IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接や人前で緊張しない!震えの対処方法やツボ・おまじない

ビジネスマナー

「アガり症」という言葉をよく聞きますが、人前で緊張しないようにするには、どうすれば良いのでしょうか?このページでは「緊張しない方法」をテーマに、緊張を和らげる方法やツボ、おまじないをご紹介しています。緊張しない方法を学んで、緊張と上手く付き合っていきましょう。

更新日時:

これでもうアガらない!?緊張しない方法・おまじないマニュアル

人前に立つと、ついつい緊張してしまうという方も、少なくないと思います。 面接の時や発表の際、またプレゼンをする機会などは、人生の中で何度もありますが、「何度経験しても、人前に立つと緊張でガチガチになってしまう」という方も、いらっしゃるのではないでしょうか? 緊張感というのは、時に予想外の力を発揮させる効果がありますが、場合によっては強すぎる緊張のせいで、頭が真っ白になってしまうということもありますね。 自分でコントロールできるものではないので、厄介なものでもあります。 そこで今回は、「緊張しない方法」をテーマに、さまざまな情報をご紹介していきます。 人前に立つのが苦手な方や、ちょっとしたことで緊張してしまいやすい方は、ぜひ目を通してみて下さいね。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

知っておくと便利!緊張しない方法

それでは早速、緊張しない方法をご紹介していきたいと思います。 さまざまな方法をご紹介していくので、自分の性格や緊張の原因、シチュエーションに合ったものを見つけて、試してみてはいかがでしょうか?

緊張しない方法【1】:失敗した場合を現実的にイメージする

そもそも、なぜそんなにも緊張してしまうのでしょうか? 緊張してしまう原因は人によってさまざまですが、必要以上に失敗を恐れてしまい、その結果ガチガチに緊張してしまうという方も多いと思います。 そのような場合は、「もし失敗したらどうなるか」を現実的に考えてみるのも、緊張しない方法の1つとしておすすめです。 実は、失敗しても大したことにならないケースは、案外多いものです。 失敗したらどのようになるのか、冷静に考えてみることで、「失敗したらどうしよう」という思考になりにくくなり、緊張が弱くなる場合があるようです。

緊張しない方法【2】:ポジティブな口癖を身につける

緊張してしまいやすい方の中には、緊張した時に「もうダメだ」「きっと失敗する」など、ネガティブな思考になり、更に緊張してしまう方も多いそうです。 そのような方は、口癖も弱気なものが多く、「マズい」「ダメだ」「ヤバい」などと、心の中で言ってしまうことが多いとも言われています。 ですから、「ネガティブ」の反対である、「ポジティブ」に注目し、ポジティブな口癖を習得することで、気持ちも前向きになる可能性があると考えられています。 例えば、「マズい」と考えそうになったら、「大丈夫」などを口癖にし、心の中でひたすら呟いてみましょう。 ポジティブな口癖を身につけ、無意識に言葉にできるようになることで、気持ちまで前向きになる可能性があります。 緊張して弱気になった時、前向きになることができれば、ガチガチに心と体を強張らせる緊張感も、和らぐと考えられます。

緊張しない方法【3】:相手を「自分と同じ人間」として見る

人前で緊張してしまいやすい方の中には、相手を意識しすぎて緊張してしまうという方もいるようです。 例えば、面接であれば面接官を意識しすぎてしまうと、その人の一挙一動が気になってしまいます。 「面接官の表情が険しい気がする」「面接官に気に入られないと、次の選考に進めない」などと考えてしまうと、緊張からかえって空回りしてしまう可能性も。 そのような時は、「面接官も自分と同じただの人間」「面接官といっても、自分の父親と同じ、一人の中年の男性」などと考えると、緊張が弱まると言います。 相手の肩書きや立場を意識してしまうと、ついつい固くなってしまいがち。 しかし、実際は社長や会社役員であっても、1人の人間であることには代わりはありません。 「自分とは違う人」「偉い人」と身構えずに接することで、緊張しないで済むかもしれませんよ。

緊張で震えてしまう時の対処法

あまりにも緊張してしまうと、体がガタガタと震えてしまうかもしれません。 人は、極度の緊張状態に陥ると、体が震えてしまうこともあるそうなので、それ自体は異常なことではありませんよ。 しかし、プレゼンや面接の直前などに震えてしまうと、内容にも支障をきたしてしまう可能性があるので、困りますよね。 そこで、今度はあまりにも緊張して震えてしまった場合、どのように解決すれば良いか、対処法をご紹介していきます。

マッサージして筋肉の緊張を取り除く

ここからは、「緊張しない方法」というよりは、「緊張を取り除く方法」をご紹介していきます。 緊張した際に震えてしまうのは、精神的に緊張してしまうのが原因と考えられますが、身体的な目線で見ると、筋肉が硬直している為に、震えるという状態になるそうです。 その為、緊張で震えている時は、マッサージをして筋肉が硬直している状態を解消すると良いと言われています。 具体的には、手足をブンブンと振って力を抜いてみたり、首をゆっくりと回して肩の力を抜いたりといった方法が挙げられます。 また、時間やスペースに余裕があるようなら、ストレッチをしてみるのもおすすめです。 いずれの場合も、深く息を吐いて、脱力した状態で行うようにするのがコツだと言われています。

あたたかくする

こちらも、「緊張しない方法」というよりも、「緊張を和らげる方法」ですが、あたたかくすると、血の巡りが良くなり、全身が脱力した状態になると言われています。 上記でもご紹介したように、身体が硬直していると、震えてしまいやすくなりがち。 その為、身体をあたためることで、全身がリラックスし、緊張による震えを和らげられるという見解もあるようです。 緊張してどうしても震えてしまう時は、体をあたためてみることをおすすめします。 冬などの寒い季節であれば、上着やコートを着たり、カイロを使ったりして身体をあたためるのも良いでしょう。 また、おすすめの方法は、あたたかい飲み物を飲むことです。 あたたかい飲み物を飲むと、身体があたたまるだけでなく、心も何だかホッとしますよね。 本番前などの時間がない時でも、無理なくできる方法なので、緊張でどうしても手足が震えてしまうという場合は、ぜひあたたかい飲み物を飲んでみてはいかがでしょうか?

ツボ押しで緊張を和らげよう

緊張しない方法や緊張を和らげる方法としてメジャーなものの1つに、ツボ押しがあります。 ツボ押しは、身体の特定の部分を軽く押すだけでも効果が期待できる方法なので、急な発表やプレゼンなどの前でも、さっと実行できる点が魅力的です。 緊張した際に押すと良いと言われているツボの1つに、「労宮(※1)」というツボがあります。 労宮は、手を軽く握った際に、中指の指先が障る部分にあると言われています。 労宮の位置が分かったら、指や丸い形のペンなどを使って、優しく押してみましょう。目安としては、5回(※1)くらいがおすすめです。 このツボを押すことで、イライラしたり落ち着かなかったりする気持ちが、落ち着きやすくなるそうです。 ツボ押しは、何度も強く押せば、必ずしも効果が高まるというわけではありません。 痛い場合は無理をしないようにし、適切な回数を守って押すようにすることをおすすめします。

緊張しないおまじない

おまじないの力を借りてみるのも、緊張しない方法・緊張を和らげる方法としてはおすすめです。 おまじないそのものに効力や効果があるのかどうかは、まだまだ未知数と言えるでしょう。 しかし、おまじないをすることで、「おまじないもやったし、大丈夫」という、前向きな気持ちになれる方は、多いのではないでしょうか? 気持ちがポジティブになるというだけでも、緊張しない方法としては有効なので、おまじないをするだけの価値はあると思いますよ。

アマリリスのおまじない

植物の中には、「アマリリス」という花が存在します。 花にはそれぞれ、「花言葉」がありますが、アマリリスの場合は「おしゃべり(※2)」だそうです。 その為、緊張しそうな時は、「アマリリス」と花の名前を17回(※2)言ってみると良いのだとか。できれば、心の中ではなく、声に出して言ってみましょう。 「おしゃべり」の花言葉を持つアマリリスが、力を貸してくれるかもしれませんよ。

緑色のおまじない

また、緑色のものを身につけたり、持ち歩いたりするのも、緊張しない方法の1つだと言われています。 緑色のものは確かに、気持ちを落ち着かせてくれそうなイメージはありますね。 効果が科学的に認められているというわけではありませんが、いざという時に「おまじないがあるから大丈夫」と、緊張しそうな心を勇気づけてくれるかもしれません。

緊張感は大切。緊張し過ぎたら、和らげれば良い

いかがでしたでしょうか?今回は、「緊張しない方法」をテーマにして、緊張をほぐす方法やツボ、おまじないなどをご紹介しました。 冒頭でもご紹介したように、緊張すること自体は、悪いことではありません。 適度な緊張感が、時には人を成長させたり、良い結果に導いたりするものです。 しかし、身体が震えてしまうほどに緊張してしまうと、何かと影響が出てしまうので、困ってしまう方も多いでしょう。 そんな時は、焦らずに上記でご紹介した緊張しない方法の数々を試してみて下さい。 ツボ押しやおまじないなど、緊張しない方法はたくさんあるので、ぜひ自分に合った方法を見つけて、緊張と上手く向き合っていって下さいね。

関連タグ

アクセスランキング