IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

経営コンサルタントになるには?資格と難易度・大学

更新日:2020年08月14日

職種研究

「経営コンサルタント」と一言に言っても、その種類や有利な資格はさまざまです。本記事では、経営コンサルタントになるためにどんな資格を取れば良いのか、また、大学の専攻の特徴に合わせた資格の取り方などを、細かく解説しています。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

経営コンサルタントとは

全ての経営コンサルタントに仕事に共通する点は、クライアント(依頼主)の要望に合わせて、経営を効率的なものにしていくということです。そのために、人事や賃金の見直しや、経営を合理化へと導く診断、設備投資の計画などを行うのです。 当然、どんな会社をコンサルティングしていくのかによって、経営コンサルタントの種類も変わってきますし、経営コンサルタントを目指す人の得意分野も違うため、その道筋にあった目指し方があります。以下では主に資格にフォーカスして、経営コンサルタントについて詳しく解説していきたいと思います。 もし経営コンサルタントに興味があるという方は、さまざまな職種の求人の中からあなたに合う求人を紹介してくれる転職エージェントを活用するといいでしょう。

経営コンサルタントになるために資格は必要か

経営コンサルタントに資格

さて、ここからは経営コンサルタントになるために資格、また既に経営コンサルタントとして働いている人にとっても、とっておくべき資格を紹介していきます。 これから経営コンサルタントをキャリアとして考えている学生の方や、さらなるステップアップを目指している経営コンサルタントが現職の方は、ぜひ参考にしてみてください。

中小企業診断士

主に、経営コンサルタントにとって代表的な資格の1つとして、中小企業診断士が挙げられます。はっきり言って、難易度は高めといえるでしょう。その根拠として、資格難易度で「難易度A(難関)」に位置付けられている国家資格であるということがあります。 といっても、他の国家資格に比べて、暗記量がそこまで多くないという特徴があります。企業経営を維持・拡大・改善するという、会社全体を見るゼネラリスト向けの資格であるため、学習範囲は浅く広いといった感じです。自分は暗記が苦手だと感じている方にも、チャンスはあるといえるでしょう。また、経済学部や経営学部出身の方は、多少有利です。 ただし、1次試験のマークシート方式に加え、2次試験は記述試験と口述試験があるので、「適当にマークして運良く合格!」なんてことは絶対にないので、資格取得に向けては十分な勉強が必要です。そのため、独学では厳しいと感じる方が多く、個人差はありますが、1,2年で合格を狙うなら資格専門の受験校に入るのが良いでしょう。

社会保険労務士

まず、社会保険労務士の資格試験を受けるためには、受験資格が必要になります。詳しい受験資格についての内容は、以下のリンクをご覧ください。もし、条件に当てはまらず、受験資格がないが社会保険労務士の資格を取りたい方は、まずは受験資格を取得しましょう。 難易度についてですが、こちらは上記の中小企業診断士と同レベルだと言われています。合格までの平均勉強時間や合格率などから、このような判断となっています。 ただし、中小企業診断士とはその内容や役割が真逆です。会社の経営を維持・拡大するために最適な経営判断を提案する中小企業診断士に対し、社会保険労務士は、就労者(人)にフォーカスした資格試験です。このようなことから、資格取得後の仕事の仕方や内容も、大きく変わってくるでしょう。 そのため、中小企業診断士と社会保険労務士が一概に同じ難易度とは言えず、個人差があるでしょう。大学時代に出た学部によっても、「経済・経営学部出身者が有利な中小企業診断士」と、「社会学や法律を学んだ人が有利な社会保険労務士」といった見方ができます。 両方の資格を取ろうかと考えている人は、自分の出身学部を参考に先に受ける方を決めるのも良いかもしれません。

公認会計士

税理士

税理士になるための資格試験は、年に一回行われています。試験科目は5科で、内訳は、簿記論および財務諸表論の会計学2科目、そして所得税法、法人税法、相続税法、消費税法または酒税法、国税徴収法、住民税または事業税、固定資産税のうちの税法3科目を選択したものになります。 試験合格には、以上5科目の全てにおいて60パーセント以上の得点を取らなければいけない上、それぞれの科目における合格率はどれも10〜20パーセントと、非常に難しい試験であるということがわかります。 ただし、これらは同時に60パーセントを超えなければいけないわけではなく、合格した科目の合格資格は永久的に保持できるため、1年ごとに1科目か2科目ずつ受験するのが一般的です。

次のページ:経営コンサルタントと資格の相関性
初回公開日:2017年01月31日

記載されている内容は2017年01月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング