IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

介護事務管理士の難易度と合格率・独学での勉強法・国家資格?

資格・検定

介護事務管理士は、介護事務の資格の一つで、介護報酬請求のスキルを証明する資格です。介護事務として働く際、この資格は必須ではありません。ですが、介護事務管理士の資格があれば、スキルを証明できる上に転職やキャリアアップにも有利になります。

更新日時:

介護事務管理士とは

介護事務管理士は、介護事務の資格の一つで、介護報酬請求のスキルを証明する資格です。医療・福祉関連事務の技能認定試験を主催する、技能認定振興協会(JMSA)が認定しています。 介護事務管理士の資格試験がスタートしたのは、介護保険制度が制定された2000年のことです。制度の新設によって、事業所側で介護報酬の計算が必要になり、介護事務の需要が高まったことから誕生しました。介護事務に関する日本初の資格でもあります。 ただし、介護事務として働く際、この資格は必須ではありません。小規模な事業所では介護スタッフが介護事務を兼任していることも多くなっています。しかし、資格があれば、スキルを証明できる上に転職やキャリアアップにも有利になるでしょう。

仕事の内容

介護事務と言われる、介護報酬を計算する業務を担当します。 介護サービスの費用は、原則として利用者の方から1割、残りの9割は介護保険から事業所へと支払われます。事業所は、介護報酬で決められた単位に基づいて、利用者、そして介護給付費の審査や支払いを行う国民健康保険団体連合(国保連)に請求を伝える必要があります。 介護事務の担当者は、ケアマネージャーが作成する「給付管理票」を元に、利用者に対してどんな介護が、どれだけ提供されたかをチェックして「介護給付費明細書(レセプト)」を作成します。サービスに対する報酬を、利用者の方と国保連それぞれに請求するのが主な役割です。医療の分野で言えば、診療報酬を計算する医療事務に当たるポジションと言えるでしょう。 介護報酬の請求が発生するのは1ヶ月に1回です。これ以外の時間は、利用者の方のご案内や問い合わせへの対応、ケアマネージャーの補佐、介護士のシフト作成などを請け負うことが多くなっています。

求められるスキル

介護サービスを提供する事業所で、介護報酬の請求業務を行ったり、利用者の方のケアプランを作成するケアマネジャーの業務をサポートしたりするのが介護事務管理士の仕事です。介護サービス利用者への接し方などのコミュニケーション力が要求されるほか、ケアプラン内容をしっかりと理解して、介護報酬の計算を正確にこなす知識とスキルも求められます。

介護事務管理士は国家資格なのか

介護事務管理士技能認定は、技能認定振興協会が認定する「民間資格」です。介護事務に関する資格はいくつかありますが、国家資格というものは現在存在していません。介護福祉士が介護職で唯一の国家資格であり、介護職の事務資格は、民間の法人の認定資格になっています。

働ける場所

介護事務管理士には、いくつかもの働き口があると考えて良いでしょう。ここでは、介護事務管理士が求められる代表的な職場をいくつか挙げます。 ●ヘルパーステーション ●訪問看護ステーション ●デイサービスセンター ●ショートステイ ●グループホーム ●特別養護老人ホーム ●老人保健施設 ●病院の療養病床

介護事務管理士の合格率

2000年に介護保険制度が実施され、それに伴い介護給付費を事務処理する人材が必要になりました。超高齢社会の日本では、介護給付費が増大し介護事務員の確保がますます課題となってくると予測されます。 現在、あらゆる団体が介護事務員を育成するために、介護事務の資格とそれに対応する講座を開いています。介護事務の種類は全部で9種類に上ります。介護事務の合格率は資格の種類によって違います。「介護事務管理士」は中でも合格率が一番低い試験です。ただし、「JSMA技能認定振興協会」によると、介護事務管理士試験の合格率は60%前後であり、しっかりと勉強すれば合格できる資格であることが伺えます。

合否判定

合格に必要な点数は、学科試験で70点以上を取ることです。また、実技試験の方は、点検・各作成問題ごとに50%以上の得点をし、なおかつ3問の合計で70%以上の得点率をマークする必要があります。

資格試験の難易度

介護事務の資格には、全部で9種類もの資格が存在しています。全てが民間資格となっていますので、試験や内容などは様々なものになります。 種類が存在しているということは、それぞれの資格によって難易度が異なるということです。 介護事務の資格として、介護業界などで認知度の高い資格3種類程度を見てみましょう。 ●ケアクラーク・・・合格率70%程度 ●介護事務管理士・・・合格率55%程度 ●介護事務実務士・・・合格率65%程度 このように、50%~70%程度の合格率となっています。 合格率から難易度を推測するとすれば、難易度はそこまで高くないと言えるのではないでしょうか。 試験は、学科試験と実技試験の両方が行れます。学科試験では、介護保険法による専門的知識などが問われますが、テキストの持ち込みが可能となっている試験もあります。 実技試験では、実際にレセプトの作成を行うことになります。受験資格が設けられていない資格の場合、独学で受験する人もいますが、やはり実技試験の面では講座やスクールに通う方が得策だと言えます。 地域密着型の資格や、指定学校に通う生徒が対象となる資格の場合には、合格率も高いとされています。 いずれの場合であっても、スクールや講座を受講することで、自分のペースで自分の分かりやすい方法で学習していれば、合格できるような資格が多くなっています。

介護事務管理士は独学でも合格可能か

試験自体はそれほど難しくないので独学でも十分取得可能です。ちなみに、介護事務管理士試験はテキストの持ち込みが可能なので、市販のテキストより試験に合格するためだけに作られた通信講座のテキストを利用して受験に挑んだ方が効率的です。 費用は、ユーキャンだと4万円程度です。安いと感じるか高いと感じるかは人それぞれですが、その分実務で活かせる知識も身に付けることはできます。また、通信講座だと在宅で受験することも可能になるので、一般会場で受験するよりも有利になります。

筆記試験の内容

筆記試験は10問で7問以上正解しなければその時点で不合格です。 介護事務管理士の試験はテキストや参考書の持ち込みが可能なので、通常の資格試験の様に知識を暗記する必要はありません。 ただ、試験時間が筆記試験と実技試験を合せて2時間しかなく、実技試験に多くの時間を割くことを考えると、テキストを見ずにスラスラ解答できるぐらいの知識を身に付けておいた方が良いです。 暗記が難しければ、こういった問題はこのテキストのこの部分も見れば解決できると予めシミュレーションしておきましょう。 筆記試験は10問しかないので、遅くても20分以内に全問解くことを心がけましょう。 試験問題は10問と少ないので1問当たりの負担が大きいのが特徴です。そのため、捨て問題は作らないようにしましょう。

実技試験の内容

実技試験は介護給付費明細書の作成が3問、介護給付費明細書の点検が1問出題されます。 介護給付費単位数表の持ち込みは可能ですが、レセプト作成は問題に慣れておかなければかなりの時間を要するので、とにかく問題に慣れておくことが大切です。 試験に落ちる受験者の多くは時間切れなので、練習として問題集をこなすときでも、常に試験を想定して時間配分を徹底して問題を解いていきましょう。

出題内容

介護事務管理士技能認定試験の出題内容は、以下のようになっています。 ●学科試験 法規、介護請求事務 (マークシート形式 10問) 【出題範囲】 ・介護保険制度 ・介護報酬の請求についての知識 ・介護給付費単位数の算定 ・介護給付費明細書の作成 ・介護用語についての知識 ●実技試験 介護給付費明細書を作成するために必要な知識 (3問) 【出題範囲】 ・レセプト点検問題(1問) ・レセプト作成  (2問) ※試験時間は、学科・実技併せて2時間となっています。

おすすめのテキスト

介護事務管理士技能認定試験に合格するには、過去問に慣れることが必要です。合格率が50%を超えているということは、しっかりと勉強していれば解けるようになっているということであり、トリッキーな問題は出ないということです。過去問を解いて、一発合格を掴み取りましょう。

介護事務管理士を目指してみませんか?

介護事務管理士は、介護事務の資格の一つで、介護報酬請求のスキルを証明する資格です。介護事務として働く際、この資格は必須ではありません。ですが、介護事務管理士の資格があれば、スキルを証明できる上に転職やキャリアアップにも有利になります。

関連タグ

アクセスランキング