IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

メールや電話での「内定保留」の伝え方と例文・承諾してくれない場合

転職ノウハウ

内定保留は就職活動中の方とって悩みの種です。内定をもらったけど回答を延長したい、保留したいというのは一見わがままかもしれません。しかしあなたの一生を左右する就職活動ですから、ダメ元でお願いすることも大切です。そんな内定保留についてまとめました。

更新日時:

内定の保留は一般的なこと

就職活動は何社も受けますよね。一社に絞ってそれに賭けるなんて方は少ないのではないでしょうか。せっかく内定をもらったけれどもまだ悩んでいるという時に内定の保留をお願いする事ができます。内定通知が来たからといってその企業に就職しなければいけないという決まりはないのです。

内定から回答までの期限を延長依頼する事を内定保留という

先ほど説明しましたように、内定を企業からもらったとしてもその企業に必ず入社しなくてはいけないということはありません。企業からの内定通知後に期限内に内定を承諾するか辞退するのかを企業に対して返事をする必要があります。 しかし「今受けている企業も受かったらみま受けている方にしたい」「希望の会社を全て受け終わってから考えたい」「内定をもらった企業はどこも受からなかったら入社することにしたい」そう考えている場合は内定の保留をお願いすることになるでしょう。 ただし内定の保留といってもずっと待ってくださいとはいえません。ある程度猶予をくださいといった内容でお返事することになります。とは言いつつも内定の保留については早目に回答する事が大切ですので覚えておきましょう。

内定の保留をお願いする際の注意点

内定や、内々定の保留や延長えおしてもらう場合の注意点を紹介していきます。内定の保留や延長は企業にとってメリットはありません。むしろその間企業もなかなか次の候補者を決められないのが実情です。 そんな内定保留や延長の注意点を見ていきましょう。大事な部分になりますのでよくご覧ください。

内定を保留できる期限は一週間程度

新卒採用の場合は内定や内々定から入社するまでは時間がありますよね。そんな場合は他社の結果を待ってから十分に吟味して決めていくことでもいいでしょう。 しかし転職に場合はどうでしょうか。転職に場合は、内定が決まってから就職まで非常に早いスピードで日程が決まって来ます。猶予はないと思っていただいて結構です。 就職までの期間が短いと言うことは内定の返事をするまでの期間も短いと言うことです。内定の保留や延長は一週間を最大の期限と考えておきましょう。 期限は企業によって様々です。一概に何日とは言えません。急ぎの人員が欲しい企業であればあるほどその期間が短くなりますので注意が必要です。

内定保留は必ずしも承諾してくれない場合

内定の保留や延期は企業にとってはマイナス面が非常に大きいです。内定の延期や自体を受けるとそのまま内定辞退などと言うようなことになりかねません。その為、企業の人事担当は内定取り消しを良くは思わないでしょう。 就職活動での内定保留や延期を連絡する場合は、別の候補者が内定しあなたの内定が取り消されることもあります。内定の連絡をあなたが保留にしているのですから、やむを得ないですね。 内定保留や延期は必ずしも企業側が承諾してくれることではなく、内定取消しもあり得ると言うことを覚えておきましょう。

内定保留をお願いするときはできるだけ低姿勢で

内定保留や延期のお願いは企業としては快く思わないことを先ほど伝えました。就職氷河期は企業側が就職活動している側を選ぶ権利があるとされていましたが、今は学生側にも企業を選ぶ権利があると言われています。 とはいってもあなたは企業にお願いする側なのだと言うことをお念頭に置いて、内定保留や延期の連絡をする際は低姿勢で行くことを心がけましょう。 一生を左右する就職活動なのですから、慎重に失礼のないように丁寧に「お願いをする」事がポイントです。 内定の保留をお願いするときの悩みは、経験豊富なプロが在籍するエージェントに相談してみましょう。就活に関する悩みに的確なアドバイスをしてもらえると好評です。

内定保留を伝える場合は採用担当者に直接言うこと

企業に電話で内定の保留や延期をお願いする場合、必ずしも採用担当者が出てくれるとは限りません。仮に採用担当者が不在の場合、「その方に伝えておいてください。」といって内定の保留や延期を伝言することは避けましょう。 その伝言を受けた採用担当者からしてみれば、「こんな大事なことを伝言するなんて非常識だ」と感じてしまいます。 また折り返ししましょうか?と尋ねられることもあるかと思います。なんども電話して繋がらない場合は折り返しをお願いすることは悪くありませんが、最初から折り返しをお願いすると印象は良くありません。 基本姿勢としては「担当者がいなければ、戻り時間を伺った上で再度こちらから掛け直す」と言うことを忘れないでおきましょう。あくまでもあなたはお願いする側なのですから、担当者に直接話す事が大原則です。

内定の保留をメールで返答

今までは内定保留とはどんなものでどのようにお願いするかをご紹介しましたが、次は実際にメールでお願いする場合の文章例をご紹介します。 使える文章があるかと思いますので是非参考にしてみてください。

メールでの注意点

例文を紹介する前にメールでの注意点を紹介します。 ポイントは以下の通りです。 ・端的に要点を伝える。 ・件名である程度の内容がわかるようにする ・メールアドレスは恥ずかしくないもので送りましょう。 ・最後には必ず署名をつけましょう。 ・返信は内定通知が来てから24時間以内で このことを意識していきましょう。

内定保留メール例文 1

件名:Re:選考結果のお知らせ 株式会社××  人事部採用担当○○様 お世話になっております。 先日、面接に伺いました△△と申します。 この度は、内定のご連絡をいただきまして、誠ににありがとうございます。 実は入社のお返事ですが、しばらく猶予をいただきたいと思いご連絡いたしました。 先日の面接でもお話させていただきました通り、他社からもの面接の連絡をいただいている為、そちらの話も聞いてみてから判断したいと考えております。 もちろん貴社にも大変魅力を感じております。 しかし私の一生を左右することですので、 慎重に決定したいと考えています。 内定をいただいたにもかかわらず、大変失礼であることは重々承知しておりますが、返答を来週いっぱいまでお待ちいただくことは可能でしょうか? こちらの一方的な都合で大変申し訳ございませんが、ご理解とご了承の程、よろしくお願い申し上げます。 〇〇大学 〇〇学部 △△  ○○@××.com TEL080-〇〇〇〇-〇〇〇〇

内定保留メール例文 2

件名:内定承諾の回答期限延期のご相談 ○○株式会社 人事部採用担当者 ○○様 大変お世話になっております。 ○○大学○○学部の○○○○と申します。 この度は、内定のご連絡をいただきまして、誠にありがとうございます。 さて、入社のお返事につきまして、他社の結果も踏まえ慎重に判断したいと考えております。 内定をいただいたにもかかわらず、大変失礼であることは承知しております。 内定のご回答を○月○日までお待ちいただくことは可能でしょうか。 私の一方的なご連絡で大変申し訳ございません。 何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。 署名

電話で内定保留をお願いする

メールではなく電話で内定保留や延期を伝える場合、メールとは違い微妙なニュアンスを伝える事ができます。できれば電話での対応をお勧めしますが、一発勝負となりますのできちんと頭の中でシミュレーションしてから電話をかけるようにしましょう。 次は電話で内定保留を伝える方法についてご紹介します。

内定保留電話例文 1

本日、内定通知を頂戴した〇〇大学〇〇学部の△△と申します。この度は内定をいただきましてありがとうございます。 早速にも入社承諾のお返事をすべきところではございますが、実は家族が今回の就職ついて詳しい話を聞きたいと申しており、説明のために一度○○県の実家に戻りたいと思っています。 私としては家族にも御社への入社を喜んで欲しいと考えておりますし、応援してほしいと考えています。 勝手なことで恐縮なのですが、○月△日まで返事を待っていただくことは可能でしょうか?

内定保留電話例文 2

本日、内定通知を頂戴し致しました〇〇大学の△△申します。この度は内定を頂き誠にありがとうございます。 本来であればすぐにでも入社承諾のお返事をするべきところなのですが、他社の結果が出てから判断したいと思っております。 誠に勝手なことで恐縮なのですが、○月△日まで返事を待っていただけないでしょうか?

電話で連絡する場合の注意点

電話で連絡する場合は、以下のことについて注意する事が必要です。 最低限のマナーになりますのできちんと読んでから連絡するようにしましょう。 ・内定連絡が来たら早いうちに連絡を取る ・相手の迷惑にならない時間帯を選ぶ ・携帯を使うなら電波の良い静かな場所から電話す ・「申し訳ない」という気持ちを前面に出す 内定に関する悩みや就活の悩みは、プロのキャリアアドバイザーが在籍するエージェントに相談するのが一番です。経験豊富な知識を持ったキャリアアドバイザーが的確なアドバイスをしてくれるので、安心です。

内定保留や自体を伝えると、就活生がオワハラに会うことも

オワハラって知ってますか?一部で話題になっているのですが、採用担当者が就職活動中の方に対して行うハラスメントで、就職活動終われハラスメントと呼ばれています。 内定の保留や辞退の連絡をした瞬間、採用担当者がキレた口調で話して来て、内定保留や辞退をしにくい環境をつくることです。 いくらこちらの意見を言っても聞いてもらえない。そんな事があると思います。その場合は、他社から内定をもらえる自信があればあなたの意見をきちんと伝えて内定を取り消しにしてもらった方が良いでしょう。 企業のネームバリューが大きくても中身はブラックである可能性が高いからです。きちんとした企業はそのようなハラスメントを撲滅するための社員教育もしています。そのような教育が行き届いていない事がここでわかってしまうのです。 オワハラは非常に厄介で、圧倒されて内定保留や辞退を言えないことにもなりかねません。何を言われてもあなたの意思を曲げない事が大切ですね。

あくまでもあなたは保留をお願いする側

いかがでしたでしょうか。内定保留とは就職活動している人にとって永遠の悩みですね。受けたい企業が何社もあって、面接してみて決めたいというのは当然の考えです。 受ける側は広い視野で見ることができますが、企業採用担当は自分たちの会社に入るのか入らないのかでしか見る事ができないのです。これは当然のことですよね。企業はいい人材を同業他社に取られるより、自分たちの会社に入れたいですから。そこが内定保留やそのトラブルにつながることになるのでしょう。 よって、内定保留は永遠になくならない物ですから、今回お伝えしたマナーは最低限守る事が必要です。企業としてはその辺の対応がよければ内定取り消しをとどまってくれるかもしれません。横柄な対応で、上から目線の内定者であれば、人事担当が気を悪くして、保留なんて言われたら即次の候補者を内定させるなんていうこともあるでしょう。 これから企業に勤めて働くのですから、社会人としての最低限のマナーが問われるのがこのような場面になります。今回が最低限のことです。必ずしもこのような返答をしなければいけない訳ではありません。もっと気持ちのこもった言い回しは沢山あるはずです。 あなたが採用担当であった場合にこれを言われたら失礼だな、この言葉が入っているだけで印象が違うなと思ったらその言い回しに変えていただくことをオススメします。 あなたが希望の企業に入れることを願っています。

関連タグ

アクセスランキング