IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

年代別におすすめなおしゃれレディーススーツブランド12選

更新日:2020年05月13日

ビジネスファッション

近年減少傾向にあるとはいえ、ビジネススーツを着用しなくてはいけない職場はまだまだあります。レディースのビジネススーツは年代によっても似合うものが変わってくるので、年代に合うレディースブランドのスーツを着用することで印象もアップします。

レディーススーツの着こなし方

最近はオフィスカジュアルも普及してきて、特に女性はカジュアルなスタイルで働ける職場も多くなってきました。しかしまだまだスーツを着用という職場もあります。 またスーツの着用を求められる職場というのは、社外のクライアントに接する機会も多いもの。きちんとした身だしなみや、おしゃれな印象は交渉相手の好印象を得られやすく、仕事の成績向上にも役立つ可能性が高くなります。

レディーススーツの基本マナー2つ

レディーススーツの基本マナー1:大事なシーンはジャケット着用

夏の時期は暑いため、ジャケットを脱いで仕事をしたくなりますが、商談で人に会ったりと、仕事上で重要になる場面では、ジャケットを着用して正式な感じやきちんとした印象を先方に与えるのがおすすめです。 どうしても暑い場合は、七分袖のスーツがおすすめ。袖が短い分、涼しく過ごせます。長袖以外はNGな職場を除き、軽くて清涼感のあるクールビズ対応の七分袖ジャケットのスーツがおすすめです。

レディーススーツの基本マナー2:ジャケットのボタンはしめる

女性のスーツジャケットは、ボタンをしめる事がマナーになっています。立っている時も座る時もすべてのボタンをしめます。 男性の場合は、座った時にはすべて開ける事や、立っている時は一番下のボタンを開けるなど状況によって変化しますが、女性の場合はいつでも【しめる】のが正解です。スーツによって、ボタンが1つから3つのジャケットがありますが、すべて閉じましょう。

女性用スーツの選び方3つ

オフィススタイルのカジュアル化が進んでいるとはいえ、スーツを着なければいけないシーンは多いものです。オフィシャルなシーンで活躍するスーツは働く女性の勝負服。 でもそのマナーを知らない方は意外と多いのでは?ここでは押さえておきたいスーツのマナーをもとに、レディーススーツの選び方をご紹介していきます。

女性用スーツの選び方1:ジャケットはぴったりサイズに

レディーススーツのジャケットを選ぶ時には肩幅と着丈、次に袖丈が重要です。スーツのサイズ感に関しては、プロであるお店の人々は上手にジャストサイズを選んでくれます。また、最近は家で洗えるスーツなどもあります。素材や扱い方も一緒に聞いておきましょう。 レディーススーツ選びに慣れていない場合は、スーツを扱っている店で相談しながら決めていくのが失敗しない購入方法です。

女性用スーツの選び方2:ボトムスに合ったベルトを

ベルトの色は、ボトムスの色に合わせるのが基本です。また、スーツの色と同じような色がない場合は、靴やバッグなどの色と合わせると、全体に統一感が生まれます。 派手なデザインですとベルトが浮いて見えるので、シンプルで全体の色に合わせることが大切です。ベルトや太さによっても、雰囲気が違うので、自分にあった太さを選びましょう。

女性用スーツの選び方3:靴はベルトの色に合わせる

靴の色は、スーツやベルトの色に合わせるのが基本です。靴のみ違う色を選んでしまうととても目立ってしまいますので、靴だけ違う色を選ぶのは避けましょう。 また、靴は「靴だけで印象が変わる」と言われるほど重要なアイテムとなります。靴に関しては値段に妥協せず、いいもの買っておいたほうがいいと考えられます。汚れた際はお手入れもしっかりしましょう。

20代におすすめなレディーススーツブランド4つ

初回公開日:2017年02月07日

記載されている内容は2017年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング