IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【働きたくない】原因・脱出の方法・働く気になる方法とは?

転職の悩み・不安

「働きたくない」という心理や原因、理由について、ケース別にまとめています。また、働きたくないという心理から脱出する方法や、働きたくないという気持ちと、上手く向き合っていく方法もご紹介してるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

更新日時:

どうしても働きたくない!?働きたくない人の心理と脱出方法

現在の日本では、高校や大学などで学び終えると、社会に出て社会人として働くのが一般的と言われています。 社会人としての人生は、20代前半から定年退職をするまで続きます。 定年退職の年齢は、一般的には60歳ですが、人によっては再就職する方もいる為、さまざま。人生のうち、約40年以上もの時間を、働いて過ごす方もほとんどということになります。 働かなければ、収入を得ることができない為、多くの方は生活の為にも働き続ける道を選びますが、働くことは決して楽なことではありません。 責任も生じますし、職種によってはノルマなども発生します。上司やクライアントに怒られることもあり、何よりプライベートよりも仕事を優先しなければならず、自由な時間も激減してしまうでしょう。 その為、「働きたくない」と感じている方も、少なくないと思います。 今回は、そのような方々にスポットを当てて、「働きたくない」という心理について、考察していきたいと思います。

ケース別に見る!働きたくない人の心理・原因

働くことは、生活を豊かにすることに直結しています。貯金や資産がある方は別ですが、基本的には働かなければ生活が回っていきませんし、極端に言えば食べることにも困ってしまいますよね。 このように、生きていくことに大きく影響を与える「労働」ですが、「働きたくない」と感じながら働いている方や、「働きたくない」という気持ちのままに働かないでいる人も、少なくはありません。 なぜ、「働きたくない」と感じてしまうのでしょうか?その原因や心理について、ケース別に見ていきたいと思います。

働きたくない心理・原因:男性の場合

まずは、男性が「働きたくない」と感じる心理や理由について見ていきましょう。 現在は、女性の社会進出も進み、働くことに関しては、男女平等となっています。共働きの夫婦も増え、女性も家計に大きく貢献する存在となりました。 しかし、「一家の大黒柱」といった言葉もあるように、まだまだ家庭における男性の役割は、「働くこと」「収入を得ること」とされがちです。 一家の収入を一身に引き受けることに、プレッシャーを感じている男性も、少なくはないと思われます。 そのような理由から、「働きたくない」と感じる男性もいらっしゃるのではないでしょうか? また、働いていると、時に競争を強いられます。ノルマや業績、売上を同僚や部署と競わなければならず、競争することに対して、疲れや嫌気を感じている方も多いでしょう。 特に男性は、出世を視野に入れた際、競争が激しくなりがち。 その為、男性は特に「働きたくない」と感じてしまうことがあると考えられます。

働きたくない心理・原因:女性の場合

続いて、女性の「働きたくない」心理について考察していきます。 女性の場合は、職場での人間関係に嫌気を感じ、「働きたくない」と感じることもあるようです。 「お局様」といった言葉がありますが、長く働いていると、男性の上司などから、そのような嫌味を言われることもあるようです。 企業としては、キャリアを積んで長く働き続ける人材というのは、非常に素晴らしい人材です。 本来ならば、企業から喜ばれるような人材でありながら、年齢や性別が原因で嫌味などを言われたら、「働きたくない」と感じてしまうのも無理はないかもしれませんね。 特に、業界や職種によっては、まだまだ女性が働いていることが珍しい場合もあるので、女性というだけで風当たりが強くなる可能性も十分あり得ます。 また、育児をしている女性の場合は、子供との時間を大切にする為に、「働きたくない」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

働きたくない心理・原因:就活中の場合

働く場所を見つける為に就活をしている方がほとんどですが、就活をしながらも「本当は働きたくない」と感じている方も、少なくないと思います。 自由な学生生活と比べると、社会人としての生活は制限だらけだと感じる方も多いでしょう。 就活も、時間を指定されたりマナーや常識を求められたりする為、社会人になることを楽しみだと感じられない方も、いらっしゃるかと思います。 その結果、「働きたくない」「社会人になりたくない」と感じる就活生が出てきても、不思議ではありません。 学生気分を引きずったまま就活に臨んでしまうと、上記のように「働きたくない」と感じてしまう可能性も高くなると考えられます。

働きたくない心理・原因:結婚の場合

結婚したことで、これまで社会人として働いていた方が、「働きたくない」と感じるようになることも、有り得ないことではありません。 特に女性で、専業主婦として家庭に入りたいと考えている方の場合は、結婚をしたことで「働きたくない」と感じるようになる場合もあります。 また、男女ともに、結婚によって姓が変わったり、転勤になったりすることで、環境などが変わり、「働きたくない」という心理になる場合もあるでしょう。 結婚の際は、お互いの仕事や結婚後の在り方などについても、よく考える必要があるというわけです。

「働きたくない」心理から脱出する方法

何度かご紹介しているように、働かなければ生活は回っていきません。 多くの方は、「働きたくない」という思いを抱えながらも、何とか折り合いをつけて働いています。 確かに、「働きたくない」という気持ちのままに働かないでいたのでは、生活していくことは難しいですよね。 また、社会人としての在り方などを考えた際に、「働きたくないけど、働かなければ」と感じる方も、少なくないでしょう。 そこで、続いては、「働きたくない」という心理から決別するための方法や、働きたくないという状態から動き出す方法について、ご紹介していきます。

「働きたくない」心理からの脱出方法【1】:人間関係を見直す

「働きたくない」という心理になってしまう理由や原因は人それぞれですが、職場の人間関係が原因で仕事を辞めてしまったり、人間関係の煩わしさから働きたくないと感じる方も、少なくないと思います。そのような場合は、人付き合いをあまりしないで良い職業や職場を探したり、1人で仕事をできる環境を作ってみたりする必要があります。 他人と一切関わらないで生活したり仕事をしたりすることは、不可能と言えるでしょう。 しかし、職種や業界、職場や環境を見直すことで、他人と関わる機会を減らすことが可能です。他人と関わらなくても働ける職場を見つけたり環境を築いたりすることで、人付き合いに関する面倒なやり取りが大幅に減るので、「働きたくない」という気持ちを、弱めることができるかもしれません。

「働きたくない」心理からの脱出方法【2】:行動してみる

「働きたくない」という気持ちに従って、いつまでも行動を起こさないままでは、いつまで経っても働きたくないという気持ちは続くでしょうし、働くこともできません。少々荒療治ですが、働きたくないという気持ちがあっても、行動に移してみるようにしましょう。 いきなり企業の求人情報に応募するのは、ハードルが高いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。 そのような場合は、求人情報を探したり、閲覧したりしてみるところからスタートしましょう。 企業への応募など、いきなり目標を高く設定してしまうと、行動するのも億劫になりますし、目標を達成するのが難しくなってしまいます。 しかし、「求人情報の閲覧」「求職活動についての情報収集」など、ステップを踏んで少しずつ行動に移していけば、目標も達成しやすいので、働く意欲が持てない状態でも、行動に移したくなりますよ。

働きたくないという気持ちを抑えるコツ

また、生活の為に働いてはいるものの、働きたくないという気持ちを抱いている方も、少なくないと思います。毎日働いていれば、「働きたくない」と思ってしまう日や時間があっても、おかしくはないでしょう。 しかし、そのような気持ちを抱えたまま働くのは、なかなか辛いものですよね。 そこで、「働きたくない」という気持ちを抑えたり、弱めたりする方法について、考えていきたいと思います。

仕事のことを一旦忘れる

「働きたくない」という気持ちが強くなったり、頻繁に「働きたくない」という心理になったりする時は、仕事のことを一切考えない時間や日を作ってみましょう。 オフの時間やプライベートな時間になったら、仕事に関することは一切考えないのです。 どうしても、仕事の連絡などが気になってしまうという場合は、仕事に影響が出ない範囲で、スマートフォンを見ないようにしたり、SNSなどからも遠ざかってみたりすることも有効です。ひたすら趣味に励んだり、仕事のことを忘れて何かに打ち込んだりすることで、心身ともにリフレッシュでき、「働きたくない」という気持ちを弱めることができるかもしれません。

適度に断るようにする

「働きたくない」という気持ちが強い時は、無理に残業をしたり、他人の仕事を手伝ったりしないようにすることも大切です。もし、働きたくないという気持ちが強い時に、残業や仕事を頼まれた場合は、自分に責任のないことや大きな問題にならなそうなことであれば、断ってしまいましょう。 断るのは、なかなか勇気が必要なことかもしれませんね。 しかし、時には断る勇気を持つことで、「働きたくない」という気持ちをそれ以上大きなものにせずに済むかもしれませんよ。

「働きたくない」心理と上手く向き合うことが大切

いかがでしたでしょうか?今回は「働きたくない」という心理に注目して、ケース別に働きたくないと感じてしまう原因や、働きたくないという気持ちからの脱出方法などをご紹介しました。働くことは、不自由なことでもあり、また時には理不尽なことでもあります。辛いこともあり、「働きたくない」という気持ちは、誰もが抱いているものでしょう。 しかし、人は働かずには生活を送れません。生活の為、そして自分の人生の為にも、働くことは必要なことでもあります。 「働きたくない」という気持ちと上手く向き合って、自分に合った働き方やライフスタイルを見つけることが大切です。

関連タグ

アクセスランキング