IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

社会人男性/女性の一人暮らしにかかる費用・引っ越し費用

更新日:2020年11月11日

ライフスタイル

一人暮らしを始めたいと思った時は、どのくらい費用がかかるか、経験がなかったらわかりませんよね?大切なのは少しでも費用をかけない事です。気になる男性女性別の一人暮らしの費用やついつい忘れてしまいがちな一人暮らし費用まで解説していきます。

一人暮らしの社会人男性のかかる費用

一人暮らしを始めたいと思った時は、何かとお金がかかってしまうために、慎重に行わなければなりません。とは言え、環境的に一人暮らしをしなければならないとなった時は、否応でも一人暮らしを始める事になります。ほとんどが、社会人になってから一人暮らしをする事が多くなってきますが、性別によってその費用は異なってきます。社会人男性が、一人暮らしにかかる費用は、大体10万円〜20万円の間とする事が出来るでしょう。この費用の内訳には、家賃や水道光熱費等の生活費が含まれているほか、食費等も含まれての費用となっています。もちろんこれに+αで飲み会の費用であったり、自分の趣味に使うお金であったりが加算されていきます。とは言え、一人暮らしにかかる費用の大半は家賃が占めるので、相当高い場所に住まない限りはそこまで費用がかかる事はありません。

一人暮らしの社会人女性のかかる費用

男性に比べると、女性の方が一人暮らしの費用がかかってしまう事があります。これは、男性よりも安全面等をより考慮するようになると言う事が原因としてあげられます。例えば、女性の一人暮らしとなると何かと危険になる事があり、安全面を考慮したマンションやアパートに住む事になるでしょう。オートロックであったり、二重ロックであったり、様々な物があります。こういう物件は他の物件に比べると、割と高めの家賃設定になっている事があるので、費用が高くなってしまいます。とは言え、男性でも安全面を考慮している人もいるために一概には言う事が出来ません。しかし、女性は買い物をする人が多く、服であったり化粧品であったり、男性が購入しない物を購入する事になります。家賃、基本的な生活費の他に、自分自身を磨くための物を購入する費用が加算されてしまうので、15〜25万円と少しだけ高めになってきます。人によって変わってきますが、家賃を除けば節約する事が出来る部分でもあるため、費用を削れる場合もあります。

一人暮らしにかかる費用の計算とシミュレーション

一人暮らしにはかかせない家賃!

一人暮らしの費用をシミュレーションする上で、重要になるのは、家賃です。家賃の費用がいくらかによって、どのくらいのお金を使えるのかと言う事が分かってくるので、最も重要視しておきたい場所です。自分の給料に見合った家賃の場所に住むのが一番ですが、理想は給料の1/3〜1/4の場所に住むのが良いです。20万円であれば、5〜6万円の場所に住むのが理想でしょう。とは言え、地域によってこれは左右されてくるので一概には言えません。一人暮らしの費用の中で、大半を占めるのがこの家賃なので、少しでも費用を安く住ませたいと思っている人は、この家賃を削る事が重要になります。

基本的な生活費はどれくらい?

男性も女性も一人暮らしをする上で、生活費が大きく異なってきます。まずは、月々固定で差し引かれる水道光熱費です。社会人であれば、休日以外は職場にいる事が多いでしょうから、そこまでかかる事はありません。せいぜいかかったとしても、1万円以内で抑える事が出来るでしょう。しかし、女性であればお風呂に入る事が多くなってくるので、水道代が必要以上にかかってしまう事もあります。

給料から固定費を差し引くと自由に使えるお金が出る!

一人暮らしをするとなった時に、自由に使えるお金がどれくらいなのか計算する事も重要になります。将来の事を考えているなら貯金をしなければなりませんし、欲しい物を購入する時に赤字になってしまえば購入出来ません。そこで、給料から固定費を差し引く事によって自由に使う事が出来るお金を算出する事が出来ます。給料が20万円。固定費(家賃、光熱費、食費)が10万円だとすると、自由に使えるお金は10万円になります。その内5万円を貯金するとなれば、月々に自由に使えるお金は5万円程になってしまいます。固定費に食費を含めずに考えても良いですが、一人暮らしをしていれば月々にどのくらいの食費がかかるかと言う事はある程度分かってきます。 引っ越しにかかる費用の見積もりなら、引っ越しラクっとNAVIがです!

費用の内訳

全体の内訳はどれくらい?

一人暮らしをする上で、全体の内訳を把握すると言う事は非常に重要になってきます。男性であれば、家賃が5〜6万円(住む地域によって異なる)で生活費が5万円程となります。食費に関しては、飲み会等の事も考えると少し多めにかかってしまう事になるでしょう。女性であれば、家賃が6〜8万円(安全面を考慮した場合)で、生活費は少し多めの7万円程になるでしょう。光熱費もそうですが、お風呂に入る水道代ガス代を考えると、そのくらいの費用は覚悟しておいた方がよいでしょう。食費に関しては、自炊をする事がありますが、休日に友達とランチに行ったりすると、それだけで費用がかかってしまいます。頻繁にランチに行く場合を考慮しての金額になっており、節約しようと思えば節約出来る部分です。

初回公開日:2017年01月27日

記載されている内容は2017年01月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング