IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

理学部の主な就職先一覧・就職率・有利な就職先と資格

更新日:2020年08月14日

就活事情

「理学部は就職が難しい」とよく言われますが、本当でしょうか。理学部は「真理の探究の府」であり、基礎的な学問を学びますが、就職の際にはそれを生かして就職先を探せばいいのではありませんか?本稿では、理学部と工学部の際の分析から始めて、「理学部の就職」を考えます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

理学部は就職が難しい?

理学部の先生は「世の中の役に立つ」より,「学問の進歩に役に立つ」ことを優先し、工学部の先生はその反対です。しかし最近は理学部の研究成果が直接世の中の役に立っているケースも見られます。いきおい、工学部の先生は企業とのつきあいも多く、学生の就職斡旋にも熱心です。そのため、民間への就職は工学部の方がある程度楽であることは否めませんが、「理学部は就職が難しい」とは言い切れません。 理学部出身の人の就職率がどのくらいなのか、就活のプロの意見を聞いてみるのも一つの方法です。エージェントを活用すれば、プロのキャリアアドバイザーの意見を間近に聞くことができます。

「就職率」と「進学率」

理学部・工学部の「就職率」という場合には「進学率」が除かれますが、工学部より理学部の方が進学率は高いので、いきおい理学部の就職率が低くなり、「理学部は就職が難しい」ということになるのではないでしょうか。また、理学部の中でも数学科や数理情報科は就職率が高くなります。

理学部生が就職するためには?

そして、企業の採用担当の役員から人事部までの多くは文系出身であり、彼らからしてみれば、まず理系人間に恐れと劣等感を持ち、その傾向は対工学部出身者より対理学部出身者の方が強いのではないでしょうか。ですから、理学部学生が就職するには、この「壁」を打ち砕かねばなりません(実は筆者は理学部出身です)。そしてこれができれば就職できます。相手に理解してもらって、「欲しい人材」と思わせることができれば就職できるということです。ここでは、恐れを知らない理学部生の方が如才のない工学部性よりパワーがあって、「率」なんかに目もくれず猪突猛進、が功を奏せば採用になります。 就職に関することは、プロでもあるキャリアアドバイザーに相談するのが一番です。しっかりと自分の理想に近い企業の求人を紹介してもらうために、エージェントに相談してみましょう。

理学部の就職率

理学部も工学部もあって就職率の高低を比較できる大学を探してみました。東京理科大は比較的進学率が高い大学なのですが、この大学を中心に、就職率や就職先を調べてみました。この大学を選んだのは、東大などの七帝大や首都圏の国立大では現実味がなく、これら以外で理学部や工学部があるのは東京理科大と立教大くらいであり、東京理科大の公表数字がまとまって公表されていて、最適であると思えたからです。まずは同大学の数値データを示します。

理学部、理工学部、工学部第一部(第二部は夜間制)・基礎工学部の平均の就職率は、それぞれ45.5%、44.4%、35.1%、32.7%です。東京理科大では、理学部・理工学部の方が工学部第一部・基礎工学部より就職率が高くなっています。数時から見れば、理学部・理工学部の就職が難しいとは言えません。まあ、希望した企業に入れていないということは考えられますが。

東京理科大理学部

初回公開日:2017年01月30日

記載されている内容は2017年01月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング