IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

経営コンサルタントの仕事内容・年収|外資系/個人/中小企業

更新日:2020年08月14日

職種研究

経営コンサルタント激務で辛い一方年収は相当高いです。またアドバイスや助言をする経営コンサルタントはとても学生の就活生にとって相当の職種です。皆さんも就職や転職で年収がとても高い経営コンサルタントを目指してみませんか?

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

経営コンサルタントの仕事内容

経営コンサルタントとは?

経営コンサルタントは、企業の経営について専門的な知見からアドバイスを行い、業務改善や売上拡大を支援する職業です。会社の状態を多角的に調査・診断し、問題点と原因を特定、その解決策を提案したり、経営者自身に気付きを与えることが任務となります。 その内容は、財務や会計、生産管理や組織制度、営業やマーケティング、ITや知的権利まで、非常に多岐に渡ります。経営コンサルタントは、広義においてはそれら会社経営に関わること全般、狭義においては経営戦略が、関わる分野となります。

経営コンサルタントの仕事の仕方

一般的には、企業の経営者と契約を行い、企業の調査・検討に当たります。身分としては、企業やスタッフとして一般的な取引関係を結ぶ他、企業の顧問として参画する場合や、経営者の個人アドバイザーとして関わる場合もあります。企業との契約は、短期の期間契約が多いため、限られた時間内で資料収集や調査・分析を済ませる必要があります。 ぼやぼやしていると、調査した結果も古い情報となってしまいますし、高いコストを払って依頼している企業側としても、より完璧性の高い結果を求めますので、労働時間が長くなる傾向があります。半面、契約期間が終わった後は、次のコンサルタント業務までまとまった休暇を得られる場合もあります。

経営コンサルタントの種類

おおまかには国際的なネットワークを持つ外資、国内に地盤を持つ国内系、個人で独立した個人事業主の3つに分かれます。企業の規模に応じて、大手企業には規模の大きな経営コンサルタント会社が付き、中小企業の場合は、規模の小さい経営コンサルタント会社や個人のコンサルタントが付くことが多くなっています。 大手の場合、外資系と国内企業系の2つがあり、外資系の場合は世界各国でのグローバルな事例が共有されるメリットがあり、国内系の場合は日本の商環境に密着しているメリットがあります。

経営コンサルタントに求められる能力

企業の問題点をあぶりだし、その解決方法を提案するために、情報収集力、分析力、報告書の作成力、クライアントの説得力やコミュニケーション能力などが必要です。また技術的なトレンドや、新しいビジネスモデルなど、時代を捉える能力も求められます。 調査にあたっては、必要な情報がどこにあるか、特定の問題や分野に精通している人は誰か、などを見極める能力も必要です。分析にあたっては、高い論理能力が必要になります。業務をするにあたり、国家資格などは不要ですが、中小企業診断士の資格を持っていると評価がされやすいようです。

経営コンサルタントの年収(外資系/個人/中小企業)

経営コンサルタントは会社や実績によって、年収が大きく変わります。一般的な国内大手の他に、外資系、個人、中小企業で給与体系が異なりますし、特に外資の場合は、会社内でのポジションによって大きく変わります。国内大手の場合は他の企業と同様、階級によっての差は比較的少なく、また年功的な要素も入ってきます。 それ比べ、外資系では昇進スピードが早く、優秀な人であれば入社後数年で年収が1,000万円台に乗り、有数クラスでは平均的な日本企業の社長を超える年収を得られます。個人コンサルタントの場合は、人によって大きく年収に差が出ます。

外資系コンサルタントの年収

外資系コンサルタント会社は、外資系企業の中でも高水準の年収を得ることが可能です。役職に応じて給与が決められますが、そのベース給は、おおまかには下記のようになっていますが。これにインセンティブ給が加わることがあるため、実際の年収はこれよりも多くなる傾向にあります。 ・アナリスト、コンサルタント(一般社員):年収400万円~1,000万円 ・アソシエイト、シニアコンサルタント(係長クラス):年収1,000万円~1,500万円 ・プロジェクトマネジャー(課長クラス):年収1,500万円~2,000万円 ・プリンシパル(部長クラス):年収2,000万円~3,000万円 ・パートナー(役員クラス):年収3,000万円~ 最も高水準な外資系コンサルタント会社は、世界的にも有名な「マッキンゼー・アンド・カンパニー」です。次いで、同じく世界的なネットワークを持つ「ボストン コンサルティング グループ」で、最も早い場合、2年未満で昇進してベース給が1,000万円台に上がります。

国内の中小のコンサルタント会社の年収

一般的な企業よりは高めですが、外資に比べると昇進と年収の関係は緩やかなものになっています。また年功制度も残っています。 ・一般社員(20代):年収400〜800万円 ・係長クラス(20〜30代):年収600〜1,000万円 ・課長クラス(30〜40代):年収800〜1,200万円 ・部長クラス(40〜50代):年収1,000〜1,500万円 ・役員クラス(50〜60代):年収1,500万円〜

次のページ:経営コンサルタントとしての独立方法
初回公開日:2017年01月27日

記載されている内容は2017年01月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング