IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

25歳の実態|平均年収・手取り・平均の貯金額・転職状況

年収・給与

25歳だと大卒の社会人の多くの方は、社会人3年目で段々余裕ができて平均年収や周りの同級生などと比べながらあなたの次のキャリアを考え始める時期だと思います。今回は、25歳の社会人の平均年収や手取りや貯金や転職の状況などについて、ご紹介していきます!

更新日時:

25歳の平均収入は329万円!

大手転職メディアのDODAの調査によると、25歳の平均年収は329万円です。ボーナスなどを差し引くと月額22万円程度の月収になると考えられます。 この額を多いと思うか少ないと思いのかは、人それぞれでしょう。年収分布をみると、多くの方が300万円以下か300万円から400万円程度の年収のため、まだ、企業による年収の差が開いていないことが分かります。

25歳男性の平均年収は340万円

25歳男性の平均年収は340万円です。全体の平均よりも少し増えましたね。これは、男性の場合、多くは総合職として入社をすることが多いことや、多くの方が正社員として入社をするため、全体の平均収入よりも高い額になっています。

25歳女性の平均年収は312万円

25歳女性の平均年収は、312万円です。全体の平均や男性の平均年収に比べると、少し額が少なくなりましたね。 その理由は、女性の場合は、総合職入社だけでなく一般職や学歴区分でも短大卒や専門学校卒の方も男性に比べて多いため、年収の幅が広くなるからです。そのため、年収の分布を見ても300万円以下と300万円から400万円の方が大半を占めて、その割合もほぼ同じです。

25歳の平均年収の手取りと生活水準は?

25歳の平均年収は、手取り額でどれくらいもらえるか気になりますよね。そして、どのような生活ができるのかも気になるところ。ここでは、25歳の平均年収の手取り額や生活水準について紹介していきます。

25歳の平均年収の手取り額は月18万円程度

この額を聞いて新卒の社会人と変わらないじゃんと思った方も多いでしょう。新卒の頃とは違い、所得税などの税金を徴収されるため、月収の伸びをそのまま税金に持ってかれるような形になるため、手取り額があまり変わりません。 しかし、手取り額はボーナスを抜いた額で月収を計算しているため、この手取り額の他にボーナスが60万円程度入ってきてこの次々の手取りとなります。また、女性ではこの平均年収の手取りより1万円程度平均の手取りが低いと考えてもらえれば、女性の方の手取りを考えやすいです。

25歳の平均年収の生活水準は普通に暮らせるレベル

25歳の平均年収での生活レベルは、普通に暮らしていける生活レベルです。でも、都市部と地方では家賃や物価が違うから生活レベルが違うのではと、思う方も多いでしょう。 しかし、都市部は家賃が高いですが物価は店舗が多いため価格競争が頻繁に起こるので、物価は地方に比べると安いです。地方部では、家賃は安いですが、移動手段が少ないため、車などを所有するケースも多いため、駐車場代やガソリン代や車の維持費などの固定費がかかるため、地方と都市部の家賃の差は埋まります。 その上で、25歳の生活水準を少し考えてみましょう。

25歳東京勤務の場合

収入

330万円

支出

品目金額
税金60万円
家賃72万円(月6万のアパート住まい)
食費60万円(月5万円)
交際費48万円(月4万円)
保険代12万円(月1万円)
光熱費通信費24万円(月2万円)
合計272万円

収入330万 - 支出272万 = 58万円 食費と交際費を少し高めに設定して保険代加入すると仮定した場合でも、年間で60万円程度の余裕ができるため、貯金を40万円残りの20万円で旅行や贅沢をすることもできます。

地方の場合は家賃が安くなり家賃の差額が車代に

地方勤務の場合は、家賃が2万円程度安くなりますが、その差額が車などを所有した場合の保険代や駐車場代などの維持費となります。ですが、地方の場合は、娯楽が都市部に比べて少ないため、交際費が都市部に比べると安くなる可能性もあるため、都市部より少し余裕のある生活ができる可能性もあります。

25歳の平均貯金額は100万円程度

25歳の平均貯金額は100万円程度と言われています。ちなみに30歳になると500万円程度になるといわれます。 その理由としては、新入社員として入社をして3年目であるとまだ、昇給のペースが遅いことや、やはり遊びたいざかりのため、遊びやファッションにお金をかけるなどで貯金をしない方も多いからです。 計画的に貯金をしている方や実家暮らしの方は、さらに多くの貯金をしている方も中にはおり、400万円程度貯金をすでにしている方もいます。20代後半になると昇給のペースも上がり、貯金のスペースも上がるため、悲観をする必要はありませんよ!

25歳は転機?

25歳の平均年収や貯金額を聞いてどのような感想を持たれましたか? 平均より上か下かだけでは、はかれませんが 人生において「お金」は大きく関わってきます。 もうすぐ25歳の方、現在25歳の方 これからの人生設計を考えた時に、今の現状を変えたい!と思う時期でもあるかもしれません。

【2018年】昇給率は増えても2%台?

下の書類によると、2018年の昇給率は2.13%に上がると言われています。 年間で6000円中盤くらいの昇給になる予定です。

25歳の転職事情をのぞいてみましょう!

25歳になり、社会人3年目となり後輩や早い人だと部下ができ始める時期で、社会人生活にも余裕が出てくる時期です。余裕が出てくると、あなたの年収が同年代の平均年収よりも高いのかということや、周りの友人の年収などが気になるところです。 そして、自分の周りや同年代の平均年収よりも低ければ転職を考えたり、自分の仕事について考え始める時期でもあると思います。ここでは、25歳の転職事情を少し覗いてみましょう

次のキャリアに踏み出しやすい25歳

25歳は、高卒なら7年大卒なら3年間の社会経験を積んでいることになります。まだまだ、会社の仕事を一人前にこなすには、難しい年齢ではありますが、一通りの社会人としてのマナーや経験を積んでいるため、キャリアチェンジなどはしやすい年齢言われます。 そのため、未経験の業種や職種などにも転職がしやすく、キャリアチェンジを行うなら絶好の年齢ともいえます。 また、第2新卒などの採用としても取られる年でもあるため、他業種や他職種などのキャリアチェンジなどを行う際にも絶好の時期です。そして、他職種や他業種への乗り換えは、年齢の若いうちが非常に有利です。

多くの方が経験する25歳の壁

社会人として働き始めて3年目の節目の25歳は、仕事にも慣れ始めて、隣や周りの芝が青く見えてきて、今の仕事に対して不満などが出てくる時期で、25歳の壁とも言われています。そのため、転職なども非常に多い年齢層であることも確かです。 そのような、苦闘を経験する方の多い時期であるため、あなた自身の今後のキャリアや年収、あなたのやりたい仕事などを考えながら、今後の人生の指針をもう一度定めて再出発するには良い年齢でもあります。

25歳の転職の多くは他業種へ

25歳の転職の多くは、前行っていた仕事や業界ではなく、違う職種や業界に行く傾向があります。そのため、多くは第2新卒という区分での転職活動を行う方が多いです。 その理由は、実際に社会人を経験することで、元々はこんな仕事がしたかったということや、今いる業界では同年代の平均年収よりも低いとうことや、入ってみて感じたギャップなどを理由に転職をする方が多いです。 転職市場においては、若いうちの転職ということもあり、良い顔をされない場合もありますが、逆に一度失敗しているから今度は慎重に選んでいるという見方をされるため、必ずしも不利になるというわけではありません。 社会人としてのマナー等は備わっているため、人材育成のコストを下げられます。また、前職の会社の社風にもまだどっぷりつかっていないこともあり、塗り替えもできます。そのため、他業種や他職種でもキャリアチェンジを行うことは可能であり、しやすい年代なので成功することも多いです。

25歳は人生のターニングポイント

社会人として仕事や生活に慣れ始めた3年目の25歳は、周りの平均年収や職場環境などにも目を向ける余裕が出始める年です。 そのため、隣の芝が青く見えて、あなたの仕事や年収に不満が出てくる時期でもあるでしょう。それらを考えていくと、徐々になぜ今の仕事に居るのだろうという疑問や、本当はこんな仕事がしたかったなどと考え始める時期でもあるでしょう。 そのようなキャリアチェンジのターニングポイントの節目として25歳はチャンスの年でもあり、慎重に今後のキャリアや年収について向き合わなければならない年齢でもあります。 だからこそ、25歳を一つの節目として、転職の有無を問わず、あなたが今後どうなりたいかやどんな仕事をしたいかやいくら年収が欲しいのかなどについて、考えてみるのもお勧めします。

20代での転職でオススメ転職サービスは?

新卒で入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 新卒入社で身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。

首都圏・関西に強い転職エージェント「マイナビエージェント」

25歳の実態|平均年収・手取り・平均の貯金額・転職状況

20代・30代に定評があるのは、「マイナビエージェント」。 マイナビさんが楽天リサーチさんに調査委託した結果で、 20代の転職で信頼されている転職エージェントNo.1 だったという調査結果がでています! 求人数も業界トップなので、とても安心です!

それ以外での転職なら「パソナキャリア」

でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。特に、「パソナキャリア」は、求人数も多く、全国的に求人をもっているので、様々な求人の動向を詳細に教えてくれますよ。 「自分のスキルで転職して年収が上がるのか」を聞きにいってみましょう。想像よりも自分のスキルへの評価が高くて驚くかもしれません。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング