IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

定年退職者への一言メッセージのポイントと文例

退職

定年退職を迎える上司へのメッセージ、どんな風に書けばいいのか悩んでしまう方は、非常に多いと思います。本記事では、上司の心をつかむメッセージを贈るためのポイントをまとめました。あなたの勤め先に、もうすぐ定年退職する上司がいらっしゃる方は必見です!

更新日時:

心をつかむ定年退職される方へのメッセージのポイント

定年退職をされて第2の人生を歩みだす上司へ送るメッセージ・贈る言葉はどういったものが良いのでしょうか?まずは、定年退職者へのメッセージ・贈る言葉を考える前のポイントについて見ていきましょう。定年退職者へのメッセージ・贈る言葉として、「これだけは!」といった点は必ず押さえておくべきでしょう。

定年退職される方へのメッセージには感謝とエピソードが大切

定年退職をされる上司に対して、お祝いの言葉や今までの感謝の気もちを述べる点は、誰しも共通しているはず。逆にいうと、定年退職される方へのメッセージはただ感謝の気持ちを贈る言葉にしただけでは、定年退職者に印象には残りません。

定年退職する上司とのエピソードを含めたメッセージに

定年退職という人生の節目に、たくさんの事を思い出してもらえる様に、必ず定年退職者とのエピソードを含めたメッセージにすると、定年退職する上司も感慨深くなり良い思い出に残してくれるはずです。

定年退職される上司へのメッセージ・贈る言葉には感謝と労いの言葉入れる

繰り返しになりますが、メッセージ・贈る言葉に必要なのは感謝の気持ちです。そして、退任する社長に長年の功績を称える労いの言葉をかけましょう。上記で述べたように「感謝の気持ち+エピソード」というスタイルで贈るのがベストと言えるでしょう。

定年退職される上司へのメッセージの構成

定年退職する上司への贈る言葉・メッセージとしては、上記で述べたように「感謝の気持ち+エピソード」というスタイルで贈るのがベストと言えるでしょう。ここでは、基本的な定年退職する上司へのメッセージの文例をまとめてみました。これらのメッセージに、あなたと上司の特別なエピソードを絡めて「贈る言葉」として、定年退職する上司を送り出すようにしましょう。

定年退職の祝いのメッセージを作るにあたって抑えておくべき具体的な3つのポイント

上記でも述べたように、定年退職祝いに贈る言葉・メッセージ・はなむけの言葉の作り方と文例についてみていきます。はじめに定年退職者への退職祝いのメッセージ・贈る言葉を作るポイントです。 はなむけの言葉を作る際のポイントとはどのようなものでしょうか。定年退職は寂しい印象があります。でも、人生の再出発の機会であると考えれば、定年祝いは良い事と考えていいのではないでしょうか。

定年退職の祝いのメッセージには感謝の気持ちを込める

定年を迎える方へのメッセージ・贈る言葉・はなむけの言葉を書く際、相手との関係によって言葉を使い分けましょう!まずは上司に定年祝いをする場合から見ていきます。この際にはどのようなメッセージ・はなむけの言葉を送るのがふさわしいのでしょうか。 仕事を教えてくれたり育ててくれたり、励ましてくれたりした上司であれば、その感謝の気持ちをメッセージに乗せて余さず伝えたいところですよね。

定年退職という人生の再出発を祝うメッセージ内容にする

定年退職といっても、最近では、再就職をはじめ大学への再入学や趣味の研究、ボランティアなど精力的に活動を始める人が増えてきています。また、定年退職を迎えたら「あれもしたい、これもしたい」と来るべき新しい人生に、胸をふくらませていた方も意外といるものです。 定年退職を迎えたからといって老けこむには早いし、人生まだまだこれからです。お世話になった大切なあの人の新しい人生の門出を心の底から「おめでとう」とお祝いしてあげましょう。はなむけの言葉とともに定年祝いをします。

定年退職をされる方へのメッセージに「ありがとうごさいます」という言葉は必要不可欠

これは、お礼の手紙全般にいえることではありますが、退職する上司との過去を振り返り、印象に残っている場面を振り返らせ「ありがとうございます」と書き加えると気持ちが伝わります。そして、その思い出を共有できるきっかけにもなるでしょう。

定年退職される方へのメッセージ・贈る言葉を作成する際の注意点

メッセージ・贈る言葉を作成する際の注意点をみていきましょう。 (1)注意点:決してマイナスになる内容にしないメッセージ・贈る言葉には決してマイナスになる内容は書かないように注意しましょう。気持ちよく送り出すという気持ちが重要です。 (2)注意点:目上のため「ご退職」という言葉を使う目上の上司へのメッセージには「ご退職」という言葉を使いましょう。「ご退職」は普段使わない言葉ですが、目上なので「ご退職」を使います。 (3)注意点:ビジネスマナーとして上司への手紙は書き出しに注意!上司へのお礼の手紙では、「お疲れ様でした」などの書き方はOKであり、「ご苦労様でした」は原則NGとされています。また、手紙の書き出しとしては「○○部○○課でご指導頂きました○○です。今でも、○○課長にご指導頂いておりました日々を昨日のことのように思い起こすことがあります。このたびは……」といったような書き出しになりますので、注意が必要です。もちろん、退職者への手紙を贈る上司との関係性によって異なってきますが、これは感謝の手紙の基本的な形として覚えておくべき点です。

定年退職される方には「形に残る」手紙やメッセージカードなどが一番

上司などの退職者へのお礼や手紙には、お世話になった事柄を具体的に述べ、感謝の気持ちを伝えることで、当時を思い出し感慨深い真心のこもった感謝の手紙に仕上げたいものですよね。お世話になった人への手紙というのは、もらった側はずっと残しておくものです。在職中の思い出として、その人の心にも残るため「形に残るもの」として手紙を渡すのは、退職する人への感謝を表すときにオススメの送り出し方なのです。 また、お花などお礼の品に一言カードに書いてお渡しするのも良いのではないでしょうか。上司だけではなく定年退職される先生方には寄せ書きにすると周囲からの感謝の気持ちがより一層温かく感じるのではないでしょうか。

定年退職される方へのお礼文、一言メッセージの文例

■この度は定年退職おめでとうございます。今後のご活躍とご健勝をお祈り致します。 ■在職中は色々とお世話になりました。ありがとうございました。 ■今まで本当にお世話になりました。今後ともよろしくお願いします。 ■本当にお世話になりました。 今後の人生にご多幸がありますように、 祈りを込めてこのお花を贈らせて頂きます。ご退職おめでとうございます。 ■これまでのご功労に敬意を表します。誠にお疲れさまでございました。 公私にわたり一方ならぬご厚情とご指導を賜りましたこと、 厚く御礼申し上げます。 今後、益々のご健勝と末永いご多幸を心よりお祈り申し上げます。 ■◯◯さん。長い間お世話になりました。長年のご功労に敬意を表し、改めてお礼を申し上げます。◯◯さんのご退職に際し、他の部署の方も話題にされることが多く、◯◯さんの存在を大きく感じております。特に、◯◯さんのご指導により、私は◯◯を身に付けることができました。始めは中々うまくできず、◯◯さんにはご心配をおかけすることも多かったこと思いますが教えていただいた◯◯を今後も続けて、次は私が部下や後輩に教えることができるようになりたいと考えています。ご退職後は、ぜひご自身の夢を実現されますようお祈りします。今までありがとうございました。 ■ご定年おめでとうございます。長年にわたりご指導頂き、感謝申し上げます。 これからは、趣味や旅行などでお楽しみいただいて、 これまで以上に元気で充実した日々をお過ごしください。 ■◯◯さん、長年のご勤務大変お疲れさまでした。◯◯さんは◯◯部にはなくてならない方で、ベテランの○○さんがいらっしゃるので、若手も気が引き締まり、仕事に集中することができていました。また、上長が不在でわからないことがあるときには、◯◯さんがさりげなく指示をされ責任も持って下さることで、仕事を滞りなく進めることが出来ていました。縁の下の力持ちである◯◯さんとお別れするは大変悲しく、辛いことですが、私たちも◯◯さんのように仕事ができるよう、頑張りたいと思います。これまで本当にお疲れ様でした。 ■永年にわたるご功績に心から敬意を表します。 これからのご健康とご活躍をお祈り致します。

メッセージは定年退職される方がポジティブになれるように

定年退職祝いに贈る言葉・メッセージの作り方と文例についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?転職する人が多い昨今、定年まで勤めを果たすのは素晴らしいです。退職してしまうとしばらくは会う機会もなくなるかもしれませんので、是非悔いのないように、日ごろの感謝と尊敬の気持ちを持って、ここで紹介した文例を参考に、今後の前途を祝福するお祝いのメッセージ・贈る言葉を作りましょう。文例はあくまで参考程度に収めておいて、なるべくオリジナルのはなむけの言葉にするのが大事です。

もっと詳しく知りたい方はこちらをオススメ

お祝いやお世話になった人にたいして、ありがとうと伝えることはとても大切です。 どんな言い方や手紙の書き方がいいのか、迷われる方はこちらを参考にすると迷わずに済みます!

お礼の手紙・はがきの書き方文例―感謝の気持ちをしっかり伝える (基本がすぐわかるマナーBOOKS)
お礼の手紙・はがきの書き方文例―感謝の気持ちをしっかり伝える (基本がすぐわかるマナーBOOKS)

関連タグ

アクセスランキング