IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

レバテックキャリアの評判と特徴6つ!メリットとデメリット

転職サービス・サイト

レバテックキャリアはIT業界専門の転職エージェントです。最近拡大していて、名前を聞いたが実際どんなエージェントなのかと気になっている人も多いのではないでしょうか。本記事ではレバテックキャリアの特徴やメリット・デメリット、実際の利用者の口コミを紹介します。

更新日時:

レバテックキャリアとは

レバテックキャリアとは

レバテックキャリアはITエンジニアに特化した転職エージェントです。運営はレバレジーズ株式会社で、本社は渋谷ヒカリエにあります。 キャリアコンサルタントはエンジニアとしての知識も豊富で、模擬面接は本番同様の質であるため、本番前に大きな自信をつけることができます。今まで気づいていなかったエンジニアとしてのアピールポイントなども、新たに見つけてもらうことができます。 また、レバレジーズはフリーランス向けサービスも行っています。

スキルを活かして転職する

スキルを活かして転職する

IT転職のプロであるレバテックキャリアは、スキルを活かした転職の後押しをしてくれる転職エージェントと評判です。 レバテックキャリアは専門のスキルを活かせるので、他のエージェントでは提供できない高収入の求人などを扱っています。 入社決定後のフォローが手厚いのも特徴です。選考が終わった後でも円満に退職するためにサポートしてくれたり、入社後の状況についてもフォローアップしてくれたりします。

レバテックキャリアの特徴6つ

レバテックキャリアの特徴6つ

レバテックキャリアはIT転職に特化したスキルを活かして転職する人向けの転職エージェントです。 申込みや登録はWEBで無料でできます。登録後、3営業日以内にレバテックキャリアの担当者から今後のサポートについて連絡がきます。カウンセリング後、求人の紹介、応募&面接を経て内定&入社が待っています。 そんなレバテックキャリアの特徴6つをご紹介します。

レバテックキャリアの特徴1:IT専門のエージェント

レバテックキャリアの特徴1:IT専門のエージェント

キャリアアドバイザーは、IT業界に精通したプロフェッショナルがサポートします。 IT・Web業界に特化したエージェントであるため、業界の常識やプログラミング言語などの専門用語もしっかり考慮してもらえます。担当者の知識に関してはいい評判も多いです。 転職希望者の要望をしっかり吸い上げ、紹介企業の雰囲気やキャリア、働き方に合わせた転職先を提案してもらえます。IT・Web業界に特化したエージェントだからこそのサポートです。

レバテックキャリアの特徴2:IT業界の求人案件が豊富

レバテックキャリアの特徴2:IT業界の求人案件が豊富

IT業界に特化しているレバテックキャリアは、通常の転職エージェントでは取り扱っていない求人案件を多く持っています。 レバテックキャリアは年間累計3000回以上の企業訪問による実績から、「非公開」「高給与」の求人が多数揃っています。数多くの企業訪問によって構築された絶対的な信頼から、よりよい条件を引き出すことも可能です。

レバテックキャリアの特徴3:細かい対策で内定率が高い

レバテックキャリアの特徴3:細かい対策で内定率が高い

レバテックキャリア独自の「強み発見テクニカルヒアリング」により、あなたの「知らなかった強み」を最大限に引き出し、企業への推薦状を作成しています。 レバテックキャリアは、徹底的な職務経歴書の添削や模擬面接での企業別対策から強みを的確にアピールし、高給与求人への内定を可能にします。 レバテックキャリアは企業別の細かい面接対策により、高い内定率を誇っています。また、書類通過率も60%超と高くなっています。

レバテックキャリアの特徴4:決め細やかなサポート体制

レバテックキャリアの特徴4:決め細やかなサポート体制

レバテックキャリアは、1人1人に誠実に向き合ってコンサルティングをしてくれます。 レバテックキャリアの面談は、IT業界や技術面に精通している担当のカウンセラーとマンツーマンで行うスタイルです。他の転職エージェントが機械的に求人紹介しているのに対して、レバテックキャリアはしっかりとニーズを洗い出してマッチングをしています。 レバテックキャリアは、転職希望者一人ひとりに親身なサポート体制があります。

レバテックキャリアの特徴5:キャリアに合わせた転職先を提案

レバテックキャリアは転職者が希望する職種をカウンセリングなどの際に細かく聞き出し、担当のキャリアカウンセラーが現在のスキルなどを加味した上で適した求人を紹介してくれます。 システムエンジニアとして働いていたがプロジェクトマネージャとして転職するケースなどは、既にIT関係の専門知識の基本部分を身につけていることを前提として、レバテックキャリアで希望に沿った求人を見つけることができます。

レバテックキャリアの特徴6:フランクで話しやすい対応

レバテックキャリアの特徴6:フランクで話しやすい対応

レバテックキャリアの転職サービスでは面談はカウンセリングという名前で実施されますが、担当カウンセラーの人柄がフランクで話しやすいと評判です。 レバテックキャリアの面接は求職活動の流れとして、インターネットのレバテックキャリアのページから初期情報などを入力して申し込んだ後の次のステップとして実施されています。

レバテックキャリアを使うデメリット

レバテックキャリアを使うデメリット

レバテックキャリアがIT専門の転職エージェントであることはご理解いただけたはずですしかし、実際に使う前にはメリットやデメリットなどの評判についても知っておきたいところです。 そこでここからは、レバテックキャリアを使うメリットとデメリットをご紹介します。まずはデメリットから見ていきましょう。

レバテックキャリアのデメリット1:未経験向けの求人は多くない

レバテックキャリアのデメリット1:未経験向けの求人は多くない

最近は需要の多さや年齢があまり関係ないことから、ITエンジニアを目指す人が増えていますが、レバテックキャリアの持っている案件の中で未経験者向けのものはあまり多くありません。 高い年収アップ率で知られているエージェントですが、その分要求も高いということでしょう。開発実務や社会人未経験の人は、まずは普通に正社員として就職し経験を積みましょう。 また、インフラエンジニアよりもWEBエンジニア求人のほうが多い傾向にあります。

レバテックキャリアのデメリット2:担当者の質にばらつきがある

レバテックキャリアのデメリット2:担当者の質にばらつきがある

レバテックキャリアを運営するレバレジーズは2005年設立と、比較的まだ新しい企業です。現在でも急成長を続けており、採用数も多いです。 しかし採用数が多い分、アドバイザーの中にも経験が多い人とそうでない人が出てきます。 「担当者ガチャ」とも言われるように担当者の当たり外れはどのエージェントにもありますが、レバテックキャリアは特に差が大きいと評判です。合わないようなら早めに担当変更してもらうようにしましょう。

レバテックキャリアのデメリット3:サポート地域が少ない

レバテックキャリアのデメリット3:サポート地域が少ない

先述の通りレバテックキャリアの本拠は渋谷なので、自然に取引先も東京に固まります。最近は関西や九州の求人も増えているようですが、レバテックキャリアで扱っている案件は関東に偏っています。 あなたが関東や関西などの都市部に住んでおらず、引っ越すつもりもないのであれば、レバテックキャリアを使うメリットはあまりない場合もあります。一度周囲の人から評判を聞いてみるのもいいでしょう。

レバテックキャリアを使うメリット

レバテックキャリアを使うメリット

レバテックキャリアのデメリットはわかったでしょうか?実際には登録しなければわからないことも多いので、気になったらまずは登録して話を聞いてみると良いでしょう。 そしてデメリットがあればもちろんメリットもあります。ここからは、評判からわかったレバテックキャリアのメリットについてご紹介していきます。

レバテックキャリアのメリット1:専門知識のあるキャリアアドバイザーに相談できる

レバテックキャリアのメリット1:専門知識のあるキャリアアドバイザーに相談できる

レバテックキャリアの強みはやはりIT業界専門であることであり、分野が狭い分深い知識を持ったアドバイザーが多いことです。キャリアアドバイザーとしてスキルを磨きながら業界知識を深めるのは、簡単なことではありません。 しかしIT業界専門のレバテックキャリアのアドバイザーは、元々の担当分野が狭いため、情報へのキャッチアップもしやすくなっています。リクルートなどの大手エージェントよりも信頼できる場合も多いでしょう。

レバテックキャリアのメリット2:大手IT企業への転職実績がある

レバテックキャリアのメリット2:大手IT企業への転職実績がある

レバテックキャリアの取引先にはリクルートテクノロジーズやDeNA、DMM、サイバーエージェントなど、誰でも一度は聞いたことのあるようなIT業界の一流企業が揃っています。このような有名企業への転職を支援した実績があることは信頼できる大きな材料になります。 実際に転職成功者へのインタビューもあるので、一度「レバテックキャリア公式サイト」を見てみることをおすすめします。

レバテックキャリアのメリット3:年収アップの実績が豊富

レバテックキャリアのメリット3:年収アップの実績が豊富

ITエンジニアは転職や独立で収入が上がりやすい職種ですが、レバテックキャリアも転職による年収アップの実績が多くあります。これは極端な例ですが、年収が320万円も上がった人もいるそうです。 年収アップのためには本人の能力はもちろん、スキルにマッチした案件を紹介する提案力が重要になります。豊富な転職支援の実績は、強い提案力の表れです。もちろん実際に年収が上がったという評判もあります。

レバテックキャリアの利用が向いている人

レバテックキャリアの利用が向いている人

ここまではレバテックキャリアの特徴・メリットやデメリットについて見てきました。関東のIT企業への転職を希望している人は登録して欲しいエージェントの1つです。なお、担当者の相性の問題などもあるため、転職エージェントは複数登録するのが基本です。 ここからはここまででご紹介した特徴なども踏まえ、どんな人がレバテックキャリアを使うべきなのか、考えていきましょう。

レバテックキャリアの利用が向いている人1:IT系の技術職にこだわって転職したい人

レバテックキャリアの利用が向いている人1:IT系の技術職にこだわって転職したい人

レバテックキャリアはエンジニア・プログラマー・コーダー・デザイナーなどの、IT業界の専門職・技術職にこだわりのある人におすすめです。 他にもマイナビエージェントIT、ワークポート、TechStarsなどのIT専門エージェントがありますが、レバテックキャリアは実績も多く、まず登録しておくべき一社になっています。

レバテックキャリアの利用が向いている人2:堅苦しいのが苦手な人

レバテックキャリアの利用が向いている人2:堅苦しいのが苦手な人

レバテックキャリアは担当がフランクだという評判が多く、スーツを着てかっちりした雰囲気で話すのが苦手な人や、楽しく自由に転職したい人におすすめです。 自分の良さが一番出やすい方法で転職するのがベストなので、ビジネスライクで礼儀正しいよりもフランクで正直に話しやすいのが好きという人は、一度登録して面談に行ってみると良いでしょう。

レバテックキャリアの利用が向いている人3:面接や自己アピールが苦手な人

レバテックキャリアの利用が向いている人3:面接や自己アピールが苦手な人

ITエンジニアは内向的な人に向いた仕事で、実際同僚に内気な人が多いという人もいるのではないでしょうか。内向的なのは悪いことではないですが、面接ではマイナスに働くことが多いです。 面接ではしっかりと自分の魅力を面接官に理解してもらう必要があり、自己アピールが苦手な人には不利な選考方法になっているからです。 エージェントがいればあなたの良さや強みを客観的に分析してくれますし、企業へプッシュしてくれることもあります。

レバテックの口コミと評判

ここまではレバテックのメリットやデメリットを見てましたが、いかがでしょうか。おそらく実際に利用した人の話を聞きたい人も多いのではないでしょうか。 ここからは少し実際の口コミを見てみましょう。口コミも見ながら、レバテックキャリアがあなたにむいた転職エージェントなのか考えてみましょう。 それではまずは悪い評判から見ていきましょう。

レバテックキャリアの悪い口コミ評判

レバテックキャリアの悪い口コミ評判

レバテックキャリアの口コミは、やはり担当者の質に関する不満が多く、レベルの差が出ていると言えます。ネットや電話などのツールの整備面が良くなかったという評判もありました。 レバテックキャリアの転職サービスは転職希望者のスキルに応じて最適な求人を提供してくれる可能性が高い反面、電話やインターネットなど対面以外のツールを用いて転職活動をするのは難しいことを理解した上で利用する方が良いでしょう。

レバテックキャリアの良い口コミ評判

レバテックキャリアの良い口コミ評判

レバテックキャリアの口コミの評判では「自分の希望を的確に説明したパターンでは希望に沿った求人先を紹介してくれた」という高い評価を得ています。 また、職務経歴書などの提出書類の作成を代わりに作ってくれたり、面接に同行して給与の話などを代わりに聞き出してくれるなど、実際の求職活動においても、転職希望者の要望に答えた対応が評価されています。 担当者が話しやすい・知識があって頼りになるなどの評判も多いです。

レバテックキャリア利用の流れ

レバテックキャリア利用の流れ

レバテックキャリアの特徴や評判をご紹介してきました。評判によるとやはり担当者の質にばらつきがあるようですが、レバテックキャリアを利用するか迷っているのであれば一度面談に行ってみることをおすすめします。 ここでは、実際にレバテックキャリアに登録して転職するためのステップを解説します。先に流れを把握しておき、転職活動をスピード感を持ってスムーズに進めましょう。

レバテックキャリア利用の流れ1:申し込み・登録

レバテックキャリア利用の流れ1:申し込み・登録

転職エージェントの利用は、なんといってもまずは登録しなければ始まりません。まずはレバテックキャリア公式サイトにアクセスし、名前やメールアドレスなどの連絡先を入力して登録しましょう。 履歴書などは任意ですが、転職には必ず必要になるので、職務経歴書とあわせて早めに用意しておくことをおすすめします。 数日以内に担当者から連絡が着ますが、このときは電話の場合も多いようです。また、紹介できる案件がないとこの時点で断られた人もいます。

レバテックキャリア利用の流れ2:カウンセリングと求人紹介

レバテックキャリア利用の流れ2:カウンセリングと求人紹介

無事登録が終わったら、次はキャリアコンサルタントとの面談になります。地方の場合は電話面談になります。この面談ではあなたの経験や持っているスキル、希望の仕事などを伝えます。 同時にエージェント側はあなたのアピールポイントなどを考え、紹介先の企業への紹介文を作る準備をします。面接が苦手でもこのカウンセリングの内容を元にエージェントが売り込みをかけてくれたりもするので、口下手は人ほどここで自分のことを伝えられるようにがんばりましょう。

レバテックキャリア利用の流れ3:選考を受ける

レバテックキャリア利用の流れ3:選考を受ける

面談が終わると、面談の内容をもとに担当者があなたにマッチする求人を探して紹介してくれます。紹介される案件の数は人それぞれで、3件しかないという人から20件来たという人もいます。 紹介された求人の中に興味のある案件があれば、応募意思を担当者に伝え、選考を受けます。レバテックキャリアは応募先の会社に合わせて細かく選考対策をするので、ここでも面談などを挟むことになります。

レバテックキャリア利用の流れ4:内定・退社・転職先への入社

レバテックキャリア利用の流れ4:内定・退社・転職先への入社

無事選考を通過して内定をもらったら、今度は今の仕事を辞めなければいけません。しかし退職手続きというのは誰にとっても面倒なものですし、しつこい引き止めなどのトラブルもよくあります。 レバテックキャリアは内定後の退職や入社の手続きに関するサポートも行っているので、はじめての転職の人でも安心して使うことができます。

レバテックキャリアと他のIT転職エージェントの比較

レバテックキャリアと他のIT転職エージェントの比較

もちろんIT業界の転職に強いエージェントはレバテックキャリア以外にもあり、違いがわからないという人も多くいます。ここではレバテックキャリア以外の転職エージェントを簡単に紹介し、特徴を比較していきます。 気になるエージェントがあれば同時に登録し、担当者の知識や対応、紹介される案件などを見比べてみましょう。担当者との相性によって紹介される求人も変わるので、まずは2,3社登録してみることをおすすめします。

エージェント名対応地域求人数IT専門エージェント概要
レバテックキャリア関東・関西・九州レバレジーズのIT専門転職エージェント。担当者のIT知識が豊富で、面談などでの細かい選考対策に強み。
マイナビエージェントIT全国×マイナビのIT向け転職エージェント。20代や2年目などの第二新卒におすすめのエージェント。
リクルートエージェント全国×業界最多の案件数を持つリクルートキャリアの転職エージェント。IT関連の求人も多く持っている。相性のいい担当者に当たれば好条件の求人をたくさん紹介してもらえる。
dodaエージェント全国×パーソルキャリアのエージェントサービス。業界2位の規模。IT業界以外も興味がある場合におすすめ。
type転職エージェント全国(ただし関東に固まっている)×ITやベンチャー企業への転職に強いエージェント。アドバイザーの対応の評判もよく、少し変わった求人も見たいという人におすすめ。
TechStars関東株式会社Branding Engineerの転職エージェント。東京の有名IT企業への転職実績がある。フリーランス支援のサービスもしているので、独立も視野に入れたい人におすすめ。
ワークポート全国IT・WEB・ゲームの求人専門の転職エージェント。持っている案件の幅は広いが、押しが強いという評判も。
ギークリー関東IT業界に特化した転職エージェント。雰囲気はワークポートに似ていると言われている。
アールストーン全国IT・WEB・ゲーム業界に特化した転職エージェント。IT業界であればエンジニアに限らず営業などの職種も。
TechClipsエージェント関東首都圏のITエンジニア専門転職エージェント。高待遇の案件に特化していて、転職成功で20万円のお祝い金がもらえる。

他社と比べてのレバテックキャリアの強み

他社と比べてのレバテックキャリアの強み

レバテックキャリアは「ITエンジニア」の転職に特化している転職エージェントで、システム・Web開発など、IT関係の求人のみを扱っているので、IT業界に勤めている場合、総合転職のサービスではなく、レバテックキャリアの方が有利と評判です。 レバテックキャリアの非公開求人数は業界最大級です。現場のプロダクトマネージャーや人事担当者などの繋がりからダイレクトに求人を得ることができるからです。

他社と比べてのレバテックキャリアの弱み

他社と比べてのレバテックキャリアの弱み

レバテックキャリアは、キャリアアップを前提とした転職は強いといえますが、キャリアチェンジを前提としたケースでは他社と比べて厳しくなります。 IT業界の知識が全くない状態の場合は、IT関係の専門知識を基本研修やOJTなどの業務内で取得させることを前提としている求人に頼らざるをえません。 レバテックキャリアはキャリアアップを前提とした求人が多いため、就職は厳しくなります。評判でも未経験者はサポートを断られているようです。

レバテックキャリアはエンジニアの転職におすすめ

レバテックキャリアはエンジニアの転職におすすめ

今回はレバテックキャリアの評判と口コミ・面談の雰囲気についてご紹介いたしました。 エンジニアに特化したキャリアコンサルタントだからこそ、あなたの希望に合った求人を紹介してくれます。レバテックキャリアで転職し、今より働きやすい環境と高収入を手に入れて有意義な生活を送ってください。 まずは無料相談からはじめてみましょう。

その他のIT転職エージェント

その他のIT転職エージェント

レバテックキャリア以外のIT転職エージェントはたくさんあります。 悪質なIT転職エージェントもありますから、気をつけましょう。ゴリ押しする、転職を阻止する、返事を急ぐようなIT転職エージェントには関わらないように注意してください。 評判をもしっかり確認し、レバテックキャリアのように登録から就職までのきちっとした流れができていて、信頼のあるIT転職エージェントを選びましょう。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング