IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

医療事務の志望動機例・未経験/経験者/新卒/転職の志望動機

更新日:2020年11月08日

ビジネスマナー

資格としてもの医療事務の資格。また、職業としても女性にはとてもの医療事務のお仕事。未経験でも働ける?などの疑問も多いと思います。今回は、未経験の志望動機や新卒や転職の際の志望動機や資格を保有していない場合の志望時などをご紹介いたします。

医療事務の志望動機のポイントはなぜこの病院なのかを話せるかが重要!

医療事務の職場は主に病院になります。業務は病院によって労務や勤怠なども行う場合がありますが、主にレセプトの作成が業務になります。そのため、病院によって業務内容はほとんど変わりません。だから、あなたがなぜ、その病院で勤務したいのかを明確にしなければなりません。 例えば、病院に一度足を運んでみることや、どのような設備がありそれらを動かす看護師さんやお医者さんの支えをしたいなどを加えていくことが必要です。また、医療事務は窓口業務であるため、接客のスキルやコミュニケーション力を要求されます。 そのため、あなたの接客業の経験ややりがいについてアピールすることも大切です。そして、なぜ事務職の中で医療事務を選んだのか、医療事務でなくてはならないのかを明確にしておく必要があります。

医療事務未経験の方の志望動機は、接客業の経験や医療事務職を選ぶ理由がポイント

初めて医療事務の仕事に就く方は、これまでの接客業の経験やコミュニケーションスキルなどをアピールすると好印象になります。また、接客業などを通じて、心や体のケアをする仕事の一端をしたいのような、医療にかかわる仕事に対する思いなどを盛り込むと好印象です。そして、なぜ初めての医療事務の仕事をその病院で行いたいかについて触れることも大切です。 そのためには、病院のホームページを見るだけでなく、大きな病院なら待合室などの実際の雰囲気などを見学に行ってみる事も良いでしょう。また、医療事務職が今後もなくならない有望な職種であることから生涯続けていきたいのような、今後のビジョンなども語られるさらに良いです。

医療事務未経験の方の志望動機例

私は、これまで受け付けの接客や事務の仕事などを行ってきました。その際、人とたくさんお話をすることのやりがいや事務職として営業マンや会社の方を裏方で支えるやりがいを感じて仕事をしていました。 医療事務の仕事は、事務をしながらたくさんの人と話すことができ、人の心や体のケアの仕事の裏方として支えることができるため大きなやりがいを感じ、今後も無くなることがない職種であり生涯長く続けていける職であるため、採用された後も勉強をしながら結婚して家庭を持った後も、仕事として続けていける仕事であるため、医療事務の仕事を行いたいと考えました。 そして貴院は、とても受付の雰囲気もよく、設備やお医者さんや看護師さんの評判も地域でも良く、貴院の一員として看護師さんやお医者さんの支えとして働きたいと考えたため、志望しました。

医療事務経験者や転職の場合は経験をアピールすることが重要

医療事務経験者や転職の場合は、これまでの業務の経験などをアピールすることがとても重要です。 例えば、どれくらいの期間医療事務に携わっていたのかや、どのような業務を行ってきて、どのようにやりがいを感じていたなどを盛り込むことが大切です。 また、なぜ、今の病院を辞めてあなたが希望する病院へ行くのかは必ず面接の際に問われるため、志望動機に盛り込んでおくことをお勧めします。

医療事務経験者や転職の場合の志望動機例

私は今まで内科の病院で医療事務として2年間働いてきました。内科の業務は正確さや速さが要求されます。そして、高齢者の方が通院することが多いため、高齢者の方のお話聴いたり気遣ったりしながら、業務を行ってきました。業務を通して、患者さんが安心して病院に通えるような雰囲気づくりや接客対応を行い、レセプトの作成も患者さんを待たせない様に迅速に正確に行うことを心掛けてきました。 これらの業務の中で、時々お子さんが病院に来る際に泣きながら来る姿などをみた際に子供も病院に笑顔で来るようにすればどうすればいいかなどを考えるようになり、できるだけ優しく明るい笑顔で子供たちに接していく中で、今後のスキルアップや子供の近くで医療事務の仕事に携わりたいと考えるようになり、小児科の医療事務を志すようになりました。 その中で、貴院を選んだ理由は、私自身も子供と通院することがあった際に医療事務の方が笑顔で子供たちに接しており、私の子供も安心して病院に通うため、貴院の一員として働きたいと考えるようになり、志望しました。

新卒の医療事務の場合は学生時代の経験と医療事務の仕事をリンクさせることがポイント

新卒の就職活動の際に医療事務を志望される方は少なくないでしょう。求人数も非常に多いですが、志望者も非常に多いです。新卒の医療事務の場合は、学生時代の経験を盛り込むことが大切です。例えば、学生時代に医療事務の資格を取得しいる場合は志望動機として盛り込めばアピールになります。また、医療事務としてアルバイト経験がある方も志望時に盛り込めばプラスです。 これらの経験や資格がない場合でも、接客業などで人と接することが好きや、医療に携わる仕事がしたいなどを志望動機として盛り込むのも熱意として好印象になります。

新卒の医療事務の志望動機例

私は、学生時代接客業のアルバイトをしており、人と接することの喜びややりがいを感じながら2年間アルバイトを行っていました。就職をする際にも人と接することのできる仕事をしていきたいと考えました。その際、人とかかわりながら心や体のケアの裏方として患者さんと接することのできる医療事務の仕事に関心を持ち、医療事務の資格を取得しました。 そして、1年間病院の夜間受付の窓口でアルバイトとして働くことで、急病の患者さんの対応や正確さや迅速さをもためられる業務に初めはミスなどをして多くの困難があり余したが、業務を通して、迅速に正確に業務を遂行できるようになり、患者さんの付き添いの方に何度か感謝の言葉を頂き、この仕事を大学を卒業しても続けたいと考えるようになりました。 その中で、なぜ貴院を選んだかと申しますと、貴院の受付の対応の良さは地域内でも評判が高く、看護師さんやお医者さんも非常に優秀な方が多く、私も貴院の一員として、医療を裏方で支える医療事務として働きたいと考えたからです。

医療事務の資格がない場合の志望動機は接客の経験や医療になぜ興味を持ったのかがポイント

初回公開日:2017年01月30日

記載されている内容は2017年01月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング