IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

手取り16 万円での生活(家賃/貯金/子ども)|1人暮らしは可能?

暮らしの知恵

手取り16万というのは世間一般的な若者の給与のイメージかと思われます。その手取り16万で周りはどのような生活ができているのでしょうか。今回は、手取り16 万円で生活可能?(一人暮らしは?家賃は?貯金は?子どもは?)について、詳しく紹介していきたいと思います。

更新日時:

手取り16万

高校や大学をめでたく卒業して、新卒として企業に入社した新入社員の皆さんは、企業の入社前に、初任給やその後の給料について、詳しく企業側の方から伝えられます。でも、いざ働いてくれた報酬として給料を受け取ってみると、手取り金額との差に驚いたこともあるかもしれません。 まず触りから話していきますと、「手取り」という仕組みは、会社から振り込まれる予定の給料から、税金や保険料など国に納めるべき金額を引いて、給料を受け取る側であるあなたが受け取ることができる残りの金額、ということなります。なので、手取り金額が初任給や給料の額面より少なくなるのは悲しい現実ですが、当たり前で、実際に自分自身の手元に入ってくるお金は実際の給料より低くなってしまう、と深く考えておかねばならないのです。 この仕組みは、税金などといった国民の義務を果たすうえで、引かなければならない必要なお金が引かれているだけのことなので、これはどうしようもないのです。本質的にはしっかりと会社から提示された新卒の初任給、給料の実際の金額を受け取っているのには変わりはありませんので、ご安心くださいね。

手取り16万で生活は可能?

手取り16万で生活はしていけるのでしょうか?結論から言ってしまうと答えは「YES」です。場合によって手取り16万で生活ができるかできないかは多少変動はしますが、基本的にはそこまでかつかつな生活を送る、といった状況にはなりません。

一人暮らしの場合

手取り16万で一番悩む問題が、「手取り16万で果たして一人暮らしはできるのだろうか?」といった問題でしょう。住む場所にもよりますが、実は一人暮らしの場合、毎日の生活に一工夫の節約術を取り入れれば手取り16万の生活はそこまでかつかつにはならないのです。後述します、家賃を抜いて、東京都区内で住む前提でお話しをしていきます。 まず節約術とは詳しくどういうことを言うのでしょうか?まず一つ目に。「毎日の食事」です。今月の出費が赤字になっている、、、となった場合、意外と多い原因が食費なのです。毎日の食事に関しては、なるべく「上手な自炊」をするようにしましょう。できるだけ外食と中食を控えるのです。しかし自炊が必ずしも安くなる、というわけではないことを肝に命じておいてください。下手な自炊をしてしまえば、外食や中食よりよっぽど材料費で高くなってしまいます。一人暮らしで安く済ませるおすすめの料理は、「なるべく大量に作れて、長期間保存できる料理」です。こちらの料理の例は、カレーライス、チャーハン、シチュー、鍋物などが挙げられます。

家賃はいくらが相場?

一人暮らしの手取り16万での家賃相場は、最大の上限額が7万円ということになるでしょう。しかしこの金額は計算上上限金額と設定していますので、この家賃の物件に住みたいという人は生活がかなり苦しくなるということを覚悟してください。 平均的な家賃として、手取り16万円の適正家賃は5万3千円という計算になります。 昔から言われてきた、「家賃は手取りの3分の1を目安に考える」と良いというのが定番です。自由に使えるお金も欲しいなどといったことがあるのなら、家賃をもう少しだけ下げた方が良いでしょう。 家賃が4万5千円だと果たしてどんな地域に住めるのでしょうか?東京都内でこちらの金額で探してみると、23区内ではほぼ狭いワンルームか1Kになります。特に新宿区や渋谷区、港区といった高級住宅区で探してみると、築年数が30年以上だったり、駅から徒歩20分以上だったり、風呂なしトイレ共同、といった現状が存在しています。23区外である西東京市や立川市、八王子市になるとある程度築浅な綺麗で広いワンルームか1Kが借りられるかと思います。

貯金はいくらできるのか

手取り16万の場合、一人暮らしで貯金はできるのですが、少し生活がかつかつになり継続をすることが難しい場合もあります。まず手取り16万の1ヶ月の支出例を挙げていきます。 家賃  45,000円 水道代 2,000円 電気代 4,000円 ガス代 4,000円 食費 2,0000円 日用品・雑費 10,000円 交際費 1,0000円 通信費(パソコン・スマホ)15,000円 生活費合計 11万 という例では、なんと手取り16万で5万円もの金額が毎月貯金できてしまうのです。頑張れば年間60万の貯金ができるというわけですね。しかし、この例を見てどう感じたでしょうか?多分ほとんどの方は、努力なしではこの生活を継続できないと考えています。タバコを現在吸っている方なら今後禁煙する、日本産の食材しか買わない人ならば妥協して安い外国産の食材を買う、必要ない電力は絶対に使用しない、食器洗いの際水は冷たくても我慢する、などといった人それぞれ嫌な犠牲を払うことにあります。この犠牲を払うことができる方ならば、貯金をもできる生活を送ることもできるでしょう。

家族を持った場合

手取り16万で結婚し、子供を授かった場合、共働きが必須になります。当たり前ですが、養っていく人間が増えれば増えるほど生活は圧迫していきます。手取り16万プラスαで子供を養おうとすると、ある程度夫婦にとって犠牲になることがあります。「夫のお昼ご飯は必ず安い食材のお弁当」「お風呂は常に家族全員で」「洗濯は週に2回」などといった、嫌な人なら本当に嫌がってしまうこのようなことを、子供が大きくなるまで続けていかなければなりません。そして、いつか大金を子供に使うような日がきます。その時のための貯蓄はできる限り夫婦二人で頑張ってしていきましょう。

手取り16万で子育てしやすい東京の地域

まず初めに伝えておきたいことが、「どうしても23区内に住みたい」という願望は捨ててしまいましょう。手取り16万プラスαの収入で、東京都内の場合住む場所は大幅に制限されてしまうということを深く胸に刻んでおいてください。対して東京都内以外で住むことは、用意と言えますが、以下では東京都内に住む前提でお話ししていきます。 手取りが16万円プラスαの場合は、八王子市や立川市、余裕が作れる場合は練馬区に住むことをお勧めします。この3つの地域の共通点は、「交通の便が良い」「病院が多い」「緑が多い」「公園が多い」「安い家賃でも部屋が広々としている」「新婚夫婦が多い」などのメリットであり、共通点が挙げられます。子育てをする面でどれも重要な項目ばかりですが、特に「公園が多い」「新婚夫婦が多い」点は重要でしょう。都心部では子供を遊ばせる広々とした公園が少ないため、「子供を外で遊ばせてあげたい」と思っている方、不便な思いをすると思いますし、活発的に遊ぶことが好きなお子様なら、尚かわいそうですよね。新婚夫婦が近隣に多いと、互いに情報交換ができて、他の家族の節約術や子育ての仕方などといった自分のプラスになる情報をもらえる場合もあります。人混みでいつも近隣がゴミゴミしているといったマイナスなイメージがない東京の市内でもありますので、窮屈にならず常に家族ともにのびのび生活できるでしょう

いかがでしょうか?

以上、手取り16 万円で生活可能?(一人暮らしは?家賃は?貯金は?子どもは?)について紹介していきました。上記でわかっていただけたとおり、一人暮らしの場合では、割とかつかつな生活を送らないで生きていける、ということがわかったかと思います。家族を持った場合では少し状況が変わるということも書きましたが、現在では手取り16万の場合共働き世帯が増えてきていますので、子供のことを考えつつ夫婦ともに働くといったスタンスの知人がもしいましたら、吸収できるコツを伝授してもらうと今後役立つかもしれませんね。

関連タグ

アクセスランキング