IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大企業と中小企業の割合・メリット/デメリット・格差はある?

ビジネスマナー

将来の事を考えれば、大企業の方がいいと思われる方もいるなか、働きやすい中小企業の方が良いという人が分かれると思います。そんな二つのどちらを選ぶかを、迷っている人もたくさいん居ることでしょう。今回の記事は、大企業と中小企業の違いを今回書かせてもらいました。

更新日時:

大企業・中小企業

日本にある企業の数は、約300万~400万とあります。やはり、分けられるのが大企業や中小企業へと分けられます。 何処から何処までが大企業なのか? 中小企業なのか? 先に、その説明をさせていただきます。

大企業

大企業の定義としてましては、下で記載されている中小企業の資本金・従業員の数を超えている企業の事を指すことです。大企業と呼ばれる場合がありますが、その他にも多種類に大企業の呼び方はあります。 その一つは『有名企業』。これは知名度があり、誰もが知っていそうな大企業の呼び方です。その有名企業の各業でのトップを占めている大企業の事を『大手企業』と。 判断基準はあまりないですが、大企業でありながらも規模が小さい企業の事を『中堅企業』など言われております。 さらには大手企業と中堅企業の間にある、大企業を『準大手企業』など最大でも4つに分けられることが。 やはり大企業ながら、日々会社がどのようになるか分からない世の中なので、競争率は高めです。少しでも有名ではなくなったら有名企業ではなくなったり、トップから転げ落ちてしまえば大手企業とも呼ばれず。 失敗をしてしまえば中堅企業、準大手企業なども呼ばれない可能性もあります。大企業は、中小企業とは違い従業員の数が多くいるため組織の数もそれに連れて多くなります。管理などできない企業がある中で、やはりちゃんとしている大企業は対応もしっかりしているため、長年トップにいる企業や赤字を出してもそれに対処できる企業を、大企業と呼ばれるのではないでしょうか。

中小企業

中小企業と呼ばれる定義とすれば、種類によって違います。 建設業や運輪業、製造業などの中小企業と呼ばれる定義は、資本金が3億円以下であり、従業員の数が300人以下であること。 卸売業は1億円以下であり、従業員の数が100人以下であること。 小売業は5千万以下であり、従業員の数が50人以下であることであり、サービス業などの資本金は小売業と同じですが、従業員の数が100人以下であることが定義となっております。 さらに、特例としてゴム製品製造業は、資本金が3億円以下であり、従業員の数が900人以下であり、ソフトウェア業や情報処理サービス系は、資本金はゴム製品製造業と同じ条件であり、従業員の数は300人以下。 旅館業は、5千万以下であり、従業員の数が200人以下となっております。 これらの事を『中小企業』と呼ばれます。 大企業と比べてしまいますと、コツコツとしておりますが、日本の企業の倒産率は1年に平均6000企業以上が倒産しております。もちろん、この中に中小企業などあります。 ですが、従業員とちゃんと連携をとれており毎月ノルマを達成している中小企業は、コツコツと企業を成長させており、いつしか大企業とも呼ばれることがあります。 最初っから大企業などは、ありません。中小企業が成功するか失敗するかで、呼び方が一気に変わり続けます。

大企業のメリット・デメリット

就職するなら、大企業が良いと思われる方もおりますでしょう。たしかに大企業に入れば、下手に会社が潰れる心配はなく、大企業ならではの安定と安心が得られること間違いなしです。 将来の事を考えれば、より安心できる家庭を長く続けつ事が現代にとっての正解だと考えております。 しかしながら、大企業ならではのメリットもあればデメリットもあります。これらを読んで、大企業の良いところと逆に悪いところを知っていただき、判断してもらいたいです。

メリット

先ほど書きました通り、やはり安心できる点です。この安心という点は、会社の存続や年収などの安心の事を指します。この理由で大企業を目指す人もおり、圧倒的な理由としては妥当な事です。 時代は進みにつれて、日本だけ向けての企業では成長は著しい企業では正直にいいますと、先が思いやられると思います。大企業と呼ばれるのなら、何かしらの強みを持っいおり会社を存続させる強みのため、大きな壁などのぶち当たっても大抵は安定の路線を進むのが大企業です。最近のニュースでは、リストラや解雇などの件で大企業などが取り入れられたりするのですが、大企業であるからそのような事が起こるわけではありません。 あの場合は、中小企業がリストラや解雇など、もしくは倒産してもあまり世間では騒がれない事なので、ニュースのスポットに当たるのが大企業というわけなので、特別大企業だけの話ではありません。 続いては、ボーナスなど残業代の存在です。資本金が3億を超えている大企業なら、ちょっとアレですが、金についての問題はあまりないと思われます。ボーナスで出される金額でも、大企業か中小企業の見分けなどがつけられます。 従業員の数も中小企業と比較しますと、大勢の社員がおります。よほど切羽詰まっていない大企業であれば、働きアリの法則で例えれば大多数は働いていますが、少数は働いていないというのがあります。しかしながら、大企業であればその少数の働いていない社員でも、あまり企業の運命は大きく揺るぎません。 ここで私が最大の利点として思ったのが、転職がしやすいという点です。大企業に勤めていたと経歴があれば、それは自分にとっての強みへとなります。面接などでも優遇される事もあり、中小企業ならすぐに即戦力として数えられます。 調べましたところ、大企業のメリットしてあげられて驚いたのが『モテる』というメリットが乗っておりました。最初はやはり驚きましたが、次第にそれも納得できる形となりました。現代の日本はやはり大企業というブランドがあれば、次第にそれに惹かれる異性の人もいます。最近での婚活では安定を求める人も多くおり、裏では勤めている企業のランクによぅて、ネームストラップにランク付けのシールを貼られるところもあるといわれております(もちろん、そのシールの意味は女性陣の人しか知りません)。

デメリット

上の記事では、皆さんが思っているメリット部分を書かせてもらいました。ここまでメリットがあるなら、大企業を目指すのもいいのではないかと、考えてしまうかもしれませんね。今の日本の状況や、やはり浮いては沈みの経済ですので大企業という船に乗ってしまえば、まず安心できる……と、決めつけてはいけません。 大企業ならではの、デメリットの部分を今からご説明させていただきます。まず、よく話を聞くケースなので、こんなワードが多くあります。 それは『転勤』です。大企業と言われるので、やはり全国各地に派生する企業を持っているので、何かしらの理由で転勤を命じられる恐れもあります。転勤が苦ではない人にとっては、別段に問題はないのですが、あまりそのような都合の良い方は見かけられません。ほとんどの人が家庭を持っていたり、何かしらの事情で離れられないと苦悩する人がほとんどです。 グローバルで、世界に向けて進出している大企業なら海外への転勤ももちろんあります。 もう一つ大きなデメリットとして、取り上げられるのが『潰しがきかない』という点です。潰しってなんですか? 私はその言葉が分からず、どういう意味を含んでいるのかを調べましたら、納得できることが書かれてありました。 大企業に属すということは、専門的な知識も含めなければいけません。長年その専門知識を培ってきても、別の業務をしても何の意味がありません。もし、自分が勤務している大企業に倒産やリストラなどやむを得ない状況になってしまいましたら、その専門知識だけで全く別の業種での『潰し』は効きません。 以上の二つが、最大のデメリットとも言われます。

中小企業のメリット・デメリット

中小企業は、大企業と比べると少々花がないと勘違いしてしまう人がいると思いますが、そんなことはありません。確かに、日本に点在する大企業と比べてしまいますと、やや劣っている点が見られますが、そんな大企業と比較しても、元も子もないでしょう。 中小企業には、大企業とは違いメリットもあります。もちろんデメリットもありますが、メリットにはデメリットも付き物です。

メリット

中小企業での定義を、上で説明させてもらいました通りに大企業よりも少ない従業員の数です。これが、中小企業の良いところとでも、言っては過言はありません。たしかに、悪いところでは? と疑問は抱きましょうが、こんなメリットの部分があります。 『会社ではなく、個人』として仕事ができる。大企業では、決してできない大きなメリットとも言えます。これは中小企業のメリットであり、人間にとってのメリハリのある仕事感です。 やはり、大企業に属してもいわば小さな歯車と言われておりますが、中小企業にとって社員は大きな歯車に違いはありません。その社員が頑張れば頑張るほどに、中小企業はどんどん成長行く方式となっております。社員が少ないというところでは、個人での裁量は大きいので、仕事に対しての責任感もおのずと培っていきます。 その努力が報われ、会社が目標を達成できたという充実感は大企業と比べますと、比較できないほどの嬉しさが込みあがっていきます。この日本社会での成功は決して簡単ではありません、その達成は努力をして考え悩まないと、その充実感は味わえません。 中小企業は、大企業とは違い『スピード感』は早いです。このスピード感というのは、具体的に説明させていただきますと、やはり大企業というのは目的がありそれを上に相談しても、さらにその上に相談、さらにその上――など一番上まで承諾を貰わないと遅くなってしまう場合があります。 ですが、中小企業ならそれほどの従業員もいないというデメリットを生かしスピード感が早くなります。経営陣との距離も近いので、より良い仕事を得られる可能性もあります。

デメリット

中小企業のデメリットの部分は、メリットで書かせてもらいました通りに『従業員の数が少ない』という所です。 書かせてもらいました通り、個人としての仕事量も大企業と比べますと多いというデメリットがあります。やはり人一人の負担が大きいために、ここで挫折してしまう人が大勢います。中小企業ならではの、最大の難点と言われております。 他にも、規模として小さいのであまり有名ではなく社会的な地位もないので、それを気にしてしまう人もおります。 そして……最大のデメリットは、『不安定』です。中小企業では従業員も少ないほかに資産金もあまり多いとは限らないので、倒産やリストラの危険性が大企業と違い、その可能性は大いにありえます。企業としての最底辺の目標としましては、倒産をしないというのが一番の目標ですので、下手な中小企業では社員に対しての今でいう『ブラック』というところもあります。 福利厚生などが、あまり良くない企業になってしまいますので、それに関しての不安などを考えてしまいますと、これもデメリットと呼べます。

大企業と中小企業の割合

このように、大企業と中小企業にきっぱりと分かれて居る中で、では全国にどのくらいの数の企業があるのか? その疑問を、下記に書かせてもらいました。

大企業の場合

2016年のデータによりますと、大企業の数は約1.2万社とあります。以外にも、多いのではと思ってしまいました。ですが、それはただの無知とも捉えられてしまいます。 私たちがよく知っている大企業は、CMなどに力を注いでいる『有名企業』です。一般人が知っている企業のほとんどがソレなのですが、せいぜい覚えているのが10~20程度ぐらいです。世の中には、その他にも大企業の数があるとこのデータで思い知らされました。

中小企業の場合

一番驚きを隠せなかったのが、中小企業の割合です。2016年のデータですと、その数はなんと419.8万社です。 大企業の倍を超える中小企業が、この日本に点在しているのです。この数字を見た時には、日本にここまでの企業があるんだと驚きを隠せませんでした。これと、大企業と合わせてしまいますと、0.3%ぐらいでしか大企業はなく、残りの99.7%が中小企業の割合となっております。

格差はあるか?

大企業のメリット・デメリット、中小企業のメリット・デメリットやその割合での大きな違いを書かせてもらいました。 ここまでハッキリと違いがあるという事は、格差はもちろん……あります。大企業と中小企業での格差、まず一つ挙げられるのは『ボーナス』です。 これは誰もは安易で想像できる、格差の一つともいえるでしょう。大企業では年に数億の売り上げを出している中、中小企業では大企業と同じ売り上げを出すのには厳しい世の中です。 社員でのボーナスなどにも影響し、やはり中小企業よりか大企業の方が多く貰えます。 他にも待遇という点もあり、中小企業は従業員の数も少ないので、替えが聞かないという場合があります。それは企業によって待遇は違いますので、決して鵜呑みにしないでください。

中小企業から大企業へ、転職はできるか?

なら、中小企業から大企業に転職はできるのか? この疑問での解答は、難しいと言われております。一般的に中小企業から大企業への転職はあまりに難しく、よほどの幸運がなければ成功はしません。 大企業では新卒の人を募集しているのが多くみられ、中途採用を受け付けていないところもございます。 冷静に考えて、今ある職に不満が無ければそのまま続けることがより一番いいと私は思います。

年収は?

年収も、やはりここでも大きな差がでてしまいます。 大企業での平均年収は780万円と高めであり、最大でも1571万円と破格の年収です。中小企業などの平均年収は詳しくのっておらず、やはり企業の種類によって大きく違っておりましたが、大企業の年収の300万の差があると言われております。

こんなに差があるなんて……と、思わないで

ですが、大企業での出世はほど遠く一生社員のままという事もあり、年収が上がらないという点があれば逆に中小企業は大企業よりも出世のスピードが速くもしかしては同年代よりかは多く年収をもらえたりしますので、決して卑下にはしないでください。

結局はどこで学ぶか

日本の企業はだんだんと海外への進出を。ちゃくちゃくと進めております。いずれ世界中の企業が海外に手を付ける日が来るでしょう。これからの経済がどう転ぶか、日本の影響はあるのか? そんな未来を予知することは誰もできません。 自分がどんな企業にいても、ここなら頑張ってやれる。そんな小学生の感想のようなものでもいいので、ぜひこれからも大企業だろうが中小企業だろうが、悔いがないように日々を過ごしてください。

関連タグ

アクセスランキング