IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

文系の就職先・就職に有利な資格一覧・文系の就職難は本当?

初回公開日:2017年02月05日

更新日:2020年03月04日

記載されている内容は2017年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

資格・検定

文系の学生の就職先としては、どの業界のどの企業が人気なのでしょうか。よく「文系は就職は厳しい」と言われますが、実際はそうとも限りません。企業が欲しがる人材に成長する努力を怠らなければ、きちんと内定に結びつくものです。文系の良さを、是非ともアピールしましょう!

文系就職に有利な資格(英語関連資格)

文系就職に有利な資格(英語関連資格)
※画像はイメージです
出典: https://dvrs04bx77b2x.cloudfront.net

資格取得については、賛否両論あります。ただ、せっかく就活に臨むのであれば、有益な資格を持っている方が望ましいです。資格マニアになるのではなく、実務でスキルを発揮するためのツールと考えたいところです。 ここでは、英語関連の資格についてお話します。

TOEIC

英語系資格の中で、安定して高人気なのが、TOEICです。 この試験は受験料が約6000円と安価で、尚且つ1年間で受験できる回数が多いので、それだけ受験者が多くなります。しかも結果の判定は合否ではなく、スコアによるものなので、手軽に受験ができます。 求められるスコアについては、企業や職種などによって異なります。一般的な日系企業ですと最低600点以上から、外資系企業ですと最低750点以上からというのが相場です。これ以上のスコアを出したなら、履歴書に書いて良いでしょう。

TOEFL

TOEFLはTOEICに比べ、アカデミックな特徴が濃くなります。そのため、難易度もより高いのは、ごく自然なことです。この試験は、どちらかと言うとアメリカへの留学を希望する学生に人気がありますが、就活の際に受験する方も多いです。 試験で試されるのは、「読む」「書く」「聴く」「話す」の4セクションです。そのため、どれか1つのセクションが良くても、他のセクションのスコアが低ければ、高スコアには繋がりません。全てのセクションが出来るということは、それだけ実務で使えるレベルに到達していると言えます。 各セクション30点満点で、合計120点満点ですが、合計80点以上あれば、履歴書に書けるレベルだと言えます。また、100点を超えていると、アドバンテージになりやすいです。

英検

英検は英語資格試験の中でも、非常にポピュラーです。5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級とレベルが上がっていきます。 では、何級以上取得すれば、就活でアピールできるでしょうか。これについては、応募先企業によって異なりますが、大卒の最低ラインは2級以上だと言われています。もし準1級や1級と言った上級レベルに到達していれば、それは大きなアピールポイントになります。 リスニングやリーディングのみならず、ライティングやスピーキングの力も試されるので、信憑性が高いのです。

文系就職に有利な資格(英語関連以外の資格)

文系就職に有利な資格(英語関連以外の資格)
※画像はイメージです
出典: https://dvrs04bx77b2x.cloudfront.net

就活に臨むにあたって取得しておきたい資格は、英語に限りません。実際にビジネスに携わるためには、英語だけ出来ても不十分で、英語以外に何ができるかも重要なファクターになります。 そのため、英語以外の資格取得に熱心な学生も多いものです。では、どんな資格の人気が高いでしょうか。

簿記

簿記は、就活に臨む文系学生が取得したい資格の一つです。企業の経営管理や財務などについて幅広く学べるので、企業でも重宝されます。受験できる級は4級、3級、2級、1級となります。 将来的に財務に関連した職種に就きたいのであれば、2級以上のレベルを取得しておくのが望ましいです。単なる資格取得で終わりではなく、その先に実務で活かせるのは、非常に有り難いことなのです。 簿記2級に合格するためには、生半可な勉強では歯が立ちません。経済学部や商学部出身だからと言って、合格できるとは限らないのです。だからこそ、企業からの評価は高いと言えます。

秘書検定

秘書検定と言うと、秘書になるために受験すると考えるかもしれません。しかし、実際はそうではなく、広くビジネスに通じる一般常識やマナーを学ぶことが目的なのです。 どんなに専門的な知識があっても、一般的な良識やマナーが身になっていなければ、ビジネスの世界で通用しません。秘書検定では、立ち振る舞いや言葉遣いなど、自分に足りないものをみなすきっかけになります。 3級、2級、準1級、1級とあり、理論と実技、それぞれ6割以上得点できれば合格です。2級以上に合格していると、就活で評価されやすいです。

関連タグ

アクセスランキング