IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会社役員の役割と仕事内容|CEO/COO/CFO/CMOなどの違い

社会人常識

CEOやCOOという言葉は、学生でも聞いたことはあると思います。しかし、CEOやCOOがどんな立場で、どんな仕事をしている人を指すのか曖昧になっている方も少なくないのではないでしょうか。今回はCEOやCOOの他に、CFOやCMOなどの役職についても紹介します。

更新日時:

CEOとCOOの違い

まずは一番有名であるCEO、そしてCOOについて見ていきます。 どちらも企業のトップに立つ方が名乗っているイメージはあると思います。 実際、どちらも企業のトップクラスであるのは間違いないのですが、具体的な役割や立場、日本語では何と言うのかなどについて見ていきましょう。

CEO(Chief Executive Officer)

CEOは、見出しにもある通りChief Executive Officerの略で、の本語では「最高経営責任者」と訳されます。アメリカ型の企業の業務執行役員のトップで、経営の方針や戦略の決定などの最終責任を負う立場を指します。また、アメリカの法人において、理事会や取締役会の指揮下で選任されます。 また、アメリカの企業にはCEOに似た立場に、COOという役職があります。詳しくは下で見ていきますが、簡単にいうと、CEOの決定した事項を実際に執行するのがCOOです。 CEOやCOOは、日本の企業における社長や会長と同義の役職ではありません。しかし、アメリカの企業でも日本の企業でも、会長や社長がCEOもしくはCOOを兼任することがあり、頭の中で混同する方がいると考えられます。 また、日本においては代表取締役などと異なり、CEOやCOOに法的に決められているものではないため、あくまでも社内における呼称となります。

COO(Chief Operating Officer)

COOとは、Chief Operating Officerのことで、日本語では「最高執行責任者」と訳されます。 上記した通り、CEOの決定を実際に執行する役職で、序列ではCEOの下になります。企業によってはCEOとCOOと兼任することもあります。

CFOとCMOについて

上では一番メジャーなCEOとCOOについて見ましたが、他にも有名な役職はあります。 次は、その中でもCFO、CMOの2つについて紹介していきます。 聞いたことがない方もいるかもしれませんが、どちらも重要な役職で、アメリカ型の企業と接点を持つ場合には知っておくべき立場とも言えます。 では、詳しく見ていきます。

CFO(Chief Financial Officer)

CFOとは、Chief Financial Officerのことで、日本語では「最高財務責任者」と訳されます。 企業において、資金調達や運用など、財務・経理に関する業務執行を統括する立場であり、それらに関して社外取締役に対して説明する能力が求められます。 また、アメリカ型の企業では、取締役会と執行役の2段階による統治が行われていますが、この両方を兼任する立場を社内取締役と言います。社内取締役には通常、CEOやCOO、CFOが就き、CFOはCEO、COOに次ぐ重要な役職と言えます。

CMO(Chief Marketing Officer)

CMOは、Chief Marketing Officerの略で、の本語では「最高マーケティング責任者」と訳されます。 CMOは、その名の通り企業のマーケティングそのものに責任を追うことはもちろん、マーケティングの視点から企業組織全体の方向性や戦略の決定にも携わっている、非常に重視されている役職です。

CMOの扱うマーケティング部門は、顧客や市場とのコミュニケーションの窓口にもなります。そのため、顧客中心主義の経営が広まっている今、他部門との連携を推進していく役割を担っています。 また、 企業のブランドを扱う部門であるため、CFO同様社外に対しての接点となる立場でもあります。

それ以外のアメリカの役職一覧

主要な役職、聞いたことがある役職といえば、上で紹介してきたCEO、COO、CFO、CMO だと思いますが、他にもアメリカの企業において任命される役職は沢山あります。 日本ではまだマイナーなもの、最近設置が増えきたものを含め、いくつか紹介していきます。

CTO(Chief Technology Officer)

CTOは、Chief Technology Officerの略で、日本語では「最高技術責任者」と訳されます。 IT関連の責任者を指し、技術戦略や研究開発の方針決定、実施を行います。製造業やIT分野など、技術が重要視される企業では社内取締役に就任することもあり、CEOやCOOに次いで重要な役職となることがあります。

CSO(Chief Strategic Officer)

CSOは、Chief Strategic Officerの略で、日本語では「最高戦略責任者」と訳されます。 アメリカ型企業において、企画・企業戦略の責任を担当する役員を指します。 また、CTOと同様、社内取締役に就任することもある、強い権限を持った役職です。

CAO(Chief Administrative Officer)

CAOは、Chief Administrative Officerの略で、日本語では「最高総務責任者」と訳されます。 企業では総務に関する業務執行を統括し、保管が義務付けられている書類の作成・管理を行います。そのため、弁護士や会計士の資格を保有している方も多いです。

CLOは、Chief Legal Officerの略で、日本語では「最高法務責任者」と訳されます。 名前の通り、会社で法務に関する業務を執行する役職なので、弁護士資格を保有する方が多いです。

CIO(Chief Investment Officer)

この項で見るCIOは、Chief Investment Officerの略で、日本語では「最高投資責任者」と訳されます。 アメリカ型の企業で、資産運用会社などの資産運用部門を統率する役職です。

CIO(Chief Information Officer)

次に見るCIOは、Chief Information Officerの略で、日本語では「最高情報責任者」と訳されます。 経営戦略に対応した情報戦略や、投資計画の策定などを行う役職で、近年設置が増えてきた役職でもあります。

CCO(Chief Compliance Officer)

CCOは、Chief Compliance Officerの略で、日本語では「最高法令遵守責任者」と訳されます。 コンプライアンス体制の構築や運営に関する責任者で、CIO(Chief Integrity Officer)と呼ばれる場合もあります。

CIO(Chief Integrity Officer)

CIOは、Chief Integrity Officerの略で、CCO(Chief Compliance Officer)と同様、「最高法令遵守責任者」と訳されます。 立場や仕事内容は上記した通りです。

CDO(Chief Diversity Officer)

CDOは、Chief Diversity Officerの略で、日本語では「最高多様性責任者」という訳があります。 仕事は名前の通りで、企業で人種、性別、年齢などにこだわらずに多様な人材を活かす目的があり、組織の多様性を広めたり、少数派の社員が差別を受けていないかの監視などの役割も負っています。

CRO(Chief Risk Officer)

CROは、Chief Risk Officerの略で、日本語では「最高リスク責任者」と訳されます。 企業にまつわる様々なリスクを管理し、対応する責任者を指します。

CCO(Chief Customer Officer)

CCOは、Chief Customer Officerの略で、顧客満足ついて責任を負う役職を指します。 強いて日本語に当てはめれば、「最高顧客満足責任者」となるでしょうか。

CCO(Chief Communication Officer)

この項で見るCCOは、Chief Communication Officerの略で、日本語では「最高コミュニケーション責任者」と訳されます。 名前の通り、企業におけるコミュニケーションの統治責任者で、他社との交渉や記者会見など、社外でのコミュニケーションに責任を負います。 欧米などでは近年、設置する企業が増えてきています。

CKO(Chief Knowledge Officer)

CKOは、Chief Customer Officerの略で、ナレッジマネジメントに関する責任者を指します。 ナレッジマネジメントとは、個人の持つ知識や情報を組織全体で共有し、有効に活用して業績を上げる経営手法のことで、 日本語では「知識管理」などと訳されます。そのため、CKOを日本語にすると、「最高知識管理責任者」と言えるでしょう。 近年注目が集まる中で、CKOを設置する企業も増えています。

CEOとCOO以外の役職も重要

以上、アメリカ型の企業における役職について見てきました。企業内ににおける重要性については、CEOやCOOはもちろん、CFOやCMO、CTO、CSOなどの役職も発言に影響力があり、企業の経営に深く携わっていることがわかったと思います。 その他の役職については、必ずしもどの企業にもある役職ではないので、こんな名前の役割もあるのか、くらいの認識で問題ないと思います。中でも、CDOやCKOなどは日本の企業にはなかなかない概念だと思うので、役職を知ることで外国の企業や考え方も知ることができます。それらを知ることによって、これからの経営戦略などの参考にもなり得るでしょう。

しっかりと違いを把握しましょう

いつも係長、課長、部長、社長、会長という呼び方かもしれませんが英語での役職ひょうきがわかるとよりスマートなビジネスマンだと思われます。ぜひ覚えて活用して見てくださいね。

関連タグ

アクセスランキング