IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【英語面接対策】自己紹介/志望動機/よくある質問の答え方の例

初回公開日:2017年02月04日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2017年02月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活の面接

海外の企業や、海外で働きたいときに通らなければいけない英語面接という難関。英語と聞くだけで、嫌になってしまったり、難しそうだなと感じるでしょう。しかし、押さえるべきポイントをしっかり押さえて準備をすれば、英語面接はさほど難しくないかもしれません。

1分でわかるこの記事の要約
  • 英語面接では丁寧な英語を使うことを心掛ける
  • 経歴と何を学んだか、それらをどう仕事で役立てられるかを伝える
  • 英語力を意識しすぎず、伝えることを第一にする

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

英語面接?普通の英会話との違いは?

英語が日常会話レベルに話せる人にとっては、「英会話と英語面接って何が違うの?」と思う方もいるかと思います。 しかし、英語面接をするということは、オフィシャルな場で英語を話すということ。まず、正しく丁寧な英語を心がける必要があります。 仕事で英語を使ったことが少ない方は、英語面接に特化した対策をしておきましょう。1人で対策をするのが難しい場合は、「JACリクルートメント」のサポート利用をおすすめします。外資・グローバル企業専門の転職エージェントで、英語履歴書などのサポートも行っています。

英語で敬語を使う?

英語に敬語はないから気にする必要ないと思っていませんか?いいえ、たとえ敬語という概念はなくても、丁寧な英語とカジュアルな英語の違いはあるんです。 もちろん、英語面接で使うべきは丁寧な英語です。ここでは、丁寧な英語とカジュアルな英語を比べてみましょう。 ・初めて会った人に対する挨拶 カジュアル...Hi, I'm Cathy Grace. Nice to meet you. 丁寧...My name is Cathy Grace. Pleased to meet you. まず、Hiという挨拶はよく使いますが、丁寧な英語というよりは、とてもカジュアルな挨拶なので、英語面接の場では控えた方が良いでしょう。また、My name is ~~~という表現より、普段はI'm ~~~の方が使うと思いますが、より丁寧なのは、My name is ~~~なので英語面接ではこちらを使った方がより丁寧な表現ができます。 そして、名前を名乗るときも、Given nameのみでなく、Family nameも含めたfull nameを言いましょう。Nice to meet you よりも、Pleased to meet youのを用いた方がいい理由も同じです。

相手の言ったことをもう一度聞き直したい場合

日常的な英語では、相手がいたことがイマイチわからなかったり、もう一度聞きたい時は、「Pardon?」や「Sorry?」などを使うことが多いかと思います。 しかし英語面接のようなオフィシャルな場では代わりに「Could you say that again, please?」というと、より相手に丁寧で礼儀正しい印象を与えることができるでしょう。 面接の方法や履歴書の書き方など、就活に関する不安な部分は、新卒エージェントに相談してみるのもいいでしょう。今後のキャリアについて相談したり、あなたに合った求人を紹介してくれるかもしれません。

自己紹介の仕方と例文

ここでは自己紹介の仕方と例文を紹介します。

自己紹介で大切なこと

まずは、言うまでもなく名前をしっかり名乗りましょう。それから、経歴を話す場合は、しっかりと時系列に従って話しましょう。 例えば、二年前のことを話してから、四年前はどうしてたかという流れで話すのは相手を混乱させる可能性があります。どこで何年間何をして、その後どこで...というようにしっかり時の流れに沿って話しましょう。 それから、学歴について話す場合は、特に大学に関しては、ただ大学を卒業したということだけを伝えるのではなく、そこで何を学び、それが今どんな点で自分の人生に影響を及ぼしているかを具体的に話しましょう。

自己紹介の例文

以下は英語面接における自己紹介の例文です。 My name is Cathy Grace. Pleased to meet you. First of all, thank you very much to give me this opportunity for manager position. I graduated from Tokyo University in 2008. My major was economics and I especially studied about political economics. What I learned there is clearly related with my career. I had worked for ~~~bank in Japan for 6 years. After that, I have worked for ~~~bank in Japan for 3 years as a manager. Since I have worked for banks for 9 years in total, I think I will be able to play a good role in your bank. このように、名前を名乗った後、面接に対する感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。そして、学歴からつなげるようにキャリアに話すとわかりやすいです。 これは、あくまで例文なので、自分の学歴やキャリア、先方に伝えたいことなどに合わせて、オリジナリティーを出していきましょう。

自分の強みを伝えるために必須な"自己PR"

まずは自分の良いところを十分に伝えるために必要な"自己PR"を固めて面接に望みましょう。こちらは2分ほどで登録ができ、自己PRの他にも"面接対策の情報やリアルな選考情報"などを見ることが可能です。 まず先に自己PRをまとめ、それを英文で伝えることが出来れば最高の強みになると思います。気になる方はぜひ活用してみてください。

よくある質問と回答例

英語面接で、よくある質問と回答例をご紹介します。

人生観についての質問

"Tell me about your philosophy" 英語面接でよく聞かれる「あなたの人生観について教えてください」という質問です。 これに対しては、"What is the most important thing in my life is to be helpful for people in poor country" など、自分が大切に思うことや、人生で目指しているゴールなどを話しましょう。

なぜ転職するかについての質問

"Why do you want to change jobs?" これも英語面接でよく聞かれる「なぜあなたは転職したいのですか?」という質問です。 これに対しては、"Because I want to work not only for Japanese but also for people around the world" など転職したい理由を明確に表現するようにしましょう。

志望動機について

英語面接を受けるということは、海外で働きたいと考えている人がメインだと思いますが、志望動機は難しいと感じる方が多いです。なぜなら、答えが人それぞれで、あまり他の人の回答を参考にして準備できないからです。 しかし、この質問で大切なのは、自分がどのような点でこの仕事に貢献できるかを伝えることと、その国や場所がどれだけ好きかを合わせて相手に伝えることです。以下は一つの回答例です。 I have worked in two Japanese publish companies for 9 years in total. When I found this job, I thought that this is exactly what I want to do in my entire life, or playing the role of bridge between Japan and America by publishing magazines. If I get this job, I will be able to use my knowledge about Japan and translate Japanese information or articles into English. In addition to that, I have lived in New York for 10 years.When I visited here for the first time, every people in my workplace looks like they are important for the world and I would like to be a part of them. Moreover, as this city is very international, it will give me good inspirations for my life. 志望動機を上手にまとめる方法をプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

JACリクルートメント」では、大手転職エージェントなどと同じく、志望動機や面接のサポートを受けることができます。外資転職を目指すなら必ず登録しておきましょう。

英語面接対策にオススメの本

英語面接対策に本を探している方には、以下の本がおすすめです。

また、英語で話す機会を身につけることも大切です。 おすすめの英会話スクール比較ラボでは、はじめてのひとにおすすめの英会話スクールをまとめた記事をはじめとして、有益な情報を提供しています。 有名なPROGRITの口コミ記事も参考になるので、ぜひ読むことをおすすめします。

英語面接で一番大切なのは伝えようとする気持ち

この記事のまとめ
  • 英語面接では丁寧な英語を使うことを心掛ける
  • 経歴と何を学んだか、どう仕事で役立てられるかを伝える
  • 英語力を意識しすぎず、伝えることを第一にする

英語面接と聞いただけで緊張してしまう方もいるかと思いますが、大切なのは、自分について伝えようとする気持ちです。英語力も必要ですが、それ以上に、自分の仕事に対するパッションをしっかりと相手が受け取ってくれるように、しっかりと準備をしましょう。 今の仕事で普段から英語を使っているのでなければ、絶対に何度か練習をする必要があります。転職エージェントの無料サービスを活用しましょう。マイナビエージェント」や「JACリクルートメント」がおすすめです。

関連タグ

アクセスランキング