IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーターの平均年収と税金|フリーターは扶養家族に入れる?

更新日:2020年11月05日

就活

働き方改革など労働環境に対しての取り組みが盛んにおこなわれていますがフリーターと呼ばれる方の生活は変わっていくのでしょうか?そもそもフリーターの生活はどのような年収でどのような生活水準での生活なのでしょうか?フリーターの平均年収を基に考えてみましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

フリーターの定義

「フリーター」という肩書には、実は明確な定義が厚生労働省から発表されています。 中学校卒業後の年齢15歳から34歳で、現在就業している者については、勤め先における呼称が「アルバイト・パート」である雇用者、現在無業の者については、家事も通学もしておらず「アルバイト・パート」の仕事を希望する者となっています。 最近では「ニート」と混同される場合も多くありますが、大きな違いは働いているか働いていないかの違いになります。

フリーターの平均年収

フリーターの平均年収を調査した資料は見つかりませんでしたが、全体の賃金を調査した「賃金構造基本統計調査」というものを見つけました。

この資料を基にフリーターの平均年収がどれくらいなのかを調べていきます。

フリーターの年収は200万円以下

賃金構造基本統計調査では職業や年齢、性別別での賃金の推移を調査しているのですが、その資料を基にフリーターの平均年収を調べてみると150万~200万円がフリーターの平均年収になるようです。 この年収を月給に換算すると月12万~17万ほどになる計算になります。 総支給額がこの金額になりますので、この金額からさらに各税金を支払うことになります。 それでは実際の手取り額はどれくらいになるのでしょうか?

フリーターの生活シミュレーション

フリーターの生活をシミュレーションするために前提条件を設定します。 【25歳男性フリーター・月給15万円・年収180万円の場合】 まずは毎月の手取となる金額を計算してみましょう。 計算は社会保険加入しているという設定で計算します。

給料から引かれるモノ

初回公開日:2017年02月07日

記載されている内容は2017年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング