IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

上司に相談ができない!仕事の悩みの電話相談所・相談相手の探し方

更新日:2020年11月09日

コミュニケーション

仕事をしていると仕事の悩みが出てくる物です。こんな時は誰かに相談する事で解決出来る事もありますが、仕事の相談をできない人も世の中にいるものです。今回はそんな仕事の相談ができない人の特徴と対策、相談できる人を探す方法の解説と相談所について紹介します。

仕事の相談ができない人の5つの特徴

仕事でどうしても誰かに助けてほしい時に気軽に誰かに相談できれば悩みも解消できるし、仕事の悩みの解決にも繋がりますよね。しかしどうしても仕事で人に頼ったり、仕事の悩みを相談できない人がいるんですね。ここではそんな仕事の相談ができない人にはどんな特徴があるのか解説していきたいと思います。

①考えすぎる

仕事の相談ができない人の特徴1つ目「考えすぎる」です。仕事の相談ができない人はどんな小さな事でも考えすぎてしまいます。気軽に人に相談すれば解決する事も相談する事をどう思われるのかを考えてしまい相談できません。相談できないままほっておくといつまでも解決できないどころか人に相談する事が怖くなってしまいます。

②気を遣いすぎる

仕事の相談ができない人の特徴2つ目「気を遣いすぎる」です。仕事の相談ができない人はとにかく周りの人に気を遣いすぎる所があります。人に気を遣える事はとても素晴らしい事なのですが、気を遣いすぎるあまりに自分の事が疎かになりがちです。 例えば同期の社員が仕事の悩み相談してくると親切に答えたり親身に支えようとアドバイスをしますが、自分の仕事の悩みは相談する事ができず、いつまでも抱え込みます。相手に気を遣う事ができるのに自分の事には気を遣う事が出来ないんですね。「人に相談したら迷惑だろうな」とか「変に思われるかもしれない」と相手の都合ばかりを大事に考えてしまい、結局は仕事の悩みを誰にも相談できません。

③なんでも一人で抱え込む

仕事の相談ができない人の特徴3つ目「なんでも一人で抱え込む」です。仕事の相談ができない人はどんな事でも一人で抱え込んでしまいます。それがどんな小さな悩みでも一人で抱え込んでしまいます。誰かに手伝ってもらえば楽になる業務でも誰かに手伝ってほしいとお願いする事もできませんし、一人では難しい仕事も誰かに手伝いをお願いする事もできません。誰かに気付いてもらうまではこの状態が続くので時には誰かに助けてもらう勇気も必要かもしれませんね。

④失敗を恐れる

仕事の相談ができない人の特徴4つ目「失敗を恐れる」です。仕事の相談ができない人は失敗する事を恐れます。誰かに相談するという事は恥ずべき行動で、仕事の相談をしてしまうと、それ自体が失敗であるように感じてしまうのです。そのため人に仕事の相談をする事ができません。仕事の相談をする事と失敗は真逆の事だと思うのですが、考えすぎてしまったり気を遣いすぎるあまりに失敗を恐れてしまいます。

⑤完璧主義

仕事の相談ができない人の特徴5つ目「完璧主義」です。仕事の相談ができない人は完璧主義です。どんな事でも完璧に出来ないと納得できません。人に相談したり助けてもらう事は自分にとって良い事ではないと思っているので、助けてもらう事や仕事の相談をする事ができません。常に完璧でありたいために自分の事がマイナスの印象を与えると思われる行動はしたくないんですね。そのため人に仕事の相談ができないのです。

仕事の相談ができない人の5つの対策

事の相談ができない人はどのような対策を取れば良いのでしょうか。ここでは仕事の相談ができない人の対策方法について解説していきます。

①相手に嫌われても良いと考える

仕事の相談ができない人の対策1つ目「相手に嫌われても良いと考える」です。人に仕事の相談ができない人は相手に気を遣いすぎてしまう事や考えすぎてしまう特徴がありますので、考え方を少し変える必要があります。 例えば仕事の相談ができない人は相手からの相談を受けたりする事はあっても、自分の仕事の悩みを相談ができない事があります。なぜこのような事になるのか、それは相手に良い人だと思われたいという気持ちがあるからなんです。 自分は良い人でありたい、でも「自分の悩みは恥ずかしくて言えない」「言ったら嫌われるかもしれない」「バカにされるかもしれない」等、このような考えを持ってしまうので自分の仕事の悩みを相談できないんですね。時には「相手に嫌われても良い」「時には自分もわがままを言っても良い」という考え方の転換をしていきましょう。もっと自分にも優しくしても良いはずです。

②考えるより行動する

初回公開日:2017年02月01日

記載されている内容は2017年02月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング