう。

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング