IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「医療事務」資格一覧・難易度比較・資格なしでも医療事務になれる?

資格・検定

医療事務と言う資格名を良く耳にしますが、実は、医療事務の資格はいくつもの種類があります。ここでは医療事務の資格一覧とそれらの資格別難易度の比較、また、独学でも資格取得は可能なのか、資格なしでも医療事務になれるかと言ったことと、資格の取得方法について解説します。

更新日時:

医療事務とは

医療事務とは病院や調剤薬局などの受付で訪れる患者さんの対応や医療費や薬などの計算業務を行う仕事です。仕事の内容は概ね次の4つになります。 1. 医療機関では line した患者さんの受付を行い初診の西の問診票の記入や保険証の確認最新の手続きなどを行い、必要であれば診察券の発行もします。 2.患者さんから提示された保険証などの情報の確認と診察の内容のデータをカルテに記入します。記入後はそのカルテの整理を行い、必要な場合に探し出せる様に所定の場所に整理します。最近ではパソコンを使用してのカルテの管理なども行われているので、必要に応じてデータなどの整理も行います。 3. 診察や治療が終わった患者さんの医療費を計算し、精算を行います。 4.患者さんが加入している社会保険や健康保険へ診療費用を請求するために 診療報酬明細書(レセプト)と言う書類をを作ります。 これらの作業の内、医療費の計算と診療報酬明細書の作成は専門的な知識を求められることもあり、医療事務の関わる重要な仕事となります。また、医療事務は患者さんが病院へ訪れて最初に会うスタッフ、言わば、始めて病院の顔であるとも言えるのです。

医療事務の資格一覧

医療事務には数多くの資格が存在します。介護事務や調剤事務などの業務地に特化した資格の他、診療情報データの分析や活用を目的とした資格など目的により資格の内容も様々です。 多くの資格が生まれた背景としては、医療事務は国家資格という位置付けではないので、目的に応じて色々な資格が細分化して生まれてきたのではないでしょうか?ここでは、これから医療事務の資格を学ぶ人の為に、基本的な資格を中心にご紹介して行きます。 診療報酬請求事務能力認定試験 医療報酬請求事務に従事する者の資質の向上を図ることを目的として創設された資格です。知名度も高く、実務経験など特別な受験資格も必要がないことから、医療事務の資格を取得する上ではとっておきたい資格の一つといえます。 医療秘書技能検定試験 医療秘書としての実務上のマナーの他、医療関連法規や医学用語などの医学的な基礎知識を学ぶことができる資格です。受験に際しては実務経験などの特別な受験資格も必要はありません。 医療情報実務能力検定試験 医療保険や診療報酬、医療法規などの基礎知識やカルテの入力、レセプトの作成など、医療事務の知識や実務レベルをはかる試験です。一級と二級の種類があり一級は二級の合格者が受験することができるので、レベルアップをしながら知識を深めていることができます。また、受験に際しては特に資格を必要とせず、在宅でも受験も可能なことから、独学で知識を深めて受験をするには良い資格と言えます。 医療事務管理士技能認定試験 毎年4万人近くが受験し、今まで40年近い実績を持つ医療事務の資格です。仕事の現場での、患者の受付、診療費用の計算や診療報酬明細書の作成からカルテの管理などの医療事務全般に渡っての知識・スキルを持つことが必要とされる資格です。合格者には「医療事務管理士」の称号が付与されます。

資格別難易度の比較

「診療報酬請求事務能力検定試験」と「医療秘書技能検定試験」などは特に受験資格が設けられていなく、誰でも資格を取得することができます。 医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)、日本医師会医療秘書認定試験など、指定の養成機関での単位を取得することが条件であったり、認定が必要で あったりする資格も ありますので、効率よく知識を取得するためにも幅広く受験が可能な近くを選択することが良いのではないでしょうか。

独学でも資格取得は可能?

学校や通信教育などを使わずに独学で 資格を取得するのであれば、「診療報酬請求事務能力検定試験」と「医療秘書技能検定試験」の2つがおすすめです。こちらの資格も知名度が高く、参考書や問題集などの資料も豊富に出回っています。また受験資格も特に設けられていないため、自分のスケジュールに合わせて勉強をして合格を目指すことができます。

資格なしでも医療事務になれる?

企業の受付などの一般事務と医療事務を比較した場合、受付や電話でのお客様対応や案内などについての業務には、問診票などの書類の扱いはありますが、大きな違いはありません。 しかし、医療事務の場合は受付業務に加えて、心理お冷薬剤師などの料金の計算を行い、 規定に従い、医療報酬の点数に直す作業があります。また患者さんとの会計終了後、指定された期日までに社会保険や健康保険などの保険期間へ診療報酬明細書を作成し提出しなければならないという仕事があります。 これらは特別な知識を必要とする業務なので、医療事務の資格を持っていた方が、スムーズに仕事を進めることができます。特に初めて医療事務に就職する場合は、基本的な知識があるのとないのでは仕事の進め方 や実務の理解に差が出てくる事もあるでしょう。同じ未経験であれば、資格のある方が有利となるのではないでしょうか?

資格の取得方法

医療事務の資格には、独学での勉強で取得が可能なものから、実習や実務などの経験が必要なものまで様々あります。まずは基本的な資格を取得してからステップアップ為ていくのが良いのではないでしょうか?

独学での取得

参考書や過去の試験問題などを購入して、独学で学習することも可能です。学習を続けるモチベーションを維持するという課題がありますが、薬に目的が しっかりとしている場合は金銭もかからず自分のスケジュールの都合に合わせて勉強することができる方法です。

学校への通学

学校で同じ資格を目指す仲間と共に勉強するというのも一つの方法です。独学に比べるとお金がかかるという点や、授業の時間によってスケジュールが制限されると言うことはあります。 しかし、周りに仲間がいるということと、 決められた授業に参加しなければいけないということで、モチベーションを保ちやすいという利点があります。また担当の講師に、わからないところを納得するまで質問ができる点も助かることの一つでしょう。

通信教育で学ぶ

現在では通信教育でも各種の医療事務を学ぶことができます。学校への通学に比べて、自分の好きな時間に自分のペースで勉強ができ、や不明点を 担当者にメールや手紙で質問をすることもできます。独学と通学での学習の良い所を合わせ持っている楽章方法と言えるでしょう。仕事や家事などで、決まった時間が取れない場合などには、最適な方法です。

職業訓練の受講

各都道府県では、ハローワークを窓口にして、主に離職者を対象にした職業訓練を行っています。 医療事務の講座もコースの中に設定されていて、数ヶ月の通学で医療事務の資格を取得することができます。訓練にかかる費用もテキスト代のみなど リーズナブルな子供特徴です。

給付制度の活用

仕事に対するスキルアップを目的として勉強に対して補助を行う「一般教育訓練給付制度」 という制度があります。これは在職者、求職者のどちらも対象にしており、 厚生労働大臣の指定する数ヶ月の職業訓練講座をを受講して卒業する事で、受講の為にかかった費用を助成してもらうことができます。コースの内容は通学コースと通信コースがあり、自分の都合により選ぶことができます。

資格取得でスキルアップを

医療事務を仕事として目指す上で、資格の取得は必ずしも必要ではありません。しかし、現場では、医学的な用語や基礎知識の把握、カルテやレセプトの 雲の流れと言ったことを把握しておくだけで仕事の把握が早くなる可能性が高いのです。同じ未経験であれば、有資格者と資格のない応募者のどちらを採用するかは明白です。 とは言え、今まで経験のない医療事務について学習を進めていくのは、モチベーションの維持も含めて大変です。また、通学や通信教育などの受講費用なども馬鹿になりません。国の補助制度なども利用して、自分のスケジュールに合わせて資格取得を目指しましょう。

医療事務の資格を取ろう!

BrushUP学びには、医療事務で働くための情報がたくさん載っています。全国各地の教室を検索できたり、通信講座の資料請求もできます。資格の試験データや、出題形式、合格率など、さまざまな情報が盛りだくさんですので、ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。

転職に有利になる資格を知っていますか?

転職を有利に進めるために資格を取得する方が多いですが、資格を取得してから転職活動をしようと考えてはいないでしょうか。 ・取得した資格が希望の職場や職種で有利に働かなかった ・転職の場合は資格以外にも必要なスキルや経験があった ・取得した資格以外にも実は取得したほうがいい資格があった 転職活動を始めてから気づいて後悔することもしばしば。事前に防げる後悔をする前に、転職エージェントへ「転職のために必要な資格は何か」を相談することをおすすめします。 中でも「doda(デューダ)エージェント」は、国内最大級の転職支援数があるため、企業が求めている資格やスキルを正確に教えてくれますよ。無料で相談できます。

関連タグ

アクセスランキング