IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

登録販売者の受験資格条件・調剤薬局事務や看護師は実務経験扱い?

更新日:2020年08月14日

資格・検定

2014年以前から2016年以降で受験資格が変更された登録販売者。登録販売者の受験資格に年齢制限はあるのか、出生制限はあるのか、実務経験の有無による違い、薬局の事務や看護師は実務経験に加算可能か、実務経験の証明はどのように扱うのか、という内容でお送りします!

登録販売者とは

登録販売者とは、ドラッグストアや薬局などで、かぜ薬や鎮痛剤などの一般用医薬品の販売ができる医薬品販売専門資格です。登録販売者がいれば一般用医薬品の大多数を占める第二類・第三類医薬品の販売が可能になるので、企業にとって大きな戦力になります。ニーズが高く、就職・転職にも有利です。 次に、受験資格を確認しましょう。

「登録販売者」の受験資格は?

登録販売者になるにはどんな受験資格が必要なのでしょう。 登録販売者は、2014年度の試験までは学歴も条件でありましたが、現在(2016年以降)では学歴不問、誰でも受験ができます。実務経験の有無によって合格後(登録直後)条件つきで販売できるか、すぐに店舗の管理者になれるかなれないか等分かれます。

年齢不問、下限上限年齢なし

学歴不問、なので自分の名前が書ける人ならどなたでも受験できます。もちろん、高卒でも可能です。その後の働き方によって管理者代表者になれるかなれないかが分かれます。

出生不問、外国人留学生就労者でも

出生不問なので、日本語が理解できる人ならどなたでも受験できます。外国人技能実習生などは職場が内定した時点で在留資格が与えられるため、職場を移転できない厳しさがあります。また、3年たてば更新を行わなければいけないため、考慮してもらえるか確認した上で働きましょう!

実務経験による登録後の働き方の違いって?

実務経験の有無によって合格後(登録直後)条件つきで販売できるか、すぐに店舗の管理者になれるかなれないかなど、分かれます。 「過去5年以内に通算2年以上の実務経験がある人」は、2類・3類の医薬品販売も店舗管理者、管理代行者にもなれます。「過去5年以内に通算2年以上の実務経験がない人」は、2類・3類の医薬品販売は過去5年間で通算2年以上になるまで、薬剤師、店舗管理者、管理代行者の登録販売者の管理、指導の下で働く必要があり、その後に店舗管理者、管理代行者になれます。

2016年度から受験資格が今も続いている

2016年度の試験から受験資格が変わりました。それは、2017年度も2018年度も引き続き同じ受験資格になっています。 学歴は不問で、「過去5年以内に通算2年以上の実務経験がある人」は、登録後(合格後)すぐに2類・3類の医薬品販売、販売店舗での管理者、管理代行者になれます。 「過去5年以内に通算2年以上の実務経験がない人」は、2類・3類の医薬品販売は過去5年間で通算2年以上になるまで、「研修中」の扱いになり、薬剤師、店舗管理者、管理代行者の登録販売者の管理、指導の下で働く必要があります。その後に店舗管理者、管理代行者になれます。

2015年度の試験ではどうだったか

2015年度の受験資格は少し違いました。学歴不問という点では、同じでした。1年以上の実務経験で「店舗管理者または代行者」になれましたが、2015年の8月時点で、過去5年以内に1年以上の実務がない人は、登録販売者の「研修中」という扱いになり、「店舗管理者または代行者」になれなくなるのでした。2年以上の実務で管理者の下でなくても販売できるようになり。店舗管理者・代行者にもなれます。

2014年度の試験ではどうだったか

2014年度以前の受験資格は、2016年度以降、2015年度の受験者とは違い学歴に条件がありました。「大学などで課程を卒業した人」「高校卒業以上で1年以上の実務経験がある人」「4年間以上の実務経験がある人」「知識、経験が都道府県知事が認めた人」という条件でした。そして2016年度の改正に伴い、2020年の4月時点で過去5年以内に2年以上の実務経験がない人は「研修中」扱いになりました。

実務経験の有無で合格後の1〜5年間の扱いが変わる

ここで一旦まとめましょう。 2016・2017年度の受験資格は過去5年で通算2年以上の実務経験があれば、登録後(合格後)すぐに2類・3類の医薬品販売ができ、店舗管理者・代行者になれます。通算2年以上の実務経験がなければ「研修中」の扱いになり管理者の下で通算2年以上になるまで従事、通算2年以上になれば管理者の下以外での販売できるようになり店舗管理者・代行者になれます。 2015年度の受験資格は、2015年の8月の時点で過去5年で通算1年以上の実務経験があれば、登録(合格)後すぐに販売ができ、店舗管理者・代行者になれます。2015年の8月の時点で過去5年で通算1年以上の実務経験がなければ、「研修中」の扱いになり、過去5年で通算2年以上になるまで管理者の下で従事し、過去5年で通算2年以上の実務になれば、管理者の下でなくても販売できるようになり店舗管理者・代行者になれます。 2014年度までの受験資格は、学歴に条件があった分、登録直後に管理者の下でなくても販売ができ店舗管理者・代行者になれました。2016年度の改正に伴い2020年の4月の時点で過去5年以内に2年以上の実務がない人は、管理者の下での販売しかできなくなります。その後は、過去5年以内で2年以上の実務になれば、店舗管理者・代行者になれます。

受験資格に有効な実務経験について

次のページ:調剤薬局事務や看護師は実務経験に加算される?
初回公開日:2017年01月29日

記載されている内容は2017年01月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング