IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

法学部の就職率・主な就職先一覧・有利な資格

更新日:2020年08月14日

就活事情

大学の進学先でものある法学部。法学部は法律や政治だけではなく、各方面の就職に有利といわれています。今回は、そんな法学部からどのような就職先があるか、そして就職やその後の人生において役に立つ法学部で取得できる資格などを紹介します。

1分でわかるこの記事の要約
  • 法学部はその名のとおり法律の意味や適用状況について学ぶ学部
  • の資格は合格率が低く、しっかりとした準備が必要なものが多い
  • 進路は弁護士から民間企業の法務部、コンサルなどさまざま

法学部の学生の進路としては、当然弁護士などの法律家になる人もいます。しかし、民間企業の管理部に進む学生も多くいます。 どの会社も法律に従う必要があるため、法律を学んだ学生の需要はほぼどこにでもあります。コンサルなども法律の知識が生かせることもあり、最近はが高いようです。 そうは言っても、しっかり勉強していることは大前提です。資格をとるなどで勉強してきたことを示すとともに、面接やESの対策も早めに始めておきましょう。 不安がある方は、早めにプロのサポートを受けることをします。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

法学部での勉強内容

法学部では何を学ぶのか?法学部の中には、法律学科、政治学科、国際政治学科、国際ビジネス法学科等、大学によって様々な学科が存在します。 学ぶ内容は学科により異なりますが、法学部全体としては、法学を学びます。法学とは簡単に言えば、法律について考える学問です。 それぞれの法律について、その意味や内容について探ったり、さまざまな事件や問題について過去の判例や法律の理念に基づいて、適用状況などを学びます

法学部の代表的な学科

先に紹介したように、法学部の中には、大学によってはさまざまな学科が存在します。しかし、大体の大学では、法律学科、政治学科の2つに分かれています。 ここではその代表的な学科、法律学科と政治学科について、内容を少しずつ紹介します。

法律学科

法律学科では、すでに存在している法律を理解し、活用することで、さまざまな事件や問題を的確に把握し、最良の合理的解決策を選択することのできる法的なものの考え方を学びます。

政治学科

政治学科では、政治における問題を解決するために、どのような法律が必要となるか?ということを考えながら学びます。 今ある法律を見直して、新しい法律を作ることを考えたり、法律学科に比べると、より創造性の高い学びができるともいえます。

法学部出身者の就職における評価は?

法学部から就職する際どんな企業が合っているか、就職エージェントならあなたの適性を含め提案してくれます。プロが就職のサポートを行ってくれますので、相談してみることをします。

法学部出身の就職率は?

法学部の就職率は文系の他の学部に比べて一般的には高いです。 採用側も即戦力を求める時代ですので、法律や政治に関する知識等、社会において様々な仕事をする上で、実用的な知識、実践力を身につけることのできる法学部は重宝されます。 しかし、最終的には人物評価のため、ただ法学部出身であるというだけでは就職が有利になることはありません。 在学中にいかに多くの資格取得に挑戦し、実践的な勉強をしたり努力をしたりという結果をアピールすることができる人材になる必要があります。 多くの大学で、資格取得支援の講座等が開催されているため、フル活用するとよいでしょう。 そのほかにも、JAICのような会社に就活のサポートを受けることも可能です。

法学部出身者の代表的な就職先は?

では、法学部出身者はどのような就職先を選択することが多いのでしょうか。 一般的には弁護士や裁判官、国家公務員・地方公務員、警察官、一般企業…等、幅広い分野で活躍するイメージがあります。どのような分野に就職するのか、分野ごとに紹介します。

法曹界

弁護士、検察官、裁判官等、いわゆる法律に関係する仕事です。これらの仕事に就くためには、大学卒業後に法科大学院を修了し、司法試験に合格する必要があります。 合格率は非常に低く、実際に法曹界へ進む人は少ないです。 また、司法試験の合格者の6割は東京大学、中央大学、慶應義塾大学の3大学が占めています。残りも京都大学、一橋大学、大阪大学、北海道大学、神戸大学、早稲田大学、立命館大学、明治大学等、難関大学出身者に集中しています。

公務員

国家公務員、地方公務員、警察官、消防官等、国や地方自治体に関わる仕事です。国の運営に関わる仕事をしたり、地域や住民に密着した仕事をすることができます。これらの仕事に就くためには、公務員試験に合格する必要があります。 また、国家公務員のキャリア官僚を目指すためには、東京大学法学部を目指すことが一番有利です。各省庁のキャリア官僚については、特定の大学出身者が多いので、どの大学へ行くかということも大切になってきます。 公務員試験の内容については、法律に関わる問題が多く占めるため、法学部で学ぶことは非常に有利といえます。 現在のような不況が続くと、公務員のは上がり、法学部も必然的に上がります。

一般企業

民間企業でも法律に関する問題を扱う法務部門が存在します。 法務部門では、取引上のトラブルや商標の取り扱い方等、法律の知識が必要となる業務をサポートします。 また法務部門での就職以外にも金融業界、医薬業界、大手企業メーカーにも就職するケースも多く、営業やプロジェクトマネージャー、総務、人事等、法律とはあまり関係のない職につくことも多いです。

民間企業に就職したい場合、就職エージェントに相談するのがです。自分にどんな企業が合っているか、プロが適性を見て求人を紹介してくれます。

法学部が就職に有利な民間企業

法学部は各大学の学部の中でも上位の学部であることが多いです。 東京大学や京都大学・一橋大学等の国立大学や、慶應大学・早稲田大学等の私立大学の中でも、法学部の学校内ランクは高いです。 そのため就職活動の際にも優秀な学生だと思ってもらえることは多く、必然的に就職の高い企業に進む学生が多いです。 <法学部の学生が進みやすい業界> ・商社 ・金融機関(銀行・証券・保険) ・コンサル ・通信 ・メーカー このように、法学部の学生は比較的自分の行きたい業界に行きやすい傾向があります。 しかし、法学部だからという理由だけで就職が有利になるということはもちろんなく、戦略を立てることが重要です。 不安であればJAICのような、経験豊富な会社に相談に行ってみるのもいいでしょう。

法学部で取得すると有利になる資格は?就職につながる?

法学部で卒業と同時に自動的に取得できる資格はほとんどありません。大学の単位取得とは別の資格取得のための試験を受けて取得する必要が或るものが大半です。 大学や履修科目によっても異なりますが、法学部で目指される代表的な資格をこちらでは紹介します。

弁護士

弁護士の仕事内容は、法律の専門家として、さまざまなトラブルに対しての対処法や予防方法のアドバイス、法的手続きを行い、問題解決に向けたサポートをすることです。 扱う案件としては、人や会社等の法人によるトラブルを対象とした「民事事件」、警察が介入するような事件の犯罪者を対象とした「刑事事件」の二つがあります。 一般的には生活の中で起こる身近なトラブルを扱う「民事事件」が案件の大半を占めているようです。弁護士資格を取得するためには、司法試験を受験し、合格する必要があります。 また、司法試験を受験するためには大学卒業後に法科大学院(ロースクール)を修了するか、司法試験予備試験に合格するかのどちらかが必要です。 司法試験合格後も約1年間は司法修習を受けて、試験への合格が必要になる等、かなり長い期間、勉強する必要があります。 就職については、まず弁護士事務所へ就職し、その後自分で独立開業というケースが多いようです。

司法書士

司法書士の仕事内容は、裁判所や検察庁、法務局などへ提出する書類を依頼されて代理で作成したり、簡易裁判所での訴訟代理、登記、供託の手続きの代理を行います。 合格率は約3%で、誰でも受験することができますが、憲法、民法、商法、刑法などが試験で出題されるため、法学部出身者が断然有利です。 就職は、資格取得後の初めの時期は司法書士事務所で勤務するケースが多いです。しかし、その後独立して事務所を設立するケースも多くなっています。

行政書士

行政書士の仕事内容は、公的機関に提出する様々な書類の作成等です。基礎的な法律から専門的な法律まで幅広い法律の知識が必要とされます。 誰でも受験することができますが、合格率は5~10%と低いです。やはり憲法、行政法、民法、商法等の法令に関する問題が多く出題されるため、法学部出身者は受験に有利といえます。 優秀な学生は在学中に合格する方もいます。就職は、一般企業への就職にも有利に働きますが、独立して個人で事務所を開くケースが多いです。

社会保険労務士

一般的に社労士と言われる資格です。仕事内容は、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業での採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題や年金の相談に応じたりします。 労働基準法や厚生年金法、雇用保険法、労災保険法等、さまざまな法律に精通していることが求められます。 就職は社会保険労務士事務所で働いたり、企業の総務部や人事部に就職したりします。また、独立開業して自分で事務所を持つケースも見られます。

宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者の仕事内容としては、宅地や建物の売買、貸借、交換などの代理や媒介を行い、契約の成立にあたって重要事項を説明したり、重要事項説明書や契約内容記載書への記名・押印等を行います。 国土交通省が宅地建物取引行法に基づき認定するもので、宅地建物の公正な取引のために無くてはならない資格です。 就職は、多くが不動産関係の会社へ就職するケースが多いです。また、金融機関や小売業等でも求人があるようです。

中小企業診断士

中小企業診断士の仕事内容は、中小企業に対して経営に関する的確なアドバイスを行います。 企業経営に関する高い知識、判断力が必要とされるため、経済学部や経営学部も有利となりますが、法学部出身者にも経営法務等の知識が活かされます。 就職については、独立するケースもありますが、企業へ就職して企業内で業務をこなすケースが多いようです。

中学・高等学校教諭1種免許状(社会)

法学部では、教科に関する専門教育科目、教職に関する専門教育科目の必要単位数を取得することによって、中学・高等学校教諭1種免許状(社会)※高等学校の場合は地理歴史・公民を取得することができます。 取得には、単位取得以外に、中学や高校での教育実習を行う必要もあります。また中学校教員免許の取得には、介護体験実習が義務付けられております。 就職については、免許状を取得し、教員採用試験で合格する必要があります。受験する自治体や年度によって合格率等は異なりますので、注意が必要です。 合格率は総じて低いですが、一度合格すれば一生やり遂げるケースが多いようです。

法学部の強みを生かした就活方法って?

この記事のまとめ
  • 法学部はその名のとおり法律の意味や適用状況について学ぶ学部
  • の資格は合格率が低く、しっかりとした準備が必要なものが多い
  • 進路は弁護士から民間企業の法務部、コンサルなどさまざま

法学部は一般的には就職に有利と言われますが、ただ単に法学部に進学するだけではなく、そこでどのように過ごすか、また自分の興味・関心にマッチしているか等、選択一つで不利な状況に陥る場合もあります。 ぜひ自主的に学習する習慣を身につけ、就職に有利な環境を自ら作り出せるようにがんばりましょう。 就活の面接時に、面接官が注意して見てくるのが「自己PR」です。自分の強みをを採用担当者に伝え注意を惹き付けるためには、論理的に採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めをするだけだけ自己PRのポイントを抑えられる資料がこちらではダウンロードできます。 自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方は「JAIC」と一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富な「JAIC」があなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

初回公開日:2017年02月01日

記載されている内容は2017年02月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング