IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

年代別におすすめなおしゃれレディーススーツブランド12選

ビジネスファッション

近年減少傾向にあるとはいえ、ビジネススーツを着用しなくてはいけない職場はまだまだあります。レディースのビジネススーツは年代によっても似合うものが変わってくるので、年代に合うレディースブランドのスーツを着用することで印象もアップします。

更新日時:

レディーススーツの着こなし方

レディーススーツの着こなし方

最近はオフィスカジュアルも普及してきて、特に女性はカジュアルなスタイルで働ける職場も多くなってきました。しかしまだまだスーツを着用という職場もあります。 またスーツの着用を求められる職場というのは、社外のクライアントに接する機会も多いもの。きちんとした身だしなみや、おしゃれな印象は交渉相手の好印象を得られやすく、仕事の成績向上にも役立つ可能性が高くなります。

レディーススーツの基本マナー5つ

スーツには、着こなしのマナーがあります。サイズの合わせ方や、場面に合わせたスーツ選びは大切なポイントです。TPOに合わせたスーツを着ることで、恥ずかしい思いをする事が無くなりますし、相手に好印象を持つ可能性もあります。 仕事中に恥をかかないためにも、マナーに沿ってスマートな着こなしをしたい方はご一読ください。

レディーススーツの基本マナー1:大事なシーンはジャケット着用

夏の時期は暑いため、ジャケットを脱いで仕事をしたくなりますが、商談で人に会ったりと、仕事上で重要になる場面では、ジャケットを着用して正式な感じやきちんとした印象を先方に与え流のがおすすめです。 どうしても暑い場合は、七分袖のスーツがおすすめ。袖が短い分、涼しく過ごせます。長袖以外はNGな職場を除き、軽くて清涼感のあるクールビズ対応の七分袖ジャケットのスーツがおすすめです。

レディーススーツの基本マナー2:座った時のスカート丈

スーツスタイルでのスカート丈は、立っている時には『膝が半分』くらい隠れる丈、着席時には『膝上10㎝』以内を目安にしましょう。これがオーソドックスなスーツスタイルのスカート丈です。 また、着席時のスカート丈の長さにも気をつけましょう。スカート丈が短すぎると、横ジワがついてしまうので、丈の長さと同時に全体的なゆとりにも、気をつけましょう。

レディーススーツの基本マナー3:ジャケットのボタンはしめる

女性のスーツジャケットは、ボタンをしめる事がマナーになっています。立っている時も座る時もすべてのボタンをしめます。 男性の場合は、座った時にはすべて開ける事や、立っている時は一番下のボタンを開けるなど状況によって変化しますが、女性の場合はいつでも【しめる】のが正解です。スーツによって、ボタンが1つから3つのジャケットがありますが、すべて閉じましょう。

レディーススーツの基本マナー4:インナーはシャツ

インナーの基本はシャツで、カジュアルになるにつれて、ブラウスやニット、カットソーなどがあります。 ネクタイをつけない女性のスーツの着こなしでは、ブラウスのボタンは1、2つあけるのが基本ですが、ファッションの観点では、全部止める着こなしもある、と言えます。職場環境や職種により大きく異なります。

レディーススーツの基本マナー5:クールビズ

女性のクールビズは男性よりも自由度が高いです。ビジネスシーンですから、露出を抑えてくだけすぎないようにしましょう。ハイネックのノースリーブトップスなどは職場によってはOKの場合も。 少しドレスコード堅めの場合、ジャケットなしでシャツやブラウス1枚で出勤する場合もあります。黒や紺のシャツか、もしくは、ストライプなどの柄も夏向きです。

女性用スーツの選び方5つ

オフィススタイルのカジュアル化が進んでいるとはいえ、スーツを着なければいけないシーンは多いものです。オフィシャルなシーンで活躍するスーツは働く女性の勝負服。 でもそのマナーを知らない方は意外と多いのでは?ここでは抑えておきたいスーツのマナーをもとに、レディーススーツの選び方をご紹介していきます。

女性用スーツの選び方1:色はグレーやブラックが基本

最近はカジュアル化が進んでいるため、様々なカラーがありますが、ベーシックなカラーは黒と紺、グレーがキホンですが、最近は、黒がやや下火となり、紺とグレーが優勢です。 また、華やかな女性特有の素材のタイプですと、黒、紺、グレーに外にも白、ベージュ、上級者にはキャメルもおすすめです。入社1、2年目は、ベーシックな色を選ぶといいでしょう。

女性用スーツの選び方2:ジャケットはぴったりサイズに

レディーススーツのジャケットを選ぶ時には肩幅と着丈、次に袖丈が重要です。スーツのサイズ感に関しては、プロであるお店の人々は上手にジャストサイズを選んでくれます。また、最近は家で洗えるスーツなどもあります。素材や扱い方も一緒に聞いておきましょう。 レディーススーツ選びに慣れていない場合は、スーツを扱っている店で相談しながら決めていくのが失敗しない購入方法です。

女性用スーツの選び方3:ボトムスはジャケットと合わせて

パンツの長さは時代により流れがありますが、一般的に近年は短めとなっています。流行のくるぶしから5cmほど短めにするのがオススメです。シルエットもワイドよりテーパードした細身になってきましたが、逆に、ワイドシルエットが復活もしてきています。 スーツに合わせるスカートは、短すぎないタイトスカートが基本です。最近は、やや広がっているシルエットも人気です。

女性用スーツの選び方4:ボトムスに合ったベルトを

ベルトの色は、ボトムスの色に合わせるのが基本です。また、スーツの色と同じような色がない場合は、靴やバッグなどの色と合わせると、全体に統一感が生まれます。 派手なデザインですとベルトが浮いて見えるので、シンプルで全体の色に合わせることが大切です。ベルトや太さによっても、雰囲気が違うので、自分にあった太さを選びましょう。

女性用スーツの選び方5:靴はベルトの色に合わせる

靴の色は、スーツやベルトの色に合わせるのが基本です。靴のみ違う色を選んでしまうととても目立ってしまいますので、靴だけ違う色を選ぶのは避けましょう。 また、靴は「靴だけで印象が変わる」と言われるほど重要なアイテムとなります。靴に関しては値段に妥協せず、いいもの買っておいたほうがいいと考えられます。汚れた際はお手入れもしっかりしましょう。

20代におすすめなレディーススーツブランド4つ

20代女性は社会に出てからまだ間もなく、貫禄よりも機敏に動けるイメージを前面に出していった方が好印象を得られやすいです。 布の素材や柄もシンプルなものにして、色は黒や紺、グレー、ベージュといった前に出すぎない色彩にするといいでしょう。 職場の雰囲気にもよりますが、ふわふわとした素材の服やピンクや白などの服装よりもすっきりとまとまったスタイルと、落ち着いた色彩の方が好感度が上がりやすいです。

20代におすすめなレディーススーツブランド1:UNTITLED

(アンタイトル) UNTITLED ストレッチセンタープレスパンツ 15366421 03(L) ネイビー(093)
(アンタイトル) UNTITLED ストレッチセンタープレスパンツ 15366421 03(L) ネイビー(093)

20代におすすめなレディーススーツブランド1つ目は、UNTITLEDです。 アパレルメーカー大手の「ワールド」が展開するレディースブランドのひとつで、20代後半をターゲットにした商品が多く提供されています。 シルエットが美しく主張しすぎないおしゃれなデザインのため、あらゆる場面に着用していくことができ便利です。

20代におすすめなレディーススーツブランド2:INDIVI

(インディヴィ) INDIVI [L]【マシンウォッシュ】ジャケット+ブラウス+パンツ セットアップ 12756723 44(4L) ブラック(019)
(インディヴィ) INDIVI [L]【マシンウォッシュ】ジャケット+ブラウス+パンツ セットアップ 12756723 44(4L) ブラック(019)

20代におすすめなレディーススーツブランド2つ目は、INDIVI(インディヴィ)です。 こちらも「ワールド」が展開しているレディースブランドのひとつで、UNTITLEDよりは少しカジュアルなイメージで、コンサバでありながらもカジュアルでも着こなすことができます。 20代後半から30代前半がメインターゲットで、おしゃれで落ち着いた素敵な印象を与えるデザインの商品が多いレディーススーツのブランドです。

20代におすすめなレディーススーツブランド3:ICB

アイシービー(ICB) 【汗染み防止加工】Mockrody パンツ【ミックスグレー系/2】
アイシービー(ICB) 【汗染み防止加工】Mockrody パンツ【ミックスグレー系/2】

20代におすすめなレディーススーツブランド3つ目は、ICB(アイシービー)です。 大手アパレルメーカーの「オンワード樫山」から設立されたレディースブランドで、シャープかつモダンなデザインの商品が多く、かっこいいを目指したい女性に人気があります。 20代だけでなく30代でも上品に着こなすことができるので、キャリアウーマンや秘書などに人気を集めています。

20代におすすめなレディーススーツブランド4:NATURAL BEAUTY BASIC

[ナチュラルビューティーベーシック] ウォッシャブルサキソニーSET UP レディース 017-9155001 ネイビー 日本 L (日本サイズL相当)
[ナチュラルビューティーベーシック] ウォッシャブルサキソニーSET UP レディース 017-9155001 ネイビー 日本 L (日本サイズL相当)

20代におすすめなレディーススーツブランド4つ目は、NATURAL BEAUTY BASICです。 コスパとデザインが優秀なファッションブランドです。シンプルで女性らしいデザインが特徴で、着まわししやすいアイテムが多く提供されています。 今までより少し大人になっていきたい社会人におすすめなブランドなので、20代でばりばりに働きたいと思っているキャリアウーマンにおすすめです。

30代におすすめなレディーススーツブランド5つ

30代ともなるとそろそろ仕事も一通り覚え、人によっては責任あるポジションに就き始める時期です。機敏さや率直さよりも、落ち着きや判断力といった素養が求められるようになります。 服装はあまりカッチリとしすぎず、こなれた着こなしができると好感度が高くなるでしょう。 色彩もやや明るめにしても、シックで落ち着いたデザインをうまく着こなせるのであれば大丈夫。アクセサリーや小物、靴などにも気を配って大人の女性をアピールして、信用度を上げていきましょう。

30代におすすめなレディーススーツブランド1:INED

INED(イネド)(INED) 肩フリルワンピース【ネイビー/09】
INED(イネド)(INED) 肩フリルワンピース【ネイビー/09】

30代におすすめなレディーススーツブランド1つ目は、INEDです。 INED(イネド)はフランス語で「今までに無い」という意味です。素材が良く、高級感のある上品なデザインの服が多数販売されているレディースブランドです。 お値段もそれなりにしますが、オフィスカジュアルとして使用できるなど、さまざまなシーンでの着用が可能です。20代から30代を中心に人気があるレディースブランドです。

30代におすすめなレディーススーツブランド2:Theory

[セオリー] レディース ジャケット・ブルゾン Theory Brince B Good Wool Suit Jacket (N [並行輸入品]
[セオリー] レディース ジャケット・ブルゾン Theory Brince B Good Wool Suit Jacket (N [並行輸入品]

30代におすすめなレディーススーツブランド2つ目は、Theoryです。 着ている人の美しさを引き出すシンプルなデザインと計算されたラインが素晴らしいと評価の高いアメリカのレディースブランドです。黒や紺などの定番スーツを基本としています。 素材や縫製のレベルが高く、お値段はそれなりにしますが、着心地や肌触りは大変良く上質で素敵なファッションを求める30代にはおすすめです。

30代におすすめなレディーススーツブランド3:Reflect

(リフレクト) Reflect 【洗える】ベルギーピケフレアスカート 10176055 13(LL) ネイビー(093)
(リフレクト) Reflect 【洗える】ベルギーピケフレアスカート 10176055 13(LL) ネイビー(093)

30代におすすめなレディーススーツブランド3つ目は、Reflectです。 30代は家庭を持つ人も増え、人によってそれぞれの人生を歩むようになっている時期です。Reflectは仕事、家事、育児にいそしむ女性たちにぴったりなおしゃれブランドです。 上品なシルエットと女性らしいやわらかさを大切にしたデザインで、程よいかわいさと大人っぽさを兼ね備えた商品が多く売られています。

30代におすすめなレディーススーツブランド4:自由区

自由区 フォーマル(JIYUKU FORMAL) 【ストレッチ素材】NOIE15平二重 ジャケット+ワンピース【ブラック系/44】
自由区 フォーマル(JIYUKU FORMAL) 【ストレッチ素材】NOIE15平二重 ジャケット+ワンピース【ブラック系/44】

30代におすすめなレディーススーツブランド4つ目は、自由区です。 白や黒を基調としたシンプルで上品な大人のデザインが特徴のレディースブランドです。ファスナーのデザインや裏地の見せ方、素材の質など細かいところにもこだわったブランドです。 ファッションに対して造詣が深まってきた30代後半の女性にも満足できる商品が多く提供されています。婦人やキャリアウーマンにはとっておきです。

30代におすすめなレディーススーツブランド5:23区

23区(NIJYUSANKU) 【洗える】HIGHT COMPACT JERSEY スカート【ライトグレー系/40】
23区(NIJYUSANKU) 【洗える】HIGHT COMPACT JERSEY スカート【ライトグレー系/40】

30代におすすめなレディーススーツブランド5つ目は、23区です。 上質な素材にこだわった服作りをモットーにしているレディースブランドです。シンプルかつベーシックな飽きのこないデザインで、上品かつ清楚な印象を与えることができるアイテムが数多く展開されています。 40代になっても着ることができるシルエットなので、婦人でも長く着ることができます。

40代・50代におすすめなレディーススーツブランド3つ

ずっと仕事を続けている女性の場合、40代や50代ともなれば重要な判断を求められる局面も増えてくる年代です。 部下に不安を与えないような行動や発言が求められ、ある程度動じない雰囲気を漂わせておく必要性が高まっている時期ではないでしょうか。 社内だけでなく社外のクライアントと会うときもそれなりの重厚感を求められる立場なので、ビジネススーツにも相応のお金をかけて素敵に着飾っておいたほうがいいでしょう。

40代・50代におすすめなレディーススーツブランド1:OLD ENGLAND

40代・50代におすすめなレディーススーツブランド1つ目は、OLD ENGLANDです。 正統派イギリススタイルを継承している高級レディースエレガントブランドのひとつです。 代表的なアイテムのひとつにダッフルコートがあり、高級感の漂うデザインと上質な素材、ハイレベルな縫製技術で仕上げられた一品は大人の女性として持っていたい憧れのアイテムでもあります。

40代・50代におすすめなレディーススーツブランド2:BURBERRY

(バーバリー) Burberry レディース アウター スーツ・ジャケット Patterdale wool and silk-blend jacket [並行輸入品]
(バーバリー) Burberry レディース アウター スーツ・ジャケット Patterdale wool and silk-blend jacket [並行輸入品]

40代・50代におすすめなレディーススーツブランド2つ目は、BURBERRYです。 150年以上の歴史を持つ老舗高級ハイブランドです。王室御用達の称号を持ち、世界中のセレブが着用しています。 品質の良いアイテムは手入れをしながら何年でも着続けたいアイテムです。1着持っていることで、周囲からの評価も高まります。キャリアウーマンにおすすめです。

40代・50代におすすめなレディーススーツブランド3:Paul Stuart

40代・50代におすすめなレディーススーツブランド3つ目は、Paul Stuartです。 正統派のニューヨークスタイルがおすすめのレディーススーツブランドです。シンプルかつ上品で飽きの来ないおしゃれなデザインです。 どんな服とも合わせやすく、良質な素材と仕立ての良さで着心地の良さを実感することができます。社会人として1着持っておくと素敵でしょう。

女性用パンツスーツのおすすめコーデ5つ

女性用スーツには、ボトムスがパンツスーツと、スカートスーツがあります。パンツスーツはスカートよりも動きやすいため、仕事が早いスマートな印象を与えることができます。 ITベンチャーなど、スピードが求められる職場の場合は、パンツのほうが印象良さそうです。たとえば、塾講師の普段着のスーツとしては、動きやすさを優先したパンツのほうが適しています。

女性用パンツスーツのおすすめコーデ1:グレースーツ×白の小物

グレーのスーツに白っぽいインナーやバッグ&靴を合わせると、清潔な印象を与えます。濃いグレーのスーツと白の組み合わせは、少しシャープで仕事ができるオンナ風に見え、明暗の対比効果で着やせ効果も。 中間~明るめのグレーと白の組み合わせは、清潔感とともにソフトな印象を作れます。特にインナーにシルクなどのとろみ素材を選ぶと柔らかで女性らしい雰囲気を感じさせます。

女性用パンツスーツのおすすめコーデ2:ネイビースーツ×ストライプシャツ

ノーカラーのネイビーのスーツにはマニッシュな太めストライプ&体が泳ぐゆるシルエットのシャツをチョイス。ゆるシャツをスーツのインナーにするときはボタンを上まできっちり留めてスマートに着こなしてみてください。 セットアップスーツとストライプシャツは商談や営業には定番のコーデなどで、初めての方にはおすすめのコーデです。

女性用パンツスーツのおすすめコーデ3:ネイビースーツ×白ハイネックシャツ

重要なビジネスシーンでは背筋がのびるスーツスタイルに。インナーを普通の白シャツではなく今季らしいハイネックシャツに更新。インナーや小物を自分らしくアレンジして、真面目になりがちなジャケパンを粋に着こなしてみましょう。 新プロジェクトの立ち上げ会議は背筋が伸びるジャケパンスタイルで。インナーを普通の白シャツではなく、今季らしいハイネックシャツに更新するのもおすすめです。

女性用パンツスーツのおすすめコーデ4:スーツ×白VネックTシャツ

上下セットスーツに、VネックのTシャツを合わせた爽やかなコーディネート。明るいカラーのシューズを合わせて清涼感がアップ。スーツスタイルに合わせやすいモノトーンカラーのバッグをチョイス。 スーツスタイルだけでなく、カジュアルなオフィススタイルにもマッチするコーデとなっているため最近流行りのオフィスカジュアルに適してます。

女性用パンツスーツのおすすめコーデ5:スーツ×白ニット

ジャケットはVネックのノーカラーが今旬。インナーの白ニットをきちんと見せて清涼感を漂わせつつ、ぐっとおしゃれで洗練された佇まいに。小物使いで今っぽさをプラスしてさらに好印象に。 ボトムをデニムに替えたカジュアルアレンジも、ジャケットをもつ楽しみのひとつとなります。ニットは普段図解にも使えるため、着回しに便利です。

女性用スカートスーツのおすすめコーデ5つ

過去の就活の歴史においては、スカートを履く女性が一般的だったため、スカートをはくことで協調性や真面目な感じの印象を与えることができます。役所や金融機関など、お堅い職場の場合は、スカートのほうが印象良さそうです。 面接官の年齢が、高めの場合は、スカートで行った方が好印象を与えられるかもしれませんので、面接時や、商談などはスカートの方が良いでしょう。

女性用スカートスーツのおすすめコーデ1:スーツ×白ブラウス

かっちりとしたダークトーンのフォーマルコーデはラインのきれいなスーツをチョイスして個性を演出してくれます。インナーはシフォンブラウスで女性らしさをプラス。さらにかっちりしたブラックのバッグを合わせて締め色に。 フェミニンなスーツスタイルに合わせることで、締め色としての効果を発揮してくれます。かっちりしたブラックのバッグも合いますのでおもつの方は是非使ってみてください。

女性用スカートスーツのおすすめコーデ2:スーツ×白ニッ

ネイビースーツは涼しげなニット素材や袖のボリューム感がおすすめ。インナーに白を合わせた可愛らしく上品なスタイル。バッグの色もネイビーで揃えたりするよワントーンコーデに。シュー合うはすこし明るめなものを選ぶと、爽やかに、明るい印象を与える事ができます。 可愛らしく上品なスタイルになるため、好印象が与えられます。

女性用スカートスーツのおすすめコーデ3:スーツ×ベージュニット

ブラックのスーツにベージュのニットを組み合わせるとエレガントな印象を与える事ができます。商談や、営業などで取引先へ伺う時にはかっちりしたフォルムのバッグを合わせて信頼感アップ。 男性からも女性からも、好印象なコーデになるので、迷ったらまずはこれを試してみて、と言えるくらいのおすすめのコーデになります。

女性用スカートスーツのおすすめコーデ4:スーツ×白ブラウス

シンプルなスカートスタイルを今年らしくアップデートするなら、ひざ下ロング丈のタイトスカートで大人っぽく見せられます。絶妙な淡めのグレーのジャケット×スカートには、インナーにツヤのある生地を選んで女っぽさを出すのもおすすめです。 大人っぽく、さらに女らしさを出したい方に一番おすすめできるコーデとなっています。

女性用スカートスーツのおすすめコーデ5:スーツ×白カットソー

爽やかなツイード素材のスーツとインナーのリブカットソーを組み合わせるのもおすすめ。スーツでのオールホワイトコーデは是非参考にしてください。 かっちりしたブラックのバッグなどを選ぶ事で、あえてフェミニンなスーツスタイルに合わせることで、締め色としての効果を発揮しています。さらにバンブーのハンドルを履くと辛口な印象をプラス。

スーツに合わせたいおすすめアイテム2つ

ここまで、レディーススーツに関するマナーや選び方、おすすめのコーデをご紹介してきましたが、レディーススーツにもう1つ、大事なアイテムがあります。それは【小物】です。 小物はバッグや、ベルト、シャツなど様々なものがあるますが、ここでは特におすすめのアイテムを詳しくご紹介していきます。

スーツに合わせたいおすすめアイテム1:バッグ

女性のビジネスバッグを選ぶための6つのポイントは、大きさ、軽さ、丈夫さ、デザインや色、持ち手の長さ、ポケットの数を意識して探すと良いでしょう。特に、色に関しては、着いたものでも、バッグのデザインは女性らしいものを選んでみてください。 大きさも重要で、A4サイズの書類を持ち歩く必要がある事が多いので意識しましょう。

スーツに合わせたいおすすめアイテム2:ベルト

ベルト幅も重要な要素。女性らしい着こなしに仕上げるには細身のものを選ぶのが鉄則です。幅のあるベルトはカジュアルないしはマニッシュな雰囲気になってしまうのでおすすめしません。 ビジネスシーンの装いでは、カジュアルなデザインや派手さのあるアイテムはNG。色はシルバーが無難ですが、デザインが派手なものでなければゴールドでもOK。なるべくフェミニンなテイストを感じさせる華奢な印象のものを。

女性用スーツを選ぶ時の注意点6つ

最近はオフィススタイルのカジュアル化が進み、どのようにして選べばいいかわからないという方が多いのではないでしょうか。どのようにして、服を選んでいるのかを職場の先輩や上司に聞くのも手段の1つですね。 時代の流れでカジュアル化が進み、スーツの選び方も多様化され、選ぶのが難しいとお思います。ここでは、最低限抑えておきたいレディーススーツの選び方をご紹介していきます。

女性用スーツを選ぶ時の注意点1:サイズ

少し大きめの方が動きやすて良いのではないか、と思う方もいるのではないでしょうか?、しかし、大きめのサイズを選んでしまうと、相手からだらしない印象を与えられてえしまう場合があります。 スーツのサイズは、ジャストサイズを選ぶことが重要です。自分にあったサイズを選ぶことで、相手に位一番良い印象を与えらることができます。

女性用スーツを選ぶ時の注意点2:基本は長袖で

スーツの基本は長袖です。暑い場合は腕まくりなどをしましょう。特に袖ボタンがついているジャケットは袖まくりをして裏地が見えてもよいような仕様になっています。ただし、袖まくりをした場合、インナーは見えない方が良いです。 最近はオフィスカジュアル化が進んでるため、企業によっては半袖でも良いところもあるかもしれません。上司に聞いたりなどして、情報収集もしてみましょう。

女性用スーツを選ぶ時の注意点3:露出が多い

スーツのインナーで気をつけたいのは、胸元の露出具合です。カットソーの場合は胸元の空き具合に注意しましょう。上体を折るお辞儀の姿勢の時に下着が見えてしまう事があります。 シャツ類の場合も、ボタンを開けた時に下着が見えないように、下着の形やボタンの開け具合に注意します。オフィスなどで着るインナーは、プライベートでの着方とは違う事を頭にいれておきましょう。

女性用スーツを選ぶ時の注意点4:派手すぎな小物

プライベートで使っているような、派手で目立つバッグはスーツに似合いません。仕事時には黒や茶色などのベーシックな色を選びましょう。書類が入るバッグですと使いやすく、ベーシックカラーなら複数のスーツに使えるので使い回しも利きます。 明らかにブランドものだとわかるバッグは、人目に留まりやすく、派手な印象を与えます。特にブランドのロゴマークが、大きく入っているようなバッグは避けましょう。

女性用スーツを選ぶ時の注意点5:タイツ

スーツスタイルには、スキントーンのストッキングを着用するのがマナーです。しかし寒い時期にはスカートですとタイツを着用したい気分になる事もあります。 色がオーソドックスな黒なら、良いと考えがちですが、営業で社外の人に会ったり、来客対応などでは、避けた方が無難です。特に黒スーツに黒タイツは、全身が黒に染まるので冠婚葬祭のイメージになり、オフィスには良くないです。

女性用スーツを選ぶ時の注意点6:フラットシューズ

仕事などのフォーマルな場では、爪先やかかとを見せるのは、マナー違反とされています。また、サンダルやミュールは階段などで音が出る事が多いのもマイナス点です。 オフィスでは、パンプスを履く事がマナーであり、ヒールは3cm以上は必要です。5~7cmくらいの高さですと脚が美しくエレガントに見えます。しっかりと、かかと部分に体重が乗る歩きやすいパンプスを選びましょう。

最低限のマナーを知って楽しいスーツコーデを!

仕事場での服装は職場や職種にもよりますが、対外的な対応が多かったりオフィスでクライアントに接する機会がある場合はそれなりの格好をいつもしておくと、突然のチャンスをがっちりつかめる可能性が高まります。 リクルートビジネススーツを卒業したら自分に合うレディースオフィスカジュアルを少しずつでも模索していくといいでしょう。

地味な仕事の連続。全然スキルが付かない。

ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。雑用や地味な仕事の連続で、本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけ、ベストな転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。 ■記事タイトル 20代の転職成功方法|転職理由3つ・新卒入社3年以内の転職割合・20代の強み

転職をしようと考えている人は、自分に合った転職サービスを選ぶことから始めましょう。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング