IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

国内の広告代理店の「業績ランキング」「平均年収ランキング」

就活

広告は、カラフルだったり、演練されていたりと、見ているだけでも心が躍るものだと思います。また、広告をきっかけに欲しい商品や行きたい場所が見つかった経験がある方も、多いのではないしょうか?今回は、そんな広告を制作している、広告代理店にスポットを当てて、2つのランキングをご紹介していきます。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

国内の広告代理店ランキング:業績ランキング

最初にご紹介するのは、国内の広告代理店の業績ランキングです。人気や評判と並んで、企業のことを知る際に何かと便利なステータス・業績。各社の業績を研究することで、広告代理店業界全体の動向や傾向なども読み取ることができます。また、業績が高い企業が得意としている分野や制作している広告の内容について調べてみることで、広告代理店業界に関する新たな気付きが得られるかもしれません。業績から読み取れる情報や考えられる事は、非常に多いのです。

以下は、2013年に統計された、広告代理店各社の売上高を元にしたランキングです。

1位:電通 2位:博報堂 3位:ADK 4位:大広 5位:JR東日本企画 6位:東急エージェンシー 7位:読売インフォメーションサービス 8位:読売広告社 9位:電通東日本 10位:デルフィス 11位:クオラス 12位:朝日広告社 13位:ビーコンコミュニケーションズ 14位:日本経済広告社 15位:フロンテッジ 16位:電通九州 17位:日本経済社 18位:JR西日本コミュニケーションズ 19位:オリコム 20位:電通西日本 21位:オリコミサービス 22位:新通 23位:JR東海エージェンシー 24位:メトロアドエージェンシー 25位:アイプラネット 26位:新東通信 27位:電通ヤング&ルビカム 28位:電通名鉄コミュニケーションズ 29位:読売連合広告社 30位:読売エージェンシー 31位:NKB 32位:京王エージェンシー 33位:ビデオプロモーション 34位:広告社 35位:小田急エージェンシー 36位:ライダース・アパブリシティ 37位:アド近鉄 38位:第一通信社 39位:東映エージェンシー 40位:西広 41位:セーラー広告 42位:双葉通信社 43位:協和企画 44位:西鉄エージェンシー 45位:毎日広告社 46位:協同宣伝 47位:メディアエムジー 48位:協同広告 49位:とうこう・あい 50位:三友エージェンシー

上位に関しては、広告代理店業界の中でも特に大手と呼ばれる企業が多く、社名などを聞いたことがあるという方も、多いのではないでしょうか? 上記のランキングには、売上高の金額などの詳細が掲載されていなかったため、上位3位までの企業の売上高に関しては、独自にリサーチしました。それでは、1位~3位までの企業の詳しい業績と特徴をご紹介していきます。

業績ランキング1位:電通

業績ランキングで1位に輝いたのは、電通でした。電通の平成26年~平成27年の売上高は、2兆4192憶円となっています(※2)。電通は、国内広告業界最大手とも言われている企業です。特に、スポーツビジネスに強く、オリンピックやワールドカップなどを得意としてます。(※2)

業績ランキング2位:博報堂

続いて、業績ランキング2位となった博報堂の平成26年~平成27年の売上高は、1兆1310憶円(※3)でした。2位ではありますが、こちらも大変高い業績です。博報堂は最近では、ブランド戦略支援に注力していることで知られる企業です。(※3)

業績ランキング3位:ADK

業績ランキング3位となったADKの平成26年~平成27年の売上高は、3529憶円でした(※4)。1位・2位の売上高と比較すると差が開いており、広告代理店業界の市場は1位・2位の企業を中心に動いていることが分かります。ADKは、外資広告主やアニメ事業、スポーツイベントなどに強い企業です。(※4)

国内の広告代理店ランキング:平均年収ランキング

続いてご紹介するのは、国内の広告代理店の平均年収ランキングです。広告代理店業界を目指すのであれば、業界の平均年収や収入の相場は、把握しておいて損はないでしょう。万が一、ブラック企業と出会ってしまった場合、平均年収は企業の優良度を判断する1つの目安になる為です。 皆さんが普段目にしている、新聞などのチラシや駅などのポスター、ネットで見掛ける広告。身近な広告を制作している人々は、どのくらいの収入を得ているのでしょうか?

以下は、平成26年~平成27年にかけての、広告代理店各社の平均年収を元のしたランキングです。

1位:電通 2位:博報堂DY HD 3位:アサーツーディ・ケイ 4位:サイバーエージェント 5位:GNU 6位:ファンコミュニケーションズ 7位:協同ピーアール 8位:バリューコーマース 9位:DAC 10位:オプトHD 11位:プラップジャパン 12位:エプテーニ・HD 13位:クイック 14位:ゲンダイエージェンシー 15位:アキナジスタ 16位:アドウェイズ 17位:セーラー広告 18位:アイレップ 19位:GMOアドパートナーズ 20位:中広 21位:サイネックス 22位:インサイト

平均年収ランキング1位:電通

平均年収ランキング1位は、電通。金額は、1271万円でした。年収が1000万円以上であれば十分高額と言える現代社会において、1000万円という1つの目安を200万円以上も上回っている電通の平均年収は、業界だけでなく日本の企業内でも、トップクラスと言えるでしょう。そんな電通は、世界の広告代理店業界で5位となっており、国内の広告代理店業界で大手なだけでなく、世界規模の企業となっています。(※2)

平均年収ランキング2位:博報堂DY HD

続いて、ランキング2位に輝いた博報堂DY HDの平均年収は、1036万円でした。こちらも、標準金額どころか1000万円を越えている、高額年収と言えます。博報堂DY HDは、大広・博報堂・読売広告社が統合して誕生した企業です。(※3)

平均年収ランキング3位:アサーツーディ・ケイ

平均年収763万円のアサーツーディ・ケイは、ランキング3位となりました。アサーツーディ・ケイは、1999年に旭通信社と第一企画が合併して誕生した企業です。(※4)

最新情報は常にチェック!

いかがでしたでしょうか?今回は、国内の広告代理店にスポットを当てて、2つのランキングをご紹介しました。 広告代理店への就職をお考えの方は、最新情報を常にチェックする癖をつけましょう。ネット化・デジタル化が進んでいる広告代理店業界は、物ごとの移り変わりが早い為です。興味がある企業だけでなく、業界全体の動向や最新ニュースを日々確認して把握しておくことで、ESや面接での回答の幅も広がりますよ。 本などで広告業界について詳しくなっておくこともとても重要です。本を使って広告業界について詳しくなりたい方は「図解入門業界研究最新広告業界の動向とカラクリがよくわかる本」がオススメです。

[参考資料・引用元] ※1「インターネット広告のひみつ」 ※2「年収ラボ(電通)」 ※3「年収ラボ(博報堂)」 ※4「年収ラボ(ADK)」 ※5「年収ラボ(広告業界)」 ※6「doda 平均年収ランキング」

関連タグ

アクセスランキング