IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

財務部の仕事内容・経理部と財務部の違い・会社の中の財務部の役割

初回公開日:2017年01月30日

更新日:2020年06月02日

記載されている内容は2017年01月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

財務部とは、どのような部署なのでしょうか?このページでは、「財務部」にスポットを当てて、財務部の業務内容や社内におけるポジション、経理部との違いなどについてご紹介しています。財務部で働きたい方や財務部として働く可能性がある方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

財務部とはどんな部署?業務内容や会社での地位について

企業は、さまざまな部署や役職が集まって成り立っています。 経営方針を決定する部署や、営業をして業績に貢献する部署、人事などを担当して社員がスムーズに働ける環境を作る部署など、それぞれが大切な役割を持っており、企業をより良くする為に、業務に励んでいます。 企業によって、どのような部署を設けているのかは異なりますが、「財務部」という部署を設置している企業もあります。 人事部や営業部などと比較すると、日常的にはあまり名前を耳にしない部署かもしれませんが、どのような部署なのでしょうか? 今回は、「財務部」をテーマにして、業務内容や会社でのポジションなどをご紹介していきます。

財務部という部署について

まずは、財務部とはどのような部署なのか、基本的なことから見ていきたいと思います。 財務部とは、主に会社の資金に関する業務を担当する部署です。 同じように、金銭に関する業務を担当する部署として、経理部などが挙げられますが、財務部と経理部には、明確な違いがあります。 その違いについては、後程ご紹介していきます。

財務部の業務内容

財務部が、資金やお金を扱う部署であることが分かったところで、仕事の内容や担当する業務について、より詳しくご紹介していきたいと思います。 財務部の仕事は、大きく分けて3種類あると言われています。 「資金の調達」「財務計画の立案・実行」「資金の管理」の3種類です。 それぞれ、どのような業務を担当しているのか、以下で掘り下げていくでの、参考にしてみて下さいね。

財務部の仕事【1】:資金の調達

財務部の重要な仕事の1つとして、資金を調達することが挙げられます。 新たな商品を開発するのにも、新商品のPRを行うのにも、資金が必要です。 企業にとって、いつでも使える資金を調達しておくことは、生き残っていく為に欠かせないこととも言えます。 財務部では、そんな資金を調達する業務を担当し、経理部などが出したデータなどを把握し、自社の資金を管理したり、金融機関へ融資を求めたりしています。 また、株の発行で資金の増資をはかったり、社債を調達したりすることを考えていくのも、財務部の仕事です。

財務部の仕事【2】:財務計画の立案・実行

調達した資金を、どのように使ったり管理したりしていくか、財務計画を立案するのも、財務部の大切な仕事の1つです。 財務部としての見解や意見をしっかり持ち、財務という観点から、企業の経営に利益をもたらすことは、財務部の使命とも言えるでしょう。 その使命を全うする為にも、企業をより大きな企業へと成長させていくのに必要な資金の使い道を考え、計画的に使うことは、財務部の大切な業務の1つなのです。

財務部の仕事【3】:資金の管理

財務部では、調達した資金を計画的に使うだけでなく、いざという時に備えて、いつでも使えるように管理しておく業務も担当しています。 データなどを元に、企業の資金や現状を把握し、必要な資金を管理します。 また、いざという時にすぐに資金調達ができるように、融資などを外部の機関を頼れるよう話や契約を取り付けておくのも、財務部の仕事です。

経理部と財務部の違い

関連タグ

アクセスランキング