IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面白い仕事3選・転職にする面白い仕事の求人

更新日:2022年08月18日

職種研究

皆さんは仕事に飽きていませんか?毎日同じ仕事をしていたらどうしても飽きてしまいますよね。今まで働いていて「面白い仕事ないかな?」と思ったことは1度はあるでしょう。そんな新たのために「面白い仕事」をまとめてみました。是非参考にしてみてくださいね。

面白い仕事を知ろう!

世の中にはまだまだ知られていない、面白い仕事が多数存在しています。一体どんな内容の仕事なのか、厳選した3つの職種をご紹介しましょう。また、今の仕事に飽きており転職を考えている方に面白い仕事も解説します。「全く未知の世界に飛び込んでみたい」と思っている貴方は、是非参考にしてください。

面白い仕事3選

さっそくですが、面白い仕事を形式でご紹介します! もちろん人それぞれ価値観や何を重要とするかで”面白い”は変わってきますが、今回は独自の視点で面白い仕事をあげてみます。

3位:調香師(パヒューマー)

みなさんは、調香師(パヒューマー)という仕事を知っていますか? どんな仕事か詳しく説明します。

調香師という仕事

調香師(パヒューマー)とは、多種類の香料を、自身の類まれなる感性と経験と知識で得た技術で調合する仕事です。例えば化粧品やシャンプーに洗剤、香水といった「香り」が含まれる商品に関わる職業で、フランスでは政府の称号がある程、認知度が高いのです。因みに、食品の香料を生み出すのは「フレーバリスト」、香水等の製品の香料を生み出すのは「調香師(パヒューマー)」という違いがあります。・仕事の面白さ調香師がどうして面白い仕事なのか、それは「香りを自分の作品として世に出せる」からです。500種類以上もある香料の中から「製品のイメージに合った香り」を生み出すのは、他でもない調香師です。香りはとても重要で、嗅覚を刺激する事でその製品のイメージアップをしており、高級感やブランド感を醸し出しているのです。香りがあるのと無いのとでは製品の推しも違います、調香師はとても重要な役目を担っているのでしょう。

調香師になるには

調香師になる為に必要な資格は、正直申し上げて「特にありません」が、最近では日本にも専門スクールが解説されるようになりました。東京バイオテクノロジー専門学校や日本フレーバー・フレグランス学院といった場ならば、調香師の仕事内容について詳しく学べるでしょう。語学力があり、資金と時間に余裕があるならば、海外留学して、調香師養成スクーやGIP等で勉強するのも良いかと思います。しかし調香師に国家資格等の決まった資格がない為に、調香師養成校等へ進学しても資格を取得できる訳ではありません。学校やスクールで知識を身につけて、化粧品会社、または香料を取り扱う企業の求人を見つけてそこへ応募・就職します。化学的な要素を持つ事からも、調香師は理工系学部卒の経歴を持つ方が多いようです。

調香師の年収

年収は例えば、洗剤や化粧品メーカーの花王ならば700~800万、化粧品メーカー資生堂ならば800万~です。アロマオイルエステや入浴剤、ボディソープ等、生活必需品と香りは切っても切り離せない関係です。上手く大手企業に就職する事ができれば、平均サラリーマン以上の収入が見込める上に、他にはない面白い仕事が経験出来るでしょう。

2位:ファイナンシャルプランナー

2位は、みなさんも聞いたことがあると思いますが、ファイナンシャルプランナーです!

ファイナンシャルプランナーという仕事

ファイナンシャルプランナーとは、企業ではなく「個人」を対象とした仕事です。一家庭の年収や経済状況、年齢や家族構成といった様々な情報から、クライアントが満足できるライフプランを助言します。簡単に言えば「家計簿を確認・訂正してくれるお金の相談員」ですね、資産運用等のアドバイスをする仕事です。

仕事の面白さ

次のページ:1位:探偵
初回公開日:2017年01月30日

記載されている内容は2017年01月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング