IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活時の適性検査の問題と種類・対策と問題集・検査に落ちやすい性格

就活ノウハウ

就活生の頭を悩ませる適性検査。実は性格診断と言語・非言語のテストがありボリュームもたっぷりあります。就活の第一歩が適性検査であり、避けて通れないのが現状です。テストの種類も複数ありそれぞれに対策が必要です。分かりやすく適性検査をまとめた本ページ、御覧ください。

更新日時:

就活における適性検査の重要度は?

就活生の皆さん、適性検査とはなにかご存知ですか? 実はこの適性検査、就活において非常に重要な要素のひとつとなっています。 ここでは適性検査の種類や対策について説明します。

そもそも適性検査とは?

適性検査とは、計算問題や文章問題、性格診断等を基に適した素質をもっているかを判定するための検査を指します。 学力や性格、知能や地頭等を測ることにより就業など特定目的に対する適性能力を調べる検査です。 一般的には言語・計数・一般常識・性格のジャンルで出題されると言われています。 つまり、就活で行われる適性検査は企業に合った人材かを見極めるという目的が有ります。 もちろん面接でも人柄はわかりますが、応募した就活生全員とお会いするのは相当時間がかかります。 そのため、足切りのような意味合いでこの適性検査を行っている企業も少なくありません。 就活をしている学生から見たらシビアな話ですが、現在面接前にその能力を見極める機会が少ないのも確かです。 適性検査で落ちることのないよう、万全に対策していくことは就活の第一歩とも言えるでしょう。

適性検査ってどんな内容?

適性検査には大きく分けて2つあります。 それぞれ説明していきましょう。 【能力検査】 適性検査の1つ、能力検査。 ここは知識面を問われる内容となっています。 主に一般常識や論理的思考力、時には発想力や思考の柔軟性等も求められます。 就活だけでなく、就活終了後ももちろん大事にしていかなければいけませんね。 また能力検査の中でも「言語分野」と「非言語分野」があります。 いわゆる国語や英語の問題と数学・理科系の問題が中心です。 前者では文章作成能力や語彙力・伝達能力を、 後者では幅広く計算や図形問題も出題されるので、小学生高学年程度のレベルから出ることもあります。 簡単な問題は落とさないよう、意識的に対策できるといいですね。 文章作成能力は就活で面接後、御礼メールを企業へ送る際にも有効です。 就活中他にも役立つと割り切って勉強しましょう。 【性格検査】 そして適性検査のもう1つ、性格検査。 こちらは性格の傾向を分析するために200問−300問程度の問題を短い時間で記入していきます。 簡単に言うと、「どちらかというと積極的に行動する方だ」「仕事への忍耐はあるほうだ」等、希望職種に一致した性格かどうかをチェックしています。 もちろん、企業の風土によっては積極的な人間が好まれる傾向もあります。 それを見越した上で回答する方がいますが、就活中は営業職・技術職等希望があるかと思います。 ただここから部署を判断されてしまうケースが有り、仮に入社できたとしてその後自分に合わない部署に配属されてしまうリスクもあるので自分を偽らないほうがベターじゃないでしょうか。

適正検査の種類って?

この適性検査、実はいくつか種類があります。 検査の種類によっても大きく内容が変わってくるため、就活で自分で志望する業界・企業がどういった内容のものを使っているか事前にリサーチしましょう。

【SPI】

最も有名な適性検査の1つです。 就活のために大学の授業で取っている方も多いのではないでしょうか。 こちらは、「回答した問題の中で誤答した割合」を測っていることがあるというのが最大の特徴です。 つまりテストでよくあるような、「わからないので適当につける」というやり方が大惨事を招く可能性があります。 もし自信がない場合は未回答でもいいのかもしれませんね。 とはいえ、ここまでやっていない企業もあるので事前にネットでリサーチしておきましょう。

【玉手箱】

こちらも有名な適性検査です。 SPIがかなりメジャーなのでこちらを対策しない方もいますが、 かなり色々な企業が導入しています。 自宅PCで受けるWebテストとしてトップシェアを誇ります。 1問あたりに割ける時間数が少ないのが特徴です。 効率よくサクサク解いていきましょう。

【TG-WEB】

あまり耳慣れないと思いますが、れっきとした適性検査の1つです。 最近導入する企業も増えてきています。 TG-WEBの特徴は難しいということ。 就活生の中でも見たことのない問題が出た、話題になったこともあるほどです。 新型・従来型と種類がありますが、新型は量が多く、従来型は問題の質が高いという 特徴があるのでそれぞれ対策をしておくことをオススメします

就活するにあたり、それぞれの対策は非常に重要ですね。

就活における適性検査の対策は

では、適性検査の対策はそれぞれどうすればいいのでしょうか。

能力検査編

おそらく就活生の皆さんが悩んでいるのは能力検査だと思います。 英語・数学・国語・時事問題とかなり幅広く出題されます。 MAXでも高校生低学年くらいの問題なので、そこまで難しい問題が多く出題されることはまずありません。 ただおそらくどの学生も時間が足りないことがしばしばあるかと思います。 それは問題数が非常に多いからであり、ペース配分をしっかり考えれば出来る問題と出来ない問題を取捨選択することでより正確に正解を拾うことができます。 もちろん本やWebテストで対策をすることは必須なのですが、それ以上に自分の力量を見極めた上で時間配分をしていくことが大事です。 さて、上記を含め失敗しやすい学生の特徴をまとめてみると・・・ 1,時間をかけすぎてしまう →問題数が多く、全て回答するのはなかなか難しいものです。 解ける問題を中心に進めてもらい、時間がかかりそうな問題は先送りにして時間の余裕があれば取り組みましょう。 2,準備不足 →こちらは当たり前のようですが、毎年必ず簡単だから、そこまで重要ではなさそうだからという理由で特に対策しない学生がいます。 確かに簡単な設問もありますが、上で触れたようにテストの種類も3種類・英語・計数・国語・時事問題と対策しなければ解けない問題も多々あります。 時間がない際は新聞を読んだり、スマホでニュースを見るなど世間の流れをしっかり把握しましょう。 となります。 いずれにしても対策しないと痛い目を見るので、就活生の皆さんは大学での授業・SPI対策講座等を積極的に受講してみてください。

性格検査編

上でも触れたとおり、自分の性格がどちらかというと落ち着いているのに今受けている企業さんはアグレッシブな風土、だからそれに合わせる! というような答え方をしていくと、必ず途中で矛盾が生まれます。 ここで点数が落ちてしまうだけならいいのですが、この性格検査にはアラートがついており 「嘘をついていると考えられるため、信憑性がありません」のような文言が表示されてしまいます。 こういった内容が出てしまうと、企業としても採用したいとは思わないですよね。 自分を偽ること無く答えたほうがベターというのはこういった背景から来ています。 上記含め、失敗しやすい学生の特徴は・・・ 1,自分を偽って答える →自分を偽って、より良い人間に見せようとすると200−300問も質問があるので当然ながら矛が生まれやすくなります。 当然信憑性が下がり、企業からははじかれてしまいます。 企業や職種に合わせて答えを考えるのもいい心がけではありますが、適性検査には嘘をついていないかを判断するために質問も含まれています。 自分の良さをアピールしつつ、矛盾が生まれないよう心がけましょう。 2,性格が極端 →多くのベンチャー企業では、能動的に行動できる学生を採用したいと考えています。 しかし、その性格が極端すぎると会社の中で馴染むかどうか、活躍してくれるモチベーションが保てるかどうかが焦点となり、見送られてしまうことがあります。 逆に人と接することが極端に苦手な人も同様に落ちてしまうことがあります。 技術職は人と交わることが少ないから、とエンジニアを志望される方も多いですが実際は進捗を報告する・イレギュラーがあれば都度連絡する・技術のこと、チームのこと、会社のことで思う所があれば相談する、といった報連相は必須スキルです。 もし苦手な方がいるのであれば就活だけでなく学校内でのコミュニケーションも意識して取ってみてはいかがでしょうか。

就活生にとって適性検査とは

いかがでしたか? 就活生にとって適性検査とは、就職への第1歩であり、非常に重要なものです。 自己分析・業界分析・企業分析・面接対策等やらなければならないことはたくさんあります。 ですが、この適性検査だけで合否を判断する企業もあるのが実情です。 今までの企業分析に+して適性検査の種類はなにか、能力検査はあるのかも追加して調べてみるといいかもしれないですね。

関連タグ

アクセスランキング