IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

メールでの「ご要望」の使い方と例文・「ご意見」との違い

更新日:2022年06月30日

言葉の使い方

言葉の本当の意味を正しく理解している人は、実は少ないのではないでしょうか。ビジネスシーンにおいて「ご要望」という言葉はとても重要になってきます。この「ご要望」という言葉にどんな力があるのか知ることで、今後の仕事の受け方や進め方が変わって来ます。

忌憚のないご意見ご要望を賜りますよう~

遠慮なく率直な意見や希望を申し付けて欲しい。

ご要望に沿えない、ご要望にお応えできない

希望や願いを叶えられない。望み通りに事を進めることができない。

「ご要望」と「ご意見」との違い

「ご意見」という言葉もビジネスシーンでよく耳にします。「ご要望」とどう違うのでしょうか。「ご要望」よりも優先順位は下か上かを知ることで、仕事の受け方が変わってきます。「ご意見」も日常で当たり前のように使われてる言葉です。わざわざ意味を調べる人はいないと思いますが、その違いをはっきりさせる為に、まずは「意見」の意味を調べてみましょう。

1 ある問題に対する主張・考え。心に思うところ。「意見を述べる」「意見が分かれる」「少数意見」「賛成意見」 2 自分の思うところを述べて、人の過ちをいさめること。異見。「同郷の先輩が意見する」

「要望」は「意見」とは違い、相手の叶えて欲しいという強い欲求があります。 「意見」はあくまで参照程度に、「要望」は是非叶えて欲しい事柄で、優先順位が「意見」よりも高いものだと認識しておいた方が良いでしょう。

「ご要望」の類語

「ご意見」との意味の違いは分かりましたが、他にも似たような言葉があります。類語の言葉を例を出して、その違いを詳しく見ていきましょう。「ご意見」の件で述べたように、類語の意味をちゃんと知ることで、言葉の優先順位が分かります。クライアントの気持ちがどの位置にあるのか把握すれば、仕事は効率よく進めることができます。効率は利益に大きく結びつきます。クライアントにとっても自分にとっても、とても大切なことになってくるでしょう。

「ご希望」との違い

「希望」の意味

1 あることの実現をのぞみ願うこと。また、その願い。「みんなの希望を入れる」「入社を希望する」 2 将来に対する期待。また、明るい見通し。「希望に燃える」「希望を見失う」 3 文法で、1の意を表す言い方。動詞に、文語では助動詞「たし」「まほし」、口語では助動詞「たい」などを付けて言い表す。

「ご用命」との違い

「用命」の意味

1 用事を言いつけること。「用命に従う」 2 商品などを注文すること。「御用命を賜る」

「ご所望」との違い

「所望」の意味

ある物がほしい、またこうしてほしいと、望むこと。「茶を一杯所望する」

次のページ:「ご要望」をメールで使いこなそう
初回公開日:2017年01月26日

記載されている内容は2017年01月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング