IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

事務職への転職理由と志望動機例・未経験/無資格/新卒でも転職可?

更新日:2020年08月14日

職種研究

事務職への転職は経験がない、資格をもっていない、新卒などの場合でも可能でしょうか?転職理由と志望動機例はどうすべきでしょうか?ここではそういった事の他、事務職は転職が難しい?かどうかや事務で転職する際の資格やスキルについてもご紹介します。

事務職への転職理由と志望動機例

転職での面接時には転職理由と志望動機の2点は必ず聞かれる質問です。面接担当者にとって、転職理由は前職を辞めた理由にもつながる質問です。前の職場で問題はなかったか?仕事の遂行はどうだったか?と行った、職場での振る舞いなどについて知ることができるかもしれません。 そして、志望動機は仕事に対する姿勢や働く上で重視することといった応募者考え方を理解する助けになります。また、最も大切な入社した後にどの様な働きをしてくれるか…といった、会社が成長していく為に必要不可欠なことを知ることができるのです。事務職に限らないことですが、面接の際に転職理由と志望動機例について話す際には前向きな姿勢が面接担当者に伝わることが一番大切です。

転職理由

事務職という職種を限定した転職をするわけですから、面接担当者にアピールする転職理由は いま自分ができることで入社後にどのように会社に貢献して行きたいかという前向きな理由を前面に出して話すことは重要です。 転職の理由は人それぞれです。給与や休日などの待遇面での悪さなどが原因で転職を考えると言う人もいれば、人間関係がうまくいかなかったから転職を考えたという人もいるでしょう。 また会社の経営悪化などにより、リストラにあってしまった、上司や同僚からのセクハラやパワハラなどに会い、やめざるを得なかったなど不可抗力な出来事が自由の場合もあるかもしれません。 しかしそれを一番の転職理由にあげてしまうのはできません。 印象が悪くなるばかりか、面接担当者が「あの人は本当に家の戦力になりたいのだろうか」そう考えてしまうかもしれないのです。もしかしたらそれは合否に直接影響を与えるかもしれないのです。 それよりも、これからの新しい職場で自分がどうしたいか、どのように会社と関わって貢献できるかと言う視点で見るようにしましょう。転職理由のマイナスな面を付け加えるとしても全体の1割から2割と言ったわずかな程度にしておいたほうが良い結果につながります。

志望動機

よく目にする志望動機として「会社の将来性を感じたのでこの職場で自分を成長させていきたいと思いました」 「教育制度がしっかりしている御社で 事務職としての経験を積んでいきたいと思います」どういった当たり障りのない回答を目にすることがあります。 しかしこれは相手の立場から見ると、勉強をするために会社に入るのではないか、見えてしまうかもしれないのです。企業が採用面接をする一番の目的は、採用した人に戦力になってもらって会社の業績をさらに伸ばしていくことです。 戦力として成長していくためには確かに教育を受けたり、勉強をすることは必要です。しかし、志望動機にはそれを全面に出すよりも、今現在の自分の経験やスキルで、会社に貢献できること自分なりに考えて述べる方がはるかに印象が良くなるのではないでしょうか。

事務職の種類

一口で事務職と言っても、 会社の中の業務内容により様々な事務職が存在します。 官公庁などに多い一般事務、営業職の多い会社や部署で見積もり作成や顧客へのアポイントなど、営業のサポートをする営業事務、総務であれば総合事務が、人事部であれば人事事務が、商社など輸出入に関する会社であれば貿易事務があります。 他にも法務部の法務事務、社長のスケジュール管理や資料作成などを行う秘書も事務職の一種と言えます。また職種によってもそれぞれの特徴ある事務職が存在します。 例えば医療系であれば診療報酬明細書などの入力を行う医療事務、 歯科医には歯科事務が 薬局には 調剤薬局事務が、介護職には介護事務が…といった様に各業種に応じて、専門知識の必要な事務職が存在します。

事務職の業務

会社内での事務職の業務としてはどんなものがあるでしょうか。昔の日本の会社では、コピーを取ったり来客者へお茶を出したり、取引先へ書類を届けたりといったことが事務職の仕事として見られることも多かったですね。 しかし今の時代では、そういった業務の他に、パソコンでの資料作り、メールやFAXなどでのお客様とのやり取りなど、関わる業務は多岐にわたります。特に10名や20名希望の支店や営業所などでは、事務担当が一人ということも珍しくありません。営業所内の備品の管理や新しく配属された新人への基本的な研修なども任されることがあります。

事務職に求められること

事務職に求められるスキルで大切なことは「周囲への気配りができること」「周りとのコミュニケーションが適切に素早く取れること」です。また先ほど述べたような小規模な営業所での事務職などでは、スケジュールの把握と管理するマネジメント能力のようなものも必要となってきます。

未経験・資格なし・新卒でも事務職への転職は可能?

たとえ経験がない、資格を持っていない、新卒からの就職であっても事務職への転職は不可能ではありません。 新卒であっても資格がなくてもそれぞれ経験してきたことやアピールできることがあるはずです。その特徴を活かして会社にどういった貢献ができるかを伝えることができれば良い結果へとつながります。 以下では注意点と志望動機例をあげて行きます。

未経験での転職場合

事務職が未経験であるという場合は、 前職での経験を活かすことができないか、また以前の職場でも事務職と関わることはあったはずです。その時に事務職に対して感じたことや改善した方が良いと思った ことがあれば、 アピールすることのひとつに加えてみましょう。 自分が応募したい会社の状況や 業界全体などについての知識ももっておくとよいでしょう。また、何か資格を持っていれば、それは全面に出すべきでし、たとえ持っていなくても「○○の資格について業務に役立つのではないかと思いただいま勉強中です」と面接しに入れるように少しでも勉強しておくことが大切です。

初回公開日:2017年01月31日

記載されている内容は2017年01月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング