IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

薬学部の主な就職先一覧・就職先別の年収・就職活動のポイント

更新日:2020年08月14日

職種研究

皆さんは、「薬学部」でどんなことを学び、どんな就職先があるのかご存知ですか?実は、「薬学部」で学ぶ知識や技術は多くの仕事で需要が高く、安定した就職が望める学部なんです。今回は、この「薬学部」についてご紹介していきたいと思います。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

薬学で学ぶのは薬に関してだけではない

薬学では「コミュニケーション力」も学ぶ

薬学部の主な就職先一覧

薬学部でどんなことについて学んでいくかが何となく分かったところで、今度は薬学部の主な就職先について皆さんにご紹介していきたいと思います。 早速ですが、薬学部の主な就職先を以下にいくつかまとめてみました。 ・薬剤師 ・MR ・製薬会社の研究員 ・管理薬剤師

最も多い就職先は「薬剤師」

次に多い就職先は「MR」

次にの就職先が、製薬企業の研究職や開発職です。これは基本的に大学院を卒業した学生に多く、偏差値上位校の学生からがある就職先でもあります。

その他には「管理薬剤師」や「製薬会社の研究員」も多い

公務員場合、「学校の保健室の先生」も多い

薬学部の主な就職先 ~年収別~

薬学部の就職率はほぼ100パーセント

薬学部は安定就職を得られる

次のページ
初回公開日:2017年02月01日

記載されている内容は2017年02月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング