IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

努力に関する名言集|スポーツ/一言/英語/四字熟語/偉人/漫画など

更新日:2020年11月08日

ビジネスマナー

「努力は必ず報われる」と言う名言はよく聞きますが、努力をしてきた成功者達はどんな教訓やメンタルを持っていたのでしょうか。今回は、成功するためのモチベーションにつながる、偉大な成功者達の名言の数々を紹介していきたいと思います。

「努力」とは?

あなたには何か成し遂げたい夢や目標はありますか? また、そのためにどんな努力をしていますか? 夢や目標は人によって様々ですが、それを叶えるための全てに共通する事と言えば「努力」ですよね。 デジタル大辞泉によると「努力する」とは「ある目的のために力を尽くして励む事」とあります。人の数だけ努力の数も方法もあり、その定義も様々ですが、成功者達の残した名言の中には成功へのたくさんのヒントが隠されています。その名言をどのようにして捉え、どのようにして活用していくかはあなた次第。ここでたくさんのパワー溢れる名言に触れていって下さい。

アスリートがしている「努力」とは?

努力とは言っても、一体どうすればいいのでしょうか。「努力している人」で連想されるのは、やはり有数アスリート達です。彼らは誰ひとりとして「準優勝でいいです」や「金メダルじゃなくても入賞出来たらいい」などと言う中途半端な目標は立てていません。シンプル、かつ大きく「優勝」「金メダル」です。 彼らはどのように目標を設定し、どのような努力をしているのでしょう。まず始めにそのメンタルのヒントとなる本田圭佑選手の名言をここからは紹介していきます。

プロサッカー選手「本田圭佑」の名言集

自分と向き合って、格闘して、自答して、自分に打ち勝ち、生き続ける事が、与えられた使命。自分だけではなくみんなです

自分自身に向き合う事、これでいいのかと自問自答していく事、こうやって自分と常に闘うことは、出来そうで簡単には出来ない事です。努力をしない人は出来ない理由を口にしますが、努力する人は出来るためのアイデアを次々と口にします。その努力を「使命」と言う言葉で表現している所にパワーを感じますね。

大きい事を吐いたら、最初笑われますよね? それで見返した時の周りの対応が好き。

本田選手はビッグマウスとも言われていたと思いますが、結果を出していなければ「口だけのお調子者」と言われるだけです。本田選手はそのリスクを背負った宣言をした上で、自分の放った言葉に責任を持ち、結果を見せてくれています。それを成し遂げられたのは、人並ならぬ努力によって導き出された実績があったからなんですね。 「アファメーション」と言う言葉をご存知でしょうか。潜在意識は自分へ掛けられた言葉を信じ、その言葉と一致した行動を取らせようとします。「必ず優勝します」と言えば優勝に向かった意識が働き、それに見合った努力や行動を無意識に引き起こしますが、逆もあると言う事です。「自分にはどうせ無理」と言ってしまえば、出来ない自分が潜在意識の中で作り出されます。そうすると意識は出来ない方法や行動に向かっていってしまうのです。 本田選手のこの名言はアファメーションそのもの。ビッグマウスを公然の場で言い放つ事で、自然と実現のための努力に移していたとても説得力ある名言ですね。

俺の人生は挫折の連続です。でもそこから這い上がろうとして、未知の世界を知る事もあります

日本に留まらず世界で活躍する本田選手ですが、そこに至るまでは数々挫折があったと言います。しかし挫折があったとしても、何度も何度も這い上がろうとしたからこそ知れた事があるんですね。それは挫折しても諦めないという努力をした人にしか見えない世界です。

挫折は過程。最後に成功すれば、挫折は過程になる。だから成功するまで諦めません

本田選手にとっての努力の意味は、この名言が一番上手くまとめています。「挫折した」「失敗した」と言う事は、そこで諦めてやめてしまえばその言葉が実績として残ってしまいます。ですがどんな挫折も失敗も、最後に成功を収めれば確かに過程だったと言えます。つまり本田選手の努力とは「成功するまで諦めない」と言う事なんですね。

たった一言の名言集

アスリート達は自分のメンタルトレーニングや、そこから導き出された結果をもとに力ある名言を残しますが、世の中には短いたった一言が人の心に勇気を与える事もあります。どんな成功の陰にも隠された努力が存在する、ここからはそんなインパクト絶大の一言名言をお届けします。

天才というのは、無限に努力出来る能力の事です

次のページ:漫画の名言集
初回公開日:2017年02月01日

記載されている内容は2017年02月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング