IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

経理職に有利な資格一覧・経理資格の勉強法・資格なしでもなれる?

初回公開日:2017年01月28日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年01月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

資格・検定

経理職に就職したいけれど、新卒でもOKでしょうか?資格や経験がなくても大丈夫?それとも資格は必要?ここでは、難易度別に経理職に有利な資格の一覧や、業務を行う為に特に必要な資格の他、学校や独学での資格の勉強法についてもまとめてみました。参考にして下さい。

経理職に有利な資格一覧(難易度別)

転職で履歴書に記入することの一つに資格欄があります。自らのスキルと経験の他、勤勉さも雄弁にアピールすることができる重要な欄でもあります。経理職への転職を目指す場合、有利な資格にはどの様なものがあるでしょうか?難易度なども含めてにご紹介します。

日商簿記検定

まず考えたいのはこの日商簿記検定です。経理資格について一番耳にすることの 多いのがこの日商簿記検定ではないでしょうか。 日商簿記検定1級から4級まであり4級は簿記の入門として、1級になると公認会計士や税理士などの国家資格に挑戦する道も開けます。 3級や4級は比較的取り組みやすいため、自宅や通信教育などでの勉強も可能ですが、上級になると学校での勉強をすることも必要かもしれません。

簿記能力検定試験

この全国経理教育協会の行っている簿記能力検定試験は、帳簿の付け方や帳簿に書かれている数字の意味について把握している事などの他、経営の管理や分析の基礎能力について認定する資格です。「上級,1級会計,1級工業簿記,2級,3,4級」の5種があり上級の合格者は、税理士の受験資格を得ることができます。

FASS検定

FASS検定は通商産業省の主導で2005年から実施されている資格です。資産・決算・税務・資金4つの分野について試験を行い、試験の合否ではなく、試験結果から5段階に分けてスキルの評価をします。

給与計算実務能力検定

企業のに必要不可欠である給与計算についての知識や業務能力を判定し、実務能力を評価する試験です。給与の計算には正確さがある事が要求されます。 また、健康保険や雇用保険、労働基準法や厚生年金保険法といったことに関する知識も必要です。経理に必要なそういった知識がこの資格を勉強することで得られます。

パソコンソフト系の資格

ビジネスの現場で使われることの多い定番ソフトである「エクセル・ワード・パワーポイント」のソフトについての操作スキル全般についての試験です。試験は合否を判断する方法で行われます。民間企業のマイクロソフトの実施している試験ですが、各国で実施されており、国際的に信用のある資格と言えるでしょう。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

ビジネスの現場で津合われることの多い定番ソフトである「エクセル・ワード・パワーポイント」のソフトについての操作スキル全般についての試験です。試験は合否を判断する方法で行われます。民間企業のマイクロソフトの実施hしている試験ですが、各国で実施されており、国際的に信用のある資格と言えるでしょう。

日商PC検定

上記の日商簿記検定と同じ日本商工会議所が実施している試験です。エクセルやワードを使用した実務書類の作成に重点をおいた試験です。資格の勉強と同時に実務についての知識についても深めたい場合にはMOSよりも適している資格と言えるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング