IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【公務員試験】独学勉強法・勉強期間・社会人の独学合格のすすめ

資格・検定

公務員を目指して、独学で公務員試験に臨む方は必見!本記事では、公務員試験を独学で乗り切る勉強法や、その勉強時間についての説明をまとめました。「そもそも公務員試験は独学で乗り切れるのか?」という疑問を抱いている方も多いと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

更新日時:

公務員試験は独学でも合格可能なのか

そもそも、「公務員試験は独学でも合格可能なのか」という疑問について、以下で考察しています。

時間を掛ければ独学でも可能

公務員と言うと、安定した職と言うこともあって評価の高い職種と言えます。しかし、公務員になるには公務員試験に合格しなければなりません。勉強の方法は様々ですが、独学で勉強することによって取得することも可能です。とは言え、独学で取得するといっても短時間で取得することができません。取得するには膨大な量の時間を必要とするため、それなりに覚悟しておいた方が良いでしょう。時間をかけるといっても、社会人なって勉強する時間はほとんど無いので効率化を図ることが重要です。独学で取得するときは、基本的にテキストや参考書で勉強することになります。その他の方法としては、通信講座を利用したりすることになります。

社会人の転職は殆どが独学

安定した職につくため、社会人から公務員に転職すると言う人が増えてきています。そういった人たちは、1年仕事を辞めて教育機関に通うか、独学で勉強して取得する方法にあります。とは言え、前者の方法はあまり効率的ではないので、社会人の場合は独学で取得する人の方が増えてきています。独学で取得する場合には、様々な方法がありますが最も効率的と言われているのは通信講座を利用することです。通信講座では大きく分けて2パターンの勉強の方法があります。まず1つ目に、通信講座が送られてくるテキストで勉強すると言うことです。こちらの方法は、自分のペースで勉強することができ決められた期間勉強することでしかるべき知識を身に付けることができます。2つ目に、街で開講している講座に参加すると言う方法です。こちらの方法は、自分のペースで勉強することができないものの、直接講師から教えてもらうことができるので、効率よく勉強することができます。しかし社会人と言う立場で、開講されている授業に参加すると言うのはあまり効率的ではありません。土日などに、限定して参加するという方法もありますが、勉強時間が極めて少なくなるので前者の方がお勧めです。

独学勉強法

独学での公務員試験合格を達成するために、効率的な勉強方法を紹介していきます。

通信講座を利用した勉強法

通信講座を利用した場合の勉強法は、主にテキスト使ってやることになります。期間は自分で指定することができ、半年から1年が主流です。期間に応じて、しかるべき勉強量のテキストが届くため、自分のペースに合わせて勉強することができます。また通信講座では、期間よって変わってきますが、模擬テストをすることができます。模擬テストをすることによって、実際の公務員試験さながらの試験を受けることができるので非常にためになります。通信講座の勉強の方法は、授業などに参加して勉強する方法とは違い、電車の中でも勉強する事が可能です。専用のテキストは、講座によって様々ですが、一問一答形式のテキストの存在します。社会人では移動時間が暇になることが多いので、その時に一問一答形式のテキストを使用して勉強してみると良いでしょう。

テキストの問題をひたすら解く

公務員試験を受講するときに、重要になってくるのが問題の傾向を読み取ると言うことです。普通の勉強していても、傾向を読み取ることができません。傾向を読み取るには、テキストなどの問題をひたすら解くことが重要となってきます。しかし、何も知識がない状態でテキストを解いても、理解することができません。そのため1番最初に勉強するときは、ある程度参考書などで知識を身に付けておくことが必要です。知識を身に着けた後は、ひたすらテキストの問題を解いてみると良いでしょう。問題を解いた時に、間違えることがありますが間違えた問題をそのままにしておかないことが重要です。問題をそのままにしておくと、実際に試験で同じ問題が出た時に点数取れなくなってしまいます。そうなってしまうと、確実に点数を取れる部分で取れなくなってしまうので意味が無くなってきます。当然公務員試験を受けるからには、確実に知識を身に付けておくことが必要なので、隅から隅まで勉強するようにしましょう。

勉強期間

公務員試験を独学で合格するためには、どのくらいの勉強時間を確保しなければならないのでしょうか?

3ヶ月で合格は可能なのか

社会人で、勉強する時間は限られてきます。というのも、社会人では仕事と両立しなければならないので、その分勉強の時間は限られてきます。独学で勉強するときに、必要な勉強量というのは定まっていません。効率よく勉強すれば、短期間での合格も可能です。3ヶ月と言う期間で、合格することができるのかと言うと、難しいと言えるでしょう。必要な勉強時間は、人によって変わってくると言いましたが、3ヶ月ですとあまりにも少なすぎてしまいます。1日に2時間勉強するといっても、時間に換算すれば約180時間しか勉強することができません。一見180時間は長いと感じる人もいますが、公務員試験は他の資格に比べると非常に難しいといえます。しかし難易度は、公務員試験によって変わってくるので、一概には言えません。また社会人になって勉強すると言うのも少し難しくなってくるので、効率よく勉強するということが重要となってきます。

半年で合格は可能なのか

公務員試験の勉強量は人によって様々ですが、勉強時間に関しては半年ほどあれば充分でしょう。勉強方法は、最初の3ヶ月は参考書によって知識を見つけると良いでしょう。知識を身に付けた後に、ひたすらテキストので問題を解いてみると良いでしょう。半年という期間があるならば、まんべんなく勉強することができますし、確実に点数を取ることも可能です。また、通信講座を利用しているのであれば、要所要所勉強することができるので半年間でも充分です。しかし、ダラダラ半年間勉強していたら、不合格になってしまうので要注意です。気を引き締めて勉強することによって、確実に点数を稼ぎ語学の一方だあると言うわけで気を引き締めて勉強することによって、確実に点数を稼ぎ、合格への一歩をたどるわけです。

社会人の独学合格のすすめ

社会人の方は特に、勉強時間が限られていますよね。そこで以下では、社会人の独学合格にはどのようなマインドが必要なのか、そして何を意識しておくべきかについて解説しています。ぜひ目を通しておいてください。

空いた時間はひたすら勉強

社会人で、公務員試験を勉強するとなると時間に追われることが多くなってきます。そのために、空いた時間をひたすら勉強することが重要になってきます。空いた時間に勉強すると言うのは、社会人とって非常に難しいことになりますが、コツを掴めば意外と簡単です。例えば、電車の移動時間等に、スマホ使ってゲームをしているなら、その時間をアプリに使うと良いでしょう最近では、一問一答形式のテキストもありますが、アプリなので公務員試験のアプリも存在します。過去問を問題にしているアプリになっているので、非常に便利です。

常にニュースに目を通す

公務員試験では、主に時事問題が問われることが多いので、普段からニュースに目を通しておくことが重要です。自分の立場によって変わっていますが、社会人であれば公務員試験を受けなくてもニュースを見ることが重要になってきます。知識につけると言うよりは、教養を身に付けると言う部類に入ります。たとえ、それが公務員試験に役に立たなかったとしても、自分のスキルアップに繋がるので、積極的に行うと良いです。

公務員試験のためのおすすめ参考書・テキスト

以下では、公務員試験のために最も有効なのではないかと考えられる参考書を紹介しています。ぜひ、一度手にとってみましょう。

『公務員試験受かる勉強法落ちる勉強法』

公務員試験は、独学で勉強する人様に参考書やテキストが非常に多く販売されています。中でもこのテキストは、非常にお勧めなテキストといえます。というのも、普通の参考書やテキストとは違い、問題や解説を記載しているテキストでは無いからです。このテキストでは、公務員試験を独学で合格する人のために、様々な勉強法を紹介しています。そして何よりも、受かる勉強法と落ちる勉強法を紹介していると言うのが最大の特徴になります。やはり、独学での取得は厳しくなってくるので、勉強法から正しく知っておくことが重要と言えるでしょう。効率よく勉強するためには、勉強法を知っておくのは、必要不可欠です。

関連タグ

アクセスランキング